スターリング弾守り抜いたペップのシティがアルテタ率いるアーセナルとの師弟対決制す!《プレミアリーグ》

2020.10.18 03:38 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第5節、マンチェスター・シティvsアーセナルが17日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。
 
今シーズン、覇権奪還を目指すシティだが、第3節のレスター・シティ戦で今季初黒星を喫すると、前節のリーズ・ユナイテッド戦も1-1のドローに終わり、直近2戦未勝利とスタートダッシュに失敗。インターナショナルマッチウィークを挟んで仕切り直しとなる今季の対ビッグ6初戦ではアーセナルをホームで迎え撃った。デ・ブライネ、ガブリエウ・ジェズスを負傷で欠く中、グアルディオラ監督は復帰を時期尚早としていたアグエロを先発起用。さらに、アーセナル対策か、より流動的な可変式の[3-1-4-2]の布陣を採用した。
 
一方、アーセナルはシティ同様に第3節でリバプール相手に今季初黒星を喫したものの、前節のシェフィールド・ユナイテッド戦を2-1のスコアで競り勝ち、立て直しに成功。今回の一戦を皮切りにレスター、マンチェスター・ユナイテッドと難敵との連戦が続く中、アルテタ監督の古巣シティを相手に連勝を狙った。注目の先発メンバーでは直前のウォームアップで負傷したホールディングに代わってダビド・ルイスがスクランブル起用されたものの、代表戦での自主隔離が緩和されたティアニーが復帰し、現状のベストメンバーが並んだ。ただ、最前線にオーバメヤンではなくウィリアンを配するマイナーチェンジを施した。
 
開始直後にスターリングのお膳立てからマフレズがいきなり際どいミドルシュートを放ったものの、以降は戦術的な要素が色濃く映る試合展開に。
 
アーセナルが普段通り、ティアニーとサカを起点とした左肩上がりの攻撃を仕掛けてきたのに対して、シティは相手のビルドアップをマンツーマン気味に掴みに行く攻撃的な守備と共に、右サイドにウォーカー、カンセロ、マフレズの3人を並べる特殊な形で対応。さらに、マイボール時には流動的なスターリング、アグエロの2トップ、中央に立ち位置を取るカンセロがうまく間でボールを受けてアーセナルのプレスをいなしていく。
 
この奇策により試合の主導権を掌握したホームチームは圧倒的にボールを握りながらじっくりと攻め手を窺う。すると、23分にはルベン・ジアスから右サイドに張るマフレズに縦パスが入り、そこから中央で浮いたアグエロを経由してボックス左に走り込んだフォーデンにパスが繋がる。カットインからの右足のシュートはGKレノの好守に遭うが、こぼれ球に反応したスターリングが冷静に左足で流し込んだ。
 
まんまと先手を奪ったシティはその後も主導権を譲らず、果敢に追加点を狙っていく。27分にはカンセロのパスをボックス右で受けたマフレズ、34分には相手のビルドアップを嵌めて奪ったショートカウンターからボックス左でフリーのフォーデンにビッグチャンスも、GKレノの好守に阻まれる。
 
一方、徐々に相手守備の対応に慣れ始めたアーセナルはティアニーとサカの左サイドから幾度か決定機を創出。40分にはオーバメヤンのスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したサカがGKとの一対一のビッグチャンスを迎えるが、利き足とは逆の右足で放ったシュートは絶妙な飛び出しを見せたGKエデルソンのビッグセーブに阻まれた。
 
シティの1点リードで折り返した試合は、前半終盤から盛り返したアーセナルがやや優勢な入りを見せる。各自の立ち位置に若干の修正を施したことで、よりビルドアップがスムーズになり、相手陣内でのプレーを増やしていく。だが、ルベン・ジアスを中心とする繊細なラインコントロール、ベルナルド・シウバらの献身的な守備を前に決定機まで持ち込むことができない。
 
徐々にこう着状態に入った中、シティは65分にアグエロを下げて新型コロナウイルスから回復した今季初出場のギュンドアンをピッチに送り込み、中盤での支配力を高める。一方、何とかゴールをこじ開けたいアーセナルは、ウィリアンを下げてストライカーのラカゼットをピッチに送り込んだ。
 
これで再び試合に動きが出てきたものの、アタッキングサードでの判断ミスや連係ミスが目立ち、相手GKを脅かす場面は皆無。その後、アーセナルはエンケティア、これがデビュー戦となるトーマスを83分に同時投入して勝負に出るが、オーバメヤンら前線のアタッカーに最後まで決定的なシュートチャンスは訪れぬままタイムアップ。より動きのあった前半にスターリングが挙げたゴールを最後まで守り抜いたシティがスペイン人指揮官同士の師弟対決を制し、3戦ぶりの白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

シティの美しいパスワークから右サイドを駆け上がったカンセロがゴールをねじ込む【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カンセロがねじ込んだチームゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqZm5xSlBqRiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベンフィカユース出身のカンセロは、バレンシアやインテル、ユベントスなど、ビッグクラブでのプレーを経て、2019年夏にマンチェスター・シティに加入。貴重な戦力として存在感を発揮している。 攻撃力の高いSBとしてシティの攻撃に厚みを与えているカンセロだが、2019年12月18日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)準々決勝のオックスフォード・ユナイテッド戦では、見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた22分、自陣に降りてきて受けたFWリヤド・マフレズが、中央のMFフィル・フォーデンにボールを預けると、フォーデンがこのボールをダイレクトで右サイドにパスを出す。 右サイドを駆け上がっていたカンセロが完全にフリーでボールを受けると、そのままドリブルでボックス内に侵入。強烈なシュートを放つと、相手にブロックされながらもシュートをゴールにねじ込み、見事な先制ゴールを決めた。 このゴールで勢いに乗ったシティが、3-1で勝利している。 2020.12.02 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

VARでゴール取り消しも…フェルナンジーニョはジェズスを称賛「試合を変えてくれた」

マンチェスター・シティに所属するブラジル代表MFフェルナンジーニョがポルト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは1日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節でポルトと対戦。チャンスは生まれるも、両チームとも試合終了までゴールを奪えず、0-0での決着となった。 フェルナンジーニョは試合後、対戦相手だったポルトの戦い方についてコメント。チームのパフォーマンスについても一定の満足感を示した。 「彼ら(ポルト)のやり方でプレーをして、試合に勝とうとしていたと思うけど、彼らにとっては勝ち点を獲得し、グループ突破を果たすことが重要だったんだ」 「彼らはこの試合で引き分け、グループを通過するために試合を通して戦った」 「試合をコントロールし、得点のチャンスも何度か作れたね」 「残念ながら、ゴールは奪えなかったけど、グループの首位を確保するための重要な一歩だよ」 またフェルナンジーニョはこの試合でゴールネットを揺らしたものの、直前でオフサイドがあったとして、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって取り消されたFWガブリエル・ジェズスについても言及。ゴールが取り消されたことは不運だったが、素晴らしいプレーを見せたと称賛した。 「彼はいつも俊敏で、(この試合でも)自分のクオリティを見せてくれた。オフサイドだったのは不運だったね」 「彼のスピードと意欲が試合を変えてくれた。彼のためにも良かったと思うよ」 2020.12.02 13:09 Wed
twitterfacebook
thumb

ゴールレスドローもグアルディオラはチームに満足「信じられないほど良いプレーをした」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がポルト戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節でポルトと対戦。試合は90分を通して両チーム得点を奪えず、ゴールレスドローで終了した。 試合後、グアルディオラ監督は「我々は信じられないほど良いプレーをした」とコメント。勝ち点3を獲得することはできなかったもののチームの出来に満足感を示した。 「彼らはポルトガルでもトップクラスのクオリティを持つチームだ」 「我々は1位になるためにここに来た。我々は勇気を持って、個性を全面に出してプレーした。ボックス内に8人も相手選手がいると、簡単にはいかない」 「それでも、勝つために十分なチャンスを作ることができた。これが最も重要なことだ」 また、グアルディオラ監督は今季のCLについて言及。新型コロナウイルスによる過密日程などもあり、とても難しいコンペティションになっていると語った。 「グループステージを勝ち抜いたこのチームを称えたい」 「特に今年のチャンピオンズリーグはトリッキーだった。1試合、2試合負けたら最後の試合まで全力で戦わなければならなくなってしまう。このコロナによる過密日程の中でだ」 「他のグループでは、素晴らしいチームがグループ突破を目指して奮闘している」 「アウェーでの全ての試合で、我々は本当にハイレベルのプレーを見せており、全体的なパフォーマンスには何よりも満足している」 「あと1試合残っているが、リズムを保っている暇はない。今はチャンピオンズリーグのことを忘れて、プレミアリーグに集中する時だ」 最後にグアルディオラ監督はこの試合にセンターバックとして出場したDFルベン・ジアスとDFエリック・ガルシアについてコメント。ポルトのFWムサ・マレガを封じ込めたとこのコンビを高く評価した。 「エリックはいつも良いプレーをしている。彼はとてもスマートでインテリジェンスを持っている」 「マレガは1つのデュエルにも勝てなかった」 「今日の2人は知的なプレーを見せた。ここ2試合のルベンとエリックは、ジョン・ストーンズのように傑出していた」 2020.12.02 10:24 Wed
twitterfacebook
thumb

ホームでシティの猛攻に耐えたポルトが2位で決勝T進出!マルセイユはCL14試合ぶりの白星を飾る《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループC第5節のポルトvsマンチェスター・シティが1日に行われ、0-0の引き分けに終わった。ポルトの日本代表MF中島翔哉は、ベンチ入りも出場機会はなかった。 すでに決勝トーナメント進出を決めている首位のシティ(勝ち点12)が、引き分け以上でグループ突破の決まる2位ポルト(勝ち点9)のホームに乗り込んだ一戦。 最終節のオリンピアコス戦を前に自力突破を決めたいポルトは、マラガとヘスス・コロナを2トップに据えた[5-3-2]の布陣を採用。前節に続き中島がベンチスタートとなった。 一方、貫禄の4連勝で首位に立つシティは、5ゴールを挙げて圧勝した直近のバーンリー戦の先発からフェラン・トーレス、ロドリ、GKエデルソン以外の8人を変更。フェラン・トーレスを最前線に置き、2列目に右からスターリング、ベルナルド・シウバ、フォーデンと並べた[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 立ち上がりから地力で勝るシティがボールを保持するが、アタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。それでもシティは22分、自陣からのロングカウンターからフェラン・トーレスが決定機を迎えたが、フォーデンのラストパスに抜け出した場面でオフサイドを取られた。 攻勢を続けるシティは、37分に左サイドから仕掛けたスターリングがカットインから右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがゴール右隅を捉えたが、これはカバーに戻ったサヌシにライン手前でクリアされた。 シティは前半に相手を大きく上回る6本のシュートを放ったが、ポルトゴールをこじ開けるまでには至らず。前半はゴールレスで終了した。 後半も主導権を握るシティは58分、フォーデンのパスに反応したスターリングがGKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出した相手GKがブロック。さらに69分には、カンセロの右クロスをニアのスターリングが合わせると、ファーでロドリが詰めたが、当たり所が悪く見事なクリアを披露してしまう。 ゴールの遠いシティは、71分にフェラン・トーレスを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。すると80分、右サイドでパスを受けたベルナルド・シウバがマイナスに切り込みながらクロスを供給すると、ゴール前のガブリエウ・ジェズスがヘディンシュート。これはGKに弾かれるもクロスバーに当たったボールを再びガブリエウ・ジェズスが押し込んだ。 しかし、このゴールにはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入。チェックのためにしばらく中断すると、最終的にはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 結局、19本のシュートを浴びせたシティだったが、猛攻は実らずゴールレスのまま試合終了のホイッスルを迎えた。 また、グループC第5節もう一試合のマルセイユvsオリンピアコスは2-1でマルセイユが勝利した。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹はフル出場、日本代表DF長友佑都はベンチ入りも出場機会はなかった。 なお、オリンピアコスが敗れたことでポルトの2位以内が確定。2シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。 2020.12.02 07:45 Wed
twitterfacebook
thumb

シティがエストゥディアンテスの17歳神童獲得に迫る? 移籍金はアルゼンチンリーグ史上最高額にも…

マンチェスター・シティがエストゥディアンテスの神童の獲得に近づいているようだ。アルゼンチン『El Dia』が報じている。 今、シティのターゲットになっているのは、エストゥディアンテスに所属するアルゼンチン人FWダリオ・サルミエント(17)。 昨年10月に16歳と6カ月でクラブ最年少デビューを飾ったサルミエントは、小柄な左利きのアタッカー。右ウイングを主戦場に卓越した左足の技術、相手の逆を取る緩急自在のドリブルを特長とするドリブラーは、ここまで公式戦11試合に出場し1アシストを記録している。 『El Dia』が伝えるところによれば、アルゼンチン国内において次代の代表チームのエース候補と目される神童に対して、シティが獲得に向けて具体的な動きを見せているという。 同メディアによると、シティはエストゥディアンテスに対して2000万ユーロ(約25億円)+将来のリセール時の移籍金20%を支払うという条件を掲示。エストゥディアンテスは概ねオファーに満足しており、最終的な売却検討段階に入っているようだ。 ちなみに、アルゼンチンのトップリーグにおける最高の売却額はラシン・クラブがアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスをインテルに売却した際の2500万ユーロ(約31億3000万円)と言われている。だが、前述の条件でサルミエントの移籍が実現した場合、リセール時の金額次第で歴代最高の売却額となる可能性があるという。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、若干の条件は異なるもののクラブ間の合意が近づき、サルミエントが2021年夏にシティ・フットボール・グループ入りする見込みであると伝えている。 2020.12.01 23:35 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly