サラーがリバプール加入後100ゴール 史上3番目のスピードで達成!

2020.10.18 08:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エジプト代表FWモハメド・サラーがリバプールの選手として公式戦通算100ゴールを達成した。サラーは17日に敵地で行われた第5節のエバートン戦に先発。最終的に2-2のドローゲームに終わったダービーマッチだが、右サイドからクロスが上がった1-1の72分にクリアボールに素早く反応すると、左足ダイレクトのシュートを豪快に叩き込み、2試合連続ゴールを記録した。

この得点がリバプール加入後節目の公式戦100ゴール目。159試合目での達成はデータ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、
元イングランド代表FWのロジャー・ハント氏(144試合)、元同代表FWのジャック・パーキンソン氏(153試合)に次ぐクラブ史上3番目の早さだという。

2017年夏にローマから加入して以降、インパクトを残し続けるなか、今季もここまでプレミアリーグ5試合で6ゴールと傑出したパフォーマンスを披露するサラー。4季目の今季もその存在感に変わりはなさそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

親善試合でワイナルドゥムが見せた、仕上がり抜群の華麗な連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はリバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ワイナルドゥムがPSMで見せた見事な連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5Y2Y5VW1YaCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フェイエノールトでキャリアをスタートさせたワイナルドゥムは、PSVで頭角を現すと、2015年夏にニューカッスルへ加入しプレミアリーグデビュー。同クラブで降格の憂き目に遭うも、孤軍奮闘の活躍が評価され、2016年夏にリバプールに移籍した。 豊富な運動量とキープ力で、攻守に存在感を見せているワイナルドゥムだが、2018年8月7日に行われた、プレシーズンマッチのトリノ戦では、味方との見事な連携からゴールを決めている。 1-0とリバプールリードの24分、最終ラインからのロングパスを最前線で受けたFWモハメド・サラーがFWロベルト・フィルミーノに落とす。ドリブルでボールを運びながらチャンスを伺うフィルミーノは、右サイドから上がってくるワイナルドゥムを見て、絶妙なスルーパスをボックス内に送る。これを相手DFの裏で受けたワイナルドゥムがGKのニアポストを抜くゴールを決め、追加点を奪った。 このワイナルドゥムのゴールなどもあり、3-1と危なげなく勝利したリバプール。プレシーズン最終戦となった試合で仕上がりの良さを見せつけた。 2020.10.23 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「本当に申し訳ない」ファン・ダイクの重傷にアンチェロッティ監督が謝罪、ピックフォードは「本当に落ち込んでいる」

エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督が、注目を集めてしまった“マージーサイド・ダービー”で起こった事故について語った。エバートン公式サイトが伝えた。 17日のプレミアリーグ第5節で激突したエバートンとリバプール。試合はダービーらしい白熱した展開となり、リバプールの先制から始まったシーソーゲームは2-2という結果に終わった。 今季初のダービーだったが、最も話題をさらったのは開始5分の出来事。セットプレーの流れからクロスに合わせにいったリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクと、エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードが激突。この接触でファン・ダイクは途中交代となると、試合後の検査で右ヒザ前十字靭帯の損傷と診断。手術を余儀なくされ、長期離脱することとなった。 このシーンでは、ファン・ダイクがオフサイドポジションにいたことから、ファウルを取られることはなかったものの、アフターチャージであること、そして結果的に重傷に繋がったことでピックフォードへ非難の声が多く浴びせられることとなった。 アンチェロッティ監督は、この件について口を開き、まずはファン・ダイクに謝罪。一方で、ピックフォードにケガをさせる意図はなく、サッカーではよく起こることが起こってしまったと弁解した。 「まず、明確にしておきたいことは、ヴィルヒル・ファン・ダイクのケガについては本当に申し訳ないと思っている。我々1人1人が、彼がすぐに、そしてしっかりと回復できることを望んでいる」 「ジョーダン・ピックフォードとの接触があった。それはタイミングが悪いものだった。しかし、プレミアリーグはとてもスピーディで、少しだけ遅れてしまうことはよく起こる事ではある」 「ジョーダンは少し遅れてしまったが、彼の意図はボールに届こうというものであった。ヴィルヒル・ファン・ダイクを傷つけるということではなかった」 「計画的だったとか、あれやこれや言うことは、私の中ではやり過ぎだと感じている。ファン・ダイクもこのことを知っている」 「ジョーダンは本当に悲しんでおり、(ファン・ダイクが負傷したことを知り)本当に落ち込んでいた」 「それは強い接触であり、タイミングがズレてしまったかもしれないが、サッカーでは時々そういったことが起こる可能性はある」 2020.10.22 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ミルナー、CB起用で大活躍のファビーニョを絶賛「彼はトッププレーヤーだ」

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のアヤックス戦に勝利した後、チームメイトのブラジル代表MFファビーニョを絶賛した。公式サイトが伝えている。 エバートンとのマージーサイド・ダービーで負ったケガにより、オランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの長期離脱が確実になっているリバプールは、カメルーン人DFジョエル・マティプも状態に不安を抱えアヤックス戦を欠場。本職のセンターバックが若手を除けばイングランド代表DFジョー・ゴメスのみと苦しい状況に陥っていた。 ユルゲン・クロップ監督は今季CL初戦となったこの試合、普段はアンカーを務めるファビーニョをセンターバックに起用する。するとファビーニョは高さと読みの鋭さで攻撃をブロックするだけでなく、相手のシュートをゴールライン上でクリアするなど大活躍。アヤックスのオウンゴールにより得たリードを守り抜き、1-0での勝利に大きく貢献している。 試合後、イギリス『BTスポーツ』のインタビューに答えたミルナーは、殊勲のブラジル代表を絶賛すると共に、ケガ人が続出した状況でのクリーンシート達成を喜んだ。 「彼はトッププレーヤーだ。トッププレーヤーは(異なるポジションに)適応することができるが、彼もそうだったね。以前にもあそこ(センターバック)でプレーしたことがあるし、非常にうまくやっている。本当に信じられないようなクリアもしていた」 「アヤックスは良いチームだし、フィジカル重視な戦いだった。昔のイングランドでの試合みたいだったね。(ピッチの)コンディションもトリッキーだった。なんとか勝利を得られたけど、それが今夜最も重要なことだよ」 「チャンスは十分にあったし、前半にもっと得点できなかったのは残念だった。でも、クリーンシートを獲得できたのは大きいよ。僕らは(メンバーを)変更していたし、彼らは良いチームだったから、クリーンシートを獲得することが重要だった。オウンゴールだけで十分だったね」 また、ミルナーはこの試合でCLデビューを飾った若手イングランド人MFカーティス・ジョーンズについても「彼はとても良い選手だ。僕はこの試合が、これから(CLで)多くの試合に出る(ジョーンズの)最初のものになると確信しているよ」と話し、大きな期待を寄せている。 2020.10.22 15:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックス戦勝利のリバプール、クロップ監督が試合を振り返る「両チームとももっと良いサッカーができる」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、アヤックス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは21日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のアヤックス戦を戦い、0-1でリバプールが勝利を収めた。 リバプールは負傷しているオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクに加え、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラやブラジル代表GKアリソン・ベッカーが欠場。メンバーが足りないセンターバックにはブラジル代表MFファビーニョとイングランド代表DFジョー・ゴメスを並べて臨んだ。 前半からアヤックスペースで進んだ試合だが、35分にオウンゴールでリバプールが先制。その後も主導権を握れないリバプールは、後半開始からジョーダン・ヘンダーソンを投入。さらに、60分にはモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミノを下げて、南野拓実、ジョタ、ジェルダン・シャキリを投入するなど策を講じたが、0-1のままで勝利を収めた。 苦しい試合となったこの一戦を振り返ったクロップ監督は、難しい試合だったとコメント。勝利した結果については喜んだ。 「この結果は試合の全体像を表していて、両チームとしても最も良いパフォーマンスではなかったと言えるだろう。両チームとももっと良いサッカーができる」 「しかし、特にアウェイで戦うこの大会の試合では、色々と大変な状況がある。多くの選手がケガをしている中でラインナップを作り、試合に勝たなければならなかった」 「ラインギリギリでボールをクリアしなければならなかった時や、ポストに当たった時も、それは当然の出来事だったと思う。もちろん、彼らにもチャンスはあったが、それを除けば、両チームにとって難しいピッチの中で、我々はかなり優位に立っていた」 「アヤックスが普段は素晴らしいチームであることは誰もが知っていると思うが、今夜の試合は本当にトリッキーで、パス回しが難しかった。ただ、試合には勝ったし、問題は全くない」 2020.10.22 11:35 Thu
twitterfacebook
thumb

南野途中出場のリバプールがOG弾で逃げ切りCL初戦を白星で飾る! 《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のアヤックスvsリバプールが21日に行われ、0-1でリバプールが勝利した。リバプールの日本代表MF南野拓実は、60分からプレーした。 2シーズン連続でエールディビジ王者に輝いたアヤックスが、圧倒的な強さで昨季のプレミアリーグを制したリバプールを本拠地ヨハン・クライフ・アレナに迎えた。 直近のヘーレンフェーン戦を大勝したアヤックスは、その試合から先発を1人変更。ラシナ・トラオレに代えてリサンドロ・マルティネスを先発で起用。それ以外はタディッチやネレス、ブリントらほぼベストメンバーでリバプールとの大一番に臨んだ。 一方、連覇を狙った昨季はアトレティコ・マドリー前にベスト16敗退となったリバプールは、直近のエバートンとのマージーサイド・ダービーで前十字靭帯損傷を負ったDFファン・ダイクに加え、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラやブラジル代表GKアリソンが欠場。そのため、GKはエバートン戦に続きアドリアンが、センターバックにはファビーニョとジョー・ゴメスの急造コンビが抜擢された。なお、南野はベンチスタートとなった。 試合開始早々にアヤックスはアクシデントに見舞われる。6分、敵陣でボールを奪い合ったクドゥスがファビーニョと接触した際に右ヒザを痛めてピッチに座り込むと、一度歩いてピッチを離れたがプレー続行不可能となり、プロメスがスクランブル投入された。 膠着状態が続く中、先にゴールに迫ったのはアヤックス。21分、左サイドから仕掛けたプロメスの折り返しをボックス中央のタディッチが落とすと、ボックス手前のグラフェンベルフがダイレクトシュートで狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 さらに33分には、ネレスとのパス交換でゴール前に抜け出したプロメスが決定機を迎えたが、シュートはGKアドリアンのファインセーブに防がれた。 一方、アタッキングサードまでボールを運ぶもなかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない時間が続いたリバプールだが、相手のミスから先制点を奪う。35分、左サイドからのスローインを受けたマネが反転で相手DFをかわすとそのままドリブルで侵攻。ボックス左から切り込み右足を振り抜くと、右に逸れたシュートがタグリアフィコのオウンゴールを誘った。 先制を許したアヤックスは、44分に反撃。中盤でボールを拾ったネレスのロングパスでゴール左手前まで抜け出したタディッチがループシュートでゴールを狙ったが、これはカバーに戻ったファビーニョにゴールライン手前でクリアされた。 迎えた後半、C・ジョーンズを下げてヘンダーソンを投入したリバプールに対し、アヤックスが開始早々にゴールを脅かす。47分、ボックス内でボールを受けたタディッチの落としをボックス手前のクラーセンが右足アウトサイドでダイレクトシュート。相手GKから外に逃げるボールは右ポストを直撃した。 一進一退の攻防が続く中、リバプールは60分にサラー、マネ、フィルミノを下げて南野、ジョタ、シャキリを投入する3枚替えを敢行。すると70分、ボックス左手前でボールを受けた南野が素早く右足を振り抜くと、低い弾道のシュートがゴール左隅を捉えたが、これはGKオナナのセーブに阻まれた。 その後、アヤックスはフンテラールやトラオレ、ラブヤドなど攻撃的な選手を投入し同点ゴールを狙いにいく。すると後半アディショナルタイム5分、中盤左サイドでパスを受けたタグリアフィコがダイレクトでクロスを供給。このセカンドボールをボックス中央のエケレカンプがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠に上に外れた。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。前半のオウンゴールが決勝点となり、リバプールがCL初戦を白星で飾った。 グループDもう一試合のミッティランvsアタランタは、0-4でアタランタが快勝した。26分にD・サパタのゴールで先制したアタランタは、36分にアレハンドロ・ゴメスが追加点を挙げると、42分にもムリエルがゴールネットを揺らし、3点のリードで前半を終える。 後半はホームで意地を見せるミッティランにボールを保持されたアタランタだったが、試合終了間際の89分にミランチュクが技ありシュートをゴール左に突き刺し、試合を決定づける4点目。快勝したアタランタが、今季のCL初勝利としている。 アヤックス 0-1 リバプール 【リバプール】 OG(前35) 2020.10.22 06:15 Thu
twitterfacebook