汰木の後半AT弾で浦和が連敗を3でストップ! 鳥栖はPK失敗が響いて3連敗《J1》

2020.10.10 20:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第21節、サガン鳥栖vs浦和レッズが10日に駅前不動産スタジアムで行われ、1-0でアウェイの浦和が勝利した。7日に行われた延期分のガンバ大阪戦を1-2で落としたサガン鳥栖は、その一戦からスタメンを3名変更。原川が欠場となったほか、G大阪戦で2カ月ぶりに出場し、1ゴールを挙げたレンゾ・ロペスが17試合ぶりのスタメン出場となった。

一方、3連敗中の浦和は0-1で敗戦した前節の名古屋グランパス戦からスタメンを3名入れ替え。岩波が3試合ぶりの出場となり、武藤と柏木が2試合ぶりに先発に名を連ねた。

中6日の浦和に対して、中2日の鳥栖がペースを掴んで推移していくと11分、内田からの縦パスを収めたボックス中央の小屋松が反転してから右足シュート。フリーで放ったシュートだったが、勢いがなくGK西川に処理された。

対して浦和は19分、バイタルエリア左で原のパスミスをカットした興梠がヒールパス。武藤がボックス左からフィニッシュまで持ち込んだが、身体を投げ出した原のブロックに遭ってしまう。

依然として鳥栖にボールを持たれる浦和だったが、前半半ばからカウンターで攻撃の形を創り出していく。そのなかで42分、自陣からボックス左まで持ち運んだ関根が相手に囲まれながらも左足シュート。だが、クロスバーに嫌われてしまい、ゴールレスで試合を折り返した。

ハーフタイム明けにレンゾ・ロペスを下げて林を投入した鳥栖は右CKを獲得した後半立ち上がりの50分、梁勇基がグラウンダーのクロス。ボックス手前から樋口が右足で合わせたが、枠を大きく外してしまい、サインプレーは失敗した。

ここまで攻めあぐねていた鳥栖だったが、64分にボックス内で仕掛けた林が岩波に倒されてPKのチャンスを獲得。自らキッカーを務めるも、放ったシュートはGK西川に触られて左ポストに嫌われた。

最大の決定機を逸してしまった鳥栖は75分にも決定機。左サイドを打開した金森が切り返してから右足クロス。ファーサイドの森下が中に切れ込んでから強烈な左足シュートを放ったが、GK西川の好セーブに遭ってしまった。

鳥栖の猛攻を耐え抜いて、守護神の奮闘に応えたい浦和は後半アディショナルタイム、マルティノスがスピードを活かして右サイドを突破するとボックス右から左足アウトサイドでクロスを供給。ファーサイドに走り込んだ汰木が倒れ込みながらも押し込んで、土壇場で浦和が先制に成功する。

その直後に試合終了の笛。4試合ぶりにゴールが生まれた浦和が1-0で勝利を収めて連敗を「3」でストップ。敗れた鳥栖は林のPK失敗が響いて3連敗となっている。

サガン鳥栖 0-1 浦和レッズ
【浦和】
汰木康也(後48)
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋がジョーの契約問題でFIFA裁定を受け入れ「裁定を肯定的に受け入れます」

名古屋グランパスは29日、元ブラジル代表FWジョーおよびコリンチャンスに対する申し立てについて、FIFAの裁定を受け入れることを発表した。 名古屋は、2018年から所属するジョーとシーズン途中に契約を解除。そのジョーはコリンチャンスへと移籍していた。 2018シーズンはは明治安田生命Jリーグで24ゴールを挙げ、得点王とベストイレブンを受賞したジョー。しかし、2019シーズンは6ゴールにとどまり、今シーズンは公式戦の出場がないまま、6月にコリンチャンスへと移籍していた。 しかし、名古屋は退団の際に契約問題について、国際サッカー連盟(FIFA)の選手やチーム間係争などを取り扱う紛争解決室に委ねているとしていた。 ブラジルの報道ではすでにこの裁定が下りたことが報道。名古屋に340万ドル(約3億5500万円)を支払うことになるとしていたが、名古屋も正式にFIFAの裁定を受け入れると声明で発表した。 裁定の詳細は明かされていないものの、名古屋は声明で訴えが正当であったことが認められたとしている。 「名古屋グランパスはジョー選手(ブラジル国籍)及びコリンチャンス(ブラジル国)に対する申し立てに関して、2020年11月24日付FIFA管轄紛争解決室の裁定を肯定的に受け入れます。この裁定により、当方クラブ側主張である選手の雇用契約解除及び当方への賠償が正当な理由によるものと確証されました」 2020.11.29 21:23 Sun
twitterfacebook
thumb

2位G大阪、攻めるも逆転ならず パトリックの技ありヒールで鳥栖とドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が29日にパナソニック スタジアム 吹田で催され、ガンバ大阪vsサガン鳥栖は1-1のドローに終わった。 秋から続いた12試合負けなしもあり、上位争いを演じる2位G大阪だが、前節の川崎フロンターレ戦で今季最多5失点の大敗。その敗戦をバネにした戦いが求められる今節は3バックを用いてJ1初先発の川崎と倉田をシャドーの位置に入れ、昌子の代わりに菅沼を最終ラインの一角に配した。一方、14位鳥栖は2試合ぶりの勝利を目指す戦いとなり、前節から4選手を変更。J1初先発の相良を左サイドハーフに入れ、過去7試合で1勝にとどまるアウェイG大阪戦での勝利を目指した。 来季のACL出場権だけでなく、天皇杯出場権もかかる2位の座を守るためにも3ポイントがほしいG大阪だが、久々の3バックだからか、リズムの悪い入りに。そのなかで、鳥栖がセカンドボールを多く回収していき、11分にレンゾ・ペレスが敵陣中央の位置で矢島からボールを奪い切ってショートカウンター。樋口が最終ライン背後を突いた浮き球パスは高尾に対応されるが、こぼれ球を諦めずに追いかけた相良がGK東口との連携ミスも突いて、無人のゴールに沈めた。 4試合連続で先制点献上のG大阪は徐々にアジャストしていき、巻き返す。しかし、34分にパトリックの胸トラップからの絶妙なスルーパスでボックス左のスペースに抜け出した宇佐美の右足フィニッシュは朴一圭が阻止され、右CKのチャンスを獲得した44分に菅沼が放ったヘディングシュートもクロスバーを直撃。さらに、前半アディショナルタイム1分にも右サイド深くの福田からの折り返しに倉田が頭で合わせるが、ここもGK朴一圭が立ちはだかり、生かせない。 試合が進むにつれ、ゴールに襲いかかる場面を増やしたものの、1点が遠かったG大阪はハーフタイム明けから4バックに変更。後半の頭から先制ゴールの相良と内田を下げて小屋松と森下の交代に動き、前半に守勢の時間が続くチームの修正を図った鳥栖を引き続き攻め立てていく。そのG大阪は56分、さらに攻勢を強めようと福田を下げて山本をピッチを送り出すと、続く69分にも川崎に代えて渡邉を投入。再三にわたり、立ちはだかってくるGK朴一圭を崩しにかかる。 後ろに重たい時間が続く鳥栖も72分に林と復帰戦の高橋を送り込み、バランスの修正を試みたが、G大阪の交代策が実を結ぶ。77分、敵陣右サイドの渡邉が自身を追い越す動きでより深い位置を突こうとした高尾にパス。そのままボックス右に侵攻した高尾の折り返しをニアサイドのパトリックが右足ヒールで押し込んだ。ようやく追いついたG大阪は80分に唐山と塚元の若き下部組織出身プレーヤーを投入すると、守りが崩れた鳥栖も81分に豊田という勝負のカードを切る。 互いに次の1点を目指す姿勢が浮き彫りになるなかで、引き続き鳥栖のゴールに迫ったG大阪は幾度かの場面で唐山に決定機が巡ってくるが、いずれもモノにできず、1-1で終了。相良にプロ初ゴールを許して、GK朴一圭の好守に苦しんだG大阪は2試合白星なしとなったものの、パトリックの7ゴール目で最低限の勝ち点1を掴み、勝ち点を「59」に伸ばした。 ガンバ大阪 1-1 サガン鳥栖 【G大阪】 パトリック(後32) 【鳥栖】 相良竜之介(前11) 2020.11.29 18:59 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪が横浜FCにウノゼロ勝利! 2連勝で上位争いに踏みとどまる《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節のセレッソ大阪vs横浜FCがヤンマースタジアム長居で行われ、1-0でC大阪が勝利した。 ロティーナ監督が今季限りで退任することが発表されたC大阪は、1試合消化が少ない中でACL出場圏内の2位ガンバ大阪を6ポイント差で追う4位に位置。1-0で勝利を収めた直近の大分トリニータ戦と同様のメンバーをスタメンで起用した。 一方、下平隆宏 監督の新型コロナウイルス濃厚接触者疑いによる自主隔離を試合前に発表した横浜FCは増田功作ヘッドコーチが代行指揮。1-3で敗れた前節の清水エスパルス戦からスタメンを5名入れ替え、GK六反、マギーニョ、袴田、手塚、斉藤光を送り出している。 立ち上がりから積極的なプレーを見せた横浜FCは3分、齋藤功が敵陣左サイド深くからボックス内にボールを供給すると、ボックス左でボールを受けた袴田が反転してからやや強引に左足シュート。至近距離から狙ったが、相手DFのブロックに遭った。 10分を過ぎたあたりから持ち直したC大阪は13分、左サイドを突破した丸橋のパスを受けた清武がボックス左深くから滞空時間の長いクロスを送る。ファーサイドに待ち構えていた片山が右足ボレーシュートを放ったが、こちらも相手DFの身体を張ったブロックに遭った。 その後、ミドルゾーンで一進一退の攻防が続く展開となるなか、横浜FCは28分に決定機。敵陣中央右サイドで瀬古が清武に倒されてFKのチャンスを獲得する。キッカーの手塚が質の高いインスイングのクロスを供給すると、ゴール前の田代がヘディングで合わせたものの、GKキム・ジンヒョンのファインセーブに阻まれた。 前半終盤は互いにチャンスを作れず、ゴールレスのまま後半へ。その後半の立ち上がりでC大阪はギアを上げ、セットプレーからチャンスを作っていく。 49分、FKの二次攻撃で右サイドから送られてきた松田のクロスをボックス左の木本が折り返す。最後はゴール前のマテイ・ヨニッチがヘディングシュートまで持ち込んだものの、GK六反に処理された。 51分には清武の左CKからブルーノ・メンデスがゴールに迫ったものの、Gk六反の牙城を崩せなかったC大阪。それでも同じく左CKを獲得した61分、清武がショートコーナーを選択すると、片山が敵陣左サイド深くから右足のクロスを送る。これに反応したブルーノ・メンデスがゴール右にヘディングシュートを流し込んで、C大阪が先制に成功する。 追いかける展開となり、65分に一美を下げて瀬沼を送り出した横浜FCはその直後の66分、敵陣中央左サイドから小林が正確なロングボールをボックス内に供給。斉藤光がDFとDFの間でボールを受けて、決定機を迎えるも、胸トラップが流れてしまい、フィニッシュまで持ち込めなかった。 その後、瀬古を送り出して試合を締めにかかるC大阪に対して、横浜FCは最終ラインからボールを繋いで反撃のチャンスを窺うも堅い守備を崩すことはできず。最終的にC大阪が1-0で逃げ切り、2試合連続のウノゼロで2連勝で上位争いに踏みとどまった。一方、横浜FCは3試合未勝利となっている。 セレッソ大阪 1-0 横浜FC 【C大阪】 ブルーノ・メンデス(後16) 2020.11.29 17:17 Sun
twitterfacebook
thumb

上田綺世&エヴェラウド弾は勝率100%!鹿島が4発で浦和を一蹴《J1》

29日、明治安田生命J1リーグ第30節の鹿島アントラーズvs浦和レッズが県立カシマサッカースタジアムで行われ、4-0で鹿島が快勝を収めた。 前節はホームに柏を迎えて1-4の大敗。カウンターにハマり失点を重ねてしまった。2位確保に向けて負けられない鹿島は、スタメンを1名変更。奈良竜樹に代わり町田浩樹が入った。 対する浦和は前節ホームでガンバ大阪に逆転負け。そのG大阪戦と同じ11人をピッチに送り出した。大槻毅監督が今季限りで退任することが決まり、残り試合で意地を見せたい。 思いは違えど、互いに勝利を目指して臨む一戦。立ち上がりからペースを握ったのはホームの鹿島だった。 まずは3分、左サイドを土居がドリブルで仕掛けると、ボックス左からクロス。これをボックス中央で上田が滞空時間の長いヘッドで合わせるが、わずかに枠を外れる。 さらに9分、土居からの中央へのパスをトーマス・デンが触れず、ボックス内の上田へ。上田は反転してシュートも槙野がブロックする。これで得たCKからボックス内で混戦となると、最後は犬飼がシュートも決まらない。 さらにその流れのCKからは右からのクロスをニアサイドで山本がフリック。ファーサイドに町田が飛び込むが、わずかに届かない。 立て続けにシュートチャンスを作っていた鹿島だったが、11分に先制する。ボックス左で橋岡と対峙したエヴェラウドがクロス。これに飛び込んだ上田が槙野の前に入りヘッド。これが決まり、鹿島が先制する。 鹿島がポゼッションを高め、左サイドを中心に攻撃の形を作っていく。一方の浦和はボール奪取から両サイドをうまく使って鹿島ゴールを目指していく。 カウンターからレオナルドやマルティノスが決定期を迎える浦和だが、最後のところがわずかに合わず、決定機は作れない。 鹿島は前線の上田とエヴェラウドを上手く使ってプレー。ファン・アラーノ、土居がそこに絡んで浦和ゴールに迫る。 そんな中浦和は44分に左CKから山中がクロス、橋岡がフリックしたボールをニアで興梠がヘッドで合わせるが、これはわずかに枠を越えていく。 45分にも浦和は決定機、レオナルドが潰れるも汰木がボールを拾い右サイドを上がるマルティノスへパス。これをマルティノスがダイレクトで左足シュートも、左ポストを叩いてしまう。 さらに波状攻撃は止まらない。46分には裏へのパスに反応した長澤がボックス内でシュート。しかし、前に出たGK沖が体でセーブする。 鹿島1点リードで迎えた後半は互いに交代なし。すると46分、三竿からのスルーパスがファン・アラーノに通ると、GKと一対一の局面でシュート。しかし、GK西川がセーブ。これで得たCKから最後はエヴェラウドがシュートも、DFがブロックに入る。 それでも50分に上田が魅せる。三竿、ファン・アラーノと繋ぐと、パスを受けた上田がボックス手前から右足一閃。強烈なシュートはGK西川の手を弾いてポストを叩きそのままネットを揺らした。 リードを2点に広げた鹿島は52分、スローインの流れから浮き球のパスを三竿がダイレクトで折り返すと、ボックス中央でエヴェラウドがダイレクトシュート。しかし、GK西川がなんとかセーブする。 その後も攻め手を止めない鹿島は64分にミスを突いて追加点を奪う。ハーフウェイライン付近で青木からの横パスが短くなるとファン・アラーノが奪い裏へパス。エヴェラウドへのパスをトーマス・デンがカットに入るが届かず、独走するとそのままゴールを奪い切った。 68分に浦和はボックス手前でFKを得ると、途中出場の伊藤涼が直接狙う。シュートは枠に飛ぶが、GK沖がセーブする。 72分には2ゴールの上田に代えて遠藤康が投入される。すると、75分に右CKを得た鹿島は、ショートコーナーからサインプレー。左に展開すると町田のダイレクトの折り返しをファーサイドで遠藤がダイレクトシュート。しかし、これは右ポストに嫌われる。 浦和は79分に興梠、マルティノスを下げて杉本健勇、宇賀神友弥を投入。興梠のシーズン2桁ゴールはまたしてもお預けに。そして、このタイミングで浦和は3バックにシステムを変更する。 しかし81分に鹿島が4点目を奪い切る。レオ・シルバが持ち出し左の土居へパス。その土居はボックス内で切り返しすと、折り返しをレオ・シルバが落ち着いて流し込み追加点を奪う。 リードを4点とした鹿島は一気に4枚替え。ファン・アラーノ、土居、小泉、エヴェラウドに代えて、永木亮太、松村優太、広瀬陸斗、伊藤翔が入り、こちらもシステムを3バックに変更する。 なんとかゴールを奪いたい浦和は終盤にかけて猛攻。しかし、鹿島も落ち着いて試合をコントロールしそのまま試合終了。鹿島は今季4試合目のクリーンシートで4-0と快勝を収めた。対する浦和は連敗となり、今季の6位以下が決定した。 鹿島アントラーズ 4-0 浦和レッズ 【鹿島】 上田綺世(前11、後5) エヴェラウド(後19) レオ・シルバ(後36) 2020.11.29 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

16位湘南と17位清水の下位対決は、清水猛攻も決め手欠き痛み分け《J1》

29日、明治安田生命J1リーグ第30節の清水エスパルスvs湘南ベルマーレがIAIスタジアム日本平で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ホーム3連勝を目指す清水は前節からスタメン6名を変更。六平光成、奥井諒、宮本航汰、竹内涼、鈴木唯人、ジュニオール・ドゥトラが外れ、エウシーニョ、ファン・ソッコ、ヘナト・アウグスト、中村慶太、西澤健太、カルリーニョス・ジュニオが入った。 一方の湘南は前節から変更は1名のみ。GK谷晃生がコンディション不良でメンバー外となり、GK後藤雅明が先発。後藤はこれがJ1デビュー戦となった。 立ち上がりから特徴を出していく両チーム。湘南が前線からプレスをかけてペースを握っていく。 すると3分右サイドからの岡本のクロスをDFがクリア。しかし、クリアボールをボックス手前から茨田がミドルシュート。しかし、これは枠を外れる。 湘南は前線からしっかりとプレスをかけ、清水のボール回しを封じ、敵陣でなんどもボールを奪う。しかし、清水も最後のところはやらせず、決定機を作らせない。 18分には右サイドの岡本がボックス手前から左足でクロス。これに走り込んだ中川がダイビングヘッドで合わせるが、ゴールとはならない。 22分には左サイドで西澤がボールを持つと、カットインから鋭いクロス。後藤がボックス内でヘッドで合わせるが、枠を捉えられない。 さらに24分には清水がボックス内で圧力を掛ける。カルリーニョス・ジュニオが舘との一対一をかわしてマイナスのパス。中村がボールを繋ぐと、最後は流れたボールをエウシーニョが豪快にシュートするが、相手DFにブロックされてしまう。 41分には浮き球のパスに対してGK大久保がボックス外に飛び出るも、かわされてしまう。そこからシュートは打たせまいも、最後は松田がボックス左からクロス。これに走り込んだ茨田がフリーでヘディングするも、枠を超えていく。 ピンチを迎えた清水は45分にチャンス。エウシーニョからの縦パスを受けた西澤だが、ボールが足につかないと、こぼれ球を拾った後藤がボックス内からシュート。しかし、これは左ポストに嫌われてゴールとはならない。 後半も互いに交代なしでスタート。清水が前半よりも圧力をかけてボールを奪いにいく。 58分に清水は決定機。ボックス内でのこぼれ球をシュートも、GK後藤が体を張ってセーブ。59分には湘南がカウンター。茨田がDFを引き連れてドリブルで持ち上がると、ボックス内でシュート。しかし、GK大久保が鋭い反応でセーブする。 湘南はこれで得たCKからハイクロスを供給。ファーサイドで大野がヘディングで落とすと、中川が滑り込みながらシュート。ニアサイドを抜いて、湘南が先制する。 先制を許した清水だが64分に反撃。ヘナト・アウグストからのパスをエウシーニョがダイレクトでクロス。低いボールにカルリーニョス・ジュニオがダイレクトでシュートを放つと、DFに当たってコースが変わり、ゴールネットを揺らした。 同点に追い付いた清水は一気に攻め立てる。カルリーニョス・ジュニオのパスを受けた川本がカットインすると、スルーパスに反応した鈴木がシュートも枠外。途中出場の2人が攻撃を活性化させる。 終盤にかけても清水が勢いを持って攻勢に出る。右は鈴木、左はファン・ソッコが攻め上がってシュートチャンスを作る。 何度も湘南ゴールに迫るシーンを作るが、身体を張った湘南の守備の前にネットを揺らせず。1-1の引き分けに終わった。 清水エスパルス 1-1 湘南ベルマーレ 【清水】 カルリーニョス・ジュニオ(後19) 【湘南】 中川寛斗(後14) 2020.11.29 15:55 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly