CB補強に動くミラン、ターゲットをシャルケDFナスタシッチに変更か

2020.09.22 19:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランがシャルケのセルビア代表DFマティヤ・ナスタシッチ(27)の獲得に向けて交渉を進めているようだ。今夏センターバックの補強に動いていたミランは、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(22)の獲得に動いていた。

しかし、イタリア『スカイ・スポーツ』のジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、ミランは別の選択肢を考慮し始めたとのこと。それがナスタシッチとのことだ。

ナスタシッチはパルチザン・ベオグラードでキャリアをスタート。その後、フィオレンティーナやマンチェスター・シティへの移籍を経て、2015年7月にシャルケへと完全移籍していた。

シャルケでは公式戦139試合に出場し2ゴール2アシストを記録。シティでも51試合に出場し1アシストを記録していた。

シャルケは、ナスタシッチに関して買い取り義務付きのレンタル移籍で手放す意向があるとのこと。2クラブが条件面で争っている状況のようだ。

フィオレンティーナ時代にはセリエAで26試合に出場し2ゴールを記録しているナスタシッチ。ミランは獲得できるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

元セレソンFWパトに英2部バーミンガム行きの可能性浮上?

元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(31)にバーミンガム・シティへの移籍の可能性が浮上している。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今年8月末にサンパウロとの契約を双方合意の下で解消したパトは、現在フリーの状態となっている。 ここまで新天地候補に関してはジェノアやスペツィアのセリエA勢、パトのミラン在籍時に会長を務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が所有するセリエBのモンツァなどの名前が挙がっていた。 だが、『カルチョメルカート』によると、新たな候補としてチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガムが同選手への関心を示しているという。 現在、アイトール・カランカ監督率いるバーミンガムは、今季ここまでのチャンピオンシップで17位に低迷しており、7試合で奪った得点はわずかに3点。そのため、攻撃の起爆剤としてフリーで獲得可能な大物をリストアップしているようだ。 なお、母国のインテルナシオナルでキャリアをスタートさせたパトは、2007年8月に17歳でミランに完全移籍。若き才能として注目を集め、公式戦150試合出場63ゴール18アシストと活躍した。 その後は母国に戻り、コリンチャンスやサンパウロでプレーした後、2016年1月にはチェルシーへレンタル移籍。その後、ビジャレアル、中国の天津天海でプレーし、2019年3月から今年8月まで古巣のサンパウロでプレーしていた。 2020.10.29 01:19 Thu
twitterfacebook
thumb

チャルハノールとミランの延長交渉難航か…掲示額に大きな開き

ミランとトルコ代表MFハカン・チャルハノール(26)の契約延長交渉が難航しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 チャルハノールはステファノ・ピオリ現体制において公式戦39試合14ゴール13アシストを記録するなど、司令塔として絶好調のチームの攻撃を牽引している。 ただ、2017年にレバークーゼンから加入した際に結んだ4年契約は2021年6月までとなっており、クラブは優先事項のひとつとして同選手との契約延長交渉に取り組んでいる。そういった中でミランは、ボーナスを含めた年俸350万ユーロ(約4億2800万円)前後の条件をチャルハノールサイドに掲示しているという。 しかし、ここ最近の好パフォーマンスを受けて、強気なトルコ代表MFはチーム最高給を受け取る元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(年俸700万ユーロ)、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(年俸600万ユーロ)らと同等となる、500万~650万ユーロ(約6億1000万~7億9000万円)の金額を要求しているようだ。 そして、両者が求める条件に大きな隔たりがあることから、交渉が難航しているようだ。 また、その交渉難航という状況を受けて、マンチェスターユナイテッドがチャルハノールへの関心を示しており、5年契約を準備しているとも言われている。 今シーズンのセリエA開幕から4勝1分けと最高のスタートを切るミランは、チャンピオンズリーグ(CL)出場権だけでなくスクデットを争える状況にもあるため、最終的にはチャルハノールの残留に成功する可能性は高いと考えられるが、今後の状況次第ではフリーで獲得可能な実力者に国内外からオファーが舞い込むことも予想されるため、できるだけ早い段階で妥協点を見出したいところだ。 2020.10.29 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

好調スタートのミラン、マルディーニTDが冬の補強を示唆「チャンスがあれば契約する」

ミランのテクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が、冬の移籍市場についてコメントした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 今夏の移籍市場では予定よりも資金を投じずに補強を終えていたミラン。昨シーズン終盤の好調ぶりは今シーズンも継続しており、ここまで5試合を終えて4勝1分けで首位。開幕4連勝と良いスタートを切っている。 夏にはMFサンドロ・トナーリ(ブレシア)やMFブラヒム・ディアス(レアル・マドリー)、DFジオゴ・ダロト(マンチェスター・ユナイテッド)と若手をレンタル移籍で獲得。また、DFシモン・ケアー(セビージャ)、MFアレクシス・サレマーカーズ(アンデルレヒト)、FWアンテ・レビッチ(フランクフルト)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したのはGKチプリアン・タタルサヌ(リヨン)とFWイェンス・ペッター・ハウゲ(ボデ/グリムト)の2名のみとなっていた。 補強の前にミランとしては、FWズラタン・イブラヒモビッチとGKジャンルイジ・ドンナルンマの契約延長を果たしたいところだが、マルディーニ氏はドンナルンマをチームに留まらせたいと考えているようだ。 「安定感があったからこそ、このままシーズンをスタートさせることができた彼はまだ21歳だが、我々のリーダーの1人であり、彼を残留させるために我々はできる限りの事をするだろう」 また、1月の移籍市場では補強する考えがあるとコメント。夏に資金を使っていないことにより、補強資金もしっかりあると明かした。 「1月にチームを強化するチャンスがあれば実行する。我々は競争力があるチームであることは理解しているが、もし我々が一歩前進できる様な選手と契約するチャンスがあれば、夏の移籍市場で資金を費やしていないので、彼らとも契約するだろう」 2020.10.27 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

2アシストのレオン、ローマとのドローに「やれることはやったからガッカリ」

ミランのU-21ポルトガル代表FWラファエウ・レオンが2アシストを記録したローマ戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えた。 開幕4連勝のミランは26日にセリエA第5節でローマと対戦。レオンのアシストからFWズラタン・イブラヒモビッチとMFアレクシス・サレマーカーズのゴールなどで、3回リードするも、3度追いつかれて、3-3の引き分けに終わった。 この試合で攻撃を牽引する活躍を披露したレオンだが、イタリア『スカイ』で「勝利できなかったのは残念だ。たくさんの決定機を作った。今は仕事ができている」と何度も決定機を外したことを悔やみ、結果に肩を落とした。 「僕らは全試合に勝利したいんだ。順位表でトップをキープできたけど、試合に勝利するために全力を尽くしたからガッカリだ。僕らは集中して、自分たちの道を歩み、首位の座をキープしたい」 また、2ゴールを記録したイブラヒモビッチは「チーム全員の模範」だと称賛の言葉を贈った。 「イブラは僕たち全員の模範だ。チームの戦術と彼のゴールにも満足している。僕は常にチームを助けようとしているが、今日は勝てなかったので残念だ」 2020.10.27 12:57 Tue
twitterfacebook
thumb

3度リードも生かせず開幕5連勝ならずのミラン指揮官「パフォーマンスには満足」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、開幕からの連勝がストップを振り返った。イタリア『スカイ』が伝えた。 開幕4連勝のミランは26日にセリエA第5節でローマと対戦。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが2ゴールの活躍を見せ、3度リードするも、3度追いつかれて3-3の引き分けに終わった。 開幕からの連勝が「4」でストップしたピオリ監督は、パフォーマンスを讃えながらも3度追いつかれたことへの不満を口にした。 「パフォーマンスには満足している。3回リードしていたから後悔している。選手は満足していなかった」 「今は順位を見るときではない。後悔?あるよ。でも、最後まで戦っていたし、(アレッシオ・)ロマニョーリには最後にチャンスが訪れた。だが、正しい方法であり、それはこのパフォーマンスが裏付けている。両チームにこういったチャンスやピンチが事実があったにも関わらず、ローマはルーズボールを拾って上手くプレーしていた」 また、新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が確認された守護神のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマに代わって、ゴールマウスを守ったルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌにも言及。1失点目はクロスからの対応に目測を誤ってしまったが、「ミスは一部」と擁護した。 「ミスはフットボールの一部。彼はタイミングを間違い、デビュー戦で何かの代償を払った可能性がある。しかし、選手個人に焦点を合わせるのではなく、チームのパフォーマンスを向上させたい思っている。審判とVAR?何も言うことはない」 2020.10.27 10:15 Tue
twitterfacebook