【CLグループD展望】一昨季王者リバプールにアヤックスとアタランタが挑む!初出場ミッティランには関門に

2020.10.21 18:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが10月20日に開幕する。21日に第1節を迎えるグループDは、一昨シーズンの王者リバプールや、そのシーズンにベスト4入りしたアヤックス、さらには昨季のベスト8アタランタなど、リバプールを本命に、以下2チームがどこまで勝ち点を積めるかという展開が予想される。本戦初出場のデンマーク王者ミッティランにとっては非常に厳しいグループとなってしまったが、どこまで食い下がれるか。◆編集部予想
◎本命:リバプール
○対抗:アタランタ
△連下:アヤックス
☆大穴:ミッティラン

◆GS突破は至上命令! 見据えるはビッグイヤーのみ~リバプール~
Getty Images

グループDの大本命に位置付けられるリバプール。一昨シーズンに同大会を制覇し、昨シーズンには30年ぶりにイングランドの頂に立った。現フットボール界の最強チームとの呼び声も高い中、今季リーグ戦では、第4節のアストン・ビラ戦で2-7という歴史的大敗を喫する一幕も。

燃え尽き症候群も指摘する声もあるが、今夏はバイエルンからMFチアゴ、ウォルバーハンプトンからFWジョッタを獲得し、不動のメンバーに新たな風が吹き込むことになった。とりわけチアゴは、改めて二冠以上を目指すチームに百戦錬磨の経験値を与えるとともに、リバプールに欠けていた生粋のパサーとして、チーム内外から大きな期待が寄せられている。

しかし懸念材料はDFファン・ダイクの怪我。直近のプレミアリーグのエバートン戦で足を挟まれる形でヒザを負傷。手術を余儀なくされ、離脱期間は半年以上とも言われており、グループステージはおろか、たとえ勝ち進んでも決勝トーナメントもろくに戦えない困難な状況になってしまった。実際にエバートン戦ではファン・ダイクの交代以降、クロスへの対応ミスから失点を重ねており、オランダ代表DFの不在は大きな戦力ダウンになることが証明されている。

◆2年目のCL挑戦、昨季のベスト8超えなるか~アタランタ~
Getty Images

アタランタは智将ガスペリーニ監督の下、初出場だった昨シーズンにベスト8進出という偉業を成し遂げた。ラウンド16ではバレンシアを合計スコア8-4で粉砕。準々決勝では決勝まで進んだパリ・サンジェルマン(PSG)に敗れてしまったものの、堂々の成績を残しイタリアに凱旋した。そして、今季のセリエAでも勢力は衰えず、開幕3試合までで13ゴールと自慢の攻撃陣が躍動し、快調なスタートを切っている。

今夏の移籍市場の動きとしては、主力MFパシャリッチを完全移籍に切り替えたほか、攻撃的MFのミランチュクや、FWサム・ラマースを補強。前者はハムストリングのケガで未デビューのままだが、後者はリーグ戦4試合で途中出場しており、2ゴール決めている。そのほか、ユベントスからDFロメロ、サンプドリアからDFデパオリをレンタルしている。

一方で、DFカルダーラが左ヒザの手術で10月から最大3カ月の離脱が決定。昨年の初出場から2大会連続の参加となるアタランタ。マンチェスター・シティやディナモ・ザグレブと同居した前回大会よりも厳しい戦いが予想されるが、果たして昨季の成績を超えることは出来るだろうか。直近のナポリ戦で1-4の大敗を喫したことは気がかりだが、初戦のミッティラン戦で良いスタートを切りたいところだ。

◆新たな才能を見出し、2年前の再現を~アヤックス~
Getty Images

2シーズン連続でエールディビジを制覇し、11大会連続の出場となったアヤックス。上述したように一昨シーズンの同大会ではベスト4という見事な成績を残したが、当時のメンバーはごっそり引き抜かれ、今夏もMFツィエクやMFファン・デ・ベーク、DFデストを放出。明らかに2年前からは戦力ダウンしている。

それでも、今夏は新たな若手新戦力を補強。同組のミッティランとデンマークで鎬を削るノアシェランから獲得したガーナ代表MFモハメド・クドゥスは、昨季はティーンエイジャーながらリーグ戦21試合で9ゴールを記録。アヤックス加入後の今季も、3試合で1ゴール3アシストを記録している。また、ブラジルのサンパウロからは、U-23ブラジル代表FWアントニーを獲得。オランダではすでに5試合で3ゴールを挙げており、大器を予感させている。

なお、チームはここまでエールディビジ5試合を終えて4勝1敗と上々の滑り出し。大会初戦のリバプール戦が、現アヤックスの力量を計る試金石となりそうだ。

◆初出場のデンマーク王者、強豪3チームを前に劣勢模様~ミッティラン~
Getty Images

大会初出場のミッティラン。昨季は26勝4分け6敗という成績で、2位のコペンハーゲンに勝ち点差「14」つけ、2シーズンぶりのリーグ優勝を成し遂げた。率いたのは昨年8月に就任したブライアン・プリスケ監督。現役時代にはデンマーク代表でもプレーした人物で、前任者の解任に伴いアシスタントコーチから昇格すると、1年目でリーグ制覇に導いた。

注目選手は、今夏に4年ぶりに復帰したデンマーク代表MFピオネ・シスト。この4年間はセルタに在籍し、通算135試合で18ゴール14アシストをマークした。今季はここまで5試合で2ゴール1アシストを記録中だ。また、各年代の同代表に名を連ねてきた22歳のMFアンドレス・ドレイヤーも必見。右ウイングから切り込むドリブラーで、今季はここまで2ゴール2アシストの成績を残している。

だが、やはりこのグループでは実力が劣るのは事実。予選では見事に2回戦から3連勝で本戦出場を決めたが、まずは1勝することが目標か。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールへの大敗は繰り返さないと誓うガスペリーニ「多くのプレゼントは与えない」

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)で前回大敗したリバプールへのリベンジに自信を持っているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アタランタは現在CLのグループステージで3位となっており、決勝トーナメント進出のためこれ以上の敗北は避けたい状況だ。しかし、25日のCLグループD第4節で対戦するリバプールには、前回はホームにもかかわらず0-5のスコアで大敗しており、厳しい一戦が予想される。 しかし、試合前日会見に臨んだガスペリーニ監督は、チームが前回のような姿をさらすことはないと、自信を口にした。 「非凡なことを成し遂げているトップチームを相手にするのだから、非常に難しい試合になるだろう。我々はCL出場という大きな成果を得ているが、これをチャンスと捉え良いパフォーマンスを発揮したい。そのために必要なものは既に持っているのだから」 「我々が前回以上のプレーを見せなければならないのは明らかだ。あのような大敗を招いたときと同じミスはできない。相手の質の高さは知っているが、前回と違い多くのプレゼントを与えないことには自信を持っている。チーム全体のバランスを考える必要があるし、リバプールが長所を活かせる大きなギャップは作らないようにしたい」 「昨季からチームは変わったが、この2年間CLへの出場権を得られている。ヨーロッパリーグ(EL)とのレベルの違いを実感しているが、せっかくの機会を得た以上、学びを止めることは決してしない」 また、ガスペリーニ監督はインタビューの中で、リバプール戦がアタランタのベンチで迎える200試合目であることにも触れている。 「幸いなことにこの数年間は苦い瞬間がほとんどなく、常に最高潮を繰り返してきた。これから更に高いレベルでピークを迎えたいと願っている」 「CLに出ている他クラブと比べてリソースに劣る以上、成功を繰り返すのは簡単ではない。間違いを犯すわけにはいかないからね。でも、こうした状況はとてもエキサイティングだ」 2020.11.25 18:47 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールに朗報! サラーが陰性確認でCLアタランタ戦起用可能に

リバプールに所属するFWモハメド・サラーが新型コロナウイルスの検査でようやく陰性が確認された。クラブ公式サイトが伝えている。 サラーは今月のインターナショナルマッチウィークにエジプト代表に参加した際、13日の検査でコロナウイルスの陽性判定が確認された。さらに、18日に実施した検査でも再度陽性判定が出ていた。 その後、所属するリバプールに戻ったものの、隔離措置を継続しており、22日に行われたプレミアリーグ第9節のレスター・シティ戦(3-0で勝利)を欠場していた。 しかし、25日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦の前日会見において、ユルゲン・クロップ監督はサラーの陰性が確認され、アタランタ戦で復帰できる可能性があることを明かした。 「モー(サラー)は昨日にチームと共にトレーニングを行った。そして、状態は非常に良く見えた」 「ここまでのすべての検査で陰性だった。そして、昨日から何も変わっていなければ、彼の起用は可能だ」 「ただ、彼は3日前まで隔離されており、我々は現時点で彼の状態を慎重に観察する必要がある」 エースの復帰の可能性を示唆したクロップ監督だが、その他の選手たちの状態に関しては、「残りのメンバーに関しては新たなニュースはない。あるプレーヤーは復帰が近いように見えて、あるメンバーはそうではないように見える」と、明言を避けている。 なお、CLグループDで3連勝中の首位リバプール(勝ち点9)は、3位のアタランタ(勝ち点4)に勝利した場合、2節を残しての決勝トーナメント進出が決定する。 2020.11.25 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

低調アタランタ、格下スペツィアにゴールレスドロー《セリエA》

アタランタは21日、セリエA第8節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 代表ウィーク前の前節インテル戦を1-1で引き分けた5位アタランタ(勝ち点13)は、4日後に惨敗を喫したリバプールとのリターンマッチを控える中、守護神のゴッリーニが今季初出場となった他、デ・ルーンとゴセンズが負傷から復帰し、先発となった。 13位と良いスタートを切ったスペツィア(勝ち点8)に対し、前線にD・サパタ、アレハンドロ・ゴメス、イリチッチと据えたアタランタは、開始2分にファリアスにポスト直撃のシュートを浴びる。 ひやりとしたアタランタはなかなかシュートに持ち込めずペースを掴めない状況が続いた。そんな中、前半終盤の40分にようやくチャンス。しかし、ボックス中央からD・サパタの放ったシュートは左ポストに直撃し、前半をゴールレスで終えた。 後半からアレハンドロ・ゴメスに代えてパシャリッチを投入したアタランタは、57分に先制しかける。右クロスが流れたところをゴセンズがボレーで豪快に蹴り込んだ。しかし、VARが入り、オフサイドがあったとしてノーゴールに覆った。 ゴールが遠いアタランタは67分にサパタに代えてラマースを投入。すると直後、そのラマースがペナルティアーク中央からコントロールシュートでゴールに迫ったが、GKの好守に阻まれた。 終盤にかけてなかなかチャンスを作れずにいたアタランタだったが87分、ゴセンズの左クロスをパシャリッチがダイレクトで合わせる決定機を演出。しかし、シュートはGKの守備範囲に飛び、88分にもスルーパスに抜け出したパシャリッチがGKと一対一となったが決めきれずゴールレスドロー。昇格組相手に痛い引き分けに終わっている。 2020.11.22 03:58 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタMFマリノフスキーらウクライナ代表3選手が新型コロナ陽性反応

ウクライナサッカー連盟(UAF)は17日、ウクライナ代表選手が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。 UAFの発表によると、PCR検査の結果4名が陽性反応を示したとのこと。うち1名はフィジカルコーチであり、残りの3名は選手だったとのことだ。 陽性を示した選手はアタランタのMFルスラン・マリノフスキー、シャフタール・ドネツクのDFセルゲイ・クリフツォフとFWジュニオール・モラエスとのことだ。 なお、クリフツォフとモラエスはすでに感染再発を防ぐ抗体を体内に持っているため、プレーできる可能性があるとのこと。欧州サッカー連盟(UEFA)とスイスのルツェルン州の自治体の判断に委ねられているとのことだ。 ウクライナ代表は、UEFAネーションズリーグ2020-21のリーグA・グループ4に入っており、17日にスイス代表と対戦する。 2020.11.17 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

CL敗戦からのバウンスバック狙ったアタランタとインテルは低調ドロー《セリエA》

セリエA第7節、アタランタvsインテルが8日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節クロトーネ戦をムリエルのドッピエッタで3試合ぶりの勝利を飾ったアタランタは連敗を止め、4勝2敗とした。しかし、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではリバプールの前に粉砕されてしまった。そのリバプール戦のスタメンから3選手を変更。ムリエル、モヒカ、パロミーノに代えてマリノフスキー、ルジェリーニ、ロメロを起用した。 一方、前節パルマ戦を2点のビハインドを負った中、何とか引き分けに持ち込んだインテルは3勝2分け1敗スタートとなった中、4日前に行われたCLではレアル・マドリー相手に2-3と競り負けてしまった。CLで未勝利が続く中、レアル・マドリー戦のスタメンから3選手を変更。ペリシッチ、ダンブロージオ、ハキミに代えてサンチェス、シュクリニアル、ダルミアンを起用し、負傷明けのルカクがベンチ入りした。 序盤の主導権争いを経て、徐々にアタランタが押し込む時間を増やしていったものの、シュートに結び付けることはできない。前半を通してアタランタがインテル陣内でボールを持つ展開となったが、膠着状態が長く続いた前半は決定機なくゴールレスで終了した。 ビッグマッチの期待とは裏腹に静かな前半を終えて迎えた後半、58分にインテルが先制する。左サイドからのヤングのクロスにL・マルティネスがヘディングでゴールに流し込んだ。 さらに65分には追加点のチャンス。ビダルが中央を持ち上がってシュート。だが、GKスポルティエッロにセーブされ、ルーズボールをボックス右のバレッラが押し込みにかかったが、ここもスポルティエッロに阻まれた。 流れの悪いアタランタはD・サパタとトロイに代えてムリエルとラマースを投入。すると79分にワンチャンスを生かして同点とする。ペナルティアーク中央でパスを受けた途中出場のミランチュクが左足でゴール右に蹴り込んだ。 失点前の74分にルカクを投入していたインテルだったが、終盤にかけては互いに譲らず1-1決着。低調な内容で勝ち点1を分け合う結果となった。 2020.11.09 00:53 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly