値千金PK決勝弾のブルーノ・フェルナンデス「ビッグチームには今日みたいな試合も必要」

2020.09.27 10:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが劇的な展開での白星を振り返り、決勝ゴールに繋がった自らのPKシーンにも言及した。

ユナイテッドは26日に敵地で行われたプレミアリーグ第3節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。3-2で勝利。相手のシュートが5度もクロスバーやポストを叩いたほか、2-2で試合終了のホイッスルが鳴った後のVAR判定でラストプレー時に相手のハンドが認められ、PKのチャンスが巡ってくる運も味方につけ、今季初勝利を手にした。

そのPKのチャンスを確実に決め切り、チームを劇的勝利に導いたB・フェルナンデスは試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューで「すごく難しいゲームだった。ブライトンがすごく良いチームで、良いクオリティを持っているのも承知済みだったんだ」と語ると、こう続けた。

「僕らは相手にプレーのスペースを許し過ぎて、思うような形で攻撃的にもいけず、2失点を喫した。僕が許したPKのシーンはもっと早く止めるべきだった。2失点目の場面ももっと良い対応が必要。いくつかのミスを冒したが、ビッグチームには今日みたいな試合も必要になってくる。最後まで信じる気持ちを持っていないとね」

また、後半アディショナルタイム10分に獲得したPKのチャンスにも「試合が終わっても、VARの判定を確認しないといけないとわかっていた。明らかにハンドだったと思う。映像でもチェックしたんだ」と正当性を主張すると、PKのキッカーを務めた場面もついてもクラブ公式チャンネル『MUTV』でコメントした。

「PKが与えられるかもしれないから、すべきことに集中しないといけなかった。もちろん、今日のようなPKのキッカーを務めるときは気持ちの強さも必要。チームメイトが信頼してくれているからね。前にも言ったように、PKは試合の鍵を握るもの。今日もそうで、ゴールを決めることができた。別に僕じゃなくても、ほかの選手でも構わない。どちらにせよ、3ポイントがホームに持ち帰る最高の結果に繋がるわけだからだ」

コメント
関連ニュース
thumb

PSGに続いてライプツィヒも撃破! スールシャールがハットのエースにも賛辞

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が結果に満足感を示すとともに、エースの活躍を称えた。『UEFA.com』が伝えている。 ユナイテッドは28日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でRBライプツィヒと対戦。5-0の快勝で2連勝を成し遂げた。 初戦のパリ・サンジェルマン(PSG)戦に続いて、ライプツィヒも破り、グループ首位に立つスールシャール監督は試合後、こう振り返っている。 「ライプツィヒはプレッシャーとインテンシティに秀でたインクレディブルなチームだが、我々も素晴らしいと思った。非常にフォーカスして、選手たちも難しい試合だと認識してもいたんだ」 「どんなチームも全試合で勝利を目指すもの。私は自分たちに焦点を当てることで、より良いプレーができると思っている。それこそ、今夜の我々がやってのけたことだ」 「結果は少し大げさだったが、今日のようなプレーができれば、相手に問題を引き起こすことができる」 また、63分からのピッチインでキャリア初のハットトリックをやってのけたエースのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードにも賛辞を送った。 「マーカスはファンタスティックだった。ピッチに入って、一生懸命働き、信じられないようなインパクトを残した」 「ベンチからのインパクトは望むこと。そういう選手がリザーブにいるのは我々にとって、素晴らしいことだ」 2020.10.29 09:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードがキャリア初ハットトリック! 途中出場での達成に「これ以上ない」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードがハットトリック達成に歓喜した。『UEFA.com』が伝えている。 ユナイテッドは28日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でRBライプツィヒと対戦。5-0の快勝で2連勝を成し遂げた。 この試合で大きな輝きを放ったのがラッシュフォード。1-0の63分からの出場だったが、わずか27分間で3ゴールを決める活躍を披露してみせた。 キャリア初のハットトリックを欧州最高峰の舞台で成し遂げたラッシュフォードは試合後、素直に喜びの思いを口にした。 「ハットトリックを成し遂げられたのは素晴らしいこと。ベンチからインパクトを残したいと思ったのは明らかで、僕からすれば、これ以上ないね」 エースの活躍により、グループステージ開幕から2戦2勝で首位に立つユナイテッド。ラッシュフォードは開幕から2勝1分け2敗のプレミアリーグにこの流れを持ち込みたいと語った。 「すごく良い2チームと対戦して、6ポイントを手にして、このグループ内で良いポジションにいる。この流れでプレミアリーグの戦いに臨めたら」 「ホームで今季初勝利を手にするのも重要だった。ここは要塞じゃないとならない場所。ここで手にするたくさんの勝利の1つ目であるのを願うよ」 2020.10.29 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

途中出場ラッシュフォードのハットなど攻撃陣爆発のユナイテッドがライプツィヒに完勝! 待望の今季ホーム初白星《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節、マンチェスター・ユナイテッドvsRBライプツィヒが28日にオールド・トラフォードで行われ、ホームのユナイテッドが5-0で圧勝した。 グループ突破本命のパリ・サンジェルマン(PSG)とのアウェイでの初戦を2-1で競り勝って白星スタートを飾ったユナイテッド。直近のリーグ戦ではチェルシー相手に0-0のドローに終わったが、チーム状態は上向きだ。グループステージ連勝と共に今季ホームゲーム初勝利を目指す一戦では、チェルシー戦から先発5人を変更。マタ、ダニエル・ジェームズ、マクトミネイ、ラッシュフォード、ブルーノ・フェルナンデスに代えてポグバ、ファン・デ・ベーク、マティッチ、マルシャル、グリーンウッドを起用した。 一方、昨季セミファイナリストのライプツィヒはイスタンブール・バシャクシェヒルとの初戦を2-0で快勝し、対戦相手同様に白星スタート。さらに、リーグ戦でもヘルタ・ベルリンに競り勝って首位キープに成功している。その試合からは先発4人を入れ替えて、ユスフ・ポウルセン、コナテらが起用された。 ホームのユナイテッドがファン・デ・ベークをトップ下に配した[4-3-1-2]、アウェイのライプツィヒが可変式の[3-1-4-2]の布陣で臨んだ中、立ち上がりから一進一退の攻防が繰り広げられる。 よりボールを握ったのはライプツィヒだったが、ユナイテッドも中盤と最終ラインがうまく連携しながら相手得意のスピーディーな仕掛けは許さない。 互いに決定機まであと一歩という状況が続いた中、20分過ぎに均衡が破れる。21分、相手陣内中央でルーズボールを回収したフレッジからボールを引き取ったポグバがそのまま縦に運んでスルーパス。これにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したグリーンウッドが左足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 敵地で先制を許したライプツィヒはすぐさま反撃。24分にはフォルスベリのパスを受けたエンクンクがボックス右から強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKデ・ヘアがワンハンドセーブで阻止する。 その後は攻守に存在感を放つポグバ、細かいボールタッチとプレーの連続性を見せたファン・デ・ベークを中心にユナイテッドが中盤の主導権を握っていくが、アウェイチームも球際の強さと鋭い縦への仕掛けで応戦。前半はこれ以上スコアに動きはなかった。 後半も中盤での潰し合いが目立つインテンシティの高い攻防が続く中、両ベンチが早い時間帯に動く。ユナイテッドは63分にマティッチ、グリーンウッドを下げてマクトミネイ、ラッシュフォードを投入。対するライプツィヒもヘンリクス、エンクンクに代えてザビッツァー、セルロートを投入。 その中で65分にはライプツィヒに後半最初のビッグチャンス。セットプレーの流れからゴール右のコナテがヘディングシュートを放つが、この至近距離からのシュートはGKデ・ヘアが掻き出した。 このピンチを凌いだユナイテッドは、ここからよもやのゴールラッシュを見せる。まずは76分、途中出場のブルーノ・フェルナンデスのスルーパスに反応したラッシュフォードが完璧なタイミングで相手の背後を取り、GKとの一対一を難なく制する。オフサイドディレイによって当初オフサイド判定でゴールは取り消しも、VARで抜け出した位置がハーフウェイラインの手前と判断されゴールが認められる。 さらに、直後の78分には相手陣内中央でのフレッジのボール奪取からボックス手前でDFウパメカノを抜き去ったラッシュフォードが瞬く間に3点目を奪った。 この連続ゴールによって週末のアーセナル戦を睨みポグバ、ワン=ビサカを下げたユナイテッドだったが、87分にはボックス内で仕掛けてザビッツァーのファウルを誘ったマルシャルがPKを獲得。これを自ら冷静に決めて4点目。さらに、試合終了間際にはマルシャルのお膳立てからラッシュフォードにハットトリック達成となる5点目まで生まれた。 そして、勝負所をきっちり抑えてライプツィヒに決定力の差を見せ付けたユナイテッドが、CL連勝を飾ると共に待望の今季ホーム初白星を手にした。一方、敗れたライプツィヒは開幕8戦目にして今季の公式戦初黒星を喫することになった。 マンチェスター・ユナイテッド 5-0 RBライプツィヒ 【マンチェスター・ユナイテッド】 グリーンウッド(前21) ラッシュフォード(後31) ラッシュフォード(後33) マルシャル(後42)【PK】 ラッシュフォード(後47) 2020.10.29 07:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド移籍の噂が原因?今シーズン不振のサンチョをファブレ監督が擁護

ドルトムントのルシアン・ファブレ監督は、イングランド代表MFジェイドン・サンチョが不調な原因が、マンチェスター・ユナイテッド移籍の噂にあると考えているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 サンチョは昨シーズンのドルトムントで公式戦43試合に出場し、19ゴール18アシストをマークするなど、チームの中心選手として活躍。夏にはマンチェスター・ユナイテッドが獲得に動き、サンチョ本人も移籍を望んでいるという噂があったが、結局ドルトムントに残留した。 今シーズン、サンチョはブンデスリーガ4試合に出場しているもののいまだ得点はなく、低調なスタートとなっている。また、10月のインターナショナルマッチウィークでは、イギリス政府が定めた対コロナプロトコルに違反し謝罪。ピッチ内外で問題の多い時期を迎えている。 このまま不調が続けば批判の声も高まってくることが予想されるが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ゼニト戦の試合前会見に臨んだファブレ監督は、サンチョの不振に夏の移籍の噂が影響していることを認めつつ、どんな選手にも波があると擁護した。 「どんな選手にも不振な時期はあるんだ。ジェイドンには夏の間に多くの話があったからね。それが原因になっている可能性もある」 「1シーズン一貫してトップのパフォーマンスを維持できる選手なんていない。そんなことは不可能なんだ。(サンチョの不調についても)受け入れる必要がある」 夏の移籍は実現しなかったものの、サンチョのユナイテッド移籍の噂は消えていない。イギリス『The Athletic』によると、ユナイテッドはいまだにサンチョをトップターゲットとして狙っており、獲得を確信しているようだ。今後サンチョがどのような決断をするのか、注目したい。 2020.10.28 18:34 Wed
twitterfacebook
thumb

スールシャールはグループ早期突破を狙う「早く勝ち点10を獲得することが我々の目標だ」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、RBライプツィヒ戦に向けて意気込みを語った。公式サイトが伝えている。 20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)開幕節でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦し、敵地で勝利を収めたユナイテッド。グループ最大のライバルから白星を挙げ、最高のスタートを切った中、28日の第2節ではドイツの強豪ライプツィヒと対戦する。 本拠地オールド・トラフォードで連勝が期待されるスールシャール監督は、試合前のプレスカンファレンスでライプツィヒ戦への意気込みとグループリーグ早期突破への意欲を語った。 「我々はどの試合も勝ち点3を獲得するチャンスとみなしており、4チームが参加するこのグループステージでは、勝ち点10があれば突破できるだろうと推測している」 「もちろん、できるだけ早く勝ち点10に到達することが我々の目標だが、今は明日の試合で勝ち点3を獲得することに集中している」 早期突破を狙う理由については、「今シーズンは非常に特別なシーズンだと思う」と、試合が短期間に集中している異例のシーズンであると強調し、選手を休ませるためであると述べた。 「我々は特別な状況の中にいる。中2日、中1日のときもあれば、“ラッキーなことに”中3日のときもある」 「しかしシーズン終了まではその日程をこなしていかなければならず、その後にユーロと新シーズンが控えている」 「もちろん、選手たちに息抜きや休憩を与えるチャンスがあれば、それは大変喜ばしい」 またスールシャール監督は、対戦相手であるライプツィヒに関しても言及。成長著しいクラブだと高く評価した。 「彼らは非常に印象的に成長してきたクラブであり、毎シーズン良くなってきている」 「昨シーズンはブンデスリーガで3位だったが、今シーズンも本当に良いスタートを切っている。また、昨季のチャンピオンズリーグでは準決勝にも進出するなど、大きなタイトルを目指している」 「(ユリアン・)ナーゲルスマン監督は若いし非常に積極的な指揮官だ。見ていてとても面白い。非常に熱いエネルギーとテンポを持った選手たちが見事にまとまっている。私がここ数年非常に興味深く注目しているチームだよ」 2020.10.28 16:38 Wed
twitterfacebook