シュツットガルトに痛手…今夏レンタル加入のマヴロパノスが半月板損傷で年内絶望に

2020.10.16 07:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは15日、今夏にアーセナルからレンタル移籍で加入したギリシャ人DFコンスタンティノス・マヴロパノスが負傷したことを発表した。シュツットガルトは、10日にフライブルクと親善試合を実施。その試合に出場したマヴロパノスは、プレー中にヒザを負傷。15日のトレーニング後に行われた会見に臨んだペッレグリノ・マタラッツォ監督は、同選手の状態について以下のようにコメントした。

「マヴロパノスはフライブルクとの親善試合でヒザの半月板を損傷した。手術を受ける必要がある」

なお、ドイツ『キッカー』によれば、手術を受けるには所属元であるアーセナルに相談する必要があるとのこと。これにより現時点で手術日や復帰時期はなどは未定となっているが、同紙は年内の復帰は絶望的と伝えている。

2018年1月に母国のPASヤニナからアーセナルへ加入したマヴロパノスは、192cmの長身センターバック。アーセナルではここまで公式戦8試合に出場にとどまっており、昨季の後半戦はブンデスリーガ2部のニュルンベルクにレンタル移籍。リーグ戦12試合に出場し、ブンデスリーガ2部残留に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

遠藤フル出場のシュツットガルトが2試合連続ドロー…不調シャルケは未勝利が続く《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは30日、ブンデスリーガ第6節でシャルケとアウェイで対戦し1-1の引き分けに終わった。遠藤はフル出場した。 前節ケルン戦を1-1のドローで終えたシュツットガルトは、その試合からスタメンを2人変更。ディダヴィとワマンギトゥカに代えてソサとクリモビッツをスタメンで起用。遠藤もボランチで6試合連続のスタメンとなった。 開幕から未勝利が続くシャルケに対し、シュツットガルトは4分、カストロとのパス交換でペナルティアーク内に侵入したクリモビッツがワントラップから右足を振り抜いたが、これはゴール左に外れた。 一進一退の展開が続く中、シュツットガルトはセットプレーから失点を許す。30分、バイタルエリア右手前で獲得したFKからアリがクロスを供給すると、ファーサイドの走り込んだチアウがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 先制を許したシュツットガルトは、ハーフタイムにかけて何度かアタッキングサードまでボールを運んだが、自陣で集中した守備を見せるシャルケの牙城を崩せず。前半はシャルケのリードで終了した。 迎えた後半、1点を追うシュツットガルトはカラジッチを下げてニコラス・ゴンサレスを投入。すると55分、中盤で獲得したFKからソサがクロスを上げるとニコラス・ゴンサレスのヘディンシュートがS・サネの手に当たる。これがVARの末にPKとなると、ニコラス・ゴンサレスがゴール右へシュートを沈めた。 同点に追い付いたシュツットガルトは67分、ボックス左から侵入したソサがカットインから右足を振り抜いたが、このシュートはGKレノウがセーブ。さらに86分にも、ペナルティアーク右横でパスを受けたカストロがミドルシュートで狙ったが、これも相手GKの好守に阻まれた。 シュツットガルトは試合終了間際にピンチ。91分、中盤からのFKをボックス右のS・サネが折り返すとラマンがシュート。マンガラがブロックしたボールがゴール前の遠藤に当たりあわやオウンゴールになりそうになるも、これはGKコベルのファインセーブで難を逃れた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。シュツットガルトは押し込みながらも追加点が奪えず、2試合連続のドローとなった。 2020.10.31 06:35 Sat
twitterfacebook
thumb

デュエル勝利数ブンデス2位の遠藤航、チームの窮地を救うためにCB起用も?

シュツットガルトで好調を維持する日本代表MF遠藤航だが、チームの窮地を救うためセンターバックで起用される可能性もあるかもしれない。ドイツ『Liga Insider』が伝えた。 ブンデスリーガ1部に今シーズンから昇格したシュツットガルト。ここまで5試合を終えて2勝2分1敗と好調を維持し4位につけている。 しかし、最終ラインにケガ人が続出。アーセナルからレンタル移籍中のDFコンスタンティノス・マヴロパノスはヒザの半月板を損傷する重傷。またここまで5試合に出場しているマルク=オリヴァー・ケンプフが足首の靭帯を負傷している。 スポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタート氏は現在のケンプフの状況について「シャルケ戦に向けては十分ではないが、微かな希望がある」とプレーできる可能性を示唆。「できるだけ早く復帰するため、信じられないほどハードワークをしている」とコメントしていた。 4〜6週間の離脱とみられているが「4週間なら良いだろう」と語っており、早期の復帰に期待を寄せた。 しかし、最終ラインにケガ人を多く抱える事態は変わらず。セカンドチームでプレーしている元ドイツ代表DFホルガー・バトシュトゥバーの昇格も考えられる中、ミスリンタートSDはその可能性を否定した。 「そのアイデアはかなり遠い。ホルガーは常にファーストチームのメンバーだ。しかし、彼はセカンドチームでプレーする」 また、バトシュトゥバーを昇格させない理由として代役がいると語り、ブンデスリーガで2位のデュエル勝利数(82回)を誇る遠藤もその1人として考えられているようだ。 「アントニス・アイドニスや遠藤航を下げることだってできる。3人負傷者がいたとしても、このグループ内で問題を解決する方法はまだたくさんあるよ」 2020.10.26 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、電光石火弾もケルンにドロー《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは23日、ブンデスリーガ第5節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節ヘルタ・ベルリン戦を2-0と勝利し、2連勝として2勝1分け1敗スタートとしたシュツットガルトは、遠藤がボランチで開幕5試合連続スタメンとなった。 前節フランクフルト戦を引き分け開幕からの連敗を3で止めたケルンに対し、シュツットガルトは開始23秒に先制する。 カストロが相手のプレスを剥がしてうまく前を向いたプレーを起点に、バイタルエリアでディダヴィ、カラジッチと繫いで最後はペナルティアーク中央のマンガラがゴール左上にシュートを蹴り込んだ。 続く3分にディダヴィの直接FKがバーに直撃したシュツットガルトは、高い位置からプレスに来るケルンをいなし、主導権を握る。 しかし22分、一瞬の隙を突かれてPKを献上してしまう。スローインの流れからカラソルがボックス内のアンデションを倒してしまった。このPKをアンデションに決められ、シュツットガルトは同点に追いつかれてしまう。 失点を受けてリズムを崩したシュツットガルトが押し込まれる展開を強いられると、33分にはリムニオスのミドルシュートでGKを強襲される。 前半終盤、リズムを取り戻したシュツットガルトはT・クリバリがGKとの一対一を迎えたが決めきれず。さらに追加タイムにはCKから遠藤がヘディングシュートを放つも、GKにセーブされ、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始8分にシュツットガルトは大ピンチを迎えるも、GKコベルがアンデションとの一対一を制した。 56分に両サイドのクリバリとワマンギトゥカに代えてニコラス・ゴンサレスとマッシモを投入したシュツットガルトは、左サイドに入ったゴンサレスの突破力を起点に攻撃を仕掛けるも、シュートチャンスを生み出すには至らない。 72分にFKから遠藤がようやくヘディングシュートに持ち込んだシュツットガルトは、78分に遠藤の縦パスを起点にゴンサレスがポスト直撃のシュートを浴びせたが、終盤にかけてはチャンスを生み出せず。1-1の引き分けに終わっている。 2020.10.24 05:24 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、ヘルタにシャットアウト勝利で2勝目《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは17日、ブンデスリーガ第4節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節レバークーゼン戦を引き分けに持ち込んだシュツットガルトは、コートジボワール代表戦でフル出場し存在感を示した遠藤が4試合連続ボランチでスタメンとなった。 前節バイエルン相手に派手な打ち合いを演じたヘルタに対し、ポゼッションを譲る入りを見せたシュツットガルトは、8分に決定機。左クロスにカラジッチが頭で合わせたシュートが左ポストに直撃した。 それでも1分後、シュツットガルトが先制する。左サイドからのディダヴィのFKからケンプフのヘディングシュートが決まった。 先制後も自陣に構えながら耐えるシュツットガルトは33分にワマンギドゥカのシュートで牽制。ハーフタイムにかけても守勢に回ったシュツットガルトがヘルタの攻撃を封じて前半を終えた。 後半からルケバキオを投入してきたヘルタに対し、53分にピンチ。GKコベルがバックパス処理をもたついたところをルケバキオにプレスされ、ルーズボールをクーニャにシュートされたが、コベルが自身のミスをカバーした。 すると68分、耐えたシュツットガルトが加点する。ゴール正面からカストロの放ったミドルシュートがゴール左に決まった。 終盤にかけては危なげない試合運びを見せたシュツットガルトが試合をクローズ。2-0でシャットアウト勝利を飾り、2勝目を挙げている。 2020.10.18 00:27 Sun
twitterfacebook
thumb

MOM級の働きを見せたMF遠藤航、チーム全体の守備を評価「90分間プレッシャーをかけられた」

日本代表のMF遠藤航(シュツットガルト)が試合後にメディアの取材に応対。コートジボワール代表戦を振り返った。 13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表と対戦。後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。 ボランチの一角としてフル出場を果たし、守備面では対人の強さという特徴を存分に発揮した遠藤。試合について「立ち上がりからうまくプレッシャーをかけられたと思います。下がりすぎないことを意識して、僕と(柴崎)岳のボランチが押し込めるように、(鈴木)武蔵と(伊東)純也、タケ(久保建英)のところも下がりすぎず、3バックにプレスかけられるようにしました」とプレス強度高く入れたとコメント。「相手が形を変えてハマらないところもあったたが、しっかりと90分間プレッシャーをかけられたと思う」と、試合を通してしっかりと高い強度を保てたと語った。 カメルーン戦でもアグレッシブにプレスに行っていた日本。しかし、空回りするシーンも見られ、ボールを奪い切ることができていなかった。 コートジボワール戦ではしっかりとボールを奪えていたが、遠藤は「僕はカメルーン戦は上から見ていただけなので、ピッチでやるのと感覚は違うが、3バックにどうプレッシャーをかけるか。中を切りながら外に出させる」と守り方を意識したとし、「サイドを変えられた時に3トップのタケや純也が外からプレッシャーをかける。バックパスに武蔵がプレッシャーをかけてロングボールを使わせることを意識した」とし、ビルドアップをうまくさせない守備を意識していたと語った。 個人的な目標としても「外から中に行くというところも有効な守備のプレッシャーの手段として個人的に入れたいと思っていて、声をかけて中から行くところを外から行くところを使い分けていた」と語り、自身の守備プランもハマったことに手応えを感じたようだった。 自身のプレーについては「僕の良さは人に強く行くところ。多少距離があってもアプローチかけて運動量を上げて全体をカバーするプレーを意識している」とコメント。「下がった(相手)ボランチにもプレッシャーをかけて、前線と連動することを意識していた」とチームとして守ることを考えていたと明かした。 柴崎岳(レガネス)とのコンビネーションについても、「岳との関係性もポジショニングを見ながらどっちが前に行くとか、あえて並ぶとか、しっかりできたと思う。ボールをつないで動かそうと立ち上がりから意識してプレーしていました」と、しっかりとコンビとして機能できたようだ。 後半は特にゴールキックからのビルドアップで攻撃を仕掛けられるシーンが見られたが、「ゴールキックに関しては1人1人の立ち位置をしっかり取ること、トップ下の選手に対して僕たち2人で数的有利を作ること、ボランチが来たら大地をどう使うかというのを、2人ともポジションを見ながらよくできた」と上手く連携して判断ができていたとかたり、「(吉田)麻也さんやトミ(冨安健洋)も運んだりして、上手くビルドアップできた。GKからしっかりボールを繋ぐことがうまくハマった」と語り、一定の手応えがあるとした。 高いレベルでの代表活動ができたことになるが、今後については「1つ1つの球際のところ。何回かボールを奪えたシーンもあれば、相手の方が出足が早かったりセカンドボールの争いで負けたところがあるので、いかに勝率を上げられるか。レベルの高い相手に勝利数、勝率を高く自分のところでは生せるようにしていきたい」と、自身が追い求めるものを高いレベルの相手にも出せるようにしたいとコメントした。 2020.10.14 07:40 Wed
twitterfacebook