主将・佐々木翔の初ゴールにL・ペレイラの10点目…終盤の神戸の猛攻を凌いだ広島が逃げ切り白星《J1》

2020.10.18 19:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第23節、サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸が18日にエディオンスタジアム広島で行われ、2-1で広島が勝利した。前節の川崎フロインターレ戦の敗戦で連勝が止まった広島(勝ち点31)。今節は城福監督が親族の不幸により不在となる中、スタメンには今季リーグ戦初先発の野津田、2度目のエゼキエウらが名を連ねた。

対する神戸(勝ち点33)は、現在2戦未勝利。前節は終盤のオウンゴールで大分トリニータと引き分けているが、主力を全員休ませる思い切ったターンオーバーを敢行していた。今節はその11人を再び入れ替え、イニエスタやフェルマーレン、サンペールらが先発に復帰した。

序盤戦から中盤での激しい攻防を見せる両チーム。互いにバイタルエリアまで運べない時間が続いていく。神戸はイニエスタが守備ラインの裏を狙ったパスを供給していくが、なかなか形にならない。

互いに守備意識を高く保つ中、広島はレアンドロ・ペレイラがイエローカードを受けて、次節の鹿島アントラーズ戦の欠場が決定。それでも34分に、そのレアンドロ・ペレイラがロングボールを前線で収め、時間を作ってボックス右からクロスを供給。これを茶島が頭で合わせるが、GK飯倉に止められた。

徐々に盛り返してきた広島。すると迎えた43分の右CKのシーン、森島のインスイングのクロスをドンピシャで合わせた佐々木が強烈なヘディングシュートを突き刺し、先制に成功する。

さらにアディショナルタイムには、右サイド中央でボールを奪ったエゼキエウからレアンドロ・ペレイラにボールが渡ると、左右の味方のランニングをおとりにして、ゴール正面から左足一閃。強烈なシュートがGK飯倉の手を弾いてネットを揺らし、これが今季10点目となった。

2点リードで後半を迎えた広島は攻撃の手を緩めることなく神戸ゴールに迫っていく。50分には、ボックス手前右でボールを持った野津田から針の穴を通すようなパスがレアンドロ・ペレイラに通るが、ダイレクトで狙ったシュートは枠を越えてしまった。

その後も相手に隙を与えることなく試合を進める広島。62分には自陣でのボール奪取から素早く攻撃に移行。持ち上がった川辺がボックス手前からシュートを放ったが、GK飯倉に弾かれる。さらにそのこぼれ球を茶島がつなぎ、レアンドロ・ペレイラがフィニッシュを迎えるが、当たり損なったシュートは飯倉に回収された。

劣勢の神戸は後半に入って田中と藤本を投入。広島も青山や浅野、柏を投入し、運動量の多かった選手を休ませる。

広島ペースで進んでいく中で、ダンクレーが不用意なファウルでイエローカードを提示され、次節は出場停止に。しかしそのダンクレー、84分に攻め上がり、ボックス手前でボールを受けると迷わず右足一閃。ブロックに入った佐々木の背中に当たりながらも、勢いそのままにゴールに吸い込まれた。

このゴールで相手に流れが傾きつつある広島は、直後のカウンターからビッグチャンスを迎えるも、浅野、川辺と立て続けに放っていったシュートはGK飯倉の好守もあり、ネットを揺らすことはできなかった。

5分のアディショナルタイムには神戸が猛攻を仕掛ける。95分の攻撃シーンでは、シュートが左ポストに直撃。その直後に右から仕掛けた古橋のクロスがボックス内で東の手に当たったが、主審はノーホイッスル。神戸陣は必死に抗議したが、試合はそのまま終了。2-1で逃げ切った広島が2試合ぶりの白星を得た。

サンフレッチェ広島 2-1 ヴィッセル神戸
【広島】
佐々木翔(前43)
レアンドロ・ペレイラ(前48)
【神戸】
ダンクレー(後39)
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:仙台vs広島】中2日での連戦、仙台は集中した戦いを見せられるか

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2020年10月31日(土) 13:00キックオフ ベガルタ仙台(18位/13pt) vs サンフレッチェ広島(10位/37pt) [ユアテックスタジアム仙台] ◆集中力を持って光明を見出せるか【ベガルタ仙台】 中2日での試合となったがホームでの連戦となる仙台。前節はミッドウィークにヴィッセル神戸と対戦し、2-3で敗れた。 14戦未勝利と泥沼の状態で臨んだ神戸戦だったが、そのチーム状態とは裏腹に粘り強い戦いを見せて前半はゴールレスで終えた。しかし、後半立ち上がりに連続失点し2点ビハインドに。また敗戦かという嫌な空気が流れていた。 それでも長沢駿のゴールですぐに1点を返すと、飯尾竜太朗のゴールで同点に。勢い付き15試合ぶりの白星が期待されたが、同点の直後にドウグラスにゴールを許し黒星となった。 前半の戦い方、リードを許してからの巻き返しは眼を見張るものがあったが、後半早々の失点、失点後の連続失点、そして同点直後の失点と、チームとしての集中力を欠いたことが悔やまれる。今節は同じ轍を踏まぬような準備ができるか。中2日で調整が難しい中で1つ白星を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:飯尾竜太朗、シマオ・マテ、平岡康裕、パラ MF:関口訓充、中原彰吾、椎橋慧也、石原崇兆 FW:長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 ◆連勝で上位への足掛かりを【サンフレッチェ広島】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎え、3-1で勝利し連敗を免れた。 立ち上がりはアウェイの横浜FMが押し込む展開となり、決定機を作られる場面もあったが、そんな中でレアンドロ・ペレイラのゴールで先制。その後は優位に試合を進めると、相手のオウンゴールで追加点を奪う展開となった。 ビハインドを取り返そうとする横浜FMの攻勢をしのぎ、試合終盤にはPKで加点。プラン通りの戦いで、しっかりと勝利を収めた。 チーム状態が上向きだったなか、課題は決定力の部分だったが、横浜FM戦では効果的に追加点を奪っていった。 今節は中2日でのアウェイ戦。ターンオーバーを敷くことも予想されるが、その状況でしっかりと連勝できるか。まだ諦めない上位へ勝ち点3を掴みたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:井林章、荒木隼人、佐々木翔 MF:茶島雄介、川辺駿、野津田岳人、東俊希 MF:エゼキエウ、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 2020.10.31 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

広島がホームで横浜FMに3発快勝! 永井龍がPKで加入後初ゴール《J1》

明治安田生命J1リーグ第32節、サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノスが28日にエディオンスタジアム広島で行われ、3-1で広島が勝利した。 前節の広島(勝ち点34)は、互いにビッグチャンスに何度も恵まれた鹿島アントラーズとのアウェイ戦を0-1で落とし、10月の5試合を3勝2敗とした。それから中3日の今節のスタメンは3人変更され、出場停止明けのレアンドロ・ペレイラや6試合ぶり先発の柏が名を連ねている。 一方の横浜FM(勝ち点44)は、前節はFC東京を4-0で粉砕しリーグ戦2連勝。10月はここまで広島より1試合多い6試合を消化し、3勝1分け2敗となっている。こちらも前回から中3日、FC東京戦からは6人のスタメン変更を行っており、先日サガン鳥栖から加入したGK高丘が早速デビューを果たすことに。 だがその高丘、5分過ぎにボールを蹴ろうとした際に足を滑らせる重大なミスを犯してしまう。詰めていた浅野にボールを奪われたが、ボックス左の角度のない位置から放たれたシュートはサイドネットを叩き、胸をなでおろした。 だが、その後は徐々に横浜FMのペースに。細かくパスを繋ぎながら虎視眈々とチャンスを窺っていく。対する広島も集中した守りを見せ、しびれを切らしたジュニオール・サントスがボックスの外から狙ったが、枠を大きく越えていった。 決定機が訪れたのは23分、中央から崩した横浜FMは、前田のシュートのこぼれ球をジュニオール・サントスがシュート。枠を捉えていたが、佐々木の体を張ったブロックに阻まれた。27分にはエリキのクロスから前田がチャンスを迎えるが、あと一歩及ばず。 ここまで自作の好機がなかった広島も、30分に右サイドの突破から逆サイドの東にシュートチャンス。ここはトラップが収まらず逸してしまったが、続く攻撃で左の深い位置からエゼキエウが折り返したクロスを浅野がシュート。左足の鋭いシュートだったが、惜しくも枠を捉えられなかった。 だがその3分後の33分、浅野が左サイドから上げたクロスを、DF間のスペースに飛び込んだレアンドロ・ペレイラが頭で叩き込んで先制に成功。劣勢の中で試合を動かした。 リードを許した横浜FMに追い打ちをかけるように、渡辺が足を痛めて負傷交代。代わりに喜田をスクランブル投入した。 1点リードのまま後半を迎えた広島は、立ち上がりに浅野と東が立て続けにシュートを放つ。その後はやや押し込まれる時間が続いた中、60分過ぎにエゼキエウと東を下げて、森島と茶島を投入する。 すると直後の広島のFKのシーン、右サイドから浅野がゴール前に放り込むと、これをチアゴ・マルチンスがオウンゴール。咄嗟に横浜FM陣営は広島の選手のオフサイドを主張したが、ゴールはそのまま認められ、ホームチームがリードを広げた。 反撃に出たい横浜FMは、65分に古巣戦だった和田に代わりマルコス・ジュニオールがピッチへ。だが、高いポゼッションとは裏腹に、シュート数では劣っており、広島の堅い守備を前に時間だけが進んでいく。 75分にはオナイウ阿道と水沼を同時投入。攻撃的なカードを切るが、なかなか効果は現れず。84分には右サイドの水沼のクロスをオナイウ阿道が合わせるシーンがあったが、ここは力なくGK林がキャッチ。 終盤に守備的交代で守りを固めた広島は、途中出場のドウグラス・ヴィエイラのポストプレーからカウンターを発動。抜け出した森島がボックス右で畠中に倒されてPKを獲得する。これを途中出場の永井が決めて勝利を決定的なものに。 永井に加入後初ゴールが決まったところで試合終了かに思われたが、後半アディショナルタイムに野上のハンドで横浜FMにもPK判定。これを決めたチアゴ・マルチンスもJ1初ゴールとなったが、試合はホームの広島が3-1で快勝。横浜FM相手にリーグ戦では4試合ぶりの白星を得た。 サンフレッチェ広島 3-1 横浜F・マリノス 【広島】 レアンドロ・ペレイラ(前33) OG(後17) 永井龍(後45) 【横浜FM】 チアゴ・マルチンス(後50) 2020.10.28 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:広島vs横浜FM】守護神は一体誰に? 広島は決定力を上げて勝利を

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2020年10月28日(水) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島(10位/34pt) vs 横浜F・マリノス(7位/44pt) [エディオンスタジアム広島] ◆課題は決定力、連敗を避けられるか【サンフレッチェ広島】 前節はアウェイで鹿島アントラーズと対戦し、1-0で敗戦となった。 チーム状態が上向きな中で、川崎フロンターレ(0-2)と鹿島に敗れたが、結果こそついてこないものの試合内容は表現したいものが出せていたと言えるだろう。 シャドーに入っている浅野雄也や森島司、ワイドでプレーする柏好文、東俊希、茶島雄介らがそれぞれ特徴を出すことはできているものの、敗れた試合ではフィニッシュの精度が欠けていた。 今節対戦する横浜FMを相手に第12節では3-1と敗戦。リベンジを果たすためにもしっかりとここで結果を出せるか。城福浩監督のベンチワークにも期待だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、川辺駿、青山敏弘、東俊希 MF:浅野雄也、エゼキエウ FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 ◆連勝中、再び波に乗り切れるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでのFC東京戦を0-4と快勝。チームとして勢いがつく勝利を挙げ、久々の連勝となった。 Jリーグだけでなく、ルヴァンカップ、そして11月に再開するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦う横浜FMにとっては、約2カ月に渡る過密日程がここで一旦終了。22連戦が終わることになる。 浮き沈みがある中、選手も入れ替えて戦いを続けてきた横浜FM。ベースアップも図れ、選手個々の成長も著しい状況だ。 リーグタイトル、カップ戦タイトルもない中、リーグの成績を考えつつ、11月再開のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇に向けた準備をしたいところだろう。 そんな中で、先週で3名のGKが移動。朴一圭がサガン鳥栖へ期限付き移籍、代役として高丘陽平を完全移籍で獲得、栃木SCからオビ・パウエル・オビンナが復帰した。チーム内での競争も高めつつ、しっかりと結果を残していきたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏 MF:松田詠太郎、エリキ FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.10.28 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

エヴェラウドのゴールで広島を下した鹿島、開幕節のリベンジ達成《J1》

明治安田生命J1リーグ第24節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が24日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、1-0で鹿島が勝利した。 新型コロナウイルスによる中断前の2月に行われた第1節以来の対決となる両チーム。今回はホームに迎え撃つ鹿島は3日前の21日に試合を消化しており、そのヴィッセル神戸戦ではボールを圧倒的に支配されながらも、燃費の良い攻撃で3点を奪い快勝を収めた。一方、中5日の広島も前節の対戦相手は神戸。こちらも2-1で勝利しており、互いに2連勝を懸けた戦いとなる。 過密日程の鹿島だが、神戸戦からのスタメン変更は1人のみ。上田に代わってエヴェラウドが起用された。対する広島の変更は2人。累積警告で出場停止のレアンドロ・ペレイラと野津田に代わり、ドウグラス・ヴィエイラと青山が先発に復帰した。 試合は序盤からビッグチャンスの応酬になる。まずは鹿島、2分にボックス手前のレオ・シルバがエヴェラウドとのパス交換からシュートへ。ここをGK林のセーブで凌いだ広島は4分、カウンターから素早く左に展開し、東のパスを受けたエゼキエウがクロス。ボックス中央で胸トラップしたドウグラス・ヴィエイラがシュートに持ち込むが、相手に当たってGKの手の中へ。 ポゼッションを高める鹿島は、5分過ぎには相手のクリアをひっかけて犬飼がボールを奪取。ファン・アラーノを経由して自らシュートまで運んだが、惜しくも右に外れた。19分の右CKの場面では、ボックス左で折り返したボールを町田がヘディングシュート。これも決定機だったが、GK林が指先で僅かに触れてクロスバーを叩いた。 その後も鹿島主導で試合が進む中、34分に広島が再びカウンターを発動。エゼキエウが左サイドを駆け上がり、ボックス左へ進攻。前に出てきたGK沖をかわすようにループシュートを狙ったが、今度はこちらもクロスバーに嫌われた。さらにアウェイチームは38分にも、ドウグラス・ヴィエイラのクロスを森島がフリーでヘディングシュートを放つシーンがあったが、枠を捉えられなかった。 後半も互いに強みを生かした攻撃が展開される中、先に動いた広島は58分にエゼキエウと茶島を下げて柏と浅野を投入。すすとその直後、スローインからのリスタートで浅野が左サイドを突破。後ろから町田に接触されボックス内で倒れたが、ファウルポイントは残念ながら外。森島のFKはゴール前でクリアされた。 対して鹿島は65分過ぎに3枚交代。永木、遠藤、荒木が投入された。75分にはファン・アラーノを下げて上田をピッチへ。するとその直後、三竿のロングボールを相手DF野上の前で先に触ったエヴェラウドが最終ラインを突破。GKと一対一となり、豪快にシュートを突き刺した。 今季の広島は先制された試合では全敗しており、一方の鹿島は先制した試合は10試合で9勝1分け無敗と、数字上では圧倒的不利な状況に。それでも直近5試合は3勝2分けと心強い成績を残しているアウェイチームは、82分にかけてはチャンスが続くも、川辺のシュートはGK沖に止められた。 結局、試合は鹿島が1-0で制し、0-3で完敗した開幕節のリベンジに成功。2連勝を収めている。 鹿島アントラーズ 1-0 サンフレッチェ広島 【鹿島】 エヴェラウド(後31) 2020.10.24 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:鹿島vs広島】開幕戦では広島が完勝、勝敗のポイントは先取点

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 14:00キックオフ 鹿島アントラーズ(6位/42pt) vs サンフレッチェ広島(10位/34pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆フィニッシュの精度を高めリベンジへ【鹿島アントラーズ】 ミッドウィークに行われた前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦し1-3で快勝。連敗を免れた。第6節の湘南ベルマーレ戦以来、3カ月ぶりにスタメン起用された上田綺世が久々のゴールを記録するなど、効果的に3ゴールを奪って勝利を収めた。 過密日程での鳥栖、札幌、神戸というアウェイ3連戦を2勝1敗と勝ち越して乗り切った鹿島。久々のホームゲームではしっかりと勝利を収めたいところだろう。 今節の相手は開幕戦で敗れた広島。3-0と完敗を喫した相手だが、当時の鹿島は最悪の状態。結果、そこから4連敗を喫していた。 今の状態は当時とは比べられないほど改善。課題はフィニッシュの精度だが、久々に先発した上田に結果が出たことも大きなプラス材料だ。ポゼッションの部分は悪い試合を見せていないだけに、勝利へのカギはいかに決定機を仕留めるか。先手を奪って主導権を握りたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、永木亮太、和泉竜司 FW:土居聖真、上田綺世 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆ケガ人も復帰、開幕戦の再現なるか【サンフレッチェ広島】 前節はホームに神戸を迎えての一戦となったが、2-1で勝利。川崎フロンターレ戦からのバウンスバックを見せた。 川崎F戦も主導権を握る場面がありながら、フィニッシュの精度を欠いて敗戦となったが、神戸戦では2ゴールを奪って勝利を収めることに成功した。 城福浩監督が親族の不幸で急遽指揮を執れないという不測の事態でも、しっかりとチームが結果を残したことは大きい。チームの調子が上がってきていることからも、しっかりと連勝したいところだ。 ケガ人も戻り、アタッカー陣も駒が揃ってきた状況。誰が出場しても良い状況だが、鹿島戦ではフィニッシュの精度がより重要になる。開幕戦の再現となるのか、先手争いにも注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:東俊希、川辺駿、青山敏弘、柏好文 MF:浅野雄也、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 出場停止:レアンドロ・ペレイラ 2020.10.24 11:00 Sat
twitterfacebook