ソシエダ、スペイン代表DFディエゴ・ジョレンテのリーズ行き合意を発表

2020.09.23 10:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダは22日、スペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(27)がリーズ・ユナイテッドへ完全移籍することで合意したことを発表した。レアル・マドリー下部組織出身のジョレンテは、2013年6月にトップチームデビューを果たすと、ラージョ・バジェカーノ、マラガへのレンタル移籍を経て、2017年夏にソシエダへ加入した。

在籍約3年で公式戦通算88試合8ゴールの成績を残し、2019-20シーズンも公式戦30試合に出場していた。

過去にリバプールなどビッグクラブからの関心も伝えられていたジョレンテに関して、契約解除金は5000万ユーロ(約61億4000万円)に設定されていたが、スペイン『アス』によれば、移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)とのことだ。

なお、原則合意に達したものの、ジョレンテはメディカルチェックに合格してから契約を結ぶという。

17年ぶりにプレミアリーグ昇格を果たしたリーズはここまでの2戦7ゴールと攻撃力を発揮している一方、7失点を喫しており、守備に問題を抱えている。
コメント
関連ニュース
thumb

頭突きのぺぺと挑発のアリオスキへのSNSでの侮辱行為に両クラブが厳罰を発表

アーセナルとリーズ・ユナイテッドが、SNS上での選手への差別的な投稿に対して声明を発表した。 22日、プレミアリーグ第10節でリーズとアーセナルが対戦。ゴールレスで迎えた52分に、アーセナルのコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺがプレーとは関係のないところでリーズのマケドニア代表MFエズジャン・アリオスキに頭突き。そこまで激しい接触には見えなかったものの、アリオスキは顔を覆いながらその場に倒れ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入そた結果ペペは一発退場となった。 この行為にはアーセナルのミケル・アルテタ監督も「明らかに容認できないし、受け入れられない」とコメントし、相手の挑発に乗ってしまったぺぺを糾弾していた。 この揉め事はSNS上でも大きな話題となり、頭突きを見舞ったぺぺはもちろんのこと、挑発したアリオスキの行動にも非難が殺到。大きな騒動となっていた。 これを受け、アーセナルとリーズはSNS上での侮辱的な投稿に対して声明を発表した。 アーセナルは、「リーズ・ユナイテッドとの試合後、ソーシャルメディアでニコラ・ぺぺとエズジャン・アリオスキに対して向けられた卑劣な罵声を完全に非難します」とし、「これは完全に容認できないことであり、我々は警察や当局と協力し、犯人を探し、起訴するためにできる限りの事をします」と厳重な対応を取るとした。 一方のリーズも「アーセナルとのプレミアリーグの試合後、SNS上でエズジャン・アリオスキとニコラ・ペペに向けられた卑劣な罵倒は、リーズでは許されない」と声明を発表。「我々は警察や当局と緊密に連携し、責任ある者が特定され、処罰されるようにする」と発表していた。 2020.11.23 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

蛮行のペペを批判するエブラ氏、“被害者”の選手にも「オスカーに値する」とチクリ

かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属した元フランス代表DFパトリス・エブラ氏が、頭突きにより退場処分を受けたコートジボワール代表FWニコラ・ペペを批判した。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 ペペは22日に行われたプレミアリーグ第9節のリーズ・ユナイテッド戦に、スタメンで出場。11月のインターナショナルマッチウィーク期間中、出場機会の少なさに不満を示すコメントを残していた同選手にとって、ミケル・アルテタ監督にアピールする絶好のチャンスだった。 しかし、ペペは後半の立ち上がり、プレーとは関係のないところでリーズのマケドニア代表MFエズジャン・アリオスキに頭突きを食らわせる。そこまで激しい接触には見えなかったものの、アリオスキは顔を覆いながらその場に倒れ、VARチェックの結果ペペは一発退場となった。 アルテタ監督は期待を裏切ったコートジボワール代表ウィンガーの行いに「容認できない」と激怒しており、クラブでの将来は怪しくなっている。 イギリス『スカイ・スポーツ』に出演していたエブラ氏も、リーグ・アンのリール時代から注目していたペペのこの行為には、呆れ果てたコメントを残した。 「愚かな行為で、フラストレーションが溜まってしまうね。アーセナルがこの試合で持っていた計画は(退場によって)すべて変更されたと思うし、私はチームメイトに謝罪するべきだと思う」 「ペペがフランスでプレーしている姿を私は見ていた。彼は幸せそうに笑っていたよ。高額な移籍金、ファンの批判があっても私はいつも擁護してきたが、今回は本当に失望している。もう彼を守ることはできない」 一方で、エブラ氏はペペを退場に追い込んだアリオスキに対しても、チクリと皮肉を込めたコメントを口にしている。 「アリオスキはオスカーに値するね。私がリーズの監督なら、アリオスキのプレーに満足しただろう。彼はまるで鼻が折れたというような顔をしていた。でも、ペペは本当に愚かだったよ」 2020.11.23 17:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ガン闘病の13歳のサポーターに、リーズから素敵なプレゼントが

リーズ・ユナイテッドのサポーターを大切にする姿勢に称賛が集まっている。 22日にプレミアリーグ第9節でアーセナルと対戦したリーズ。本拠地エランド・ロードで行われた一戦だったが、ピッチ入場を待機するトンネルの中で、先頭に立つ主将のDFリアム・クーパーはタブレットを持っていた。 画面の中に映っていたのは、リーズファンのエリオット君。13歳のエリオット君はガンを患っており、新型コロナウィルスの影響でスタジアムに来られない中、クラブは闘病中のエリオット君のために『メイク・ア・ウィッシュ財団』協力の下、素敵な体験をプレゼントしたようだ。 ビデオ通話で繋がれたエリオット君はクーパーに連れられ、リーズイレブンとともに先陣を切ってピッチへ入場。アンセムを聴きながら、アーセナル一同とともに一列に整列した。 直接スタジアムの雰囲気を感じることは難しいご時世だが、選手と同じ目線で見た光景は一生忘れられない思い出になったに違いない。 試合では、リーズは強豪相手に25本のシュートを浴びせるなど押せ押せの展開だったが、残念ながら得点は奪えず0-0の引き分けに終わっている。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Leeds United are doing a live video link for a young fan who wanted to be a mascot <br><br>An incredible touch from the club <a href="https://t.co/tKC6b6dqLq">pic.twitter.com/tKC6b6dqLq</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1330548864382865416?ref_src=twsrc%5Etfw">November 22, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.23 15:58 Mon
twitterfacebook
thumb

頭突き退場のペペに怒りを隠さないアルテタ「明らかに容認できない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、不用意な退場によって試合を難しくしたコートジボワール代表FWニコラ・ペペに対する怒りを露わにしている。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは22日に行われたプレミアリーグ第9節でリーズ・ユナイテッドと対戦。前節のアストン・ビラ戦で0-3の完敗を喫して、上位追走のためにも勝利が求められる一戦だったが、前半だけでリーズにシュート13本を打たれる苦しい展開となると、52分にペペが相手MFエズジャン・アリオスキへの頭突きで一発退場となる。 コートジボワール代表ウィンガーの愚行により、10人の戦いを強いられたチームは防戦一方となったが、GKベルント・レノの奮闘もあり、何とか0-0のゴールレスドローに持ち込み、勝ち点1をゲットした。 試合後、インタビューに応じたアルテタ監督は、ドローによる勝ち点1という結果に必ずしも満足はしていないものの、10人になってから集中した守りを見せたチームは誇っている。 「状況を考えれば、勝ち点1は取らなければならなかった。ドローという結果には決して満足していないが、後半の45分間を10人で戦うことがいかに困難であったかはわかっている」 「退場者を出した後の我々の対応、回復力、数的不利を克服しようとした全員の努力は驚異的だった。リーズには得点のチャンスが数多くあったし、最後は勝ち点1を取る必要があった」 「我々の守備は本当に機能していると思う。一方で、チャンスを作れていないわけではないが、もっと作る必要があるし、ファイナルサードではもっと一貫性を持って、フィニッシュの量や方法に気を配らないとね。いつかは成し遂げられるだろうけど、現実にはさまざまな理由で多くの選手が継続性を持てていない」 また、アルテタ監督は退場したペペと話し合うことを明かしつつ、退場については「明らかに容認できないし、受け入れられない」と断言。相手の挑発に上手く対処すべきだったと語った。 「(ペペがアリオスキに不満を持っているか)わからないが、相手の激しさや攻撃性、どのようがプレーをしてくるかは把握していたし、それは我々に対して練られた計画の一部だ。それに対処できるようにしなければならない。こうした状況にも適応する必要があるんだ」 2020.11.23 12:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ペペ愚行退場にサカ負傷交代…リーズの猛攻耐え抜きドローもアーセナルの今後に不安…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節、リーズ・ユナイテッドvsアーセナルが22日にエランド・ロードで行われ、0-0のドローに終わった。   インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節でアストン・ビラに完敗した11位のアーセナルが、連敗中で15位に沈むリーズのホームに乗り込んだ一戦。   直近4戦3敗と低調な戦いが続くアーセナルはアルテタ監督への風当たりも強くなり、批判を払しょくするうえでは勝ち点3が必須。鬼才ビエルサ率いる難敵との一戦ではビラ戦から先発4人を変更。負傷のトーマス、新型コロナウイルスの陽性判定が出たエルネニーの代役にジャカとセバージョス、ブカヨ・サカとラカゼットに代えてジョー・ウィロックとペペを起用した。また、布陣を[3-4-3]から[4-2-3-1]に変更した。   注目の戦術家同士による試合は経験で勝るアルゼンチン人指揮官の率いるホームチームが立ち上がりから主導権を握る。   いつも通り、強度が高いマンマーク守備でアーセナルの攻撃をうまく封じ込めるリーズは中央のフィリップスやクリッヒを経由したサイドアタックを起点に序盤から押し込んでいく。   12分には左サイドを深くえぐったアリオスキのマイナスの折り返しをゴール前のバンフォードがワンタッチで合わせるが、ここはGKレノの守備範囲。その後もサイドバックの攻撃参加を生かしてサイドで数的優位を作り出し、際どいクロスを浴びせ続けるが、最後の場面で精度を欠く。   一方、なかなか守備がハマらず、攻撃のターンを与えてもらえないアーセナルは散発ながらカウンターから相手陣内深くまで侵攻するが、セバージョスやオーバメヤンらのシュートは枠を捉え切れず。   前半半ばから終盤にかけては完全にリーズペースとなり、31分にはエイリングのクロスのこぼれ球をゴール前のバンフォードが左足でシュート。だが、枠を捉えたこのシュートはGKレノの好守に遭う。結局、前半に相手の2倍以上となる13本のシュートを放ったが、ゴールをこじ開けることはできなかった。   失点こそ免れたものの、前半枠内シュート0に終わったアーセナルは守備に終われていたウィリアンを下げてネルソンをハーフタイム明けに投入。だが、立ち上がりの52分に思わぬアクシデントが発生する。   前半からフラストレーションを溜めていたペペが、流れの中でのポジション取りの場面でアリオスキに押された際に頭突きを敢行。すると、オンフィールドレビューでこれが暴力行為と判断され、レッドカードが掲示された。ペペの愚行により、前半からの劣勢に加えて数的不利を背負うことになり、アルテタ監督はウィロックを下げて、より個で打開できるサカを57分に投入した。   一方、相手が10人での戦いに慣れる前にゴールをこじ開けたいリーズはリスクを冒して攻勢を強めると、64分には右サイドからドリブルで内へ切り込んだラフィーニャからパスを受けたダラスがボックス手前から強烈な左足のシュートを枠の左上隅に飛ばすが、ここはGKレノの見事なワンハンドセーブに阻まれる。   完全に押し込みながらも最後の一押しが足りないリーズはロドリゴ、ポベダとアタッカーを続けて投入。79分にはロドリゴがボックス右角から得意の左足を振り抜くが、これは惜しくもクロスバーを叩く。直後の83分にもボックス右で仕掛けたポベダがシュートまで持ち込むが、今度はGKレノのセーブに遭う。   一方、勝ち点1を念頭に置きながらも虎視眈々とカウンターを狙うアーセナルは84分、ベジェリンの長い持ち上がりからの絶妙なスルーパスにサカが抜け出すが、ボックス内でのGKとの一対一はメリエの冷静な対応もあり、決め切ることができない。   試合終盤にかけてはリーズが猛攻に打って出るが、バンフォードのヘディングシュート、ラフィーニャのゴール至近距離からのシュートがいずれも枠に嫌われるなど、最後までツキに恵まれず、試合は0-0のままタイムアップ。   敵地で最低限の勝ち点1を持ち帰ることになったアーセナルだが、ペペの複数試合でのサスペンションに試合終了間際には途中投入のサカが負傷交代するアクシデントにも見舞われ、今後に向けて大いに不安を残す結果となった。 2020.11.23 03:35 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly