ルーキーFW三木のプロ初弾で磐田が新体制初白星! 上位対決制した11連勝の福岡が首位徳島と勝ち点で並ぶ《J2》

2020.10.14 22:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
14日、明治安田生命J2リーグ第25節の全11試合が行われた。デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsアビスパ福岡は、アウェイの福岡が1-2で勝利した。

3連勝で5位に付ける新潟と、10連勝で2位に位置する福岡による、好調同士によるJ1昇格の行方を左右するシックスポインター。新潟がボールを握り、福岡が堅守速攻で迎え撃つ互いの特長を押し出した展開の中、先手を奪ったのはアウェイチームだった。14分、左CKの場面でサロモンソンが入れたクロスをファーの福満が頭で折り返すと、中央のドウグラス・グローリが打点の高い浮き球のヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。

ホームで先制された新潟はより守備の集中力を高めた福岡を押し込んで攻勢に打って出る。田上のミドルシュートや右CKからファビオが際どいヘディングシュートを放つが、相手の堅守をこじ開けるまでには至らず。

迎えた後半、積極的に交代カードを切った新潟はセットプレーでやり返す。64分、右CKの場面で島田からの鋭いボールをファーのファビオが頭で合わせると、GK村上の好守に遭ったが、こぼれ球を本間が押し込んだ。

ここから流れがホームチームに傾くかに思われたが、福岡の見事なカウンターが炸裂する。71分、相手CKを撥ね返して自陣でルーズボールを拾った増山が長い距離を持ち上がり、ボックス中央にフリーで走り込んだ福満にボールが渡ると、ボールがやや足元に入り過ぎたものの、うまく歩幅を合わせた福満のシュートがゴールネットを揺らした。

その後、切り札の鄭大世をピッチに送り込んだ新潟の猛攻に晒された福岡だったが、後半アディショナルタイムの荻原の強烈なミドルシュートはGK村上が見事な反応ではじき出し、試合はこのままタイムアップ。好調の新潟を敵地で退けた福岡が11連勝を飾った。

9戦負けなしで首位の徳島ヴォルティスが、15位のファジアーノ岡山のホームに乗り込んだ一戦は 、1-1のドローに終わった。

試合を通して主導権を握った徳島は後半立ち上がりにセットプレーの流れから岸本に続けてビッグチャンスが訪れるが、相手GKポープ・ウィリアムスのビッグセーブに阻まれる。

それでも、後半に入って積極的に交代カードを切った中、79分には岩尾の直接FKのこぼれ球に反応したジエゴからの浮き球パスをボックス中央で受けた河田が胸トラップから見事な右足のボレーシュートを流し込み、アウェイチームが先制に成功した。

これで徳島の勝利は堅いかに思われたが、岡山が最後の最後に意地を見せる。92分、右サイド深くに侵攻した白井のクロスをゴール前に飛び込んだ齊藤が頭で合わせ、土壇場の同点ゴールとした。この結果、徳島は無敗記録を「10」に更新も、2位の福岡と勝ち点52で並ばれることになった。

また、7位のヴァンフォーレ甲府と3位のギラヴァンツ北九州の上位対決は、ホームの甲府が3-2で勝利した。

甲府が2連敗、北九州が5戦未勝利と是が非でも勝ち点3がほしい中、試合は激しい打ち合いとなった。泉澤の見事な個人技から宮崎、太田がゴールを奪ったホームチームに対して、北九州は10番の高橋、エースFWディサロ燦シルヴァーノの2ゴールで2度のビハインドを追いつく。

その後は北九州が押し込む展開となったが、甲府が粘りの守備で耐え抜くと、88分にはジュニオール・バホスのシュート性のクロスを武田が頭で合わせ、甲府が三度勝ち越す。そして、このまま逃げ切った甲府が北九州にシーズンダブルを決めた。

その他の注目カードでは前節、遠藤保仁がデビューを飾り、鈴木新体制初白星を目指す14位のジュビロ磐田と、2連勝で再浮上の予感漂わせる4位のV・ファーレン長崎の一戦は、ホームの磐田が1-0で勝利した。

一進一退の攻防を見せた試合はゴールレスで後半へと折り返すと、その立ち上がりにゴールが生まれる。47分、右CKの場面でキッカーの遠藤が正確なアウトスウィングのボールを入れると、ニアで大森が競ったこぼれ球がファーに流れる。これを三木が冷静に左足で流し込み、下部組織育ちの19歳が待望のJリーグ初ゴールを挙げた。

その後、長崎の反撃を安定した守備できっちり撥ね返し続けた磐田が1-0で試合をクローズ。ルーキー三木のプロ初ゴールによって鈴木新体制初白星と共に、J2通算50勝目を手にした。

◆明治安田生命J2リーグ第26節
▽10/14(水)
栃木SC 0-1 モンテディオ山形
大宮アルディージャ 0-0 ジェフユナイテッド千葉
FC町田ゼルビア 3-0 京都サンガF.C.
ヴァンフォーレ甲府 3-2 ギラヴァンツ北九州
松本山雅FC 2-2 水戸ホーリーホック
アルビレックス新潟 1-2 アビスパ福岡
ツエーゲン金沢 4-2 レノファ山口FC
ファジアーノ岡山 1-1 徳島ヴォルティス
愛媛FC 1-4 東京ヴェルディ
FC琉球 0-1 ザスパクサツ群馬
ジュビロ磐田 1-0 V・ファーレン長崎
コメント
関連ニュース
thumb

首位・徳島が快勝で4ポイントのリード! 長崎、劇的弾献上でチャンス活かせず…《J2》

明治安田生命J2リーグ第36節の11試合が25日に各地で行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは、首位の徳島ヴォルティスと18位のFC町田ゼルビアが対戦。ボールを保持してプレッシャーを掛けてくる徳島に、町田は前半終了間際に吉尾が2枚目のイエローを受けて退場。残りの半分を10人で戦うことに。 数的有利で引き続き優勢に試合を運ぶ徳島が54分に先制する。左サイドの小西のFKを、岸本が難しい体勢ながらも頭で叩きつけて今季初ゴールを奪う。さらにその5分後、右CKのクリアボールを西谷がボックス右手前から弾丸シュート。これがゴール左へ突き刺さり2点目をマークする。 町田は82分に平戸のミドルシュートで徳島ゴールに迫ったが、GK上福元の好守に阻まれた。逆に後半アディショナルタイムには途中出場の河田のゴールで徳島に追加点。結局、3-0でホームの徳島が勝利を収めて首位をキープした。 味の素フィールド西が丘で行われた東京ヴェルディvsアビスパ福岡は、1-1のドローに終わった。今季初の4連勝を目指す7位の東京V(勝ち点51)と、前節の引き分けにより3位のV・ファーレン長崎(勝ち点66)との勝ち点差が「3」に縮まった2位の福岡(勝ち点69)による重要な一戦。 立ち上がりから互いに攻め合うオープンな状況が続くが、10分を過ぎた辺りから相手のプレッシャーを上回るパススピードとポジション取りの優位性により、ホームの東京Vがペースを掴む。 19分には中盤での藤田のボール奪取からカウンターに転じてボックス左で福村が上げた浮き球のクロスをファーに飛び込んだセンターバックの高橋が頭で合わすが、これはGKセランテスの好守に遭う。さらに、21分にはボックス手前右でパスを受けた若狭が左足のミドルシュートを放つが、これは左ポストを叩いた。 なかなかプレスが嵌らず、守勢が続く福岡だが、飲水タイム明けとなった25分過ぎからプレッシャーのスピードを上げて徐々に相手のボール回しに圧力がかかるようになる。さらに、セカンドボールを拾って押し込む形を作り出したが、シンプルなサイドからのクロス、ボックス内でのコンビプレーは相手守備に撥ね返されて先制点を奪うまでには至らず。 0-0のイーブンで折り返した試合は後半も立ち上がりはオープンな展開に。50分には中盤でのボールの奪い合いを制した福岡に最初の決定機。山岸のスルーパスに抜け出した遠野が左に持ち出してGKマテウスをかわすが、ボックス左で放った左足のシュートは腰を捻り切れず、左のサイドネットを叩く。 その後はややホームチームの流れの中で均衡が破れる。66分、投入されたばかりの佐藤が右に流れて浮き球の縦パスを供給。これに完璧なタイミングで抜け出した小池がボックス右からマイナスの折り返し。ニアで端戸が引っ張って空いた後方に走り込んだ山下の右足シュートが決まる。 しかし、すぐさま反撃に転じた福岡は失点からわずか1分後に左サイドを崩してボックス左ライン際の山岸が折り返すと、DF福村のクリアがゴール前の味方DFに当たる形でネットが揺れた。 拮抗した展開から打って変わってわずか1分間で2ゴールが生まれるオープンな展開となった試合は、球際でバチバチとやり合う白熱の攻防が続く。互いに選手交代を使ってプレー強度を落とさず。とりわけ、福岡は前線からの猛烈なプレスで一気にペースを掴みにかかる。 その後、後半アディショナルタイムまでどちらに転んでもおかしくない好勝負が繰り広げられたが、互いに身体を張った守備を前に2点目を奪うまでには至らず。東京Vは今季初の4連勝を、福岡は2戦ぶりの白星を逃がす痛み分けの結果となり、首位に4ポイントのリードを許した。 また、3位のV・ファーレン長崎は、17位の松本山雅FCを相手に41分にボックス中央手前からの玉田のシュートで先制。しかし、試合終了間際に与えたFKから塚川にヘディングシュートで土壇場ゴールを奪われて1-1のドロー。2位の福岡が足踏みした中でチャンスを活かせなかった。 ◆明治安田生命J2リーグ第36節 ▽11/25(水) 東京ヴェルディ 1-1 アビスパ福岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 4</span>-0 ツエーゲン金沢 水戸ホーリーホック 2-2 ギラヴァンツ北九州 ザスパクサツ群馬 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 愛媛FC</span> 京都サンガF.C. 1-1 ヴァンフォーレ甲府 ファジアーノ岡山 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 栃木SC</span> レノファ山口FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ジェフユナイテッド千葉</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 3</span>-0 FC町田ゼルビア V・ファーレン長崎 1-1 松本山雅FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジュビロ磐田 3</span>-0 FC琉球 2020.11.25 22:20 Wed
twitterfacebook
thumb

琉球、スペインで鍛練の17歳MF澤田将が来季加入 「活躍できる選手に」

FC琉球は24日、MF澤田将(17)の2021シーズン加入内定を発表した。 北海道出身の澤田は地元のフロンティアトルナーレFCでプレー後、2015年からスペインに渡り、サバデルに所属。サバデルのインファンティール(12〜14歳のカテゴリー)、カデテ(14〜16歳のカテゴリー)を経て、2019年からフベニール(16歳〜19歳のカテゴリー)でプレーしていたという。 異色の経歴を持ち、高校3年生となる来年からひと足先にプロの世界に飛び込む澤田はクラブ公式サイトを通じて、「はじめまして、来季から加入することになりました澤田将です。これから日々努力を重ね、活躍できる選手になれるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」とコメントしている。 なお、琉球は先日、樋口靖洋監督との契約更新を発表。来季で樋口体制3シーズン目となる。 2020.11.24 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟がアルベルト監督との契約更新を発表「日本一のサポーターの皆さん、これからも一緒に戦いましょう」

アルビレックス新潟は24日、アルベルト・プッチ・オルトネダ監督(52)が来シーズンも指揮を執ることを発表した。 バルセロナでスカウトやアカデミーコーチなどを務めたアルベルト監督は、今シーズンから新潟の監督に就任。ここまで、明治安田生命J2リーグで14勝14分け7敗の勝ち点56という成績を残し、5位につけている。 シーズン残り7節となり、厳しい状況ながらも数字上は昇格の可能性を残している新潟。外国人選手の酒気帯び運転の問題などでクラブ内での問題を抱えることお待ったが、監督と合意に至ったようだ。 アルベルト監督はクラブを通じてコメントしている。 「どのような状況であっても、サポーターの皆さんがチームを応援してくださっていること、また選手やクラブスタッフが、私へのリスペクトの気持ちを表してくれていることが、私の心に強く響きました。その中で、クラブが私を必要としてくれたことが非常に嬉しく、そして契約延長が私の願いであったので、このたびの更新にとても大きな喜びを感じています」 「現在、チームが進んでいる道のりと同じように、これからも目の前の試合で全力を尽くすことが私の目標です。日々のトレーニングで努力を惜しまず成長を志し、勝利に向けて戦い続け、そして今のプレースタイルを継続していきたいと思います」 「また、サポーターの皆さんに誓えることがあります。アルビレックス新潟の選手たちは、一試合一試合、最後の一秒まで勝利を目指して戦い続けるということです。サポーターの皆さんには、選手たちへの後押しをお願いしたいと思います。日本一のサポーターの皆さん、これからも一緒に戦いましょう!!」 2020.11.24 12:31 Tue
twitterfacebook
thumb

琉球が樋口靖洋監督の続投決定を発表 指揮3年目の来季に「全力を尽くして参ります」

FC琉球は23日、樋口靖洋監督(59)との契約更新を発表した。 樋口監督は過去、モンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、Y.S.C.C.横浜の監督を歴任。昨季から明治安田生命J2リーグ昇格を果たした琉球の指揮を執り、今季はここまで11勝7分け17敗の19位に位置している。 横浜FM指揮官時代の2013年に天皇杯優勝に導いた実績を持つ樋口監督。今季のリーグ戦を7試合残すなかで、クラブ公式サイトを通じて「来シーズンも引き続きFC琉球の指揮を執らせて頂く事になりました」と来季続投決定を報告すると、来季への意気込みも語った。 「シーズンはあと7試合残っていますが、残念ながら勝点は昨年の数字まで達していません。その中でクラブからオファーを頂いたことの意味は、「変化」ではなく、「琉球スタイルの継続と発展」を託されたと思っています。成績の結果責任は私にあるのは当然です。だからこそ、来シーズンこそ、クラブの掲げる目標に向かって「琉球のスタイルで結果を出す」事に拘り、全力を尽くして参ります」 「今シーズンはコロナ禍での異例のシーズンとなりましたが、FC琉球に関わるすべての皆様のご尽力により、我々はピッチで安心してプレーし、思いっ切り戦うことが出来ました。本当にありがとうございました。来季は、この感謝の気持ちをプレーと結果で表すことが出来るよう、全集中で頑張ります。引き続き、ご支援ご声援を頂けますよう、よろしくお願い申し上げます」 2020.11.23 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

岩手、大卒ルーキーの原山海里が今季終了 右ヒザ損傷で来年1月中旬の復帰見込み

いわてグルージャ盛岡は23日、DF原山海里の戦線離脱を報告した。 原山がこのたび、右ヒザ内側側副じん帯損傷の診断結果。復帰予定時期は来年1月中旬の見込みだという。東京学芸大学から今季岩手入りの原山だが、ここまで出番がなかった。 岩手は今季のここまで9勝8分け12敗の13位。29日に行われる次節、9位の鹿児島ユナイテッドFCをホームに迎え撃つ。 2020.11.23 16:10 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly