主将・佐々木翔の初ゴールにL・ペレイラの10点目…終盤の神戸の猛攻を凌いだ広島が逃げ切り白星《J1》

2020.10.18 19:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第23節、サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸が18日にエディオンスタジアム広島で行われ、2-1で広島が勝利した。前節の川崎フロインターレ戦の敗戦で連勝が止まった広島(勝ち点31)。今節は城福監督が親族の不幸により不在となる中、スタメンには今季リーグ戦初先発の野津田、2度目のエゼキエウらが名を連ねた。

対する神戸(勝ち点33)は、現在2戦未勝利。前節は終盤のオウンゴールで大分トリニータと引き分けているが、主力を全員休ませる思い切ったターンオーバーを敢行していた。今節はその11人を再び入れ替え、イニエスタやフェルマーレン、サンペールらが先発に復帰した。

序盤戦から中盤での激しい攻防を見せる両チーム。互いにバイタルエリアまで運べない時間が続いていく。神戸はイニエスタが守備ラインの裏を狙ったパスを供給していくが、なかなか形にならない。

互いに守備意識を高く保つ中、広島はレアンドロ・ペレイラがイエローカードを受けて、次節の鹿島アントラーズ戦の欠場が決定。それでも34分に、そのレアンドロ・ペレイラがロングボールを前線で収め、時間を作ってボックス右からクロスを供給。これを茶島が頭で合わせるが、GK飯倉に止められた。

徐々に盛り返してきた広島。すると迎えた43分の右CKのシーン、森島のインスイングのクロスをドンピシャで合わせた佐々木が強烈なヘディングシュートを突き刺し、先制に成功する。

さらにアディショナルタイムには、右サイド中央でボールを奪ったエゼキエウからレアンドロ・ペレイラにボールが渡ると、左右の味方のランニングをおとりにして、ゴール正面から左足一閃。強烈なシュートがGK飯倉の手を弾いてネットを揺らし、これが今季10点目となった。

2点リードで後半を迎えた広島は攻撃の手を緩めることなく神戸ゴールに迫っていく。50分には、ボックス手前右でボールを持った野津田から針の穴を通すようなパスがレアンドロ・ペレイラに通るが、ダイレクトで狙ったシュートは枠を越えてしまった。

その後も相手に隙を与えることなく試合を進める広島。62分には自陣でのボール奪取から素早く攻撃に移行。持ち上がった川辺がボックス手前からシュートを放ったが、GK飯倉に弾かれる。さらにそのこぼれ球を茶島がつなぎ、レアンドロ・ペレイラがフィニッシュを迎えるが、当たり損なったシュートは飯倉に回収された。

劣勢の神戸は後半に入って田中と藤本を投入。広島も青山や浅野、柏を投入し、運動量の多かった選手を休ませる。

広島ペースで進んでいく中で、ダンクレーが不用意なファウルでイエローカードを提示され、次節は出場停止に。しかしそのダンクレー、84分に攻め上がり、ボックス手前でボールを受けると迷わず右足一閃。ブロックに入った佐々木の背中に当たりながらも、勢いそのままにゴールに吸い込まれた。

このゴールで相手に流れが傾きつつある広島は、直後のカウンターからビッグチャンスを迎えるも、浅野、川辺と立て続けに放っていったシュートはGK飯倉の好守もあり、ネットを揺らすことはできなかった。

5分のアディショナルタイムには神戸が猛攻を仕掛ける。95分の攻撃シーンでは、シュートが左ポストに直撃。その直後に右から仕掛けた古橋のクロスがボックス内で東の手に当たったが、主審はノーホイッスル。神戸陣は必死に抗議したが、試合はそのまま終了。2-1で逃げ切った広島が2試合ぶりの白星を得た。

サンフレッチェ広島 2-1 ヴィッセル神戸
【広島】
佐々木翔(前43)
レアンドロ・ペレイラ(前48)
【神戸】
ダンクレー(後39)
コメント
関連ニュース
thumb

広島GK廣永遼太郎に第二子となる次女誕生

サンフレッチェ広島は27日、GK廣永遼太郎(30)の第二子誕生を報告した。 廣永は27日に群馬県内の病院で体重3200gの次女を授かったとのことだ。 廣永は2015年にFC東京から広島入り。今季はここまで出場機会がない。 2020.11.27 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

先発11人変更の広島に追い付かれた湘南、J1通算150勝はまたもお預けに《J1》

明治安田生命J1リーグ第25節、湘南ベルマーレvsサンフレッチェ広島が25日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節の湘南は、無失点3連勝中にあった中で、アウェイの名古屋グランパス戦に挑むも3-1で返り討ちに遭い、6試合ぶりの黒星を喫した。対する広島は、アウェイでセレッソ大阪に完封勝利を収め、6試合無敗を継続。来季のAFCチャンピオンズリーグの出場権が狙える位置にまできた。 スタメンに関しては前節から2人変更の湘南に対し、佐々木とレアンドロ・ペレイラが累積警告で出場できない広島は大胆に11人全員入れ替えるターンオーバーを敢行。GK大迫がおよそ1カ月ぶりにゴールマウスに立ったほか、センターバックの左に入ったベテラン清水は今季公式戦4試合目。松本や土肥など若手も起用されたが、この采配が吉と出るか凶と出るか。 試合は3分に湘南の岡本がファーストシュート。松田のCKを右足で合わせた。一方の広島も4分、味方とのワンツーで左サイドを縦に突破したエゼキエウのスルーパスに抜け出した永井がシュートに繋げたが、ここはDFのブロックに遭った。 湘南は6分には、相手のクリアに反応した柴田が頭で前線に送り返したボールを、ボックス中央の松田がシュート。決定機だったが、ここは名誉挽回を図るGK大迫のビッグセーブに阻まれた。 しかし直後の8分、左CKを得たホームチームが先制に成功する。キッカーの松田が山なりのクロスを入れると、ファーサイドの大野が頭でリターン。これを岡本が頭でゴール左下に押し込みネットを揺らした。 出鼻を挫かれた広島は、その後もリズムを作れず湘南に主導権を許したまま。そんな中でも26分に左サイドの松本のクロスを永井が頭で合わせるなど、何とか形を作る。30分から40分にかけては広島が流れを掴みかけるが、エゼキエウが足を痛めて途中交代。森島を緊急登板させた。 これで流れが途切れた広島。43分にハーフウェイライン付近でボールを失うと、前に運んだ松田のパスから茨田に決定機を許してしまう。だが、ここでもGK大迫がビッグセーブ。何とか最少失点に抑えて試合を折り返した。 反撃に出たい広島は、土肥と永井を下げて柏と浅野を投入して後半に望む。すると立ち上がりの49分、ドウグラス・ヴィエイラが得たFKを松本が直接狙うと、強烈な―シュートがクロスバーを直撃。ボールは真下に弾かれたが、ゴールラインは割っておらず同点には追いつけなかった。 しかし、58分にも松本がゴールに迫るなど明らかに攻勢を強めた広島がさらに野津田を下げて川辺をピッチへ送ると、この交代がズバリ的中する。 66分、柴崎の縦パスをボックス手前で受けたドウグラス・ヴィエイラが起点を作ると、ボックス右に走り込む川辺に丁寧にスルーパス。これでGKと一対一となった川辺は、冷静にGK谷のニア上方に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。 このまま広島を調子付かせたくない湘南は、失点直後に投入した大橋がドリブルで打開を試みる。左サイドから1人躱してボックスに侵入。ここでDF2人に挟まれ倒されるが、主審の笛は鳴らなかった。 勢いに乗る広島にとっても気の抜けない時間が続くが、85分に左サイドに流れた森島のクロスを頭で合わせたドウグラス・ヴィエイラのシュートが相手GKを強襲。さらに87分には同点ゴールの川辺に再びビッグチャンス。味方のスルーパスでボックス左に抜け出しGKと一対一になるが、丁寧にゴール右下を狙ったシュートはポストを掠めてしまった。湘南も途中出場の指宿に好機が訪れるが、好セーブ連発のGK大迫が立ちはだかる。 結局、試合は1-1のドロー。湘南のJ1通算150勝目はまたもお預けに。また、追いつく形となった広島も連勝はお預けとなった。 湘南ベルマーレ 1-1 サンフレッチェ広島 【湘南】 岡本拓也(前8) 【広島】 川辺駿(後21) 2020.11.25 21:36 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:湘南vs広島】勢い止められた湘南、試合巧者の広島にどう立ち向かう?

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 19:30キックオフ 湘南ベルマーレ(15位/23pt) vs サンフレッチェ広島(8位/46pt) [Shonan BMW スタジアム平塚] ◆勢いは一度ストップ、リスタートが肝心【湘南ベルマーレ】 3試合連続無失点、3連勝と波に乗り臨んだ前節は、アウェイでの名古屋グランパス戦で1-3と敗戦。個の能力の高さの前に対抗できずに惨敗に終わった。 それでもチームとして7試合負けなかったこと、3連勝を記録したことはブラフではない。しっかりと粘り強さを出せたことが結果に繋がっていたが、選手たちの勤続疲労は気になるところだ。 今節も試合巧者である広島を迎えての一戦。例年であれば、3シーズン連続で残留を争っている状況であり、ここからの勝ち点は大きく状況を変えていくものになる。 今一度自分たちの立ち位置を考え、この7試合で掴んだものを実にすべくしっかりと戦えるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、坂圭祐、大野和成 MF:岡本拓也、齊藤未月、石原広教 MF:茨田陽生、松田天馬 FW:指宿洋史、中川寛斗 監督:浮嶋敏 ◆ターンオーバーで上位進出へ【サンフレッチェ広島】 前節はアウェイでセレッソ大阪と対戦し、0-1で勝利。これで6戦負けなしとなり順位もジワリと上げてきている。 安定した試合をし続けて来た広島だが、上位を相手にもしっかりと戦えるだけに取りこぼしが多いのが気になるところ。勝ち切るという点ではやはり攻撃陣の奮起が期待される。 今節はDF佐々木翔とFWレアンドロ・ペレイラが出場停止という状況。アウェイ連戦となり、メンバーの入れ替えも考えられる状況だ。 勝利への執念を見せるにも、久々に出場となる選手たちの奮起も期待されるところ。悪くない流れできている湘南を止めることができるだろうか。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:櫛引一紀、荒木隼人、井林章 MF:柏好文、土肥航大、野津田岳人、清水航平 MF:柴崎晃誠、ドウグラス・ヴィエイラ FW:永井龍 監督:城福浩 出場停止:佐々木翔、レアンドロ・ペレイラ 2020.11.25 17:20 Wed
twitterfacebook
thumb

L・ペレイラがゴールから退場の独擅場! 虎の子の一点を守り切った広島がアウェイでC大阪に完封勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第28節、セレッソ大阪vsサンフレッチェ広島が21日にヤンマースタジアム長居で行われ、1-0で広島が勝利した。 来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権が与えられる3位以内を目指すC大阪は、現在勝ち点49で5位に位置。3位の名古屋グランパスとは2試合消化が少ないながらも勝ち点差「3」となっており、トップ3フィニッシュの可能性は大いに残っている。だがここ3試合は1分け2敗と足踏みしており、前節は下位に沈む清水エスパルスに1-3で敗れた。 <div id="cws_ad">◆広島レアンドロ・ペレイラがフリーの位置からこぼれ球をゴールに突き刺す<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1eizov2wvohv71vjkt4iiadx9p" async></script></div> 一方の広島は5試合負けなしではあるものの、連勝に恵まれず前節も横浜FCとドロー。順位も9位と鳴かず飛ばずで、なかなか内容と結果が伴わない試合が続いている。 スタメンに関しては、C大阪は前節から3人変更。横浜FC戦で多少主力を落としていた広島は5人変更となった。 試合は互角の攻防を見せる。立ち上がりのCKで都倉がヘディングシュートを放ったC大阪に対して、広島もレアンドロ・ペレイラがヘディングシュートでゴールに迫る。広島は19分にも浅野が得たFKを森島が狙ったが、ここはGKキム・ジンヒョンの正面。森島はさらに速攻からシュートまで運んだが、相手のブロックに遭い枠に飛ばせず。 一進一退の攻防は24分に動いた。味方のバックパスを受けた川辺がワンタッチで左サイドに展開。抜け出した東のクロスはDFにカットされてしまうものの、こぼれ球を拾ったレアンドロ・ペレイラがボックス手前から右足シュートを突き刺し、アウェイチームが先制に成功した。 その後、ヒートアップしてイエローカードが連発したC大阪に対して、広島も報復行為に及んだレアンドロ・ペレイラが警告を受けるなど、ややダーティな展開に。 後半から、1点ビハインドのC大阪は松田と都倉を下げて、丸橋と西川を投入。さらに58分に奥埜とブルーノ・メンデスもピッチへ送り出したC大阪はその直後、味方のロングボールの跳ね返りをボックス内で拾った清武が巧みなタッチからゴール前に抜け出すが、ここは絶妙なタイミングで前に出たGK林に止められた。 少しずつ劣勢に立たされるようになった広島。そんな中63分、相手へのファウルで2枚目のイエローカードを受けたレアンドロ・ペレイラが退場に。大きくゲームプランを狂わせてしまう事態となってしまった。 こうなると試合はC大阪のペースに。73分にクロスのこぼれ球から坂元がクロスバー直撃の鋭いシュートを見舞うと、75分には丸橋のヘディングシュートでゴールに迫る。 押し込まれる広島は76分に茶島を下げて井林を投入し、明確なメッセージを送る。しかしながらC大阪の勢いは衰えず、85分には途中出場の高木のシュートを浴びるも、GK林が見事セーブ。 試合終了間際には、清武のクロスを頭で合わせたブルーノ・メンデスのシュートが枠を捉えるが、ここもGK林が集中した守りでゴールを許さず。結局、前半のリードを死守した広島が1-0で勝利を収め、6試合負けなしとした。 セレッソ大阪 0-1 サンフレッチェ広島 【広島】 レアンドロ・ペレイラ(前24) 2020.11.21 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:C大阪vs広島】互いにカギは先制点、上位フィニッシュに向け負けられない一戦

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2020年11月21日(土) 16:00キックオフ セレッソ大阪(5位/49pt) vs サンフレッチェ広島(9位/43pt) [ヤンマースタジアム長居] ◆痛恨の3戦未勝利、ピッチ内に集中を【セレッソ大阪】 前節はアウェイで清水エスパルスと対戦。苦手とするアウェイの清水戦ではその相性通り1-3で敗戦。3試合未勝利となった。 2位を目指す戦いを続ける中で痛恨の3試合未勝利となったC大阪。さらに、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が今シーズン限りで退任するという報道が出たことで、ピッチ外の話題が盛り上がっている。 しかし、チームとしては2位を諦めるのは時期尚早。まだまだ狙える差だけに、ピッチ内のことに集中して試合に臨みたいところだ。 ここまで続けてきたパスサッカーを継続することはもちろんだが、問題は人選。ほぼ固定したメンバーで戦っていることで、チーム全体のベースアップはなされてこなかったのが現状だ。 特に良い状態での試合運びができていてもゴールが遠い現状。相手に先手を奪われ後手に回ると、盛り返すことができない弱点を露呈している。繋ぐこと以上に、フィニッシュワークに力を入れるべきだろう。天皇杯、そして来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得のためにも、4試合ぶりの勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、木本恭生、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、豊川雄太 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ ◆上位フィニッシュへ負けられない一戦【サンフレッチェ広島】 前節はホームのに横浜FCを迎え1-1のドローに終わった広島。5戦負けなしと結果はまずまず出ているが、決定打に欠けるというのが現状のチームだろう。 試合中のパフォーマンスには大きな波はないが、勝敗を分けているのはフィニッシュの精度。7試合連続で1失点以下と守備陣は安定しているが、得点も1点以下が4試合と迫力に欠ける。 レアンドロ・ペレイラがチームを牽引している格好だが、たたみ掛けることができていないようでは上位には進めない。3位も目指せなくはないが、そのためには勝ち点の取りこぼしは避けたいところだろう。 ブロックを敷いて望むのか、それとも前からボールを奪いに行くのか。ポゼッションに秀でるC大阪の場合はプレスをかけ続ける方を選びそうだが、相手をプレスにハメ、効率よくゴールを奪っていきたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、川辺駿、青山敏弘、東俊希 MF:エゼキエウ、森島司 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 2020.11.21 13:25 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly