遠藤保仁デビューの磐田は松本とドローで辛くも連敗ストップ…2位福岡が10連勝&首位徳島がダービーで愛媛に完勝リベンジ《J2》

2020.10.10 18:06 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
10日、明治安田生命J2リーグ第25節の9試合が行われた。サンプロアルウィンで開催された松本山雅FCvsジュビロ磐田は、0-0の引き分けに終わった。

共に1年でのJ1復帰を目指す中、成績不振によりシーズン途中の監督交代に踏み切った20位の松本と、13位の磐田による一戦では、ガンバ大阪から期限付き移籍で磐田に電撃加入となった元日本代表MF遠藤保仁が、G大阪時代の元同僚である今野、大森と共に早速スタメンを飾った。

共に[3-5-2]の布陣を採用した中、立ち上がりから新加入の遠藤を起点にスムーズにボールを動かすアウェイチームは、遠藤から2トップへの正確なフィード、左サイドで流動的な動きを見せる大森を使った攻めでペースを握る。15分にはセットプレーの二次攻撃から山田が際どいミドルシュートを放つが、これは右ポストを叩く。

一方、なかなか良い形でボールを奪えない松本だが、時間の経過と共に相手を引っくり返す場面を作り出すと、21分には前のボックス内への抜け出しからゴール前に入った佐藤和に続けてシュートチャンスも、クロスバーとGK八田のビッグセーブに遭い、デビュー戦ゴールとはならず。

その後は松本がビルドアップへの制限を強めたことで、より拮抗した展開となるが、前半終了間際の阪野のバックヘッドがクロスバーを叩くなど、互いに最後で決め切れず、0-0で試合を折り返した。

後半の立ち上がりはややこう着状態が続き、両ベンチは選手交代で流れを変えにいく。その流れの中で2トップを入れ替えた磐田は前線で起点となれるルキアンが徐々に存在感を放つ。

65分には右CKの場面で遠藤のクロスに合わせたルキアンがゴール前で続けて決定機も、クロスバーと阪野の身体を張ったクリアに遭う。さらに、67分にも右サイドからのクロスに合わせたルキアンのシュートが枠を捉えるが、序盤から再三の好守を見せていたGK村山のビッグセーブに遭う。

後半は磐田のペースが続く中、70分には注目の遠藤に最大の見せ場が訪れる。ボックス手前左の好位置で得たFKの場面で、Jリーグ屈指のプレースキッカーは直接右足で狙うが、ややボールが落ち切らず惜しくもクロスバーを叩いた。

試合終盤にかけては一進一退の攻防を見せた両者だが、村山、八田と両守護神の牙城を破ることはできず、ゴールレスのままタイムアップ。新天地でいきなりフル出場となった遠藤のデビュー戦を飾ることはできなかった磐田だったが、連敗を「3」でストップした。

山梨中銀スタジアムで開催された7位のヴァンフォーレ甲府と、2位のアビスパ福岡の上位対決は、アウェイの福岡が2-0で勝利して10連勝を達成した。

互いに安定した守備を特長とする両チームの一戦は、予想通りに守備の集中力が強調される拮抗した展開に。しかし、ゴールレスで折り返した後半に福岡の主砲が仕事を果たす。59分、左サイドで石津が上げた浮き球のクロスをゴール前のフアンマ・デルガドが頭で合わせ、ゴール右隅に流し込む。

畳みかけるアウェイチームは71分には右サイドでの細かい崩しから、最後はボックス左で遠野の短い落としに反応した石津が強烈な左足のシュートを突き刺し、追加点を奪取。その後は連敗を避けたいホームチームの猛攻に晒されたものの、前半から安定したゴールキーピングを見せていたGK村上が再三の好守で凌ぎ切って3試合連続のクリーンシートで試合を締めくくった。

また、上位争いでは首位の徳島ヴォルティスが、21位の愛媛との今季2度目の“四国ダービー”に臨み、2-0で完勝。無敗記録を9試合に更新した。前回対戦で3点差を引っくり返されて逆転負けを喫した因縁の相手にリベンジを狙う徳島は、立ち上がりから試合の主導権を掌握。前半終了間際の39分にはジエゴのシュートに詰めた垣田のゴールで先制。さらに、後半も立ち上がりに岩尾の左CKが相手のオウンゴールを誘い追加点を挙げると、最後まで主導権を与えることなく快勝し、リベンジを達成した。

その他では前節9試合ぶりの白星を手にした4位のV・ファーレン長崎が、レノファ山口FCをホームで迎え撃った一戦を90分の澤田の劇的ゴールで勝ち切り、久々の2連勝。5位の京都サンガF.C.と、6位のアルビレックス新潟の上位対決は2-1で競り勝った新潟が3連勝で5位に浮上した。一方、3位のギラヴァンツ北九州は、最下位に沈むザスパクサツ群馬を相手に0-0のドローに終わり、5戦未勝利となった。

◆明治安田生命J2リーグ第25節
▽10/10(土)
モンテディオ山形 3-0 FC琉球
大宮アルディージャ 0-0 栃木SC
松本山雅FC 0-0 ジュビロ磐田
京都サンガF.C. 1-2 アルビレックス新潟
徳島ヴォルティス 2-0 愛媛FC
ギラヴァンツ北九州 0-0 ザスパクサツ群馬
V・ファーレン長崎 4-3 レノファ山口FC
ジェフユナイテッド千葉 1-5 水戸ホーリーホック
ヴァンフォーレ甲府 0-2 アビスパ福岡

▽10/11(日)
《14:00》
FC町田ゼルビア vs ツエーゲン金沢
《16:00》
東京ヴェルディ vs ファジアーノ岡山
コメント
関連ニュース
thumb

首位・徳島が昇格争いをリード! 長崎は必死の追い上げも及ばず…《J2》

明治安田生命J2リーグ第38節の11試合が2日に各地で行われた。 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムでは、首位の徳島ヴォルティスと4位のギラヴァンツ北九州が激突した。立ち上がりは北九州が攻撃的な姿勢を見せた中で、徳島は6分に前線の垣田が得た右CKのチャンスをモノにする。キッカーを務めた岩尾の長いクロスを岸本がファーサイドでバックステップを踏みながら右足で合わせると、相手DFに当たってゴールイン。 幸先よく先制した徳島は13分にも右サイドの岸本のクロスに垣田がヘディングシュートを放ったが、GK永井の正面に飛んだ。一方、前線からのプレッシャーでリズムを作る北九州は38分に決定機。針谷の縦パスに反応した髙橋がボックス右からフリーでシュートを放つが、絶妙な飛び出してコースを絞ったGK上福元のビッグセーブに阻まれる。 後半からは追い掛ける北九州が攻勢に。しかし、流れるようなパスワークで徳島のゴール前まで持ち込むも決定的な場面は作れない。すると、またも徳島が一瞬の隙からネットを揺らす。59分、フィールド中央でボールを持った鈴木徳真がタイミングを見計らってゴール前に浮き球のパス。これに走り込んだ渡井がコントロールから右足シュートを放つと、先制点同様にDFに当たってゴールに吸い込まれた。 引き離された北九州は72分にハンドからPKを獲得。これを鈴木国友が冷静に沈めて1点差に。しかし、逃げ切りを図る徳島も追い討ち。84分、ボックス右からの藤田のグラウンダーのクロスを垣田が流し込み3点目。さらに、試合終了間際には左CKのクロスがゴール前で混戦になると、途中出場の浜下が移籍後初ゴールを挙げてダメ押し。結局、4-1でホームの徳島が勝利を収めて連勝とした。 上位浮上を狙う3位V・ファーレン長崎はサンガスタジアム by KYOCERAで10位の京都サンガF.C.と対戦した。主導権を握った長崎だったが25分、ヨルディ・バイスとのワンツーに失敗したピーター・ウタカにこぼれ球を拾われると、ボックスやや右寄りの位置からシュートを放たれる。一度はブロックしたものの、そのこぼれ球から曾根田にシュートを許すと、二見に当たってゴール左に決まってしまった。 さらに、その8分後の34分には、最終ラインでのパス交換を仙頭にカットされそのまま独走を許し、最後尾のGK徳重も突破され2点ビハインドとなった。 後半頭からエジガル・ジュニオ、64分にルアンなど攻撃的なカードを切る長崎は69分、玉田からパスを受けた氣田がボックス左からシュート性のクロス。GK清水に弾かれたこぼれ球をファーサイドのルアンがスライディングで押し込んで1点差に詰め寄る。 その後も攻勢だった長崎だが、京都の身体を張った守りの前に同点に追いつくことはできず、1-2で敗戦。昇格に向けて痛い勝ち点逸となっている。 15位のファジアーノ岡山と対戦した2位のアビスパ福岡は、53分に重廣のゴールで先制も追い付かれて1-1の引き分けに。首位の徳島と6ポイント差となった。 ◆明治安田生命J2リーグ第38節 ▽12/2(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 3</span>-2 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">水戸ホーリーホック 2</span>-1 ジュビロ磐田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 1</span>-0 松本山雅FC 大宮アルディージャ 3-3 愛媛FC 東京ヴェルディ 1-1 ジェフユナイテッド千葉 アルビレックス新潟 2-2 栃木SC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-1 V・ファーレン長崎 レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 4</span>-1 ギラヴァンツ北九州 FC琉球 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ツエーゲン金沢</span> ファジアーノ岡山 1-1 アビスパ福岡 2020.12.02 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

選手2名が新型コロナ陽性判定の千葉、濃厚接触者は6名…明日の東京V戦は予定通り開催

ジェフユナイテッド千葉は1日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表。濃厚接触者は6名が判定されたと発表した。 千葉では11月30日に選手1名が発熱。PCR検査を受けた結果、陽性判定を受けていた。これを受け選手・スタッフ全員にPCR検査を実施。そこで選手1名が陽性判定を受けていた。 保健所によりトップチームの選手6名が濃厚接触者であることが判定。また、1日に実施したPCR検査では2名を除いて全員陰性だったとのことだ。 また、2日に予定されていた明治安田生命J2リーグ第38節の東京ヴェルディ戦については、Jリーグと東京Vとの協議の結果、陽性判定者2名と濃厚接触者6名を除いたメンバーで予定通り実施するとのことだ。 2020.12.01 20:43 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉の選手2名が新型コロナウイルス陽性反応、明日の東京V戦開催は協議中

ジェフユナイテッド千葉は1日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。また、1日にPCR検査を実施したところ、別の選手1名も陽性反応を示したとのことだ。 千葉の発表によると、1人目の陽性者は発熱などの症状がなくチーム活動に参加。11月30日(月)も朝の体温は36.6度を示しチーム活動に参加したが、夕方に40度の発熱がありPCR検査を実施。陽性反応を示した。 もう1名も特に発熱などの症状はなく、1日も36.2度の平熱だったが、PCR検査の結果陽性反応となった。 千葉は「その他のトップチーム関係者、クラブスタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を呈している者はおりません。また、トレーニング施設であるユナイテッドパークの消毒作業は終了し、今後保健所の指導のもと濃厚接触者の特定を行います」としている。 なお、2日に予定されている明治安田生命J2リーグ第38節の東京ヴェルディ戦の開催については、決定次第発表されるとのことだ。 千葉の森本航代表取締役社長はクラブを通じてコメントしている。 「このたび当クラブの選手2名から新型コロナウイルスのPCR検査の陽性反応が検出されました。現在は保健所の指導により今回の陽性反応の選手の行動記録を確認して濃厚接触者の特定を行なっております。今後の試合に関してはその結果を鑑みてJリーグと相談してまいります」 「試合を楽しみにしていただいているファン、サポーターの皆様、また試合の準備を進めていただいている東京ヴェルディの皆様へ心配をおかけしましたことお詫び申し上げます」 「日頃よりJリーグのプロトコルに従い感染拡大防止に努めて参りましたが新型コロナウイルスとの戦いはまだまだ続きます。しかし私たちは決して諦めず今後もさらに徹底してあらゆる対策に取り組み全てのファン、サポーター、地域の皆様、選手、スタッフが安心できるような環境の整備を進めてまいります」 「また新型コロナウイルスに感染した選手についても一日でも早く回復して元気な姿で復帰できるようサポートしてまいります。引き続き皆様からの温かい応援をお願いいたします」 2020.12.01 17:46 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】浦和FWレオナルドが次節湘南戦を欠場

Jリーグは30日、明治安田生命Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手情報を発表した。 新たに明治安田J1で出場停止となったのは、浦和のFWレオナルドのみ。12月12日に行われる第32節の湘南ベルマーレ戦が累積による出場停止の対象となっている。 明治安田J2からは、FW中山仁斗、MF平野佑一(共に水戸ホーリーホック)やMF見木友哉(ジェフユナイテッド千葉)、MF小西雄大(徳島ヴォルティス)、MF長沼洋一(V・ファーレン長崎)が次節欠場。一発退場の中山は1試合の出場停止処分となった。 明治安田J3の前節(第30節)で決定機阻止によってレッドカードを受けていたFC岐阜のDF柳澤亘と今治FCのMF楠美圭史にも、それぞれ1試合停止処分が下っている。 【明治安田生命J1リーグ】 FWレオナルド(浦和レッズ) 第32節vs湘南ベルマーレ(12/12) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF小川諒也(FC東京) 第31節vsサンフレッチェ広島(12/12) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 GK高丘陽平(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:1試合停止 DFティーラトン(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWマルコス・ジュニオール(横浜F・マリノス) 第34節vs横浜FC(12/19) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 FW中山仁斗(水戸ホーリーホック) 第38節vsジュビロ磐田(12/2) 今回の停止:1試合停止 MF平野佑一(水戸ホーリーホック) 第38節vsジュビロ磐田(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF見木友哉(ジェフユナイテッド千葉) 第38節vs東京ヴェルディ(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF小西雄大(徳島ヴォルティス) 第38節vsギラヴァンツ北九州(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長沼洋一(V・ファーレン長崎) 第38節vs大宮アルディージャ(12/2) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 DF宗近慧(Y.S.C.C.横浜) 第31節vsAC長野パルセイロ(12/6) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF普光院誠(アスルクラロ沼津) 第31節vsガンバ大阪U-23(12/6) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF柳澤亘(FC岐阜) 第31節vsガイナーレ鳥取(12/5) 今回の停止:1試合停止 MF楠美圭史(今治FC) 第31節vsブラウブリッツ秋田(12/5) 今回の停止:1試合停止 DF小笠原佳祐(ロアッソ熊本) 第31節vsいわてグルージャ盛岡(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF田辺圭佑(鹿児島ユナイテッドFC) 第31節vs福島ユナイテッドFC(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2020.11.30 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

岡山が後藤圭太、三村真、赤嶺真吾と来季契約結ばず

ファジアーノ岡山は30日、DF後藤圭太(34)、FW三村真(31)、FW赤嶺真吾(36)の3選手と契約満了に伴い、来季の契約を更新しないと発表した。 後藤は2005年に鹿島入り後、2010年に岡山移籍。2015年に松本山雅FC入りするが、2018年から再び岡山に活躍の場を移して、今季もここまで明治安田生命J2リーグ20試合に出場している。 三村は拓殖大学を卒業後、岡山に2011年入団。ファジアーノ岡山ネクストでプレーする時期もあったが、これまで岡山一筋のキャリアを歩み、今季は14試合に出場して、1得点を記録している。 赤嶺は2005年に駒澤大学からFC東京入り後、ベガルタ仙台やガンバ大阪を渡り歩き、2016から岡山でプレー。岡山在籍5年目の今季は得点こそないものの、26試合に出場している。 2020.11.30 15:35 Mon
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly