CLグループステージ出場32チームが決定! 5人の日本人選手が参戦!

2020.10.01 06:51 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9月30日に2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフが終了し、CLグループステージに出場する全32チームおよびポット分けが決定した。バイエルンの7年ぶり6度目の優勝で幕を閉じた2019-20シーズンから約2カ月を経て新シーズンのヨーロッパ王者を懸けた戦いが幕を開ける。

ポット1にはUEFAカントリーランキング上位6チームの国内王者であるレアル・マドリー、リバプール、ユベントス、昨季CL王者でありドイツ王者のバイエルン、パリ・サンジェルマン(PSG)が入り、ここに昨季ヨーロッパリーグ(EL)王者のセビージャ、UEFAカントリーランキング7位のポルトガル王者であるポルトが繰り上がりで入った。

さらに、UEFAクラブランキング上位が並ぶポット2ではマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーのイングランド勢3チームにバルセロナとアトレティコ・マドリーのスペイン勢、ドルトムント、アヤックス、シャフタールが入った。

ポット3ではすでに確定済みだったインテル、ラツィオ、RBライプツィヒの3チームに加え、予選を突破してきたディナモ・キエフ、ザルツブルク、オリンピアコス、FCクラスノダールの4チームに、昨季CLベスト8のアタランタが入った。

ポット4はいずれも初参戦のスタッド・レンヌ、イスタンブール・バシャクシェヒルの2チームが確定していた中、予選の結果を受けてマルセイユ、ボルシアMGといった名門が入っている。

なお、今回のグループステージではFW南野拓実(リバプール)、FW中島翔哉(ポルト)、MF奥川雅也(ザルツブルク)、DF酒井宏樹、DF長友佑都(マルセイユ)と、合計5人の日本人選手が参戦する。

注目のグループステージ組み合わせ抽選会は10月1日にスイスのニヨンで開催されるが、今ラウンドでは同じサッカー協会に所属するチーム同士の対戦(同国対決)はない。

今回決定した2020-21シーズンのCLグループステージ出場チーム及びポット分けは以下の通り。

◆CLグループステージ 出場チーム&ポット分け

▽ポット1
バイエルン(CL王者/ドイツ)
セビージャ(EL王者/スペイン)
レアル・マドリー(スペイン)
リバプール(イングランド)
ユベントス(イタリア)
パリ・サンジェルマン(フランス)
ゼニト(ロシア)
ポルト(ポルトガル)

▽ポット2
バルセロナ(スペイン)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
マンチェスター・シティ(イングランド)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
シャフタール(ウクライナ)
ドルトムント(ドイツ)
チェルシー(イングランド)
アヤックス(オランダ)

▽ポット3
ディナモ・キエフ(ウクライナ)※
ザルツブルク(オーストリア)※
RBライプツィヒ(ドイツ)
インテル(イタリア)
オリンピアコス(ギリシャ)※
ラツィオ(イタリア)
FCクラスノダール(ロシア)※
アタランタ(イタリア)

▽ポット4
ロコモティフ・モスクワ(ロシア)
マルセイユ(フランス)
クラブ・ブルージュ(ベルギー)
ボルシアMG(ドイツ)
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
ミッティラン(デンマーク)※
スタッド・レンヌ(フランス)
フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)※

※予選突破チーム
コメント
関連ニュース
thumb

ライプツィヒとの首位攻防戦は打ち合いの末3-3ドロー! バイエルンがミュラーの2発で首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第10節、バイエルンvsライプツィヒが5日に行われ、3-3で引き分けた。 前節シュツットガルト戦を逆転勝利した首位バイエルン(勝ち点22)は、4日前のアトレティコ・マドリーとのチャンピオンズリーグ(CL)では既に首位通過を決めていたこともあって主力を温存。そのアトレティコ戦のスタメンから7選手を変更。レヴァンドフスキやミュラー、コマンら主力が先発に戻った。 一方、ビーレフェルトに逃げ切り勝利を飾った2位ライプツィヒ(勝ち点20)は、3日前に行われたCLイスタンブール・バシャクシェヒル戦では3-1から追いつかれるまずい展開とされながらもセルロートの移籍後初弾で何とか競り勝った。決勝トーナメント進出に望みを繫いだ中、イスタンブール戦のスタメンから3選手を変更。Y・ポウルセン、ダニ・オルモ、カンプルに代えてクライファート、エンクンク、アダムスを起用した。 フォルスベリを最前線に、クライファートとエンクンクをシャドーに据える[4-3-3]で臨んだライプツィヒは開始2分、ザビッツァーのミドルシュートがバーに直撃。良い入りを見せると、鋭い攻守の切り替えで流れを引き寄せ、19分に押し切った。 フォルスベリのスルーパスに抜け出したエンクンクがボックス外に飛び出したGKノイアーをかわして無人のゴールに蹴り込んだ。 一方、レヴァンドフスキ、コマン、サネの3トップで臨んだバイエルンはボールこそ持ったものの、ライプツィヒを脅かす攻撃を繰り出せない。25分にはハビ・マルティネスが負傷し、ミュージアラの投入を余儀なくされた。 そんな中28分に決定機。FKの流れからパヴァールのボレーシュートが枠を捉えたが、GKグラーチの好守に阻止された。それでも30分、緊急出場のミュージアラが同点ゴールを奪う。ボックス手前左でパスを受けたミュージアラがゴール右隅へコントロールシュートを蹴り込んだ。 さらに34分、バイエルンが一気に逆転する。コマンのスルーパスを受けたミュラーがシュートを決めきった。 しかし2分後、ライプツィヒがすかさず追い付く。ハイダラのスルーパスに抜け出したクライファートがこちらもシュートを決めきって見せた。ハーフタイムにかけてもバイエルンがボールを持つ流れとなったが、2-2で前半を終えた。 迎えた後半開始3分、ライプツィヒはアンヘリーニョの左クロスにフォルスベリが頭で合わせて3-2と勝ち越しに成功。 ライプツィヒが再びリードして以降はしばらく膠着状態が続いた中、75分にバイエルンが再び追いついた。右サイドからのコマンのクロスにミュラーが頭でねじ込んだ。 後半は互いにゴールシーン以外に決定機を生み出せなかった中、3-3で決着。首位攻防戦は引き分けに終わり、バイエルンが首位をキープしている。 2020.12.06 04:28 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第10節プレビュー】バイエルンvsライプツィヒの首位攻防戦開催

前節は首位バイエルン(勝ち点22)がMF遠藤航の所属するシュツットガルトに逆転勝利した一方、ドルトムント(勝ち点18)がケルンに不覚を取って4位に後退した。迎える第10節、バイエルンは2位に浮上したライプツィヒ(勝ち点20)と首位攻防戦を戦う。 前節シュツットガルト戦を先制される展開とされながらも3-1と逆転勝利したバイエルン。チャンピオンズリーグ(CL)では既に首位通過を決めていたこともあってアトレティコ・マドリー相手に主力を温存した中、1-1の引き分けに持ち込んだ。FWレヴァンドフスキら一部主力を起用せずコンディション良好な中、首位キープに挑む。 一方、ビーレフェルトに逃げ切り勝利を飾ったライプツィヒは、水曜に行われたイスタンブール・バシャクシェヒル戦では3-1から追いつかれるまずい展開とされながらもFWセルロートの移籍後初弾で何とか競り勝った。決勝トーナメント進出に望みを繫いだ中、コンディション面では不利な状況だが、首位奪還となるか。 また、土曜にはフランクフルトvsドルトムントが行われる。MF鎌田の2アシストでウニオン・ベルリンに3-3と引き分けた9位フランクフルト(勝ち点12)。4戦連続ドロー中で6試合勝利がない中、ドルトムント相手に久々の白星となるか。鎌田には引き続きゴールに絡むプレーを期待したい一方、ここ2試合出場機会のないDF長谷部は出場のチャンスを得られるか。 対するドルトムントは前節ケルンに足をすくわれ、終盤の反撃虚しく敗戦に終わった。バイエルンとの勝ち点差を再び広げられた中、追いすがるためにも必勝を期したい。水曜に行われたCLではラツィオ相手に逃げ切りを図れず1-1の引き分けに持ち込まれたものの、決勝トーナメント進出を決めた。幸い、ラツィオ戦で負傷退場となったDFフンメルスは打撲で済んだとのことだが、FWハーランドが欠場する逆境となる中、この難局を乗り越えることができるか。 日曜にはブレーメンFW大迫vsシュツットガルトMF遠藤航の日本人対決が行われる。開幕戦以来となる先発抜擢となった大迫は、先制点をアシストする活躍を見せたものの、チームは打ち合いの末に3-5と敗れ、開幕戦以来となる黒星を喫してしまった。自身が先発した試合でいずれも黒星と運にも見放されているような状態だが、プレー自体は上向きな様子でシュツットガルト戦でもゴールに絡むプレーを期待したい。 一方の遠藤航はバイエルン戦でも存在感を発揮し、王者相手に善戦して見せた。こちらも開幕戦以来となる黒星を喫した中、勝利を取り戻すことはできるか。遠藤としては大迫に入るクサビのパスを遮断する働きが求められる。 ライプツィヒ戦では決定機が幾つか訪れながらも決め切れなかったビーレフェルトのMF堂安。その堂安が所属する17位ビーレフェルト(勝ち点4)は16位マインツ(勝ち点5)との下位対決に挑む。自滅に近い形で失点し、終盤の反撃虚しく敗れ去ったビーレフェルト。これで7連敗となったチームは、自信喪失気味だが、同じく不振に喘ぐマインツとの下位対決を制すことはできるか。 そして負傷によって前節フランクフルト戦を欠場したMF遠藤渓太のウニオン・ベルリンはヘルタ・ベルリンとのダービーに挑むが、既にトレーニングに復帰している遠藤はベンチ入りとなるか。 ◆ブンデスリーガ第10節 ▽12/4(金) 《28:30》 ヘルタ・ベルリンvsウニオン・ベルリン ▽12/5(土) 《23:30》 フランクフルトvsドルトムント ビーレフェルトvsマインツ ケルンvsヴォルフスブルク フライブルクvsボルシアMG 《26:30》 バイエルンvsライプツィヒ ▽12/6(日) 《23:30》 ブレーメンvsシュツットガルト 《26:00》 シャルケvsレバークーゼン ▽12/7(月) 《28:30》 ホッフェンハイムvsアウグスブルク 2020.12.04 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ノイアーが吐露…古巣シャルケの低迷ぶりに「悲しい」

バイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが古巣シャルケの低迷ぶりを憂いている。 かつてブンデスリーガを牽引するクラブのひとつに数えられたシャルケだが、ブンデスリーガ2位フィニッシュの2017-18シーズンを最後に14位、12位と低迷。今季のブンデスリーガでも今年1月から勝利から見放され、ここまで開幕から9試合を消化して3分け6敗の最下位に落ち込んでいる。 そんなシャルケのユースで育ったノイヤーは2011年夏からバイエルンに活躍の場を移り、世界的GKの地位を確立したが、ブンデスリーガで実に25試合も勝利から遠ざかる古巣の低迷ぶりを気にかけているようだ。ドイツ『t-online』のインタビューで古巣の一刻も早い立ち直りを願った。 「シャルケは僕が育ったクラブだ。あのクラブで20年間にわたり、プレーしたわけだから、今の状況を目の当たりにするのは悲しい。一刻も早く状況が好転するのを願うばかりだ」 なお、34歳のノイアーは現役引退後にも言及。今年5月にバイエルンとの契約を2023年まで延長したが、「自分のキャリアに区切りをつけた後にどこに住むかはまだ正確にわからない。でも、何も除外したくない」と話している。 2020.12.04 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!ヤンカー氏の ”ゲルマン魂”が乗り移った神業スライディングボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年12月4日にご紹介するのは、今から22年前に元ドイツ代表FWのカルステン・ヤンカー氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ヤンカーのスライディングボレーが神業<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJuaHo1RmZXWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! 相手のクリアボールに対し、滑り込みながらのスライディングボレー。完璧に捉えたシュートがクロスバーに直撃しながらゴールネットを揺らしました。決めたら絶対に気持ちいいゴールです。 ◆ゲルマン魂が乗り移る 193cmの長身と強靭なフィジカルを活かし、泥臭いゴールを演出してきたヤンカー氏は、バイエルン時代にはブンデスリーガを4回、チャンピオンズリーグを1回、DFBポカールを2回など数多くのタイトルを獲得しました。 中でも、1998年12月4日に行われたブンデスリーガ第16節のボーフム戦では、ストライカーらしい素晴らしいゴールを決めている。 1点ビハインドの45分、ヤンカーのポストプレーからDFビセンテ・リザラズがクロス。これは相手のクリアに遭うも、クリアボールはボックス外のヤンカーの元へ飛んでいきます。 ヤンカーはこれを滑り込みながらうまく体を倒してボレーで合わせると、ジャストミートしたシュートはそのままバーに直撃してゴールネットを揺らしました。 ヤンカー氏のゲルマン魂が乗り移ったスーパーなゴールでした。 2020.12.04 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ハビ・マルティネスが改めてバイエルン退団を示唆「新しいことに挑戦したい」

バイエルンの元スペイン代表MFハビ・マルティネス(32)が、改めて今季限りでの退団を示唆している。 今夏で契約切れを迎えるハビ・マルティネスは、以前から退団を示唆するコメントを残しており、クラブ最高経営責任者のカール=ハインツ・ルンメニゲ氏も「彼が退団を望んでいることは知っている。適切なオファーがあれば、我々は受け入れるつもりだ」と移籍を容認する姿勢を示している。 これまでに古巣のビルバオやソシエダ、さらには中東からのオファーも報じられるなど、来夏の退団が確実視されている同選手が、試合前の会見の場で改めて新たな挑戦をしたいと、意向を明らかにした。 「2021年6月の話をするには早すぎると言ってきたはずだ。このクラブで何年も素晴らしい時間を過ごしてきた。どうなるか見てみようよ。僕はキャリアを終える前にまた新しいことにチャレンジしたい。特に好みはないけどね」 2020.12.02 16:44 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly