低調マドリー、昇格組カディスの堅守を崩せずまさかの今季初黒星…《ラ・リーガ》

2020.10.18 03:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは17日、ラ・リーガ第6節でカディスと対戦し、0-1で敗戦した。

昨季王者のマドリーが、ホームに昇格組のカディスを迎えた一戦。ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)を控えるマドリーは、4連勝を狙うインターナショナルウィーク明け初戦に向けてベンゼマやモドリッチ、クロース、セルヒオ・ラモス、GKクルトワなどを先発に起用。代表の長距離移動による疲労を考慮して、カゼミロやバルベルデはベンチスタートとなった。

L・バスケス、ベンゼマ、ヴィニシウスを3トップに並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだマドリーは、開始早々の2分にミスからピンチを迎える。クロースのバックパスがずれたところをボックス左で奪ったネグレドがシュート。しかし、このシュートはゴールカバーに戻ったセルヒオ・ラモスがゴールライン手前でクリアし難を逃れた。

その後は相手陣内でのプレーが続くマドリーだが、[4-4-2]の堅固な守備ブロックを築くカディスを前にアタッキングサードでのアイデアが足りず、決定機まで持ち込めない。

すると、マドリーはカウンターでチャンスを窺うカディスに先制を許す。16分、ホセ・マリのロングパスをボックス手前のネグレドが頭で落とすと、ボックス右から侵入したロサーノが冷静に右足でゴールネットを揺らした。

さらに30分にも、自陣ボックス手前でボールを受けたホセ・マリがロングフィードを送ると、これを最前線で受けたロサーノがボックス左まで持ち上がりシュート。しかし、これはGKクルトワのセーブに防がれた。

ゴールレスで後半を迎えたマドリーは、後半開始からセルヒオ・ラモス、イスコ、モドリッチ、L・バスケスを下げてアセンシオ、カゼミロ、バルベルデ、ミリトンを投入。対するカディスは、ロサーノを下げてマルバシッチを投入した。

4枚替えを敢行したマドリーは、後半も自陣ボックス中央を固めるカディスの守備を攻略できず攻撃が停滞。それでも67分、ミリトンのパスを受けたクロースがボックス左横まで持ち上がりクロス。中央でフリーのヴィニシウスが頭で合わせたが、これはゴール右に逸れる。

ゴールの遠いマドリーは、78分にクロースを下げてヨビッチを投入。すると80分、マルセロの左クロスをゴールエリア右のベンゼマが頭で折り返すと、最後はヨビッチが押し込んだが、これはベンゼマのポジションでオフサイドを取られた。

さらに81分には、ヨビッチとのパス交換でボックス手前まで侵攻したベンゼマがミドルシュートでカディスゴールに迫ったが、これはクロスバーを直撃。運にも見放されたマドリーは、そのまま0-1で敗戦。マドリーは次節バルセロナとの“エル・クラシコ”を前に今季初黒星を喫した。

コメント
関連ニュース
thumb

スカッとゴール!エル・クラシコで火を噴いた“悪魔の左足”

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月23日にご紹介するのは、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆“悪魔の左足”の無慈悲なまでの破壊力<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0VHdSN2phUSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! ロベルト・カルロス氏の“悪魔の左足”がバルセロナとの“エル・クラシコ”の舞台で火を噴きました。無慈悲なまでの破壊力と弾丸シュートは圧巻です。 ◆ロベルト・カルロスの十八番が炸裂 アスリートとしては小柄な170センチに満たない体から繰り出される破壊力満点のキックで“悪魔の左足”の異名を取ったロベルト・カルロス氏。 レアル・マドリー史上最高の左サイドバックとしても名高いですが、2000年2月26日に行われたラ・リーガ第26節のバルセロナ戦では、ライバル相手に“悪魔の左足”が牙を剥きます。 試合開始早々の5分、マドリーは敵陣中央の位置でFKを獲得する。ゴールまでは30m以上距離があったものの、キッカーのロベルト・カルロスは小刻みな助走から直接ゴールを狙います。 “悪魔の左足”から放たれた弾丸シュートは物凄い速さでゴール左に突き刺さり、バルセロナのGKフランセスク・アルナウもお手上げといった状態で呆然とその場に立ち尽くしていました。 ロベルト・カルロスのゴールで幸先よく先制に成功したマドリーはFWニコラ・アネルカとFWフェルナンド・モリエンテスのゴールもあり、3-0でバルセロナに完勝しました。 24日には今シーズン最初の“エル・クラシコ”が行われます。昨シーズン王者のレアル・マドリーとロナルド・クーマン監督率いる新生バルセロナがどのような勝負を繰り広げるのか、注目が集まります。 2020.10.23 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

カカが初めてのマドリッド・ダービーで決めた、相手の一瞬の隙を突く美しいロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのカカ氏がレアル・マドリー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カカが初めてのダービーマッチで決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWUmlod3pqUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジルの名門サンパウロでキャリアをスタートさせたカカ氏は、ミランで大ブレイク。世界最高峰のアタッカーとしての評価を受けると、2009年夏にレアル・マドリーに加入した。 4シーズンを過ごしたマドリーでは、公式戦120試合に出場し29ゴール39アシストを記録したカカ氏だが、2009年11月7日に行われたラ・リーガ第10節、アトレティコ・マドリーとの“マドリッド・ダービー”では、見事なゴールを決めている。 開始早々の4分、MFラサナ・ディアラが相手陣内中央でボールを持つと、右サイドのDFセルヒオ・ラモスとのパス交換で中央突破を図る。ラモスへのパスは相手に奪われてしまうものの、すぐさまプレスをかけ、ボールを取り返すことに成功する。 相手へのタックルがそのままパスになり、カカにボールが渡ると、カカがボックスの外から鋭いロングシュート。右足から放たれたシュートは滑らかな弧を描き、カーブしながらゴール左に決まった。 カカの美しいゴールで早々に先制点を奪ったマドリー。その後も攻勢を強み、一時は3-0でリードするも、66分にラモスが一発レッドを受け、数的不利の中3-2と1点差まで迫られたが、なんとか逃げ切りに成功している。 2020.10.22 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

クラシコに向け自信を見せるF・デ・ヨング「僕たちは素晴らしいチームを持っている」

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが、10月24日に開催が予定されているレアル・マドリーとの"エル・クラシコ"に自信をのぞかせている。スペイン『アス』が伝えた。 ラ・リーガ第6節でヘタフェに敗れ、今季初黒星を喫したバルセロナ。しかし、20日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のフェレンツヴァーロシュ戦では5-1のスコアで大勝し、調子は上向きだ。 一方で、マドリーはバルセロナと同じく第6節で昇格組のカディスに0-1で敗れた後、21日のCLグループステージ第1節でもシャフタール相手に2-3で敗れており、ジネディーヌ・ジダン監督や選手たちへの批判は高まってきている。 F・デ・ヨングはラ・リーガ公式のインタビューのなかで、両チームがどんな状況にあってもエル・クラシコは全くの別物だと、難しい試合になると予想。それでも勝利に向けて「自信を持っている」と語った。 「僕たちにとって非常に難しい試合になるだろう、マドリーは良きライバルだからね。クラシコではいつもそうだが、大きな自信を持っているよ。僕たちは素晴らしいチームになっているからね」 「クラシコで、どちらが上にいるのかを示すためにプレーするのは素晴らしいこと。僕は昨シーズンもカンプ・ノウでクラシコに出場して、これが他の試合とは異なるものだと感じた。世界中がこのゲームについて、何週間も話しているんだから」 また、F・デ・ヨングは昨シーズン無冠に終わったクラブが良くなかったと素直に認めつつ、今シーズンは移籍騒動がありながらも残留したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと共に、全てのタイトル獲得にチャレンジしたいと意気込んでいる。 「バルセロナのようなクラブでプレーしていて、1シーズンでタイトルを何も獲得できなければ、いつだってがっかりするものだよ」 「メッシのような選手がチームにいるのは常に良いこと。彼は世界最高の選手だからね。いいプレーをして、今シーズンのタイトル獲得に貢献し、チームの重要な一員になりたい。バルサでは、常にすべてのタイトルにチャレンジする必要があるんだ」 2020.10.22 17:12 Thu
twitterfacebook
thumb

「解決策を見つけられなかった」レアルのジダン監督が公式戦連敗に「自信をなくしている」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が「自信がない」と現状を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でシャフタール・ドネツクと対戦したマドリーだが、DFセルヒオ・ラモスの不在も響いて前半だけで3失点。後半にMFルカ・モドリッチとFWヴィニシウス・ジュニオールのゴールで2点返したが、2-3で敗れて黒星発進となった。 17日に行われたラ・リーガ第6節のカディス戦に続けてホームで連敗を喫したジダン監督。自信をなくしている現状を嘆き、試合の入りに問題があったと述べた。 「もちろん最悪な感情だ。最終的にすべての要素が重なってしまった。最初の失点でミスを犯したが、自信やプレーなど多くのものが欠けていたのは事実だ」 「良かったのは後半、アクションを起こして、何かしら状況を変えた選手には満足している。これは悪い試合で、悪い夜だ。私は監督。解決策を見つけなければいけなかったが、見つけられなかった。選手にとっては難しい」 「欲求が欠けていたとは思わない。我々は上手く試合に入れず、ミスをしてゴールを許してしまった。そのあとはリーグ戦でも負けていたから自信をなくしている。2連敗は難しいが、これがフットボールだ。過去にも難しい時間はあり、頭を上げてしがみついていかなければならない。土曜日にも試合があり、最大限の集中力を持って、素晴らしい試合をする必要がある」 不調のマドリーだが、24日に敵地で行われるラ・リーガ第7節でバルセロナとの"エル・クラシコ"に臨む。大一番に向けて「何も答える必要がない」と明言を避けると、続けてこう述べた。 「土曜日の16時に発表して、試合の準備をする。質問について私が何かを話すかって?何もないね。様子を見よう。我々にとって今、重要なのは落ち着くことであり、私が回答するものは全てがポジティブではない。ネガティブな夜だからそれを変えなければいけない」 2020.10.22 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

低調マドリー、ホームでシャフタールに敗れて今季CL黒星スタート…《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節、レアル・マドリーvsシャフタールが21日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、アウェイのシャフタールが2-3で勝利した。 昨シーズン、ラウンド16でマンチェスター・シティに敗れた大会最多優勝を誇るマドリーは、3年ぶりの覇権奪還を目指してシャフタールとの今季CL初戦に臨んだ。 直近のラ・リーガで格下カディスを相手に今季初黒星を喫したジダン監督率いるチームは、今週末にバルセロナとのエル・クラシコを控える中、軽傷を抱えるセルヒオ・ラモスをベンチ外としたほか、ベンゼマ、クロース、ヴィニシウスをベンチスタートに。ヨビッチ、アセンシオ、ロドリゴの3トップを採用した。 立ち上がりにアセンシオが続けてフィニッシュまで持ち込むなど、攻勢を仕掛ける入りとなったマドリーだが、徐々に攻めあぐねて相手の鋭いカウンターに晒される。14分にはマイコンのフィードに抜け出したマルロスにGKと一対一の決定機を許すが、ここはGKクルトワのビッグセーブで事なきを得る。 だが、以降も攻撃から守備の切り替えの鈍さが目立つホームチームは、ここからまさかの展開を強いられる。 29分、左サイドからドリブルで内へ切り込んだコルニレンコにボックス中央でうまく潰れられると、ボックス右でボールを受けたチッチに先制点を決められる。さらに、直後の33分にはボックス手前右のチッチに強烈なミドルシュートを打たれると、GKクルトワが前に弾いたボールに反応したデンチーニョとの競り合いの中でDFヴァランが自軍ゴールにボールを流し込む、痛恨のミスが起きる。 この連続失点で完全に集中の糸が切れたマドリーは、ややファウルが増えるなど冷静に試合を運べない。すると、42分には左サイドから長い距離をドリブルで運んだソロモンにチッチとの連係からペナルティアーク付近に抜け出され、3点目まで献上した。 ホームで屈辱的な3点ビハインドで試合を折り返したマドリーは、ロドリゴに代えてエースのベンゼマをハーフタイム明けに投入。立ち上がりからリスクを冒して前に出ると、54分にはモドリッチがボックス手前から強烈なミドルシュートをゴール右隅に突き刺し、反撃の狼煙を上げる。 さらに、59分にはヨビッチに代わって投入されたばかりのヴィニシウスが高い位置でマルロスからボールを奪ってそのままボックス内に侵入。冷静にゴール左隅にシュートを流し込み、瞬く間に点差を1点に縮めた。 残り時間を考えれば、ここから逆転まで見えてきたマドリーだったが、この連続ゴールでホッとしたのか、以降は押し込むものの、なかなか決定機まで持ち込めなくなる。逆に、前がかりなところを相手に引っくり返され、チッチやマルロスにビッグチャンスを与えるが、相手のフィニッシュの精度にも助けられ、何とか1点差を維持する。 その後、試合終盤にかけて人数をかけた攻撃で3点目を目指すマドリーは、試合終了間際にゴールネットを揺らす。92分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前のバルベルデの地を這う強力なミドルシュートがGKの手を弾いてネットに吸い込まれた。 これで3点差を追いつき辛くも勝ち点1を引き寄せたかに思われたが、VARのレビューの結果、GKの前でオフサイドポジションにいたヴィニシウスが視界を遮ってプレーに関与したとの判定でゴールは取り消しとなった。そして、試合はこのままタイムアップ。 公式戦2試合連続の低調な戦いぶりで今季CL初戦を黒星でスタートすることになったマドリーは、連敗という苦しい流れの中で週末のクラシコに臨むことになった。 レアル・マドリー 2-3 シャフタール 【レアル・マドリー】 モドリッチ(後9) ヴィニシウス(後14) 【シャフタール】 チッチ(前29) OG(前33) ソロモン(前42) 2020.10.22 03:59 Thu
twitterfacebook