G大阪がペース握るも連勝ストップ 宇佐美弾で追いつき横浜FMとドロー《J1》

2020.10.14 21:09 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第22節のガンバ大阪vs横浜F・マリノスが14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、1-1のドローに終わった。前節のアウェイFC東京戦を2001年以来の勝利で飾り、今季最長の6連勝を達成した4位G大阪。鬼門攻略にゴールという形で貢献した古巣戦のアデミウソンがベンチからのスタートになったが、小野瀬を3試合ぶりに先発起用して、昨季王者を迎え撃った。対する6位横浜FMは2連勝を目指す今節だが、主将の喜田が出場停止となり、チアゴ・マルチンスも前節に続いて欠場。マルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの強力アタッカーをスタートから送り出した。

互いの攻撃姿勢がぶつかり合った試合はG大阪が鋭いフォアチェックで上回る入りとなるが、横浜FMも次第にボールを動かし始め、盛り返す構図に。横浜FMはマルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの好機を立て続けに作り出す時間帯もあったが、G大阪もGK東口やキム・ヨングォンの好対応で凌ぐ。

やた守りを強いられ、攻め返したいG大阪も24分、前線のパトリックがGK東口のゴールキックを頭で落とすと、回収した宇佐美がワンタッチで相手DFを交わして、ボックス右から右足でフィニッシュに持ち込む形を作り出して反攻。しかし、この場面はGK梶川の好守に遭って、先制ゴールに繋がらない。

すると、その2分後に横浜FMがミスを突いて先取する。敵陣中央で山本からボールを奪ったエリキがゴール右に侵攻したマルコス・ジュニオールにパス。マルコス・ジュニオールのシュートはGG東口のビッグセーブに遭うが、その跳ね返りがマルコス・ジュニオール自らに当たり、再度の跳ね返りがキム・ヨングォンの顔面にディフレクトして、G大阪のゴールマウスに吸い込まれた。

失点後も悪くない戦いを続けるG大阪はなかなか攻めがゴールに繋がらない状況が続いたが、前半アディショナルタイム1分に井手口が相手最終ラインの背後に浮き球パスを出すと、ボックス右に抜け出した宇佐美が相手GKと交錯してPKのチャンス。キッカーの宇佐美がしっかり決めた。

先制こそしたものの、ボール保持率やパス数でもG大阪と遜色のなく、主導権を握り切れない戦いが続き、前半のうちに追いつかれてしまった横浜FM。後半の入りから仕切り直したいところだったが、前半に同じく鋭い攻守の切り替えで効率よくセカンドボールを回収するG大阪のペースが続く。

そのG大阪は横浜FMのお株を奪うような能動的な見解を続けるなか、59分に味方とのパス交換でボックス右深くに侵攻した高尾の折り返しから山本が右足ダイレクト。この場面は相手DFのブロックもあって、ゴールに繋がらなかったが、終始横浜FMに守備を強いるゲーム展開に持っていく。

そうした展開が続くなか、両軍は77分にそれぞれ1枚目のカードを切り、横浜FMが前田を投入。前田の起用でやや盛り返した横浜FMだが、同じタイミングで渡邉のカードを切ったG大阪は続く80分にアデミウソンと矢島を送り込み、勝負に出る。しかし、横浜FMも譲らず、勝ち越しを許さない。

結局、死力を尽くした両者の好ゲームは痛み分けで終了。それぞれ勝点1を分け合う結果に終わっている。

ガンバ大阪 1-1 横浜F・マリノス
【G大阪】
宇佐美貴史(前45+1)
【横浜FM】
OG(前26)
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:G大阪vs鳥栖】惨敗を糧に2位確保に向けて切り替えを、鳥栖はホーム戦のリベンジを

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年11月29日(日) 17:00キックオフ ガンバ大阪(2位/58pt) vs サガン鳥栖(14位/29pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆首位に惨敗も2位確保は至上命題【ガンバ大阪】 前節は首位の川崎フロンターレとの直接対決。勝たなければ眼前での優勝決定を決められてしまうという中、シーズンワーストの5失点で惨敗を喫してしまった。 G大阪の出来が悪かったというよりは、優勝をホームで決めたいという川崎Fが圧倒したという印象。先制をされて以降、攻撃の形も作れず、終盤までシュート数が伸びなかった。 優勝が決定した今、G大阪が目指すのは2位の死守だ。残り4節となった今、試合数にバラツキがある異例のシーズンである中、自力で2位は確保できる状況だ。 その中で残り4試合は下位チームとの試合しかない。今シーズンは降格なしの特別ルールだが、下位チームも来シーズンにつながる試合を見せたいと躍起になる。その中で、しっかりと勝ち切れるか。天皇杯出場のためにも、2位確保に向けて勝利したい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、菅沼駿哉、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:福田湧矢、奥野耕平、山本悠樹、倉田秋 FW:渡邉千真、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆ポゼッションをしっかりゴールに繋げられるか【サガン鳥栖】 前節は最下位のベガルタ仙台と対戦。試合の主導権を握る展開となったが、終盤に失点を喫し0-1で敗戦となった。 7戦無敗で来たチームが足踏みとなったが、カウンター一発でやられるというチームが抱える課題が出た試合となった。 ポゼッションが高くてもシュート精度が低くチャンスを活かせなかった試合。チームとしては悔やまれる内容だが、今節もその可能性を孕む展開も予想できる。 G大阪も特徴はボール奪取からのカウンター。ポゼッションは鳥栖に有利となるが、一発で仕留める力もある。ホームゲームでは1-2で敗れており、同じ展開にはしたくないところ。シビアな残留争いをイメージし、しっかりと結果を残したいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:朴一圭 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、中野伸哉 MF:小屋松知哉、松岡大起、原川力、本田風智 FW:金森健志、林大地 監督:金明輝 2020.11.29 14:31 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎Fが史上最速で2年ぶり3度目のJ1優勝!家長昭博が古巣G大阪相手にハットで完勝《J1》

25日、明治安田生命J1リーグ第29節の川崎フロンターレvsガンバ大阪が等々力陸上競技場で行われ、5-0で川崎Fが勝利。2年ぶり3度目のJ1優勝を達成した。 21日に行われた大分トリニータ戦で1-0と敗れ自力での優勝を決められなかった川崎F。一方で、22日の浦和レッズ戦で先制を許すも、逆転勝利を収め、川崎Fの優勝を阻止した2位G大阪の首位攻防戦となった。 <div id="cws_ad">◆家長昭博がハットトリックで優勝を手繰り寄せる!<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008F998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=12prgxv4unFne1s7ao4yapceqx" async></script></div> 川崎Fは大分戦から出場停止の谷口彰悟に加え、齋藤学、旗手怜央、中村憲剛、長谷川竜也の5名を変更。ジェジエウ、田中碧、家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫が先発した。 一方のG大阪は浦和戦からスタメン変更は1人。負傷交代した小野瀬康介に代えて、福田湧矢を起用した。 川崎Fは引き分け以上で優勝が決定する試合。先制すれば今シーズンは負けていないだけに、先制点がこの試合でも重要なカギとなる。 立ち上がりからテンション高く入ったのはホームの川崎F。互いにゴブの展開で迎えた12分にボックス内で三笘がシュート。しかし、これは昌子が身体を投げ出してブロックする。 さらに14分には三笘がボックス左でボールを持つとドリブルで福田をかわしてボックス内に侵入。そこからマイナスのパスを送ると、大島が左足で狙うも、これも昌子がブロックする。 主導権を握りG大阪陣内でのプレータイムが長くなる川崎F。18分にも川崎Fが決定機。相手のミスパスから三笘がボールを奪うと、ショートカウンター。最後は、ボックス内から田中がシュートを狙うも、枠に飛ばない。 攻勢を強めていた川崎Fだが、22分についに仕留める。レアンドロ・ダミアンがボックス手前でポストプレー。落としを受けた田中が左サイドに展開すると、登里が左足でアーリークロス。これを走り込んだレアンドロ・ダミアンがダイレクトで合わせてネットを揺らし、川崎Fが先制に成功する。 先制を許したG大阪は、[4-4-2]のシステムでボランチを横並びから縦関係に変更。矢島をトップ下気味に置き、山本が1ボランチに。前線のパトリックを使って攻め込もうとするがあまりうまくいかない。 川崎FもG大阪のボールホルダーに素早くプレス。前線のパトリックを孤立させる他、サイドバックにも攻撃参加させない展開とする。 終始川崎Fが攻め続ける中でスコアがスコアが動かない中、41分にはレアンドロ・ダミアンとのワンツーで三笘がボックスに侵入。GK東口と一対一となるが、しっかりと東口がセーブする。 すると攻め立てる川崎Fは44分にもビッグチャンス。ハーフウェイライン付近でボールを奪ったレアンドロ・ダミアンがドリブルで独走。そのままボックス内に侵入しニアサイドを狙ってシュートを放つが、GK東口がセーブする。 決定機を逸した川崎Fだが、これで得たCKから追加点を奪う。45分、田中がクロスを上げると、ボックス中央でレアンドロ・ダミアンがヘッド。これに家長がダイレクトで蹴り込み、川崎Fが前半のうちにリードを広げた。 両チーム共交代なしで迎えた後半。立ち上がりにG大阪が細かいパスワークで攻め立てていたが、徐々に川崎Fが盛り返す。すると49分、三笘が囲まれながらもドリブルで突破。右サイドを上がった家長に丁寧にパスを出すと、家長は右足でゴールに流し込み、リードを3点に広げる。 3点のビハインドとなり目の前での優勝を阻止したいG大阪だが、なかなか攻勢に出ることができない。前線のパトリックは苛立ちを隠せないが、ボールが前線に入らない。 攻勢を止めない川崎Fは家長、三笘が面白いようにボールを運び、シュートチャンスを作っていく。 G大阪は62分にチャンス。倉田、宇佐美が絡みディフェンスラインの裏に高尾が抜けるが、これはわずかにオフサイドとなる。 川崎Fは63分。スローインを受けたレアンドロ・ダミアンがヒールで三笘へパス。その三笘はドリブルで運び中央へ折り返すと、後方から上がった山根がそのままシュート。しかし、これは枠を外れていく。 G大阪は後半の引水タイムで3名を変更。倉田、宇佐美、山本を下げて、渡邉千真、川崎修平、奥野耕平を起用する。 すると71分、右サイドからの高尾のクロスをボックス中央でパトリックがヘッド。久々にシュートシーンを作ったG大阪。そこから攻勢を強めていきたいところだったが、川崎Fがトドメを刺す。 73分、左サイドで登里の縦パスを受けたレアンドロ・ダミアンがノールックで前線へ。これに抜け出した三笘がドリブルで持ち込むと、中を見てグラウンダーのパス。これを走り込んだ家長がダイレクトで蹴り込みハットトリック達成。リードを4点とし、優勝をグッとたぐり寄せた。 少しペースダウンをした川崎Fは家長とレアンドロ・ダミアンを下げて、旗手と小林を投入する。 するとG大阪は83分に矢島がボックス手前から鋭いミドルシュート。しかし、これはGKチョン・ソンリョンがわずかに触り得点を許さない。 川崎Fは86分に大島と三笘を下げて、中村と齋藤を投入。今シーズン限りで現役引退を発表している中村が優勝決定のピッチに立つ。 攻勢を止めない川崎Fはハーフウェイライン付近で小林が受けると、裏に走り出した旗手へロングパス。そのまま受けた旗手がボックス内でシュートを放つとGK東口がセーブも、並走していた齋藤が押し込んでダメ押しの5点目を奪う。 アディショナルタイム5分には裏に抜け出したパトリックがボックス内でシュートも車屋が戻りブロック。このCKもしっかりと防いだ川崎Fがそのまま勝利し、5-0で勝利。4試合を残す史上最速のJ1優勝を見事に決めた。 川崎フロンターレ 5-0 ガンバ大阪 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前22) 家長昭博(前45、後4、後28) 齋藤学(後45) 2020.11.25 20:26 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:川崎FvsG大阪】2年ぶり載冠か、再びの阻止か…1位と2位の等々力決戦

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年11月25日(水) 18:30キックオフ 川崎フロンターレ(1位/72pt) vs ガンバ大阪(2位/58pt) [等々力陸上競技場] <div id="cws_ad">◆直接対決を数字でプレビュー<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=69aqmknt264514t6srg1q8zv3" async></script></div> ◆ホームで歓喜なるか【川崎フロンターレ】 前節の大分トリニータ戦は勝てば無条件で2年ぶり3度目のリーグ優勝が決まるシチュエーションで敵地に乗り込んだが、0-1の敗戦を喫すると、翌日にガンバ大阪も勝利してお預けに。“今節こそは”との思いでホーム等々力に舞台を移して、2位G大阪との直接対決で4試合を残しての史上最速優勝を狙う。 自力優勝の条件は引き分け以上。今季15試合で13勝1分け1敗と圧倒的な勝率を誇る本拠地でのゲームという面だけに、今節での優勝決定に期待が膨らむ。ただ、この11月に入り、4試合で1勝1分け2敗と息切れ気味。さらに、今節は前節の一発退場で谷口彰悟の欠場が決まり、不安要素もつきまとう。 また、前節から中3日という面でもコンディションの見極めが必要となり、改めてチームの真価が問われる一戦になりそうだ。とはいえ、今季の川崎Fは誰が出てもクオリティが落ちないのが強みのひとつ。G大阪も直近14試合で11勝2分け1敗と軽視できない相手だが、勝利でシャーレを掲げられるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、車屋紳太郎、登里享平 MF:田中碧、守田英正、脇坂泰斗 FW:旗手怜央、小林悠、齋藤学 監督:鬼木達 ◆面前でのV阻止なるか【ガンバ大阪】 前々節のベガルタ仙台戦で0-4のショッキングな敗北を喫して、12試合負け知らずの進撃が止まったG大阪だが、前節の浦和レッズ戦で2-1の逆転勝利を収めて見事にバウンスバック。その勝利が川崎Fの優勝に待ったをかける形となったが、チームの目標である天皇杯出場権がかかる2位の座を死守した。 そうして迎える今節は川崎F戦。G大阪は宮本恒靖監督をはじめ、選手間でも共通意識として2位死守を目標に残り試合を戦う所存だが、目の前で簡単に優勝させるわけにいかない。チームの目標を目指して首位に真っ向勝負を挑むなかで、今季の歩みが試される集大成の意味合いも強い一戦になりそうだ。 ただ、小野瀬康介が浦和戦で負傷交代を強いられ、ダイナモとして今季のチームをリードする井手口陽介も欠場中。ここに来て故障者が相次ぎ、今節の大一番もベストな陣容で挑めなさそうだが、川崎Fが思い描くシナリオに従うわけにもいかない。進撃の根幹にある守備を武器に面前での優勝阻止なるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、昌子源、キム・ヨングォン、福田湧矢 MF:矢島慎也、奥野耕平、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2020.11.25 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

高尾瑠のJ1初ゴールでG大阪が浦和に逆転勝利! 次節は川崎Fとの直接対決《J1》

明治安田生命J1リーグ第28節、浦和レッズvsガンバ大阪が22日に埼玉スタジアム2002で行われ、1-2でアウェイのG大阪が勝利した。 6戦無敗だった中で14日の横浜F・マリノス戦でまさかの6失点大敗を喫した浦和は、18日に行われたヴィッセル神戸戦は終盤のマルティノスのゴールを守り切り完封勝利。ここ8試合で5勝目を挙げた。対するG大阪は、直近14日のベガルタ仙台戦は0-4で完敗。最下位相手に屈辱的な黒星を喫することとなった。 G大阪の敗戦で、今節にも首位の川崎フロンターレが自力優勝する可能性があったが、21日に行われた大分トリニータ戦を落とし、5試合を残しての最速優勝はこの一戦に委ねられることに。2位のG大阪が引き分け以下なら、自動的に川崎Fの優勝が確定する。 上位進出を諦めない浦和、来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権や今季の天皇杯参加を狙うG大阪、そして川崎Fと様々な思惑が交錯した試合は、立ち上がりは中盤での睨み合いが続く静かな入りとなる。 その中でホームの浦和は味方のスルーパスで興梠が裏抜けを図るが、キム・ヨングォンのスライディングタックルを受け転倒。主審の笛は鳴らなかった。一方、G大阪は24分に小野瀬が負傷交代。福田が代わりに投入された。 先に決定機を迎えたのは浦和。27分にピッチ中央の細かいパス回しで抜け出した長澤が前に走る興梠にスルーパス。ボックス左に侵入した興梠は、DFを振り切って左足のシュートにつなげたが、GK東口に阻まれた。29分には、ボックス外左の汰木のクロスに橋岡が飛び込んだが、惜しくも頭に合わせられなかった。 立て続けに肝を冷やしたG大阪はCKからチャンスを演出。32分の左CKの場面では山本が最後にシュートを放ったが、GK西川の正面に。40分に再び左CKを獲得すると、宇佐美が右足で上げたクロスに対し、ニアで興梠が頭に当てたボールが右ポストを直撃。あわやオウンゴールというシーンに。 ゴールレスで迎えた後半、浦和は立ち上がりの47分にボックス手前の長澤の強烈なミドルシュートがクロスバーを直撃。56分には、カウンターの流れからレオナルドがボックス手前から丁寧にコースを狙ったシュートが左ポストをかすめるなど、前半に続いて得点の匂いを漂わせる。 すると迎えた62分、右CKのチャンスでマルティノスはクロスを上げずに大きく後方へパス。敵陣中央右寄りの位置で受けた山中が左足でゴール前にクロスを送ると、ボックス左のトーマス・デンが頭で丁寧に折り返し、最後は槙野が押し込み先制に成功した。 これで川崎Fの優勝が大きく近づいた中、G大阪は失点から4分後の66分に左サイドの藤春のクロスから福田がシュート。これは相手DFに跳ね返されるが、こぼれ球を拾った宇佐美が流し込んで、瞬く間に同点に追いついた。 その後、G大阪は藤春を下げて川崎、浦和は興梠とレオナルドを下げて杉本と武藤を投入してテコ入れを図る。川崎が早速シュートシーンを迎えたG大阪は、さらに一度に3枚替えに打って出ると、その直後の81分、山本の左CKを高尾が頭で合わせて逆転に成功した。高尾はこれがJ1初ゴールとなる。 負けられない浦和も85分にエヴェルトンと武富を投入し、先に途中出場していた武藤と杉本も含めてパワープレーを仕掛ける。すると後半アディショナルタイム、後方からのロングボールを上手く収めた杉本がボックス中央へ侵入。ゴール右下に流し込みにかかったが、GK東口に止められた。 結局、試合は1-2でアウェイのG大阪がモノにし、川崎Fの優勝を阻止。そして、25日に行われる第29節では等々力陸上競技場で川崎Fとの直接対決が控えている。 浦和レッズ 1-2 ガンバ大阪 【浦和】 槙野智章(後17) 【G大阪】 宇佐美貴史(後21) 高尾瑠(後36) 2020.11.22 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

功労選手賞に佐藤勇人氏、那須大亮氏、明神智和氏 12月22日のJリーグアウォーズで表彰

Jリーグは17日、功労選手賞の授賞者決定を発表した。 今年の受賞者は佐藤勇人氏(38)、那須大亮氏(39)、明神智和氏(42)の元Jリーグ選手3名。同日の理事会で決まり、12月22日に開催する2020Jリーグアウォーズにて表彰される。 佐藤氏は2000〜2019年までジェフユナイテッド千葉と京都サンガF.C.で活躍。現役の最後を下部組織時代から慣れ親しむ千葉で過ごして、キャリア通算546試合46得点を記録した。 那須氏は2002〜2019年まで現役を続け、横浜F・マリノスや東京ヴェルディ、ジュビロ磐田、柏レイソル、浦和レッズ、ヴィッセル神戸でプレー。通算549試合38得点をマークした。 明神氏は1996〜2019年にかけて、柏レイソルやガンバ大阪、名古屋グランパス、AC長野パルセイロに所属。守備的MFとして長らく名を馳せ、通算758試合37得点の数字を収めた。 2020.11.17 18:20 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly