この角度こそデル・ピエロの十八番!CLで見せた美しいロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

2020.10.01 19:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回は元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントスで決めたゴールだ。

◆デル・ピエロが見せたお得意の美しいロングシュート

1993年から2012年まで19シーズンを過ごしたユベントスのアイコンとして長年活躍したデル・ピエロ氏。公式戦706試合に出場し、クラブ最多となる290ゴールを挙げるなど、名実ともにクラブを象徴するレジェンドとなっている。

左45度からのロングシュートを得意とし、このエリアは“デル・ピエロゾーン”とも呼ばれたが、2008年8月13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のアルトメディア(現・ペトルジャルカ)との1stレグでは、まさにその角度からゴールを決めている。

試合はユベントスが先制し、1-0で迎えた26分、センターサークルのMFクリスティアン・ポウルセンからのパスを敵陣中央やや左でデル・ピエロが受ける。これを前線のFWダビド・トレゼゲに一旦預けたデル・ピエロは、トレゼゲからの落としをダイレクトシュート。

右足から放たれたシュートは、美しい弧を描きながらGKの手が届かないゴール右上に決まり、見事な追加点となった。

このゴールでリードを広げたユベントスは、その後もさらに点を重ね、4-0で大勝を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

ラウタロ・マルティネスがICCで決めたセーブ不可能なアクロバティックボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ラウタロが決めた見事なジャンピングボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1aldRWnJhYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 母国アルゼンチンでのデビューを経て、2018年夏にインテルに引き抜かれたラウタロ・マルティネス。徐々に頭角を現し、今ではチームの若きエースとして活躍している。 バルセロナやレアル・マドリーなど、メガクラブからの関心も報じられるラウタロだが、2018年8月12日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のアトレティコ・マドリー戦では、圧巻のゴールを決めている。 0-0で迎えた31分、自陣からドリブルで相手陣内中央左までボールを運んだMFクワドゥオ・アサモアが、ボックス内にクロスを上げる。このボールはやや流れたものの、ファーポストでラウタロ・マルティネスが合わせる。高い跳躍からの強烈なジャンピングボレーはGKのニアポストを抜き、見事なゴールが生まれた。 このゴールを守り切ったインテルが、1-0で勝利している。 2021.01.17 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

若きフンテラールがアヤックスで決めた、カップ戦優勝を引き寄せる劇的ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はアヤックスの元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラールが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フンテラールのカップ戦優勝を引き寄せる劇的弾<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzT09GTzF2aiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> PSVでプロキャリアをスタートさせたフンテラールは、アヤックスで頭角を現すと、レアル・マドリーやミラン、シャルケなど、ビッグクラブを渡り歩き各地で実力を示してきた。 2017年からは古巣アヤックスに復帰しているフンテラールだが、若き日の2006年5月7日に行われたKNVBカップ決勝のPSV戦では、チームにタイトルをもたらすゴールを決めている。 フンテラールのゴールでアヤックスが先制したもの、1-1と追いつかれて迎えた終盤の90分、最後にドラマが待っていた。 左サイドからアヤックスがチャンスを作ると、MFヌルディン・ブカリがグラウンダーのボールをゴール前に入れる。すると、巧みな動きなおしから相手のマークを外したフンテラールが、相手DFの前に飛び込んでクロスに合わせ、ニアポストにゴールを決めてみせた。 土壇場での決勝で2-1と勝利したアヤックス。決勝で2ゴールの活躍を見せたフンテラールの働きもあり、KNVBカップを制覇している。 2021.01.17 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ストークのマクレーンがスウォンジー相手に決めた強烈30ヤード弾【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はストーク・シティのアイルランド代表MFジェームズ・マクレーンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マクレーンが決めた強烈30ヤード弾<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRWmNiZWVEdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> マクレーンは、サンダーランド、ウィガン、WBAなど、プレミアリーグのクラブを渡り歩いた後、2018年にストークに加入。チームの主力として活躍している。 豊富な運動量で攻守に活躍するマクレーンだが、2019年4月9日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)第41節のスウォンジー・シティ戦では、見事なロングシュートを決めている。 0-2とストークのビハインドで迎えた前半追加タイムの48分、相手陣内中央でマクレーンがボールを受ける。相手からのプレスを避けながらスペースを作ると、ゴールからまだ距離のある位置からロングシュートを放つ。左足で放たれた鋭いシュートは、低い軌道でゴールへ飛んでいき、GKの手前でバウンドしながらゴール右に決まった。 このゴールで後半の逆転に望みを繋げたストークだったが、試合の流れを掴めず終盤にさらに失点。1-3で敗れている。 2021.01.17 08:00 Sun
twitterfacebook
thumb

コロンビアのゲームメイカー、グアリンが決めた華麗なアクロバティックゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はコロンビアのミジョナリオスに所属する元コロンビア代表MFフレディ・グアリンがインテル時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆グアリンがインテルで見せたオーバーヘッド<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ1YjZmMDJkTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2012年1月にポルトからインテルにレンタル移籍で加入したグアリン。実力を認められ、半年後に完全移籍を果たすと、主力MFとしてチームを支えた。 強烈なシュートを武器に、得点に絡むプレーを得意としたグアリンだが、2013年10月20日に行われたセリエA第8節のトリノ戦では見事なゴールを決めている。 0-1とインテルビハインドの前半46分、インテルがコーナーキックを得る。右サイドからのインスイングのボールがボックスに入ると、DFアンドレア・ラノッキアが何とかヘディングでボールに触り、ボールは上空に上がる。すると、いち早く落下点に入ったグアリンがオーバーヘッドキックでシュートをゴール左に叩き込み、見事な同点弾を決めた。 試合はその後点の取り合いとなるが、決着は付かず、3-3のドローに終わっている。 2021.01.16 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

練習の賜物?チアゴがバイエルン時代に決めたアクロバティックなスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はリバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チアゴが見せたアクロバティックゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLMWZYeDFFVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> バルセロナの下部組織で育ったチアゴは、名将ペップ・グアルディオラ監督を追いかける形で2013年夏にバイエルンに加入。攻守に存在感を発揮し、同監督がマンチェスター・シティに移った後も、バイエルンに残って活躍を続けた。 類稀なパスセンスとテクニックで中盤から試合を組み立てる力に長けるチアゴだが、2014年1月29日に行われたブンデスリーガ第17節のシュトゥットガルト戦では、アクロバティックなプレーで自らゴールを記録している。 シュトゥットガルトに先制を許しながらも、1-1とバイエルンが追いついて迎えた92分、最後の攻勢をかけるバイエルンは、DFラフィーニャがふわりとしたボールをボックス内に入れる。このボールに対し、チアゴは走りながら軌道を見極めると、空中にジャンプしながら豪快なバイシクルボレーを放つ。完璧にミートされたシュートは、ゴール右に決まり、劇的な逆転弾となった。 なお、チアゴはこの試合の直近のトレーニングから同じようなバイシクルシュートを練習する姿が映像で残されており、このアクロバティックなゴールも練習の賜物だったようだ。 2021.01.16 16:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly