橋本拳人がまたゴール!ヘディングで今季5点目を記録し勝利に貢献《ロシア・プレミアリーグ》

2020.10.19 11:43 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
18日、ロシア・プレミアリーグ第11節のFCロストフvsアフマト・グロズヌイが行われ、3-03でロストフが勝利した。この試合に先発フル出場を果たした日本代表MF橋本拳人は前半24分に先制ゴールを記録した。

◆橋本拳人が絶妙なポジショニングからどんぴしゃヘッド!

左のインサイドハーフで出場した橋本は11分、味方のシュートがブロックされたこぼれ球を拾うと、味方とのワンツーでボックス内に侵入しシュート。しかしこれは枠を大きく外してしまう。

それでも24分、右サイドを崩すとダニル・グレボフがボックス内右から浮き球のパス。これをボックス中央で橋本がヘッドでたたき込み、ロストフが先制する。

しかし、40分にPKを与えるも、これはGKがセーブ。そのままスコアが動かないまま試合は進むと、後半アディショナルタイムにカウンターからロマン・エレメンコが追加点。さらに相手CKからカウンターを仕掛けると、ダニル・グレボフが決め切り試合終了。3-0でロストフが勝利し5位に浮上した。

FCロストフ 3-0 アクマト・グロズヌイ

24分:1-0 橋本拳人(FCロストフ)
92分:1-1 ロマン・エレメンコ(FCロストフ)
95分:1-2 ダニル・グレボフ(FCロストフ)
コメント
関連ニュース
thumb

「想いは増している」海外組として初めてプレーするMF橋本拳人、ポジション争いに「自分の良さを最大限出す」

日本代表がオーストリアのグラーツへ集合。合宿3日目となった11日のトレーニング前にオンラインでのメディア取材に応じた。 10月のオランダ遠征では、渡航制限があり招集されなかったMF橋本拳人(FCロストフ)が取材に応じた。 今年7月にFC東京からFCロストフへと移籍し、初めて海外でのプレーとなった橋本。海外挑戦での変化については「初めての海外挑戦で、最初の方は自分のプレーが出せなかったり、環境に馴染むことに苦しんだ部分はありましたが、自分の良さを出し続けようとやっていた中で、得点力、ゴール前に入ろうという意識が得点につながりました」とコメント。しかし、「そこがいちばんの役割ではないので、献身的に走って戦うことを意識してプレーしています」と、自身の良さを出すためにプレーすると語った。 今シーズンの橋本は、ロシア・プレミアリーグで12試合に出場し5ゴールと得点を記録。ボランチより1つ前のポジションを務めている中で、ゴール前への意識は常に持っているようだ。 一方で、守備の部分では差を感じているとし、「最初は自分が取れると思ったボールもなかなか取れず、フィジカル的な強さやスピードは予想していたよりも上でした。練習からでもなかなか良さを出せなかったというのはあります」と当初は苦しんだとのこと。それでも、「その中で、自分のフィジカルコンディションを上げたり、足を出すタイミング、体を当てるタイミングは掴んできましたが、最初は苦しみました」と、徐々に改善できていると手応えもあるようだ。 海外移籍し、ロシアでも日本人がいない中でプレーすることで、日本代表に対する思いにも変化があったと語った橋本。「ロシアでも代表を意識してプレーしていますし、僕自身初めての海外挑戦ということで、日本人としてのプライド、誇りを持ってロシアでもプレーしています。前に比べたら日本代表に対しての責任感やプレーできる想いは増していると感じます」とし、プレー面だけでなく、メンタル面でも変化があったとした。 日本代表ではボランチのポジション争いは熾烈。MF柴崎岳(レガネス)をはじめ、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF中山雄太(ズヴォレ)がいる。橋本は10月の試合も観たと言い「前回の試合も観ていて、すごく良い試合をしていましたし、強豪国相手に良いゲームをしていました。その中の競争に自分も入れるようにと意識しています」とコメント。「自分の良さを最大限出すということ。クラブと代表の戦術は違うと思いますが、コミュニケーションをとって自分の良さを出して、チームの勝利に貢献したいと思います」とし、自らの特徴を出して、ポジション争いに勝ちたいとした。 まだまだ日本代表の経験は浅い橋本。海外組として初めてプレーすることとなるが「相手は日本人なのでコミュニケーションは取りやすいですし、みんなのプレースタイルもある程度把握できているので、良さを生かす為のコミュニケーションは大事になりますし、自分の良さを出す為の立ち位置やパスを受ける位置など細かく会話できるので意識してやっていきたいです」と、ピッチ上でも話をしながらプレーしたいとコメント。また、守備に対しても「守備の部分でもロストフは守備的な戦術なので、前の選手をどう動かして自分が動くとか、後ろを見ながらプレスをかけるタイミングなどを意識しています。コミュニケーションを取れる分よくできると思います」とし、クラブで培ったものを代表でも出したいとした。 2020.11.11 20:31 Wed
twitterfacebook
thumb

橋本拳人が2ゴールで逆転勝利に貢献! ロストフがアルセナル・トゥラを下す《ロシア・プレミアリーグ》

27日、ロシア・プレミアリーグ第9節のアルセナル・トゥラvsFCロストフが行われ、2-3でロストフが勝利した。 この試合に先発フル出場を果たした日本代表MF橋本拳人は前半終盤に2ゴールを記録。チームの勝利に大きく貢献した。 <div id="cws_ad">◆橋本拳人が2ゴールの活躍!チームを逆転勝利に導く!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTdUJ5YVRZWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 試合は9分、自陣からのロングボールでディフェンスラインの裏に抜け出したエヴァンス・カングワが独走。GKとの一対一を冷静に決めて、アルセナル・トゥラが先制する。 しかしロストフも13分、右サイドからのアレクセイ・イオノフのクロスを、ファーサイドに走り込んだエフゲニ・チェルノフがダイレクトボレーで合わせ、1-1の同点に追いつく。 すると40分、右サイドからのクロスが一度は跳ね返されるも、こぼれ球を拾ったデニス・ハジカドゥニッチがクロス。これに橋本がボックス中央でヘッド。これが決まり、ロストフが逆転に成功する。 さらに45分には左CKを得ると、クロスをエルドル・ショムロドフがヘッド。これはGKに防がれるも、こぼれ球を橋本が蹴り込み2点目を記録。後半アディショナルタイムに1点を返されるも、そのまま逃げ切り勝利を収めた。 アルセナル・トゥラ 2-3 FCロストフ 9分:1-0 エヴァンス・カングワ(アルセナル・トゥラ) 13分:1-1 エフゲニ・チェルノフ(FCロストフ) 40分:1-2 橋本拳人(FCロストフ) 45分:1-3 橋本拳人(FCロストフ) 94分:2-3 モハメド・カディリ(アルセナル・トゥラ) 2020.09.28 09:38 Mon
twitterfacebook
thumb

見事なダイビングヘッド!ロシア挑戦の橋本拳人が決めたロストフ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は日本代表MF橋本拳人がFCロストフで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロストフの橋本が決めた欧州初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1OEtrSTMwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> FC東京ユース出身の橋本は、2012年にファーストチームに昇格。レンタル移籍を経て2015年から主力選手として定着した。 2020年夏に初の海外挑戦となる、ロシア・プレミアリーグのロストフに移籍した橋本だが、その記念すべき初ゴールは、移籍後初先発となった2020年8月23日のロシア・プレミアリーグ第4節、UFA戦で決めたゴールだった。 0-0と均衡した状態が続く中で迎えた79分、ロストフに決定機。左サイドに張っていたMFバクティヤール・ザイヌトディノフが、中央に低めのクロスを上げる。これはゴール前に走り込んだMFパベル・ママエフに当たりファーサイドに流れるも、ここに橋本が飛び込みダイビングヘッド。至近距離からの強烈なヘディングが決まり、見事な初ゴールを決めた。 これがこの試合唯一の得点となり、ロストフが1-0で勝利している。 2020.09.26 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

10失点のGKがMOM!? ロストフの17歳GKが新記録を樹立した歴史的セーブショー【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆17歳のGKが見せた雄姿!10失点ながらMOM選出のセーブショー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrMHBaQzlQNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ロストフのロシア人GKデニス・ポポフが見せた異例のセーブショーだ。 ロストフのユースチームに所属するポポフは、トップチーム昇格を目指し日々研鑽していたが、2020年6月19日に行われた、ロシア・プレミアリーグ第23節、ソチ戦で思わぬ形でトップチームデビューを果たすことになった。 世界中で猛威を振るっている新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で3月中旬から中断していたロシア・プレミアリーグ。その再開初戦となったこの試合だったが、直前にトップチームの6選手にコロナウイルス陽性判定が出てしまう。 これにより、トップチームの選手、コーチングスタッフら全員が濃厚接触者として2週間の隔離措置を取ることになり、今回の一戦を平均年齢17歳のユースチームで戦うことになった。 ほとんどの選手にとってプロデビュー戦となったこの試合では、シニアチームが出場しているソチの一方的な試合になったが、ポポフが獅子奮迅のプレーを見せる。 まずは2-1とリードされて迎えた23分、ボックス左近距離からのFWアンドリー・モストヴォイのシュートを好反応で弾きセーブ。さらに26分、PKを献上してしまうもFWアントン・ザボロトニーのキックを素晴らしい反応でセーブした。 さらに30分、ボックスの外からのMFニキータ・ブルミストロフの豪快なミドルシュートを横っ飛びでセーブすると、36分にはFWアレクサンドル・ココリンのゴール前でのオーバーヘッドシュートを足でセーブし、40分にもザボロトニーのボックス内からの強烈なシュートを弾き、セーブを記録した。 しかし、ハーフタイム前後でついに守備が崩れ、5-1とされて迎えた50分、再びボックス内でザボロトニーがヘディングからチャンスを作るも、ポポフがスーパーセーブを記録する。さらに7-1とされた55分には、サイド突破からボックスに侵入したDFエルミル・ナビウリンのニアポストへの強烈なシュートも好反応でセーブしている。 68分にはコーナーキックのこぼれ球を拾ったブルミストロフのボックスの外からのシュートをセーブすると、83分には再びブルミストロフの至近距離からのシュートもブロックしてみせた。 結局試合は10-1と歴史的な大敗となったものの、点差が開き続けてもベストを尽くし続けたポポフをはじめとするロストフユース選手はチーム内外から惜しみない賛辞を受けた。 またポポフは、この試合でPKストップを含むリーグ史上最多の15セーブを記録。10失点を喫したにもかかわらず、異例のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。 2020.08.28 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

途中出場MF橋本拳人が2試合連続決勝弾!ロストフを連勝に導くヒーローに《ロシア・プレミアリーグ》

26日、ロシア・プレミアリーグ第5節が行われた。 FC東京から今夏移籍した日本代表MF橋本拳人が所属するFCロストフは、ホームにウラルを迎え1-0で勝利。橋本は48分から途中出場を果たすと、59分に2試合連続ゴールを記録。チームは1-0で勝利を収めた。 <div id="cws_ad">◆橋本拳人が2戦連続決勝ゴール!チームを勝利へ導く豪快弾<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZSktZSDJRaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 前節のUFA戦で加入後初先発を果たした橋本は79分に移籍後初ゴール。この試合はベンチスタートとなったものの、ゴールレスで前半を終える。 48分に橋本はピッチに入ると、迎えた59分右CKからのクロスを味方がヘッド。これがボックス内でルーズボールになると、橋本が豪快に右足を振り抜きシュート。ボールは右隅に突き刺さり、2試合連続のゴールを記録した。 結局このゴールが決勝点となり、橋本は2試合連続でチームを勝利に導く活躍。連勝となったロストフは6位に順位を上げた。 ロストフ 1-0 ウラル 59分:橋本拳人(ロストフ) 2020.08.27 09:10 Thu
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly