インテルの芸術的な崩しからスタンコビッチが強烈ミドルを叩き込む!【チーム・ゴールズ】

2020.10.18 21:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。

『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏がインテル時代に決めたゴールだ。

◆最後はイブラヒモビッチの落としからスタンコビッチの絶妙フィニッシュ

母国セルビアの強豪ツルヴェナ・ズヴェズダでプロデビューを果たしたスタンコビッチ氏は、1998年に加入したラツィオでブレイク。2004年1月にはインテルに移籍し、多くのタイトルを勝ち取った。

パス、シュート、ドリブルとどれをとっても高いスキルを持っていたスタンコビッチ氏だが、2008年12月14日に行われたセリエA第16節のキエーボ戦では、見事な連携から美しいゴールを決めている。

前半にインテルが先制し、1-0とリードして迎えた47分、右サイドでボールを持ったDFマイコンがFWビクトル・オビンナとスタンコビッチとの華麗なワンタッチパスの応酬から右サイドを崩す。中央のFWズラタン・イブラヒモビッチにクロスを上げると、これをイブラヒモビッチが右足のアウトサイドで絶妙の落としをスタンコビッチに送る。後方から走り込んだスタンコビッチは、ボックスの際から左足で強烈なシュートをゴール左下に叩きこみ、美しい崩しから追加点を奪った。

その後反撃を許し、一時は2-2と追いつかれたインテルだったが、勝ち越しに成功し、4-2で勝利している。

コメント
関連ニュース
thumb

マドリーが堅守のビルバオ相手に決めた破壊力抜群の速攻【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベンゼマがマドリーの鮮やかな速攻から作ったチャンスをフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1SzdFR0hOeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンユース出身のベンゼマは、同チームでストライカーとして頭角を現すと、2009年にレアル・マドリーへ加入。主力として活躍を続けている。 不動のセンターフォワードとして、決定的な仕事をやってのけるベンゼマだが、2014年10月5日に行われた、ラ・リーガ第7節のアスレティック・ビルバオ戦では、見事な連携からゴールを決めている。 堅守を誇るビルバオ相手に3-0と大きなリードを付けて迎えた69分、自陣でボールを受けたMFルカ・モドリッチが相手のプレスをかわして前を向くと、一気に攻撃のスイッチが入る。 モドリッチから裏へ走るFWクリスティアーノ・ロナウドにスルーパスが入ると、中央のベンゼマとFWガレス・ベイルも並走。ボックス内まで侵入したC・ロナウドが中へパスを送り、ゴール前で合わせたベンゼマが難なく沈め、あっという間の速攻から4点目を奪った。 その後マドリーはさらにリードを広げ、5-0の大勝を収めている。 2020.10.30 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ファイナルサードでの華麗なパス回しからソンがボレーを捻じ込む【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆トッテナムの華麗なパス回しからソンがボレーを捻じ込む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIdzUyT1R5MyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にレバークーゼンからトッテナムに加入したソン・フンミンは、タレントが多く集まる選手が集まるトッテナムの中でも主力として活躍している。 今シーズンもリーグ得点ランキング首位に立つなど、躍進を続けているソンだが、2018年3月11日に行われたプレミアリーグ第30節のボーンマス戦では、流れるようなパス回しからゴールを決めている。 ボーンマスに先制を許しながらもトッテナムが追いつき、1-1の同点で迎えた62分、右サイドを攻めたソン・フンミンがボックス内右でボールを持つ。ドリブルで中央にボールを運んだソン・フンミンが後方から上がってきたMFクリスティアン・エリクセンにボールを落とし、エリクセンがサイドを変える。 左サイドのDFダニー・ローズを挟んでMFデレ・アリがボックス内左でボールを受けると、アリがファーポストにクロスを上げる。最後はフリーでボールを受けたソン・フンミンが叩きつけるようなダイレクトボレーシュートを放ち、逆転弾となるシュートをボーンマスゴールに捻じ込んだ。 逆転に成功したトッテナムはその後も攻勢に回り、4-1で勝利している。 2020.10.30 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

シティが華麗なワンツーから見せた、鮮やかな中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのアルジェリア代表FWリヤド・マフレズが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆シティが見せた鮮やかな中央突破<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2QWF1WEhOMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年1月に加入したレスター・シティで、リーグ屈指のアタッカーとして頭角を現したマフレズ。2018年夏にシティに引き抜かれ、ステップアップを果たした。 シュート、パス、ドリブルとどれをとっても高いレベルでこなす名手マフレズだが、2019年1月6日に行われた、FAカップ3回戦のロザラム・ユナイテッド戦では、見事な連携からゴールを決めている。 格下相手に力の差を見せ、シティが4-0と大量リードで迎えた73分、DFオレクサンドル・ジンチェンコが、前線のマフレズに縦パスを入れる。すぐさま前を向いたマフレズはドリブルでボールを運びながら、裏へ走るMFイルカイ・ギュンドアンへパスを出す。リターンパスをボックス内で受け、華麗なワンツーを成立させたマフレズがGKの股を抜くシュートを決め、5点目を挙げた。 その後も攻勢を緩めないシティは7-0と大量得点を決め、勝利している。 2020.10.29 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PSGがバルセロナ相手に見せた切れ味抜群のカウンター【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はローマに所属する元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆PSGがバルセロナ相手に決めた鮮やかなカウンター<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWVXVrUTNlTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> パレルモでブレイクを果たしたパストーレは、期待の若手としてビッグクラブからの注目を集める中、2011年夏にPSGに移籍。主力の1人として活躍した。 優れたテクニックを活かしたファンタジスタタイプのMFとして攻撃陣を牽引したパストーレだが、2013年4月10日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦では、鮮やかなカウンターからゴールを決めている。 前半を0-0で折り返して迎えた50分、ディフェンスラインでボールを奪ったPSGは前線のFWズラタン・イブラヒモビッチにロングボールを送る。センターサークル内で受けたイブラヒモビッチがこれをパストーレに預け、自身も前を向く。 パストーレからのリターンパスを受けたイブラヒモビッチは、再び相手の裏へ走るパストーレにパス。このパスを受けたパストーレは、独走状態のままボックス内に侵入すると、左足のシュートをしっかりと決め、見事な先制点を挙げた。 リードを奪ったPSGだったが、その後追いつかれ、1-1のドローで試合終了。アウェイゴールの差でバルセロナに敗退を喫している。 2020.10.28 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティの破壊力抜群のサイドアタックから最後はB・シウバが豪快フィニッシュ【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆完璧なサイドアタックからシウバがフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzbW5QZ0lSVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベンフィカユース出身のシウバは2014年に加入したモナコでブレイク。この活躍が認められ、2017年夏にジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティに引き抜かれている。 独特なリズムと鋭いドリブルで攻撃にアクセントを加え、強力なオプションとしてその地位を確立しているシウバだが、2018年8月12日に行われたプレミアリーグ第1節のアーセナル戦では、見事な崩しからゴールを決めている。 前半にシティが先制し、1-0のリードで迎えた64分、カウンターからDFバンジャマン・メンディが左サイドを攻め上がる。ボックスの前までボールを運んだところで前線のFWラヒーム・スターリングにボールを預け、大外からさらに裏のスペースへ。ボックス左深部で再びボールを受けたメンディがマイナスのクロスを中央へ送ると、これにシウバが左足で合わせ、見事な崩しから追加点が生まれた。 このゴールで2-0とアーセナル相手に完璧な勝利を収めたシティ。開幕節から他のライバルに力を見せつける結果となった。 2020.10.27 21:00 Tue
twitterfacebook