レーティング: ローマ 2-2 ユベントス《セリエA》

2020.09.28 05:46 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第2節、ローマvsユベントスが27日に行われ、2-2で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
83 ミランテ 5.0
特別好守なく2失点

DF
23 G・マンチーニ 5.5
無理することなく堅実にプレー。2失点目の場面ではブルーノ・ペレスと意思疎通ができなかった

3 イバニェス 6.0
ディフェンスラインを統率。C・ロナウドとモラタの相手2トップを機能させなかった

24 クンブラ 6.0
激しい当たりでモラタを封殺

MF
18 サントン 6.0
リスクを負わず、守備に気を配っていた

(→ブルーノ・ペレス 5.0)
C・ロナウドをフリーにして失点に関与

7 ペッレグリーニ 5.0
流れの中で存在感を示せず、不用意なPK献上も

(→A・ディアワラ 5.5)
開幕戦では反則負けの原因となってしまったが、いつも通りのパス捌きで試合に入った

17 ヴェレトゥ 7.0
ドッピエッタの活躍。攻守に奮闘した

37 スピナッツォーラ 6.5
古巣相手にドリブルでの仕掛けでアクセントを付けた

FW
11 ペドロ 6.0
精力的に動いて前線を活性化させた

9 ジェコ 6.0
移籍の噂のあったユベントス相手に先発復帰。前線で起点となる働きをこなした

77 ムヒタリアン 6.5
開幕戦ではゼロトップ起用でプレーし辛そうだったが、本職の位置で躍動。2点目をアシスト

監督
フォンセカ 6.0
内容と数的優位を考えれば勝ち切りたいところだった

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 6.0
2失点も防げるシュートは止めていた

DF
13 ダニーロ 6.0
好クロスで同点弾演出。守備面ではスピナッツォーラの仕掛けに苦戦

19 ボヌッチ 5.5
軽いプレーが散見された

3 キエッリーニ 6.0
ジェコとの重量級のマッチアップとなったが、何とか耐え抜く

16 クアドラード 5.5
不慣れな左サイドバックでプレーし辛そうだった

MF
44 クルゼフスキ 5.5
右サイドより2トップの一角に入った方が脅威だった

(→フラボッタ -)

25 ラビオ 4.5
PK献上に退場と彼の日ではなかった

14 マッケニー 5.0
開幕戦での躍動は見られず。プレスをかける位置が曖昧だった

(→アルトゥール 5.5)
ユベントスデビュー。無難にボールを捌いた

8 ラムジー 5.5
中寄りに位置取ってクアドラードの上がりを促すも、さほど効果的ではなかった

(→ベンタンクール 6.0)
数的不利も運動量を増やしてチームを助けた

FW
9 モラタ 5.0
復帰後即スタメン起用となったが、全く周りと合わなかった

(→ドグラス・コスタ 5.5)
攻撃を多少活性化させた

7 C・ロナウド 7.0
個人技でチームを敗戦から救う

監督
ピルロ 5.5
開幕戦の3-5-2から可変的な4-4-2に変更したが機能したとは言えず。モラタの先発起用も外れた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
C・ロナウド (ユベントス)
同じくドッピエッタのヴェレトゥも素晴らしかったが、敗戦が妥当な試合内容であった中、チームに勝ち点1をもたらしたC・ロナウドを選出。エースの働きを示す。

ローマ 2-2 ユベントス
【ローマ】
ヴェレトゥ(前31)【PK】
ヴェレトゥ(前46)
【ユベントス】
C・ロナウド(前44)【PK】
C・ロナウド(後24)


コメント
関連ニュース
thumb

フェイエ主将MFベルフハイスにローマ行きの可能性?

フェイエノールトに所属するオランダ代表MFステーフェン・ベルフハイス(28)にローマ行きの可能性があるようだ。『transfermarkt』が伝えている。 トゥヴェンテでプロキャリアをスタートしたベルフハイスはAZ時代に台頭。その後、ワトフォードを経て2016年夏にフェイエノールトへレンタル移籍で加入すると、完全移籍に切り替わった2017年から絶対的な主力に君臨し、現在は背番号10と共にキャプテンを務めている。 右ウイングを主戦場に卓越した左足の技術、パス精度、決定力を併せ持つ万能型アタッカーは、直近3シーズンのエールディビジで毎シーズン20ゴール以上に関与しており、今シーズンここまでも6試合の出場で6ゴール4アシストを記録している。 オランダ代表としても通算15キャップを刻むベルフハイスに関しては以前からローマからの関心が伝えられており、今夏にも移籍に迫っていたとの報道もあった。 そういった中、フェイエノールトのキャプテンはオランダ『RTL 7』でローマとの関連について言及している。 「そのこと(ローマからの関心)については幾つかのことを知っているよ。だけど、僕はここにいる。確かに彼らからの関心はあったけど、具体的なものは何もなかったよ」 「これについてはかなり前から続いている話で、クラブと代理人は過去にそれについて話し合ったこともある」 「ローマ行きに関して具体的な考えはないよ。具体的な話がないのだからね。もちろん、その時が来れば、当然考えることになるはずさ。ただ、現時点で僕が焦点を当てるべきものではないよ」 なお、オランダ『Voetbal International』によると、ベルフハイスは2019年8月に2022年までの新契約にサインした際、金額は不明もクラブ側に不当な移籍金を要求しない旨を受け入れさせており、バーゲン価格での移籍が可能だという。 ローマは今夏、元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスを獲得した一方、トルコ代表FWジェンギズ・ウンデル、オランダ代表FWユスティン・クライファート、元アルゼンチン代表FWディエゴ・ペロッティら昨季の主力クラスがクラブを離れており、2列目の選手層に不安を抱えている。 2020.10.30 18:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ再デビューのスモーリング、「ピッチに戻ってくることが待ち切れなかった」

ローマ再デビューを飾った元イングランド代表DFクリス・スモーリングが0-0のドローに終わったCSKAソフィア戦を振り返った。クラブ公式サイトが試合後コメントを伝えている。 ローマは29日、ヨーロッパリーグ(EL)・グループA第2節でCSKAソフィアと対戦し、0-0のドローに終わった。 ホームで格下相手のドローという消化不良の内容となったが、今夏の移籍市場最終日にマンチェスター・ユナイテッドから完全移籍で帰還を果たしたスモーリングにとっては、ローマでの記念すべき再デビューの一戦となった。 ユナイテッドで個別トレーニングが続いたことにより、コンディションの問題を抱えていたスモーリングは、直近でヒザに軽傷を負っていたこともあり、ローマでの再デビュー戦は先発から60分ほどのプレータイムとなった。 元イングランド代表DFは再デビューを喜びながらも、勝利を逃したことを悔やんでいる。 「個人的には(プレータイムの)制限があった中でも60分ほどプレーできて良かったと思っているよ」 「チームメイトと共にピッチに戻ってくることが待ち切れなかったんだ。ただ、勝ち点3を得られなかったことを少し残念に思うよ」 「前半に関してはチーム全体でエネルギーが足りなかったと思う。僕らはボールをより上手く、より速く動かしていく必要があった。後半はより良くできたと思うし、違いは一目瞭然だったと思うよ」 また、3バックの中央で持ち味の空中戦の強さに加え、的確なカバーリングを見せるなど、上々のパフォーマンスを見せたスモーリングだが、ベストコンディションを取り戻すにはもうしばらく時間を要することを認めている。 「ここ数日間はトレーニングを通じて良い感触を得ていたんだ。だから、60分ほどのプレーであれば、十分にフィットしていたと言えるね」 「まだ、状態はベストではないけど、すぐにその状態に到達するはずさ」 なお、公式戦2試合連続ドロー中のローマは11月1日にホームで開催されるセリエA第6節でフィオレンティーナと対戦する。 2020.10.30 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマDFクンブラ、同点ゴールを記録も失点シーンを反省「避けられるはずだった」

ローマのアルバニア代表DFマラシュ・クンブラが3-3の引き分けに終わったミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日にセリエA第5節で首位のミランと対戦したローマ。FWズラタン・イブラヒモビッチに2ゴールを許すなど、3度リードされる展開となったが、FWエディン・ジェコ、MFジョルダン・ヴェレトゥ、クンブラのゴールで追いつき、3-3の引き分けに持ち込んだ。 ヨーロッパリーグ(EL)のヤング・ボーイズ戦に続いて公式戦2試合連続ゴールを記録したクンブラはゴールについて、「ボックス内にボールを供給できれば、チャンスになることがよくある。コーナーからの得点は非常に簡単な場合があるんだ。ボールがファーポストに当たるのではないかと思ったけど、最終的にうまくいったね」と振り返った。 しかし、先制点を与えた場面についても触れると「僕はすべての分野で改善できると思う。イブラヒモビッチの最初のゴールも避けられるはずだったが、ミスを犯してしまった。最終的にゴールを決めてミスを補うことができた」と失点に悔やむも、取り戻せたと語った。 2020.10.27 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン相手に3度追いついたフォンセカ監督「勝利するためのプレーをしていた」

ローマを率いるパウロ・フォンセカ監督が、打ち合いとなったミラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 26日にセリエA第5節でミランと対戦したローマ。3回ビハインドになるも、FWエディン・ジェコ、MFジョルダン・ヴェレトゥ、DFマラシュ・クンブラのゴールで追いつき、3-3の引き分けに持ち込んだ。 試合後のインタビューに応じたフォンセカ監督は「試合の進め方は良かった」と試合を振り返り、選手たちの姿勢を褒めた。 「ポジティブな面は、3ゴールを決めたことだが、ネガティブな面は3ゴールを許したことだ。しかし、とても互角の試合だった」 「序盤の数分で失点してしまったが、その後は勇気を持って、クオリティの高いビルドアップをして、チームは良い反応を見せた。しかし、我々はピッチのファイナルサードの決定機で、何度もミスを犯してしまった」 この試合では、ローマとミランにそれぞれPKのシーンがあったが、この件については「私は何も言いたくない。間違いを犯す可能性があることは理解している。審判が今日ミスをした場合、彼は両チームに対してミスを犯したことになる」と語るに留めた。 2020.10.27 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランvsローマは壮絶ドロー! イブラ3戦連続ドッピエッタも3度のリード守り切れず開幕5連勝ならず…《セリエA》

セリエA第5節、ミランvsローマが26日にサンシーロで行われ、3-3のドローに終わった。 前節、インテルとのダービーを2-1で制したセリエA開幕4連勝の首位ミランは、23日に行われたヨーロッパリーグ(EL)初戦のセルティック戦も3-1で勝利。今年6月半ばのコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦以降、21戦無敗(16勝5分け)と圧倒的な強さを示している。 開幕5連勝を目指す今回のビッグマッチでは、新型コロナウイルスの陽性反応が確認された守護神のドンナルンマがハウゲと共に招集外となり、今季新加入のGKタタルサヌがデビューを飾ったものの、フィールドプレーヤーはインテル戦と同じメンバーが起用された。 一方、フォンセカ体制2年目となった今季のローマは、選手登録違反によってヴェローナとの開幕節を0-3の敗戦扱い(実際の試合は0-0)となる最悪の船出となった。だが、以降はユベントスにドロー、ウディネーゼ、ベネヴェントに連勝を飾り、直近のELヤング・ボーイズ戦も一部主力を温存した中、2-1で逆転勝利を収めている。首位チームとのアウェイゲームではシステムを[3-4-2-1]に戻して、前線にはジェコとムヒタリアン、ペドロが並んだ。 マンデーナイト開催の注目のビッグマッチは開始早々に動く。2分、相手陣内左サイドで仕掛けたレオンが左足でクロスを入れると、DFクンブラがクリアし切れずにファーに流れたボールを、飛び出したGKミランテの手前で長い足を伸ばして触ったイブラヒモビッチが流し込んだ。 イブラヒモビッチの2試合連続ゴールで幸先良くリードを奪ったミランは、その後もリズム良くボールを動かしながら追加点を狙っていく。 一方、ローマも左サイドのムヒタリアンを起点に徐々に相手陣内深くに侵攻すると、こちらも頼れる主砲が仕事を果たす。14分、右CKの場面でキッカーのペッレグリーニが右足インスウィングの浮き球のボールを入れると、飛び出したGKタタルサヌが触れずにファーへ流れたところをDFロマニョーリに競り勝ったジェコが頭で合わせ、こちらも2試合連続ゴールとした。 両主砲のゴールで振り出しに戻った試合は、ここから睨み合いの状況がしばらく続いていく。だが、前半半ばを過ぎて互いに2点目に迫る場面を作り出す。まずは28分、セットプレーの二次攻撃からボックス手前のテオ・エルナンデスが左足で際どいシュートを放つと、その直後にもチャルハノールの正確なプレースキックに合わせたロマニョーリ、ケアーのセンターバックコンビが決定的なヘディングシュートを放つが、GKミランテの好守と右ポストに阻まれる。 一方のローマは30分過ぎにイバニェス、ペッレグリーニが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、いずれもGKタタルサヌの好セーブに阻まれた。 その後、前半終了間際の43分にはイブラヒモビッチが身体を張って得たペナルティアーク付近のFKから名手・チャルハノールが壁の間を抜く強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKミランテの好守に遭い、前半は1-1で終了を迎えた。 後半も引き続き拮抗した展開が予想されたが、前半同様に勢いを持った入りを見せたホームチームが電光石火のゴールを奪う。47分、左サイドをドリブルで突破したレオンが丁寧にマイナスの折り返しを入れると、タイミング良く中央に走り込んできたサレマーカーズが右足のワンタッチでニアを射抜いた。 前半の反省を生かせずにまたしても立ち上がりの失点となったローマはすぐさま反撃を開始。52分、自陣から長い距離を持ち上がったペドロから縦パスを受けた左サイドのムヒタリアンが正確な折り返しを入れる。これをボックス右に抜け出したジェコが右足インサイドのダイレクトシュートで合わすが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。 その後は連戦の疲労を感じさせる行ったり来たりのオープンな展開が続く中、試合の主役の座はジャコメッリ主審に移っていく。69分にはボックス内でムヒタリアンのシュートのこぼれ球に反応したペドロとベナセルが交錯。一見すると、ペドロのファウルのように見えたものの、ここでVARの介入もなく即PK判定が下される。これをキッカーのヴェレトゥが決めた。 この微妙な判定にミラン陣営の不満が募り、試合は徐々に荒れ模様の様相を見せるが、今度はミランにお返しのような判定が下される。78分、ボックス内でルーズボールに反応したチャルハノールとDFマンチーニの微妙な接触でPKが与えられる。 これをキッカーのイブラヒモビッチがきっちり決め切って出場3試合連続でのドッピエッタ達成で得点ランキングトップの6ゴールに到達した。 この3点目で勝負ありかに思われたが、ローマが驚異の粘りを見せる。84分、左CKの場面でキッカーのヴェレトゥの鋭いボールがニアのイブラヒモビッチに当たってファーに流れると、これに反応したクンブラが見事な右足ボレーで流し込み、決勝点を決めたヤング・ボーイズ戦に続く2試合連続ゴールとした。 これで一気にわからなくなった試合は最後まで白熱の展開を見せるが、試合終盤にミランに訪れたセットプレーの決定機ではケシエのヘディングがGKミランテに、ラストプレーのロマニョーリのヘディングは枠のわずか右に外れ、このままタイムアップ。 壮絶な打ち合いとなったミランとローマのビッグマッチは3-3のドローに終わり、3度のリードを守り切れなかったミランは公式戦無敗を22試合に更新も、開幕5連勝を逃がす結果となった。 2020.10.27 07:02 Tue
twitterfacebook