G大阪がペース握るも連勝ストップ 宇佐美弾で追いつき横浜FMとドロー《J1》

2020.10.14 21:09 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第22節のガンバ大阪vs横浜F・マリノスが14日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、1-1のドローに終わった。

前節のアウェイFC東京戦を2001年以来の勝利で飾り、今季最長の6連勝を達成した4位G大阪。鬼門攻略にゴールという形で貢献した古巣戦のアデミウソンがベンチからのスタートになったが、小野瀬を3試合ぶりに先発起用して、昨季王者を迎え撃った。対する6位横浜FMは2連勝を目指す今節だが、主将の喜田が出場停止となり、チアゴ・マルチンスも前節に続いて欠場。マルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの強力アタッカーをスタートから送り出した。

互いの攻撃姿勢がぶつかり合った試合はG大阪が鋭いフォアチェックで上回る入りとなるが、横浜FMも次第にボールを動かし始め、盛り返す構図に。横浜FMはマルコス・ジュニオール、エリキ、ジュニオール・サントスの好機を立て続けに作り出す時間帯もあったが、G大阪もGK東口やキム・ヨングォンの好対応で凌ぐ。

やた守りを強いられ、攻め返したいG大阪も24分、前線のパトリックがGK東口のゴールキックを頭で落とすと、回収した宇佐美がワンタッチで相手DFを交わして、ボックス右から右足でフィニッシュに持ち込む形を作り出して反攻。しかし、この場面はGK梶川の好守に遭って、先制ゴールに繋がらない。

すると、その2分後に横浜FMがミスを突いて先取する。敵陣中央で山本からボールを奪ったエリキがゴール右に侵攻したマルコス・ジュニオールにパス。マルコス・ジュニオールのシュートはGG東口のビッグセーブに遭うが、その跳ね返りがマルコス・ジュニオール自らに当たり、再度の跳ね返りがキム・ヨングォンの顔面にディフレクトして、G大阪のゴールマウスに吸い込まれた。

失点後も悪くない戦いを続けるG大阪はなかなか攻めがゴールに繋がらない状況が続いたが、前半アディショナルタイム1分に井手口が相手最終ラインの背後に浮き球パスを出すと、ボックス右に抜け出した宇佐美が相手GKと交錯してPKのチャンス。キッカーの宇佐美がしっかり決めた。

先制こそしたものの、ボール保持率やパス数でもG大阪と遜色のなく、主導権を握り切れない戦いが続き、前半のうちに追いつかれてしまった横浜FM。後半の入りから仕切り直したいところだったが、前半に同じく鋭い攻守の切り替えで効率よくセカンドボールを回収するG大阪のペースが続く。

そのG大阪は横浜FMのお株を奪うような能動的な見解を続けるなか、59分に味方とのパス交換でボックス右深くに侵攻した高尾の折り返しから山本が右足ダイレクト。この場面は相手DFのブロックもあって、ゴールに繋がらなかったが、終始横浜FMに守備を強いるゲーム展開に持っていく。

そうした展開が続くなか、両軍は77分にそれぞれ1枚目のカードを切り、横浜FMが前田を投入。前田の起用でやや盛り返した横浜FMだが、同じタイミングで渡邉のカードを切ったG大阪は続く80分にアデミウソンと矢島を送り込み、勝負に出る。しかし、横浜FMも譲らず、勝ち越しを許さない。

結局、死力を尽くした両者の好ゲームは痛み分けで終了。それぞれ勝点1を分け合う結果に終わっている。

ガンバ大阪 1-1 横浜F・マリノス
【G大阪】
宇佐美貴史(前45+1)
【横浜FM】
OG(前26)

関連ニュース
thumb

「誇りに思う」G大阪パトリックの日本語上達速度が凄い!学習ノートにも多くの反響「もう半分日本人」

ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックの語学力が伸びている。 ガンバ大阪は23日、YouTubeの公式チャンネルを更新した。投稿された動画のタイトルは『パトリック選手の日本語が上達する様子を時系列で見てみよう』というもの。その趣旨通り、昨年8月から現在までのインタビューシーンが収められている。 最初は片言に近い「アリガトウゴザイマス」が中心だったが、次第に使える単語の数が増加。直近のインタビューでは助詞も正しく使えており、リスニングに関してはほぼ問題ないのではないだろうか。 流暢な話し方以上に目を惹くのは、インタビューシーンの合間に差し込まれている学習ドリルの様子だろう。繰り返し相当な量を書き記していることからも、パトリックの勤勉さがうかがえるというものだ。 これを見たファンからは「誇りに思います」、「凄い努力家」、「語学もサッカーも頑張って欲しい」、「もう半分日本人」といった、温かみのある賛辞が送られた。 パトリックが初めて日本へやってきたのは2013年。川崎フロンターレへと加入し、夏にヴァンフォーレ甲府へと移った。翌年はブラジルへ戻ったが、同年夏にG大阪へ加入。強靭なフィジカルを生かして局面を変える"戦術パトリック"なるフレーズも生まれた。 その後はサンフレッチェ広島への移籍を経て2019年夏に再びG大阪へと加入。現在まで攻撃陣を牽引し続けている。 22日に行われた天皇杯4回戦、湘南ベルマーレとの一戦でも2ゴールを奪う大活躍。得点以外でもポストプレーや背後へのスプリントで常に相手の脅威であり続けた。 これまでも日本国籍取得への意欲を示してきたストライカー。"日本代表FWパトリック"が誕生する日も近いかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】現在の実力は?時系列で見るパトリックの日本語上達力</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="MxGCJG1ZNJc";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.09.24 18:25 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪が終始圧倒、パトリック2発など4ゴールで湘南を下しベスト8進出《天皇杯》

22日、天皇杯4回戦のガンバ大阪vs湘南ベルマーレが行われ、4-1でG大阪が勝利。準々決勝に駒を進めた。 4回戦の他のカードは8月18日に実施された中、1試合だけ日程が延期されて行われた試合。明治安田生命J1リーグでは残留を争う両チームの試合だったが、一方的な展開となった。 昨シーズンまでG大阪でアシスタントコーチを務めていた湘南の山口智監督は古巣との対戦だったが、立ち上がりから主導権を握ったのはG大阪。2分、右サイドからのクロスに対してパトリックがニアサイドで合わせ、G大阪が早々に先制する。 その後もペースを握るG大阪は、26分にPKを獲得。これをウェリントン・シウバが右隅に決め、追加点を奪う。 そのG大阪は36分に小野瀬康介が下がり、倉田秋が途中出場。すると42分、左サイドをパスで崩したG大阪は、その倉田がボックス内でパスを受け相手を交わしてシュート。前半でリードを3点に広げる。 この日は細かいパスがつながり、しっかりと湘南ゴールへと攻め立てるシーンが増えることに。すると56分には、湘南のGK富居大樹がビルドアップをしようとしてパスを出すと、ボックス内にいたパトリックがカット。そのままゴールを決め、4点差とする。 湘南は64分に柴田壮介が1点を返すも、試合を通してボール奪取と細かいパスワークを見せたG大阪が圧倒。4-1で勝利し、ベスト8に勝ち残った。 ガンバ大阪 4-1 湘南ベルマーレ 【G大阪】 パトリック(前2、後11) ウェリントン・シウバ(前26) 倉田秋(前42) 【湘南】 柴田壮介(後19) 2021.09.22 21:23 Wed
twitterfacebook
thumb

不振極めるG大阪に追い討ち…小野裕二&レアンドロ・ペレイラが負傷離脱

ガンバ大阪は19日、FW小野裕二とFWレアンドロ・ペレイラの負傷を発表した。 小野は12日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第28節のベガルタ仙台戦に先発したが、前半途中に負傷交代。一方、12日の仙台戦から欠場が続くレアンドロ・ペレイラは11日の練習中にしたという。 両選手はともに右ハムストリング肉離れの診断結果。全治については明らかにされていない。ここまで小野がJ1リーグ5試合1得点、レアンドロ・ペレイラが24試合5得点だった。 東京オリンピック中に未消化分をこなして、残留圏まで浮上した14位のG大阪だが、現在は今季2度目の4連敗中。まだ降格圏17位の徳島ヴォルティスとは7ポイント差だが、予断を許さない状況だ。 2021.09.19 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

後半3発の鹿島が公式戦4試合ぶりの白星、G大阪は反撃及ばず4連敗【明治安田J1第20節】

明治安田生命J1リーグ第29節、鹿島アントラーズvsガンバ大阪が18日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-1でホームの鹿島が勝利を収めた。 公式戦3連敗かつ無得点と苦しむ鹿島は、上位追走のために是が非でも3ポイントが欲しいゲーム。前節からのスタメン変更は3失点を喫した最終ラインを中心に4人。常本、林、ブエノ、土居が外れ、広瀬、町田、関川、ファン・アラーノが名を連ねた。 対するG大阪も覇気がない。前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台に2-3で敗れ、リーグ戦3連敗中となっている。前節から昌子、小野、宇佐美に代え、菅沼、山本、矢島をスタメンに起用。最終ラインに右から高尾、菅沼、キム・ヨングォンを並べた[3-4-2-1]の布陣で臨んだ。 立ち上がりは鹿島が押し込み、G大阪がしっかりとリトリートして対抗。鹿島がボールを握り、G大阪が構えるといった構図ができあがっていった。目立ったシュートシーンの少ない展開のなかでG大阪は17分、FKのこぼれ球に反応した井手口がボックス手前から右足で狙う。鹿島も飲水タイム明け直後に、和泉のポストプレーから荒木がボックス左に侵入。カットインから右足で巻いて狙うが、GK東口に処理された。 最前線に収まると攻撃に迫力の出る両チーム。36分には鹿島が上田の胸での落としから和泉がミドルを放つと、G大阪もパトリックが収めて矢島へ。裏を狙い、リターンをもらおうとするがこれは通らず。鹿島は上田が反転から右足で、さらには荒木が細かいタッチから左足で狙うなど、フィニッシュ数を増やして前半を終えた。 両チーム無得点で迎えた後半最初の決定機は鹿島が作る。48分、素早いトランジションからファン・アラーノがボールを奪ってすぐさまクロス。和泉がコントロールから狙うが、トラップした分時間がかかり、GK東口に距離を詰められて防がれた。 攻勢が続く鹿島は52分に試合を動かす。ディエゴ・ピトゥカが持ち運んでスルーパスを送ると、荒木がボックス内から左足で対角へのシュート。これはGK東口に阻まれたが、セカンドボールを上田がプッシュしてネットを揺らし、先制に成功した。 攻撃の手を緩めない鹿島は、ケガから戻ってきた2人の連携から追加点を奪う。中央で基点を作って右へ展開すると、広瀬のクロスにファン・アラーノが頭で合わせてリードを広げた。畳みかける鹿島はファン・アラーノの右アウトでのクロスから荒木が狙うが、このヘディングシュートは右ポストに嫌われた。 73分にはカウンターから鹿島が追加点を奪う。ファン・アラーノからのパスをハーフウェーラインの手前で受けた土居が自らドリブルスタート。誰も寄せてこないとみるや自ら持ち上がり、ボックス手前から左足のフィニッシュを右隅に沈めて見せた。 ベンチワークでも後手に回り、3点差とされたG大阪だがすぐに1点を返す。途中出場のチアゴ・アウベスが関川からボールを奪ってボックス左に侵入すると、そのまま倒されてPKを獲得。自らキッカーを務め、GK沖の逆を突いてきっちりと決め切った。 差を縮めたことで攻撃陣に勢いの出てきたG大阪は、88分に小野瀬がボックス手前左で受けてカットインから右足で狙う。だが、巻いたシュートは枠の右へ外れた。さらには、CKのこぼれ球から倉田のフィニッシュを迎えるも、大きく枠を外してしまう。 最後まで反撃の姿勢を見せるも、以降はゴールが生まれずタイムアップ。鹿島が逃げ切って公式戦4試合ぶりの白星をつかんだ。 鹿島アントラーズ 3-1 ガンバ大阪 【鹿島】 上田綺世(後7) ファン・アラーノ(後15) 土居聖真(後28) 【G大阪】 チアゴ・アウベス(後35) 2021.09.18 20:04 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:鹿島vsG大阪】状態は良くない両者、終盤戦に向けて意地を見せるのは

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 18:00キックオフ 鹿島アントラーズ(7位/47pt) vs ガンバ大阪(14位/30pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆公式戦3連敗&無得点から脱せるか【鹿島アントラーズ】 前節はアビスパ福岡をホームに迎えた一戦だったが、チームは0-3と惨敗。力なく敗れ去った。 インターナショナルマッチウィークによる中断期間は、YBCルヴァンカップの準々決勝で名古屋グランパスと2試合を戦い、2-0、0-2とどちらも完封負け。9月に入り公式戦3試合連続で無得点&複数失点と、チームは急下降している。 8月の最後に得意とする2位の横浜F・マリノスに勝利したものの、その後は急降下。3位争い真っ只中とあって、早急にチームとして浮上しておきたいところだ。 この数試合で問題となるのはボール奪取のところ。プレスがあまりかからず、チームとしてショートカウンターは仕掛けられていない。効果的に相手を押し込めないことが続き、得点を重ねられるという悪い流れから脱していない。 今節の相手はG大阪。順位としてみれば負けてはいけない相手だが、しっかりとホームのファンに勝利を届けられるだろうか。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、林尚輝、町田浩樹、安西幸輝 MF:ディエゴ・ピトゥカ、三竿健斗 MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、和泉竜司 FW:上田綺世 監督:相馬直樹 ◆リーグ戦4連敗を回避できるか【ガンバ大阪】 前節は残留争いのライバルであるベガルタ仙台を相手にまさかの3失点。2-3で敗れ、リーグ戦3連敗と再び絶不調に陥っている。 チームとして久々に複数得点を記録したものの、3失点していては勝てるものも勝てない。 特に、この3連敗は残留を争う横浜FCと仙台、そしてライバルのセレッソ大阪。さらにYBCルヴァンカップではそのC大阪に惨敗を喫しており、メンタル面でもさらに落ち込む結果となってしまった。 問題は未だに見えてこない攻撃の形とプレスの連動性だろう。良い守備ができずにボールを奪えず、ズルズルと攻め込まれる悪さ。一方、その前の攻撃がしっかりと完結できないことで、準備不足にもなっている。 抜け出しかけた残留争いも、下位チームが少しずつ勝ち点を重ねており、再び足を突っ込んでしまう可能性もあるだけに、この辺りでしっかりと勝利し、自身を掴みたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:柳澤亘、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、藤春廣輝 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.09.18 14:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly