名古屋に痛手、今季全試合先発のDF吉田豊が第4腰椎左横突起骨折で全治4週間

2020.10.12 16:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスは12日、DF吉田豊の負傷を発表した。クラブの発表によると、吉田は第4腰椎左横突起骨折と診断。全治は約4週間とのことだ。

吉田は、10日(土)に行われた明治安田生命J1リーグ第21節のセレッソ大阪戦に先発出場。28分にピッチに倒れ込み、成瀬竣平と交代していた。


吉田は今シーズンのJ1リーグで全21試合に出場し、2ゴールを記録していた。
関連ニュース
thumb

「次節もマルと共に」川崎F戦でOGの丸山祐市にクラブがツイート、名古屋サポーターも反応「最高のキャプテン」

名古屋グランパスの1つのツイートがファン・サポーターの間で話題になっている。 名古屋は4日、明治安田生命J1リーグ第12節で川崎フロンターレと対戦。首位攻防戦が連続で行われるという異例の日程となってしまった中、ホームで0-4と大敗を喫していた名古屋は、優勝の可能性を残すためにも必勝で臨んだ。 アウェイゲームに臨んだ名古屋だったが、この試合でもジェジエウ、山根視来とゴールを奪われ2点のビハインドに。さらに後半には思いもよらぬシーンが待っていた。 59分、最終ラインでボールを持ったキャプテンの丸山祐市が川崎Fのプレスを回避しようとバックパス。GKランゲラックが待っていると思われたが、いつものポジションを取っていなかったこともありパスがゴール方向へ。ランゲラックが必死に戻るも、ボールはラインを超え、まさかのオウンゴールで川崎Fに3点目を与えてしまった。 その後、名古屋は稲垣祥とマテウスのゴールで1点差に詰め寄るも、そのまま3-2で敗戦。オウンゴールが決勝点になってしまうという悲劇が起きていた。 その名古屋は試合後に丸山の写真をツイート。「次節もマルと共に」と綴り、ここまで14試合に全て出場しチームを支え続けた丸山を支えるメッセージを送った。 すると、この対応にファン・サポーターが反応。名古屋の対応を称賛する声が集まり、丸山と共に戦っていくというコメントに加え、ここまでフル出場を続けている丸山をねぎらう声も集まった。 「少し頑張りすぎちゃった感があるよね。やはり、少し疲れが見える。次は休ませてあげたい」 「このタイミングで、このtweetできるクラブが好きだ」 「気にするな。最高のキャプテン」 「苦しい時期に丸さんが来てくれたときから、ずっとついていくと決めてるんよ!!!!!」 「こんな事で負けるようなキャプテンじゃないし今までだって逆境を支えてくれたんだから、これからも応援します」 「キャプテンだってたまには休んでもええんやで」 「監督不在の中、マルちゃんはかなりの重責を担っていると思われます。スタッフのみなさんもマルちゃんのフォローをお願いしますね!」 「応援する気持ちに、寸分の変わりもありません」 川崎Fに連敗を喫した名古屋は8日には難敵であるセレッソ大阪と対戦。ホームでしっかりと勝利できるか、期待が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【SNS】クラブが粋な計らいを見せる</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">次節もマルと共に<a href="https://twitter.com/hashtag/%E4%B8%B8%E5%B1%B1%E7%A5%90%E5%B8%82?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#丸山祐市</a><a href="https://twitter.com/hashtag/AllforNAGOYA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AllforNAGOYA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/fP6ogRU8jG">pic.twitter.com/fP6ogRU8jG</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1389549226535882754?ref_src=twsrc%5Etfw">May 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.05.05 10:10 Wed
twitterfacebook
thumb

天王山第2Rも川崎F勝利! 名古屋は反撃及ばずで9pt差に【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節の1試合が4日に等々力陸上競技場で催され、ホームの川崎フロンターレが3-2で名古屋グランパスを下した。 先の第1ラウンドを王者の貫禄を見せつける形で4-0の快勝で飾り、首位固めに成功した川崎Fは前回対戦から変更なし。前回対戦で2ゴールのレアンドロ・ダミアンら11選手をスタートから起用した。 一方、前節の川崎F戦までわずか3失点の堅守が大きく崩され、完敗を喫した2位の名古屋はリベンジを期す今節に向け、4選手を変更。ボランチが本職の米本、長澤、稲垣を今季初めて同時に先発起用した。 大型連休に組まれた異例の首位攻防2連戦。第2ラウンドもマッシモ・フィッカデンティ監督に代わり、コーチのブルーノ・コンカ氏が指揮を執る名古屋だが、ミラーゲームに持ち込むなどの策を打ち、締まった展開に持ち込んでみせる。 前半の半ば過ぎまで狙い通りの戦いを披露した名古屋だが、川崎Fがセットプレーからその流れを打ち崩す。左CKのチャンスを獲得した31分、キッカーの田中が右足インスウィングのクロス。ファーサイドのジェジエウが頭で合わせ、先制した。 川崎Fにリズムを作らせず、良い形で試合を進めたものの、奪われたくなかった先制を許した名古屋は追いつこうと、44分にカウンター。最後は稲垣が得意のミドルレンジから右足を振り抜くが、GKチョン・ソンリョンの正面を突く。 前半と同じく後半も入りのペースを握った名古屋だが、川崎Fがしたたかに追加点。50分、敵陣左サイドの三笘が成瀬を縦に振り切り、左足でラストパスを出すと、ゴール前に詰めた山根が体勢を崩しながら右足でプッシュ。名古屋を突き放す。 出鼻をくじかれた名古屋はここから巻き返しを図りたいところだったが、59分に谷口のフィードを処理しようとした丸山とGKランゲラックの間で連携ミス。三笘のプレスを嫌った丸山のバックパスがゴールに吸い込まれ、リードがさらに広がった。 前回対戦に続いて大量リードに成功した川崎Fが63分に家長とレアンドロ・ダミアンに代えて遠野と知念の交代に動くなか、2試合連続無得点で終わるわけにいかない名古屋も森下、齋藤、ガブリエル・シャビエル、柿谷を立て続けに送り込む。 すると、73分にボックス右外角で味方の攻め上がりを待ったマテウスが自身を追い越す動きで深くを突いた森下にパス。右足での折り返しに反応したボックス中央の稲垣が右足ダイレクトで合わせると、これがゴール右に決まり、1点を返した。 さらに攻撃に注力した名古屋は83分、敵陣右サイド深くでFKのチャンスを獲得すると、キッカーの名手マテウスが左足で直接。縦回転のシュートが相手GKの頭上をうまく通過して左ポスト内側にあたり、そのままゴールに吸い込まれ、1点差に詰め寄った。 マテウスの芸術的な直接FKによる一発でわずか1点差になってしまった川崎Fだが、残る交代カードも使いながら逃げ切り、天王山2連戦を2連勝。開幕14戦負けなしとなり、名古屋との勝ち点差を「9」に広げ、さらなる首位固めに成功している。 川崎フロンターレ 3-2 名古屋グランパス 【川崎F】 ジェジエウ(前31) 山根視来(後5) OG(後14) 【名古屋】 稲垣祥(後28) マテウス(後38) 2021.05.04 17:01 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:川崎Fvs名古屋】首位攻防第2ラウンド、勝るのは攻撃か守備か

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月4日(火) 15:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/35pt) vs 名古屋グランパス(2位/29pt) [等々力陸上競技場] 首位攻防第2ラウンド。シーズン中盤にやってきた、今シーズンを占う一戦。 連勝を目指す川崎Fに対し、名古屋はホームでの大敗をリベンジできるか。指揮官不在でも王者に立ち向かう。 ◆連勝で連覇に邁進【川崎フロンターレ】 異例の日程となっている今シーズンのJリーグ。アウェイでの前節は0-4と圧倒。昨シーズンは連勝を止められた相手だったが、今シーズンはしっかりとその山を乗り越えた。 シーズン中盤に差し掛かろうかというところでの首位攻防2連戦。当然のことながら、連勝を狙いに行くだろう。 それでも気がかりなのは、前節の3点目を取ってからの戦い方。名古屋が選手の配置を変えたことで、一定の対応力を見せることに。川崎Fもなかなか攻めきることができなくなっていった。 一方で、名古屋の出方がどうであっても、川崎Fがやることは変わらない。いつものように、攻撃のスタイルを貫く。強いて言えば、さらに精度を上げていくといったところだろうか。ここで連勝すれば、ライバルを1つ消すことができるだけに、一戦必勝で臨むだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、ジョアン・シミッチ、遠野大弥 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆連敗は絶対に避けなければいけない【名古屋グランパス】 一方で、ホームで0-4と大敗を喫してしまった名古屋。今季3失点しかしていなかったチームが、20分で3失点という屈辱的な結果となった。 加えて、試合前に喉の痛みを訴えたマッシモ・フィッカデンティ監督が不在。さらに、その後のPCR検査で陽性判定を受けたことで、この天王山を指揮することができなくなってしまった。 代理のブルーノ・コンカ コーチが指揮を執る事になるが、前回対戦から継続してフィッカデンティ監督の指示を受けながらの指揮となりそうだ。 とは言え、3失点後の2枚替えで通常の[4-2-3-1]から[4-3-2-1]に変えたことで戦い方が安定。中盤に厚みを持たせることで一定の効果を得ていた。 もちろん、そのやり方に川崎Fも対応してくるだろうが、今節はどんな策を講じるのか。連敗となれば優勝争いから大きく後退することになり、なんとしても避けたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、木本恭生、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司、長澤和輝 MF:マテウス、相馬勇紀 FW:柿谷曜一朗 コーチ:ブルーノ・コンカ 2021.05.04 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋、全選手・スタッフ対象のPCR検査で全員が陰性…4日には再び川崎F戦

名古屋グランパスは2日、チーム内でのPCR検査の結果を報告。全員が陰性になったことを発表した。 名古屋は、4月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第22節の川崎フロンターレ戦の前に、マッシモ・フィッカデンティ監督が喉の痛みを訴えていた。 これを受けて試合前にオンサイト検査を実施したところ、フィッカデンティ監督は判定保留となり、川崎F戦での式を回避。試合後に全選手、スタフった、関係者の54名を対象にPCR検査を実施したところ、フィッカデンティ監督が陽性判定を受けていた。 フィッカデンティ監督の濃厚接触者はいないことが特定された中、残りの53名のPCR検査を2日に再度実施。その結果、全員が陰性判定を受けたとのことだ。 名古屋は4日に、川崎Fとの再戦を控えている状況。陽性判定のフィッカデンティ監督は指揮を執ることができないものの、選手を欠くことなく試合に臨めそうだ。 2021.05.02 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

惨敗名古屋に追い討ち…フィッカデンティ監督が新型コロナ陽性判定、川崎Fとの連戦で指揮できず

名古屋グランパスは30日、マッシモ・フィッカデンティ監督が新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査で陽性判定を受けたことを発表した。 名古屋は29日、明治安田生命J1リーグ第22節として川崎フロンターレと対戦。しかし、試合前にフィッカデンティ監督が喉の痛みを訴えると、Jリーグのオンサイト検査でも判定保留となったためにベンチ入りができなかった。 ブルーノ・コンカ氏が暫定指揮を執った試合は0-4で川崎Fが圧倒。名古屋は今季2敗目を喫していた。 試合後、前選手やスタッフを対象に54名がPCR検査を実施。その結果、フィッカデンティ監督が陽性判定となったとのことだ。 なお、他の選手やスタッフは全員陰性。保健所とともに、フィッカデンティ監督の濃厚接触者の特定に動いているという。 フィッカデンティ監督は喉の痛みを訴えていたものの、発熱の症状はなし。30日も喉の痛み以外の症状はなく、自宅で療養中とのことだ。 現在2位の名古屋は、5月4日にも川崎Fとの試合が待っているが、この結果によりフィッカデンティ監督は再び指揮が執れないこととなってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】首位攻防第一ラウンドは川崎Fが4発快勝-名古屋vs川崎F</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1nnl5p7g2ajeu1sx08g3phlfxn" async></script> 2021.04.30 17:51 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly