チェルシー、ヴェルナー&ハヴァーツ初弾も再び守備崩壊で痛恨ドロー…《プレミアリーグ》

2020.10.18 01:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第5節、チェルシーvsサウサンプトンが17日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-3のドローに終わった。
 
インターナショナルマッチウィーク前に行われたクリスタル・パレス戦を4-0で快勝したチェルシーは、2戦未勝利の状況から立て直して中断期間に入った。そして、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のセビージャ戦、次節にマンチェスター・ユナイテッド戦と重要な連戦を控える中、サウサンプトンを相手に連勝を狙った。
 
代表戦の影響を考慮してパレス戦から先発4人を変更。負傷のGKメンディに代えてGKケパ、チアゴ・シウバ、エイブラハム、ハドソン=オドイに代えてクリステンセン、ハヴァーツ、そしてプリシッチが今季初先発を飾った。
 
最前線にヴェルナー、2列目に右からプリシッチ、ハヴァーツ、マウントを配する[4-2-3-1]の布陣で臨んだホームチームは、立ち上がりから相手を圧倒していく。開始3分にボックス左に抜け出したチルウェルがいきなり決定的なシュートを放つと、その後も相手のハイプレスを質の高い繋ぎと、個人技でかいくぐって相手ゴールに迫っていく。
 
すると、攻勢を続けた15分には最終ラインでのステーションパスから左サイドバックのチルウェルが縦に入れたボールに対して絶妙なボディフェイントでDFベドナレクと完璧に入れ替わったヴェルナーがボックス内に侵入。深いカットインから複数のDFを振り切って右足のシュートを流し込み、待望のプレミアリーグ初ゴールを記録した。
 
このゴールで完全にノッたヴェルナーは28分、ハーフウェイライン付近で横パスを受けたジョルジーニョからの浮き球のダイレクトパスに反応。持ち味のスピードで再びDFベドナレクと入れ替わると、やや遅れて飛び出したGKを浮き球でかわして無人のゴールへヘディングシュートを流し込む。
 
ヴェルナーの2ゴールで余裕の試合運びを見せるチェルシーは、その後も危なげなく時計を進めていく。しかし、2点リードでの折り返し目前の前半終了間際にミスから相手にチャンスを与えてしまう。43分、自陣ボックス手前でボールを受けたハヴァーツが無理にボールキープを試みると、相手のプレスの網にかかって痛恨のボールロスト。チェ・アダムスのスルーパスに抜け出したイングスにゴールを決められ、嫌な形で試合を折り返した。
 
すると、この1点で息を吹き返したサウサンプトンに立ち上がりから押し込まれるチェルシーは、再びミスから2点目を献上。57分、最終ライン裏へ蹴り込まれたボールに対してDFズマのバックパスが短くなる。アダムスにボールをかっさらわれそうになった中、飛び出したGKケパが先に追いついたが、交錯を恐れたのかボールを確保できず。その後、DFクリステンセンが決死のゴールカバーを見せるも、こぼれ球をアダムスに蹴り込まれた。
 
2つのミスでヴェルナーの2ゴールを台無しにしたチェルシーだが、1失点目に絡んだハヴァーツが意地を見せる。失点直後の59分、右サイドのスペースでボールを受けたヴェルナーがプリシッチとのパス交換でボックス右へ抜け出し、マイナスの折り返しを送る。これをハヴァーツが冷静に流し込み、ヴェルナーに続きプレミアリーグ初ゴールを挙げた。
 
この勝ち越しゴールで流れを引き寄せたホームチームは、ようやく試合を落ち着けることに成功する。そして、マウントに代えてツィエクをデビューさせ、試合終盤にかけてはプリシッチ、ヴェルナーを下げてリース・ジェームズ、エイブラハムの投入で試合を締めにかかった。
 
しかし、逃げ切り目前の92分に自陣右サイドの嫌な位置でFKを与えると、DFズマのクリアボールに反応したウォルコットのシュートをゴール前の密集でヴェステルゴーアに頭でコースを変えられて土壇場での3失点目となった。さらに、残り時間でウォルコットにあわや逆転というシーンを作られるなど、最後までバタついたチェルシーは、ホームで痛恨のドローとなった。

コメント
関連ニュース
thumb

バーンリー戦はプリシッチに期待!昨シーズンのクラブ史上最年少ハット【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、チェルシーに所属するアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆プリシッチのラッキーもあったクラブ史上最年少ハットの活躍<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTaUF6djB5NCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> プリシッチは2019年1月にドルトムントからの加入が内定し、昨シーズンから満を持してチェルシーでプレー。昨季は公式戦34試合で11ゴール10アシストを記録した。 プリシッチにとってチェルシーでの飛躍のきっかけとなったのが2019年10月26日に行われたプレミアリーグ第10節のバーンリー戦だった。 リーグ戦6試合ぶりに先発で出場すると、21分に相手からボールを奪ったプリシッチがドリブルでボックス左へ。ゴール前に走り込んでくる味方を囮にしながら左足をコンパクトに振り抜くと、相手ディフェンスの股を抜いてゴールに突き刺さった。 これがチェルシー初ゴールとなったプリシッチはさらに45分、ショートカウンターからプリシッチがボックス中央に侵入し放ったシュートは、相手ディフェンスの足に当たってゴールイン。初ゴールから追加点を奪い、チェルシーに2点のリードをもたらした。 そして56分のチェルシーの左CKのシーン、MFメイソン・マウントのクロスは跳ね返されたが、もう一度マウントがクロスを送ると、プリシッチは頭で合わせてハットトリックを達成した。 クラブ史上最年少記録となるハットトリックを達成したプリシッチは、この活躍でフランク・ランパード監督の信頼をつかみ、左サイドのファーストチョイスになっていった。 チェルシーは31日、プレミアリーグ第7節でバーンリーとのアウェイゲームに臨む。 2020.10.31 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ランパード、PK失敗のジョルジーニョを擁護もキッカーは「選手たちと話し合って決定する」

チェルシーを率いるフランク・ランパード監督がチームのPKキッカーについて言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE・第2節のFCクラスノダール戦においてイタリア代表MFジョルジーニョがPKを失敗する場面があった。2018年夏のチェルシー加入後、同選手は助走時にスキップするような独特の蹴り方で数多くのPKを決めてきた。 ところが、今季はキッカーを務めた5回のうち、クラスノダール戦を含めて2度外しており、同試合でドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがシンプルかつ確実に決めたことで、ジョルジーニョ路線の継続に疑問が生じている。 ランパード監督は、ジョルジーニョのPK成功率を称賛しつつ、時には外すこともあると擁護。一方で今後のキッカーについては選手たちと相談して決めると話している。 「ジョルジーニョはそのキャリアの中でも特にチェルシーにおいて信じられない確率でPKを成功させてきた」 「彼ほどたくさんのPKを蹴っていれば、一度くらいミスをすることもある。時には二度失敗することもあるだろう。それは私が選手として経験したことだ」 「彼の蹴り方に関しては全くもって問題視していない。あれで成功してきたわけだからね。そしてティモ・ヴェルナーは、我々に示したようにPKを蹴る力を持っている」 「我々には他にも同様の選手たちがいる。彼らと話し合って今後どうしていくか考えるよ。素晴らしいPKキッカーが揃っているからね」 2020.10.29 15:48 Thu
twitterfacebook
thumb

CL男ツィエク、先発した直近15試合で13ゴールに関与!

チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクとチャンピオンズリーグの相性は抜群のようだ。 ツィエクは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第2節のクラスノダール戦に先発出場。序盤はやや苦戦したものの、37分のゴールを皮切りに順調にゴールを重ねて迎えた80分、FWティモ・ヴェルナーからパスを受けたツィエクは、ボックス左でDF3人に囲まれながらも得意の左足でゴール右にねじ込み、チェルシー加入後初ゴールを挙げた。 最終的にチームは大量4得点を記録し、今大会初勝利を収めたが、ツィエクにとってCLは相性の良い大会となっている。 サッカーの様々な記録を管理する『Opta』によると、モロッコ代表MFはCLにおいて先発出場した直近15試合で13ゴールに直接関与しているという。内訳は6ゴール7アシストで、その中には昨季のチェルシー戦の3アシストも含まれている。 今夏のチェルシー加入後間もなくヒザのケガに見舞われ、スタートダッシュに失敗したツィエク。この試合を追い風にしたいところだ。 2020.10.29 15:02 Thu
twitterfacebook
thumb

敵地で4発快勝のランパード、チェルシー初ゴールのツィエクに言及 「非常に良いパフォーマンス」

チェルシーのフランク・ランパード監督が快勝を誇り、選手個々の活躍を労った。『UEFA.com』が伝えている。 チェルシーは28日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でFCクラスノダールと対戦。4-0の勝利で飾り、初勝利を手にした。 初戦から1勝1分けで同勝ち点のセビージャを得失点差で抑えて、グループ首位に立ったランパード監督。一定数の観客を有しての試合後、ファンの雰囲気作りに感謝した。 「今夜のようにファンの前でプレーするのはやっぱり素晴らしいね。見事な雰囲気を作ってくれた」 また、今夏にアヤックスから加わり、この試合でチーム3得点目を記録したモロッコ代表FWハキム・ツィエクにも言及。チェルシー加入公式戦4試合目での初ゴールを喜んだ。 「非常に良いパフォーマンスだった。今年3月から試合に出られていない状況を鑑みると、すごくね」 新戦力の活躍も際立つチェルシーはこれで3試合連続の無失点。今季初出場のドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとフランス代表DFクル・ズマのコンビに賛辞を送っている。 「リュディガーとズマにすごく満足だ。トニ(リュディガー)に疑問なんてなく、彼の集中力やクリーンシートを継続したいという姿勢は素晴らしかった。5人のセンターバックを満足させるのは容易じゃないが、我々が前進する上でこうしたレベルの競争が必要だ」 2020.10.29 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

初先発のツィエクが移籍後初ゴール! チェルシーが敵地でクラスノダールに4発勝利《CL》

チェルシーは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第2節でFCクラスノダールとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 開幕節でチェルシーと共にグループ突破の本命と見られるセビージャにゴールレスドローとしたチェルシーは、4日前に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦も0-0で引き分けた。そのユナイテッド戦のスタメンから4選手を変更。チアゴ・シウバが欠場となり、カンテやプリシッチがベンチスタートとなって、ヴェルナーやハヴァーツが先発。ツィエクが移籍後初スタメンとなった。 開幕節でレンヌに引き分けたFCクラスノダールに対し、[4-2-3-1]で臨んだチェルシーは最前線にヴェルナー、2列目に右からツィエク、ハヴァーツ、ハドソン=オドイと並べた。 開始4分にウトキンに枠内シュートを打たれたチェルシーは、このピンチをGKメンディが防ぐと、9分にボックス右へ侵入したツィエクが右足で枠内シュートを浴びせた。 そして、押し込む展開としたチェルシーが13分にPKを獲得する。アスピリクエタの右クロスを受けたボックス右のヴェルナーがカイオに倒された。しかし、キッカーのジョルジーニョはシュートを左ポストに直撃させてしまい、先制とはならない。 その後、19分にヴィルエナのミドルシュートでゴールを脅かされたチェルシーは、膠着状態に持ち込まれかけたが、37分に相手のミスによって先制する。ハヴァーツのパスをボックス左で受けたハドソン=オドイがフィニッシュに持ち込むと、何でもないシュートをGKサフォノフが後逸し、ボールはゴールに吸い込まれた。 迎えた後半、クラスノダールの圧力を受けたチェルシーは55分にピンチ。CKからガジンスキーのボレーシュートがバーに直撃した。 その後も押し込まれたチェルシーは67分にベリにGK強襲のシュートを浴びると、71分に3枚替えを敢行。ハドソン=オドイ、ジョルジーニョ、コバチッチに代えてマウント、プリシッチ、カンテを投入した。 すると75分、ボックス内のプリシッチがシュートに持ち込むと、マルティノビッチのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをヴェルナーが決めて加点したチェルシーは、80分に勝負を決定付ける。 ボックス左でヴェルナーのパスを受けたツィエクがDF3人に対応されながらもシュートをゴール右にねじ込んだ。さらに90分にエイブラハムのパスをボックス右で受けたプリシッチがGKの股間を抜くシュートを決めて4-0としたチェルシーが1勝1分けスタートとしている。 2020.10.29 04:47 Thu
twitterfacebook