新型コロナ感染のC・ロナウド、承認なしの帰国でプロトコル違反か

2020.10.16 09:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対して、プロトコル違反の可能性を指摘する声が挙がっている。C・ロナウドは今月の代表ウィークでポルトガル代表のメンバーに選ばれ、11日に行われたUEFAネーションズリーグのフランス代表戦にフル出場したが、その2日後に新型コロナウイルスの陽性反応を受けて、チームを離脱。ユベントスは14日、イタリア保健当局の承認を経て、プライベートジェットでトリノに帰国した旨を明らかにした。

しかし、イタリア政府のスポーツ担当大臣であるヴィンチェンツォ・スパダフォラ氏はイタリア『Rai Radio』のインタビューで「保健当局から具体的な許可がなければ、規約に違反していると思う」と言及。ユベントス側の主張と異なり、ポルトガルからのイタリア入りを承認した事実を認識していない姿勢を示して、違反の疑いを指摘した。

そんなC・ロナウドは自主隔離に入り、17日に行われるセリエA第4節のクロトーネ戦や20日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のディナモ・キエフ戦の欠場が濃厚。それ以降のゲームは検査結果次第とみられる。

なお、スパダフォラ氏は有観客試合の可能性についても「地域から定員の25%収容案を受けたが、現時点で承認しかねる。少なくとも来月まではね。ここから11月中旬までの伝染曲線を見極めていかなければならない」と話している。
コメント
関連ニュース
thumb

テクニック・ビジョン・精度、ピルロの巧さが詰まった美しいアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのアンドレア・ピルロ監督が現役時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ピルロの巧さが詰まったスーパーアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDdlVrZmJrNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブレシアでキャリアをスタートさせたピルロ氏は、インテル、ミラン、ユベントスとイタリアのビッグクラブを渡り歩き、数々のタイトルを勝ち取った。 中盤の底から試合を組み立てる世界屈指のレジスタとしてその名を馳せたピルロ氏だが、2012年1月21日に行われた、セリエA第19節のアタランタ戦では、素晴らしいアシストを記録している。 0-0で前半を折り返して迎えた54分、敵陣中央左でピルロがボールを持つ。プレスに来た相手を鮮やかなタッチでかわし、ボールをキープすると、この位置から一気にゴール前にクロスを入れる。 完全にノーマークでファーポストに走り込んでいたDFシュテファン・リヒトシュタイナーにピンポイントで入ったロングパスに、リヒトシュタイナーがダイビングヘッドで合わせ、見事な先制ゴールが決まった。 このゴールで先制したユベントスは、終盤にも追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.10.23 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドは未だに新型コロナ陽性反応、バルサ戦に間に合うか

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、未だ陽性反応を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 C・ロナウドは、ポルトガル代表として活動していた13日に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示し、ポルトガル代表として臨むはずだったUEFAネーションズリーグの試合を欠場。14日に、イタリア保健当局の承認を経て、プライベートジェットでトリノに帰国した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVbkltc2hnMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そのC・ロナウドには、プロトコル違反があったとして大きな問題となっており、調査が進められているが、10日間の隔離期間に入っている。 しかし、『スカイ・スポーツ』によれば、21日に新たに新型コロナウイルスの検査を受けたC・ロナウドだったが、その結果は陽性だったとのことだ。 順調に回復していれば、早ければ週末の試合から復帰が可能だったがこのタイミングで陽性反応が出たことで不可能に。来週28日にはバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)が控えており、ユベントスとしては試合の24時間前までに陰性の結果が出て欲しいところだ。 10日間の隔離措置を終える段階での検査は23日に予定されており、そこで陰性の判定が出れば隔離を終えることができる。 リオネル・メッシとC・ロナウドがCLのグループステージで初めて対戦することで注目を集めていたが、実現するだろうか。 2020.10.22 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ピャニッチが華麗なヒールパスでC・ロナウドの大記録達成をお膳立て【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチがユベントス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ピャニッチがロナウドの記録達成をお膳立てした華麗なヒールパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBMnJVQVoyRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンで頭角を現したピャニッチは、2011年にローマに移籍すると、リーグ屈指のMFとしてブレイク。2016年にはセリエAの絶対王者に君臨するユベントスに加入した。 ユベントスでも主力の1人として活躍したピャニッチだが、2019年4月27日に行われた、セリエA第34節のインテル戦では、華麗なパスで同僚の大記録達成をお膳立てしている。 開始早々にインテルに先制を許し、0-1とユベントスが追いかける展開で迎えた62分、右サイド深部までボールを運んだMFフアン・クアドラードがFWクリスティアーノ・ロナウドにパス。C・ロナウドがボックス内のピャニッチにボールを送ると、ピャニッチがファーストタッチで相手DFを誘い出し、華麗なヒールパスで再びC・ロナウドにボールを返す。 ピャニッチが作ったシュートコースに、C・ロナウドが左足で鋭く正確なシュートを叩き込み、見事な同点ゴールとなった。このゴールが、C・ロナウドのクラブキャリア通算600ゴール目の大記録となった。試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 2020.10.22 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ディナモ・キエフ戦で負傷交代のキエッリーニ、筋肉に損傷なく7~10日の離脱か

ユベントスは21日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの負傷に関して発表した。ユベントスによれば筋肉に損傷はなかったとのことだ。『フットボール・イタリア』は7~10日の離脱になると報じている。 キエッリーニは20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG開幕節ディナモ・キエフ戦で先発するも、19分に交代していた。 ユベントスは今後、25日にセリエA第5節でヴェローナ戦を、28日にCL第2節でバルセロナ戦を控えている。 2020.10.22 02:00 Thu
twitterfacebook
thumb

CL”初陣“で快勝スタートのピルロ監督「しっかりとやることが重要だった」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がチャンピオンズリーグ(CL)初戦のディナモ・キエフ戦を振り返っている。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは20日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でディナモ・キエフと対戦。前半はゴールレスで終わったものの、後半立ち上がりにFWアルバロ・モラタが先制点を奪うと、試合終了間際にもモラタが追加点を挙げて2-0の快勝を収めた。 FWクリスティアーノ・ロナウドが新型コロナウイルス(COVID-19)陽性反応による隔離中で不在の状況に加え、FWパウロ・ディバラもコンディション不良でベンチスタートと不安要素の多い中でCL初勝利を収めたピルロ監督。試合後のインタビューで試合結果には満足しつつ、攻撃のバリエーションが必要だと語った。 「しっかりとした試合をやることが重要だった。プランではより多くの選手が攻撃的に出ることだった。(フェデリコ・)キエーザは攻撃的な役割を担っていて、両サイドでプレーできる。(デヤン・)クルゼフスキと(アーロン・)ラムジーを中央に配置した。(フアン・)クアドラードを右サイドバックで起用したことで、背の高い選手が深さを使って攻撃できる」 「ロナウドが欠場でディバラのコンディションが良くないことを忘れてはいけない。攻撃の形が変わる可能性はある。パウロ(・ディバラ)はプレーする必要がある。彼はまだ100%ではないが、徐々にトップコンディションに戻していく」 「キエッリーニ?屈筋に違和感があったので、検査することになる」 2020.10.21 17:10 Wed
twitterfacebook