メッシがバルサ退団騒動を語る…「もう終わりにしたい」 結束を求める声も

2020.09.30 11:20 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが今夏の退団騒動を語り、結束を求めた。長らくバルセロナの絶対的エースに君臨するメッシだが、今夏に退団を志願。プレシーズン始動に先駆けた新型コロナウイルスの受検やトレーニング参加を拒み、確固たる姿勢を示したが、契約解除金7億ユーロ(約868億8000万円)の存在も大きな障壁となり、最終的にスペイン版『Goal.com』のインタビューで残留を表明した。

そうした騒動を経て、ロナルド・クーマン新体制のバルセロナで今季の開幕を迎えたメッシ。スペイン『スポルト』のインタビューで、現在の胸中を明かした。

「あれだけ意見の食い違いがあったとはいえど、もう終わりにしたい。バルセロナに関わるすべての人々を結束させ、最高のときがこれから来ると思ってもらうようにしなければならない。情熱と熱意を注ぎ、常に一致団結して同じ方向に進むのが目標を達成できる唯一の道だ」

結束を求めたバルセロナの10番は「僕は自分の過ちに対する責任を負う。仮にあったとするなら、それはバルセロナをより良く、より強くするためだけのものでしかなかった」とクラブに対する思いを続けると、ファンにもメッセージを残した。

「僕らをフォローしてくれるすべてのクラブ会員とクレにメッセージを送りたいと思っていたんだ。もし僕の言動で不愉快にさせるようなことがあったとしても、それは常にクラブの利益を考えてやっていること。それについて、疑問の余地なんてない」
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナが離脱中のセルジ・ロベルトの新型コロナ感染を報告…今後は自宅でリハビリを継続

バルセロナは2日、スペイン代表DFセルジ・ロベルトが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを報告した。 バルセロナによれば、クラブは1日にPCR検査を実施。その結果、セルジ・ロベルトが陽性反応を示したとのことだ。セルジ・ロベルトは無症状であり、現在はプロトコルに従って自宅隔離しているとのことだ。 セルジ・ロベルトは、11月21日に行われたラ・リーガ第10節のアトレティコ・マドリー戦で負傷。検査の結果、右大腿直筋裂傷で、全治は約2カ月と診断されていた。 クラブによれば、今後セルジ・ロベルトは自宅隔離措置を取りつつ、戦列復帰に向けたリハビリを続けていく予定だという。 2020.12.03 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

「なんでデンベレの方が試合に出てるの?」バルサBの“リーサルウェポン”にファンから期待の声

バルセロナBに所属するアメリカ代表FWコンラッド・デ・ラ・フエンテ(19)のプレーに注目が集まっている。 FWリオネル・メッシを始め、MFアンドレス・イニエスタやMFチャビ・エルナンデスら、世界最高峰の名手たちを輩出してきた、世界屈指のユースシステムを誇るバルセロナ。 <div id="cws_ad">◆ファティのクラブ最年少CLゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1NEsyeWFIcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 最近では、FWアンス・ファティなど、新たな逸材が登場する中、先月24日のチャンピオンズリーグ(CL)グループG第4節のディナモ・キエフ戦では、弱冠19歳のコンラッドがトップチームデビューを果たしていた。 11月の代表戦でも、アメリカ代表デビューを果たすなど、注目株であるコンラッドだが、29日のセグンダB(スペイン3部)のリェイダ・エスポルティウ戦では、圧巻のパフォーマンスを見せた。 左ウイングのポジションで先発フル出場を果たしたコンラッドは、序盤から積極的な仕掛けで味方のチャンスを作ると、前半アディショナルタイムの46分、GKからのスローインを自陣左サイドで受けると、一気にドリブル突破。 相手DFからのプレスをスピードで跳ね除けると、その後も鮮やかなフェイントでDFをするりとかわし、約60mを独走してボックス内に侵入すると、シュートを放つ。このシュートは惜しくもGKにセーブされるも、圧巻のスピードとテクニックを見せた。 65分には、ボックスの外でボールを受けたコンラッドが右足で鋭いグラウンダーのシュートを決め、ゴールも記録。決定的な仕事ができることも示した。 このプレー動画をバルセロナ公式ツイッターアカウント(@FCBarcelona)が「リーサルウェポン」という一言とともに公開すると、ファンから称賛の声が集まった。 「彼はトップチームの試合にもっと出るべき」とのコメントの他「ファティがケガで離脱している間、チャンスをもらってもいいと思う」など、期待するコメントが多い中、「なんでデンベレの方が試合に出ているんだ。コンラッドの方が一人前の選手と言えるんじゃないか?」と言った極端な反応も見られた。 成長著しかったファティが長期離脱を強いられてしまったことは、バルセロナにとって痛手であるが、次々と出てくる若いタレントに今後も注目だ。 <div id="cws_ad">◆19歳の逸材コンラッド、圧巻のパフォーマンス<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br> <a href="https://twitter.com/konradjr?ref_src=twsrc%5Etfw">@konradjr</a> <a href="https://t.co/Wq6U8lQT7n">pic.twitter.com/Wq6U8lQT7n</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1333569256060039169?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.02 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

クーマンがメッシを招集外とした理由明かす「明日が休む最後のチャンス」

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、フェレンツヴァーロシュ戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 バルセロナは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節でフェレンツヴァーロシュと対戦する。グループ突破が決まっているバルセロナにとっては首位突破を確定させる試合である一方で、主力を休ませる絶好の機会となる。 クーマン監督は、その2つの要素を理解しつつ、試合前のプレスカンファレンスで絶対的エースのFWリオネル・メッシを招集外とした理由を説明した。 「最も重要なのはグループを突破することだった。しかしバルサとしては常に良いプレーをして勝利を目指し、トップに立ちたいと思っている」 「難しい試合になると予想している。フェレンツヴァーロシュは前線に良い選手がいるため、我々は彼らの攻撃をしっかりと抑えていかなければならないだろう」 「メッシは通常休むことはないが、今シーズンはディナモ・キエフ戦や明日の試合のように、休めるときもあるだろう」 「すでにグループ突破を決めていることが、フェレンツヴァーロシュ戦で彼を使わないことにした主な理由だ」 「若い選手にもチャンスを与えたいし、次のリーグ戦はとても重要だ。明日は(メッシが)休む最後のチャンスとなる」 最後にクーマン監督は、この試合でも起用が期待される若手選手にも言及。トップチームの選手を信頼しているからこそ、ユースの選手にチャンスを与えることができると語った。 「若い選手にはチャンスを与えなければならない。もし移籍市場でチームを改善できないのであれば、後はユースの選手たちに懸かっている」 「彼らのトレーニングを見てきたが、質の高い選手が何人かいて、プレッシャーの中でプレーすることにも慣れている。そしてその周りには(トップチームの)素晴らしい選手たちがいる。彼らを信頼しているからこそ、可能な限りいつでもチャンスを与えることができる」 2020.12.02 17:03 Wed
twitterfacebook
thumb

CB不足のバルサ、アトレティコのブラジル代表DFフェリペに注目か

バルセロナが、アトレティコ・マドリーのブラジル代表DFフェリペ(31)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 主力のDFジェラール・ピケが右ヒザの大ケガで長らくの戦線離脱を強いられているバルセロナ。その他にもDFサミュエル・ユムティティやDFロナルド・アラウホも負傷中で、先日のリーグ戦でDFクレマン・ラングレも右足首を負傷するなど、センターバックで故障者が相次いでいる。 冬の移籍市場での補強が必須とみられる中、フリーのDFエセキエル・ガライやマンチェスター・シティのDFエリック・ガルシアの名前が候補として浮上中。さらに『アス』はアトレティコで控えに甘んじているフェリペも候補の1人だと主張している。 母国ブラジルでプレーしていた同選手は、2016年夏のポルト移籍で欧州入り。ポルトでは在籍3年で公式戦142試合に出場するなど主力として活躍し、その間にセレソンデビューも果たした。 アトレティコではDFホセ・ヒメネスの負傷離脱に伴い、加入1年目の昨季は公式戦36試合に出場したが、ディエゴ・シメオネ監督はヒメネスとDFステファン・サビッチをファーストチョイスとしており、3バックを試した先のバルセロナ戦では、3人目のセンターバックはフェリペではなくDFマリオ・エルモソだった。 バルセロナはそんな状況から獲得のチャンスがあると見込んでいるようだが、アトレティコ側には手放す意思はない模様。それでも31歳という年齢や、契約が2022年までとなっていることから、可能性は低くないと『アス』は踏んでいる。 2020.12.02 13:47 Wed
twitterfacebook
thumb

GS突破を決めているバルセロナがアウェイ遠征の招集メンバーを発表!メッシ、コウチーニョらは招集外《CL》

バルセロナは1日、翌日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節のフェレンツヴァーロシュ戦に向けた招集メンバーを発表した。 今回のアウェイ遠征メンバーには、20名が招集。ケガの元スペイン代表DFジェラール・ピケ、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ、スペイン代表DFセルジ・ロベルト、スペイン代表FWアンス・ファティ、フランス代表DFサミュエル・ユムティティに加え、ドイツ代表GKテア・シュテーゲン、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ブラジル代表MFコウチーニョは休養のため招集外となった。 バルセロナは現在、4連勝でグループGの首位に立っており、すでに決勝トーナメント進出が決定。フェレンツヴァーロシュ戦に勝利すればグループステージ首位通過に大きく近づく状況となっている。バルセロナの招集メンバーは以下の通り。 ◆バルセロナ招集メンバー <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ネト</span> <span style="font-weight:700;">イニャキ・ペーニャ</span> <span style="font-weight:700;">アルナウ・テナス</span> <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">セルジーニョ・デスト</span> <span style="font-weight:700;">クレマン・ラングレ</span> <span style="font-weight:700;">ジョルディ・アルバ</span> <span style="font-weight:700;">ジュニオル・フィルポ</span> <span style="font-weight:700;">オスカル・ミンゲサ</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">セルヒオ・ブスケッツ</span> <span style="font-weight:700;">カルレス・アレーニャ</span> <span style="font-weight:700;">ミラレム・ピャニッチ</span> <span style="font-weight:700;">リキ・プッチ</span> <span style="font-weight:700;">ペドリ</span> <span style="font-weight:700;">マテウス・フェルナンデス</span> <span style="font-weight:700;">フレンキー・デ・ヨング</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アントワーヌ・グリーズマン</span> <span style="font-weight:700;">マルティン・ブラースヴァイト</span> <span style="font-weight:700;">ウスマーヌ・デンベレ</span> <span style="font-weight:700;">フランシスコ・トリンコン</span> <span style="font-weight:700;">コンラッド・デ・ラ・フエンテ</span> 2020.12.01 23:30 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly