CLグループステージ出場32チームが決定! 5人の日本人選手が参戦!

2020.10.01 06:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9月30日に2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフが終了し、CLグループステージに出場する全32チームおよびポット分けが決定した。

バイエルンの7年ぶり6度目の優勝で幕を閉じた2019-20シーズンから約2カ月を経て新シーズンのヨーロッパ王者を懸けた戦いが幕を開ける。

ポット1にはUEFAカントリーランキング上位6チームの国内王者であるレアル・マドリー、リバプール、ユベントス、昨季CL王者でありドイツ王者のバイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)が入り、ここに昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャ、UEFAカントリーランキング7位のポルトガル王者であるポルトが繰り上がりで入った。

さらに、UEFAクラブランキング上位が並ぶポット2ではマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーのイングランド勢3チームにバルセロナとアトレティコ・マドリーのスペイン勢、ドルトムント、アヤックス、シャフタールが入った。

ポット3ではすでに確定済みだったインテル、ラツィオ、RBライプツィヒの3チームに加え、予選を突破してきたディナモ・キエフ、ザルツブルク、オリンピアコス、FCクラスノダールの4チームに、昨季CLベスト8のアタランタが入った。

ポット4はいずれも初参戦のスタッド・レンヌ、イスタンブール・バシャクシェヒルの2チームが確定していた中、予選の結果を受けてマルセイユ、ボルシアMGといった名門が入っている。

なお、今回のグループステージではFW南野拓実(リバプール)、FW中島翔哉(ポルト)、MF奥川雅也(ザルツブルク)、DF酒井宏樹、DF長友佑都(マルセイユ)と、合計5人の日本人選手が参戦する。

注目のグループステージ組み合わせ抽選会は10月1日にスイスのニヨンで開催されるが、今ラウンドでは同じサッカー協会に所属するチーム同士の対戦(同国対決)はない。

今回決定した2020-21シーズンのCLグループステージ出場チーム及びポット分けは以下の通り。

◆CLグループステージ 出場チーム&ポット分け

▽ポット1
バイエルン(CL王者/ドイツ)
セビージャ(EL王者/スペイン)
レアル・マドリー(スペイン)
リバプール(イングランド)
ユベントス(イタリア)
パリ・サンジェルマン(フランス)
ゼニト(ロシア)
ポルト(ポルトガル)

▽ポット2
バルセロナ(スペイン)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
マンチェスター・シティ(イングランド)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
シャフタール(ウクライナ)
ドルトムント(ドイツ)
チェルシー(イングランド)
アヤックス(オランダ)

▽ポット3
ディナモ・キエフ(ウクライナ)※
ザルツブルク(オーストリア)※
RBライプツィヒ(ドイツ)
インテル(イタリア)
オリンピアコス(ギリシャ)※
ラツィオ(イタリア)
FCクラスノダール(ロシア)※
アタランタ(イタリア)

▽ポット4
ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
マルセイユ(フランス)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)
ボルシアMG(ドイツ)
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
ミッティラン(デンマーク)※
スタッド・レンヌ(フランス)
フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)※

※予選突破チーム

コメント
関連ニュース
thumb

【CLグループ開幕節プレビュー②】王者バイエルンvsアトレティコのビッグマッチ開催!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ開幕節の8試合が21日に開催される。ここではA~Dの開幕節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループA:突破候補のバイエルンとアトレティコが初戦で激突 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_24_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《25:55》 ザルツブルク vs ロコモティフ・モスクワ 《28:00》 バイエルン vs アトレティコ・マドリー グループAの突破候補本命である昨季王者バイエルンとアトレティコが初戦で激突する。バイエルンは直近のビーレフェルト戦を4-1の完勝とし、余裕をもってアトレティコ戦に臨める状態だ。第2節ホッフェンハイム戦でまさかの敗戦を喫し無敗記録が32試合で止まったが、それ以降はFWレヴァンドフスキの圧倒的な得点力を武器に連勝としている。今季も攻守に隙が少ない王者はグループ最大のライバルであるアトレティコ相手に白星スタートとなるか。DFリュカが古巣相手にプレーするかも注目だ。 一方のアトレティコは直近のセルタ戦をFWスアレスのゴールを守り抜いて1-0の勝利を飾った。守護神オブラクの存在感は抜群で攻め込まれながらも無失点で乗り切った辺りはさすがの一言。バイエルン戦ではさらに厳しい展開が予想されるが、守備陣が耐え抜きスアレスとFWフェリックスの2トップが一刺しを狙えるか。スアレスとしては昨季バルセロナで屈辱を受けた相手にリベンジといきたい。 2シーズン連続出場のザルツブルクと3シーズン連続出場のロコモティフの一戦は、2位の座を争う挑戦権を懸けた試合となる。ベンチスタートが予想される奥川は、途中出場からゴールに直結する活躍を期待したい。 ◆グループB:死の組の初戦を制すのは <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_24_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《25:55》 レアル・マドリー vs シャフタール 《28:00》 インテル vs ボルシアMG 今大会の死の組と言えるグループB。昨季はマンチェスター・シティの前にベスト16敗退に終わったレアル・マドリーは、直近のカディス戦でまさかの敗戦。代表ウィーク明けの影響があったにせよ、昇格組相手の今季初黒星は頂けない結果となった。週末にはバルセロナとのクラシコを控える中、ウクライナ王者相手に気持ち良く勝利して立て直しを図りたい。 レアル・マドリーが首位通過候補と見られる中、インテルとボルシアMGの対戦はグループ突破を懸けた直接対決と言えそうだ。コロナ陽性者が複数いた影響もあり、直近のミラノ・ダービーを惜敗したインテルは、今季初黒星を喫した。とはいえ、FWルカクとFWラウタロの2トップはミラン守備陣に脅威を与え続け、ボルシアMGにとっても抑え込むのは容易ではないだろう。 対するボルシアMGはブンデスリーガでは1勝2分け1敗スタートと波には乗り切れていない。押し込まれる展開が予想される中、カウンター時に威力を発揮するFWテュラムとFWプレアの快速コンビが守備に隙を見せることのあるインテルを苦しめることになるはずだ。 ◆グループC:中島ポルトがシティと、酒井&長友マルセイユはオリンピアコスと対戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_24_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《28:00》 マンチェスター・シティ vs ポルト オリンピアコス vs マルセイユ グループC首位通過の本命であるシティが、MF中島の所属するポルトと初戦を戦う。プレミアリーグではレスター・シティに完敗し、リーズに引き分けたりと、微妙なシーズンインとなっていたシティ。だが、直近のアーセナル戦ではエースFWアグエロの復帰もあって本来のシティの流れるような攻撃が随所に見られ、1-0で勝利した。また、ベンフィカから加入のDFルベン・ジアスも順調にフィットしており、昨季までのライバルクラブ相手に気持ちは高まっているはずだ。ポルトでは直近の試合でベンチ入りした中島に出番が回ってくることも期待したい。 DF酒井とDF長友が所属するマルセイユは、ギリシャ王者オリンピアコスとのアウェイ戦に臨む。右サイドバックのレギュラーとして欠かせない戦力となっている酒井は、今大会がCL初出場。2012年に欧州へ旅立って以降、初めてのCL参戦となる中、リーグ・アンで鍛え上げてきた実力を存分に発揮したい。一方、昨季ガラタサライでCLに出場していた長友としてはベテランの経験をチームに還元したいところだ。両者が共に先発するシーンにも期待だ。 ◆グループD: ファン・ダイク失ったリバプールがアヤックスと対戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_24_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《28:00》 アヤックス vs リバプール ミッティラン vs アタランタ 直近のエバートンとのマージーサイド・ダービーで守備の要であり、チームの大黒柱でもあるDFファン・ダイクを前十字靭帯損傷により失ったリバプール。痛恨の長期離脱となった中、守護神のアリソンが練習に復帰したのは朗報だ。アヤックス戦で復帰できればチームにとって心強いばかりだ。DFマティプも負傷欠場が報じられる中、DFゴメスとMFファビーニョによる急造センターバックコンビが予想される中、MFタディッチが牽引するアヤックス攻撃陣を抑えられるかがポイントとなりそうだ。MF南野に出場のチャンスが訪れるかにも注目だ。 昨季CL初出場ながらベスト8と躍進したアタランタは、初出場のデンマーク王者ミッティランと対戦する。直近のナポリ戦ではまさかの4失点惨敗となったが、一部主力を温存した影響もあったはずで、ミッティラン戦への気持ちの切り替えはできているはず。ナポリにやられた鬱憤をミッティランにぶつけたい。 2020.10.21 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループA展望】バイエルンとアトレティコが圧倒的本命

◆編集部予想 ◎本命:バイエルン ○対抗:アトレティコ・マドリー △連下:ザルツブルク ☆大穴:ロコモティフ・モスクワ 昨季王者のバイエルンと、一昨季前の王者であるリバプールを下して昨季ベスト8まで進出したアトレティコがグループ突破の本命だ。昨季のインパクトによって主力が流出したザルツブルクと、3季連続でのCL本戦出場となるロコモティフ・モスクワだが、アップセットを起こすには実力不足か。 ◆今季も優勝候補筆頭~バイエルン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 7季ぶりに欧州制覇を成し遂げたドイツ王者は、主力ではMFチアゴが唯一流出したものの、代わってウイングにFWサネを迎え入れた他、MFマルク・ロカやFWドグラス・コスタ、DFサールとレギュラーを張れる実力を持った新戦力を補強しており、選手層は相変わらず欧州随一と言っていいだろう。フリック体制2季目の今季もCL優勝候補筆頭のバイエルンに隙は見られず、グループステージで躓くことは考えられない。 ◆スアレス加入で攻撃力アップ~アトレティコ・マドリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_23_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 堅守が魅力のアトレティコに頼れるストライカーが加わった。バルセロナで結果を残し続けてきたFWスアレスが戦力外を受け、アトレティコが獲得レースを制した。今季、更なるブレイクが期待されるFWフェリックスとの2トップは、サポートを必要せずともゴールに結びつけられるだけの個人技を有しており、アトレティコにとっては打ってつけの補強となった。頼れるストライカーの加入で昨季以上の成績を狙うアトレティコとしてはグループステージ突破は当然のミッションだ。 ◆昨季の初出場に続き2季連続出場~ザルツブルク~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_23_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季悲願の本戦初出場を果たしたオーストリア王者が2季連続で本戦出場を果たした。プレーオフから登場したザルツブルクは、マッカビ・テルアビブ相手にMF奥川のゴールなど2戦合計スコア5-2で下し、本戦への出場を決めた。昨季はグループステージでリバプールやナポリと同居した中、互角以上の戦いを見せたことでFWハーランド、MF南野、FWファン・ヒチャンが流出したが、リーグ7連覇中のオーストリア絶対的王者は2強の牙城を崩すことができるか。南野に続く奥川の活躍にも期待したい。 ◆3季連続出場で存在感示せるか~ロコモティフ・モスクワ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201020_23_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のロシアリーグで2位となり、3季連続本戦出場を果たしたロコモティフ・モスクワ。過去2大会はいずれも1勝5敗の最下位でグループステージ敗退に終わっているが、決勝トーナメント進出争いに絡めるか。昨季同様、FWエデル、MFクリホヴィアク、DFチョルルカらが主力のチームは、グループをかき回すことができるか。 2020.10.21 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

史上初のCL全勝優勝 他を寄せ付けなかったバイエルンの足取り

20日に開幕を迎える2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により2019-20シーズンの閉幕が遅くなった分、例年よりも遅い開幕となるが、その2019-20シーズンで優勝を果たしたのはドイツのバイエルンだった。 ドイツの絶対王者として、ブンデスリーガ7連覇の実績を引っ提げて2019-20シーズンに臨んだバイエルンは、2018-19シーズン準優勝のトッテナム、セルビア王者ツルヴェナ・ズヴェズダ、ギリシャ王者のオリンピアコスという2強2弱のグループBに入った。 <div id="cws_ad">◆昨季王者バイエルン、2019-20シーズンのスーパーゴール5<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJodUdDV0RqYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆グループステージからバイエルンの攻撃力が爆発 シーズン序盤、当時のニコ・コバチ監督と主力選手らの確執もあり、ブンデスリーガでは勝ち点を取りこぼす試合が多かったバイエルンだが、ヨーロッパの舞台ではツルヴェナ・ズヴェズダとの初戦を快勝で飾ると、第2節のトッテナム戦では元アーセナルのFWセルジュ・ニャブリが慣れ親しんだロンドンの地で大暴れ。キャリア初の1試合4ゴールを挙げるなど、圧巻のパフォーマンスを見せて7-2の歴史的な大勝をもたらした。その後、オリンピアコスにも競り勝って3連勝でグループステージを折り返したが、リーグ戦の不振を受けて昨年11月初旬にコバチ監督を解任。ハンジ・フリック監督にバトンが手渡された。 そして、フリック体制の初陣となったホームでのオリンピアコス戦を2-0の勝利で飾ったチームは、早々にグループステージ突破を決めると、第5節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦ではニャブリに続き、主砲ロベルト・レヴァンドフスキが1試合4ゴールの大暴れを見せ、首位通過も確定させる。消化試合となった最終節ではジョゼ・モウリーニョに指揮官を交代したトッテナムを3-1で破り、圧倒的な強さでグループステージ唯一の全勝突破を果たした。 ウィンターブレイクを経て完全にフリック仕様の新たなチームに生まれ変わったバイエルンは、決勝トーナメントに入ってもその勢いを継続する。 まずは、ラウンド16でトッテナムに続くロンドン勢のチェルシーと対戦。2011-12シーズンの決勝で敗れた因縁の相手に対して真価が試された中、2月末に行われた敵地での対戦ではMFアルフォンソ・デイビスという超新星が世界を震撼させる。 センターバックの相次ぐ負傷者に伴い、左サイドバックにコンバートされた19歳のカナダ代表ウインガーは爆発的なスピードとテクニックを武器に、チェルシーの右サイドを文字通り、完全に切り裂いて見せた。そして、ドッペルパック(1試合2得点)のニャブリ、レヴァンドフスキというスコアラー2人を完全に食う衝撃的な活躍を披露し、3-0の先勝に大きく貢献した。 そして、ブンデスリーガ8連覇を達成して臨んだホームでの2ndレグでは、出場停止にケガと満身創痍のアウェイチームに対して、レヴァンドフスキのドッペルパックなど一切の隙を与えない盤石の戦いぶり。1stレグを上回る4ゴールを重ね、2戦合計7-1の圧勝で因縁の相手にリベンジを果たした。 <div id="cws_ad">◆因縁の相手に4ゴール!チェルシー戦ハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPd1NBQ2dsdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆コロナ禍でのレギュレーション変更もバイエルンの進撃は止まらず コロナ禍によって準々決勝以降のレギュレーションが中立地リスボンでのシングルマッチ方式の短期トーナメントに変更される中、世界最高のクラックであるFWリオネル・メッシを擁するバルセロナとの対戦は準々決勝屈指の注目カードとなったが、バイエルンはこの一戦でシーズンハイライトと言える圧巻のパフォーマンスを披露した。 立ち上がりから強度、連動性と申し分ないハイプレスでバルセロナのビルドアップを機能不全に陥れたバイエルンは、不運なオウンゴールで1点を与えたものの、FWトーマス・ミュラーのドッペルパックなど前半に4ゴールを奪い、勝負を決定づける。 後半立ち上がりには2点差に詰め寄られたが、ここから再び攻撃のギアを上げると、超新星デイビスの驚愕の5人抜きアシストからMFジョシュア・キミッヒ、途中出場のMFフィリペ・コウチーニョの古巣相手の無慈悲なドッペルパックなどで突き放した。そして、グループステージのトッテナム戦を上回る、8-2のスコアで優勝候補を完膚なきまでに粉砕した。 <div id="cws_ad">◆デイビスの5人抜きアシストも!バルセロナ戦ハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEZG1XSGtoWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 戦前にはかつての指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ率いるマンチェスター・シティとの頂上対決が予想されたが、準決勝の対戦相手はユベントス、シティと2戦連続で大物食いを果たした伏兵リヨンとの対戦となった。 試合序盤にはハイラインの背後を執拗に狙う相手に対して、3度のビッグチャンスを作られる思わぬ入りに。それでも、守護神マヌエル・ノイアーを中心にこのピンチを無失点で凌ぐと、主砲レヴァンドフスキ同様に勝負強さが際立ったニャブリが個の力で流れを変えた。18分に右サイドから鋭いカットインを見せると、強烈な左足のミドルシュートを叩き込み先制点を奪取。続く33分にはゴール前のこぼれ球を冷静に流し込み、流れを一気に引き寄せた。 後半はシステム、メンバーを細かく入れ替えて反撃を試みる相手に手を焼いたが、試合終了間際の88分にはCL全試合ゴール中だったレヴァンドフスキがキミッヒのFKを冷静に頭で合わせ、CL15点目を記録。ほぼ完璧な内容でリヨンの快進撃をストップし、7年ぶりの決勝進出を決めた。 決勝ではCL初優勝を目指すフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)との対戦となる。強豪同士の対戦らしく、立ち上がりから拮抗した展開が続く中、59分にフランス代表MFキングスレー・コマンが頭で決めると、守備陣がPSGの豪華攻撃陣をシャットアウトし、7季ぶり6度目のビッグイヤーを手にした。 ブンデスリーガ、DFBポカールに続くタイトル獲得で2012-13シーズン以来の三冠を成し遂げたフリック監督。コバチ体制から引き継ぐ形となったが、グループリーグから11戦全勝、43得点8失点と圧倒的な成績を収めての優勝だった。 <div id="cws_ad">◆CL優勝を決めた直後のバイエルンイレブンが輪になって大喜び<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJZHpYaEgzOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 連覇を目指すバイエルンは、今シーズンのCLでグループAに入り、昨季ベスト8のアトレティコ・マドリー、予選を勝ち上がったMF奥川雅也が所属するザルツブルク、そしてロコモティフ・モスクワと対戦。21日にアトレティコ・マドリーとのグループステージ初戦をホームで迎える。 2020.10.20 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがCLアーセナル戦で決めた華麗なノールックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが決めたノールックヒールアシスト!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkeDhKNE9QdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にドルトムントに加入したレヴァンドフスキは、リーグ屈指のストライカーとして大ブレイク。2014年にはバイエルンに加入し、世界最高峰のストライカーへと評価をさらに高めた。 絶対王者バイエルンのエースとしてゴールを量産しているレヴァンドフスキだが、2017年2月15日のチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アーセナル戦の1stレグでは、華麗なアシストを決めている。 2-1とバイエルンリードの56分、ボックスの手前にポジションを取っていたレヴァンドフスキにMFシャビ・アロンソからの鋭いパスが入ると、レヴァンドフスキはゴールに背を向けた状態でノールックのヒールパスをボックス内に送る。裏に動き出していたMFチアゴ・アルカンタラが完全にフリーでこのパスを受けると、GKとの1vs1を冷静に決め、美しいアシストから相手を突き放す追加点を奪った。 その後も攻撃の手を緩めなかったバイエルンは5-1とアーセナルを粉砕。2ndレグでも5-1で勝利し、合計スコア10-2という歴史的大勝を記録した。 2020.10.20 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルンに完敗も堂安が一矢報いるブンデス初ゴール!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第4節、ビーレフェルトvsバイエルンが17日に行われ、1-4でバイエルンが快勝した。ビーレフェルトのMF堂安律は90分まで出場し、ブンデス初ゴールをマークしている。 前節ブレーメン戦ではケルン戦に続いてインパクトを残しきれなかった堂安。チームも初黒星を喫した中、日本代表ではカメルーン代表戦で先発したものの、そこでも見せ場を作れず。その堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで開幕4試合連続スタメンとなった。 一方、バイエルンは前節ヘルタ・ベルリン戦では粘る相手に苦戦しながらもレヴァンドフスキの4発で勝ちきり、2勝1敗とした。ホッフェンハイム戦の敗戦を払拭する勝利を手にした中、2日前に行われたDFBポカール1回戦のデューレン戦では新加入組を多数起用し、チュポ=モティングの2発など3-0で快勝した。そのバイエルンはチャンピオンズリーグのアトレティコ・マドリー戦を控える中、主力を投入した。 [4-4-2]の3ラインを自陣に形成するビーレフェルトに対し、3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べたバイエルンが立ち上がりから押し込むと、8分にあっさり先制する。 レヴァンドフスキのダイレクトパスに抜け出したミュラーがボックス右に侵入し、一度は味方へのクロスを送るも、ルーズボールを押し込んだ。 先制したバイエルンは、26分に追加点。ゴレツカのパスを受けたペナルティアーク中央のレヴァンドフスキがゴール左へコントロールシュートを決めきった。 31分にロングボールから決定機を迎えたビーレフェルトは、ハーフタイムにかけて堂安がカットインからのシュートで2度GKノイアーを強襲するも、追加タイム1分に3失点目を喫した。 ミュラーのパスをボックス中央で受けたレヴァンドフスキにゴールへ蹴り込まれた。 バイエルンが3点をリードして迎えた後半、51分にバイエルンに4点目。レヴァンドフスキの右クロスをミュラーが合わせた。 それでも58分、堂安がブンデス初ゴールを記録する。ロングカウンターに転じた流れから、クロスのパスを受けたボックス右の堂安がDFを外して右足でゴール左に蹴り込んだ。 70分にも堂安に決定機が訪れたビーレフェルトは、76分にトリソが一発退場となって数的優位となったが、反撃はできず。4-1でバイエルンが快勝している。 2020.10.18 03:34 Sun
twitterfacebook