サネのデビュー弾にニャブリがハット!王者バイエルンがシャルケに8発圧巻スタート!《ブンデスリーガ》

2020.09.19 05:21 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは18日、ブンデスリーガ開幕戦でシャルケをホームに迎え、8-0で圧勝した。昨季ブンデスリーガ8連覇を達成し、チャンピオンズリーグ制覇を果たしたバイエルンの新シーズン初戦。そのバイエルンはチアゴがリバプールに移籍した中、新戦力のFWサネが先発となった。

新戦力のパシエンシアがスタメンとなった昨季12位のシャルケに対し、バイエルンは[4-3-3]を採用。3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、サネと並べ、トップ下にミュラーが入った。

そのバイエルンは開始1分、パシエンシアにGKノイアー強襲のシュートを打たれた中、4分に先制する。キミッヒのロングフィードに抜け出したニャブリがDFのマークを外し、ペナルティアーク中央から左足を一閃。シュートがゴール左に決まった。

あっさりと先制に成功したバイエルンは、19分に加点する。ニャブリの右クロスをミュラーが収めて後方に落とし、ゴレツカがダイレクトでゴール左へグラウンダーのシュートを蹴り込んだ。

さらに30分、レヴァンドフスキがボックス内でカバクに倒されてPKを獲得すると、レヴァンドフスキ自ら決めて3-0とした。

バイエルンが圧倒して前半を終えて迎えた後半、開始2分に4点目を挙げる。サネがディフェンスライン裏を突いてルーズとなったボールをニャブリが拾ってゴールへ流し込んだ。

止まらないバイエルンは59分、サネがディフェンスライン裏を取ってDFを引き付けラストパス。並走していたニャブリが確実にゴールへ流し込み、5-0とした。

ニャブリがハットトリックとした容赦ないバイエルンは69分、ボックス右に流れたレヴァンドフスキのラボーナによるクロスからミュラーがボレーで決めて6-0。

そして2分後にはサネにデビュー弾が生まれる。キミッヒのロングスルーパスに抜け出し、GKとの一対一を制した。

81分には17歳のイングランド人FWミュージアラにもトップチーム初ゴールが生まれ、バイエルンが8発圧勝。王者が圧巻のスタートを切っている。
コメント
関連ニュース
thumb

クロースが明かすレアル・マドリーとバイエルンの違い「バイエルンではCLの試合後に必ず…」

レアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースが、かつて所属したバイエルンとマドリーで異なる点があると明かしている。スペイン『アス』が伝えた。 クロースは、27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節のボルシアMG戦にスタメン出場。チームはアウェイで2点を先取される苦しい展開だったが、終盤に怒涛の反撃を見せ、2-2のスコアで試合を終えている。 クロースはこの母国ドイツへの遠征を利用し、試合後に現在ドイツ2部でプレーしている弟のフェリックス・クロースとポッドキャスト『Einfach mal Luppen』で配信を開始。選手としての最高の逸話や試合後の感情などについて話し、ファンを沸かせた。また、配信の中でクロースは、2014年まで所属していたバイエルンとマドリーを比べ、ある“習慣”が違うと明かしている。 「バイエルンではCLの試合後に必ず大宴会が開かれるんだ。正直、気乗りしていなかったし、面倒に感じていた。僕はここ(マドリー)でのやり方の方が好きだね。マドリーでは試合が終わるとすぐ家に帰れるんだ。でも、ミュンヘンでは違った。家に帰るまで永遠の時間が流れているようだったよ」 バイエルンとマドリーそれぞれの習慣は、合う選手と合わない選手ではっきり分かれるかもしれない。ただ、少なくともクロースにとっては、マドリーでの習慣の方が快適なようだ。 2020.10.29 17:46 Thu
twitterfacebook
thumb

相手のミスを見逃さないロッベンの容赦ないゴラッソ【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフローニンヘンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロッベンが決めた容赦ないミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrRXJ1cDNsZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 世界最高峰のウインガーとしてバイエルンで長らく活躍したロッベン。圧倒的なスピードと分かっていても止められないカットインからのシュートを武器にゴールを量産した。 2018年9月15日に行われたブンデスリーガ第3節のレバークーゼン戦では、相手のミスを見逃さずに豪快なゴールを決めている。 開始早々先制を許したバイエルンだが、すぐさま追いついて迎えた19分、バイエルンのロングパスをレバークーゼンDFがヘディングでクリアするも、これがロッベンの正面に入ってしまう。すると、クリアボールをトラップしたロッベンが、高く上がったボールをそのままボレーシュート。ドライブ回転のかかった強烈なシュートがゴール左に突き刺さり、あっという間に逆転に成功した。 その後、試合終了間際にも追加点を奪ったバイエルンが3-1で勝利を収めている。 2020.10.29 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール!元フランス代表DFリザラズ氏の惚れ惚れするアウトサイドボレー

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2020年10月29日にご紹介するのは、元フランス代表DFのビセンテ・リザラズ氏がバイエルン時代に決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆元フランス代表DFリザラズ氏のセーブ不可能なアウトサイドボレーが圧巻<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1eHJWWmRJdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ここがスカッと! アウトサイドにかかったボレーシュート。サッカーのゴールの中でも最高に気持ちの良いゴールの一つです。今回のゴールはまさにその理想のようなゴールです。 ◆バイエルンやフランス代表で活躍した名サイドバック 169cmと小柄ながらその突破力と精度の高い左足を武器に2000年前後のバイエルンで長らく活躍を見せたリザラズ氏。フランス代表としても通算90キャップを数えます。 バイエルンでは通算273試合に出場し8ゴールと、得点が多い選手ではありませんでしたが、2000年2月19日に行われたブンデスリーガ第21節のデュイスブルク戦では素晴らしいゴールを決めました。 2-1とバイエルンがリードする中、78分に敵陣右サイドでFKを獲得し、左サイドバックのリザラズはファーサイドで待ち構えます。 キッカーのMFシュテファン・エッフェンベルクはリザラズ目掛けて良質なボールを送り込むと、落下点に入ったリザラズはそのボールをダイレクトでボレーシュート。無駄のない動きから放たれたシュートは、アウト回転をかけながら、相手GKの手が届かないゴール右へと吸い込まれていきました。 リザラズ氏がこのシーズンに記録したゴールは1点のみでしたが、惚れ惚れするような美しいゴールでした。 2020.10.29 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

何でもできる万能エース、レヴァンドフスキがロッベンへ送った繊細スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ <div id="cws_ad">◆万能ストライカー、レヴァンドフスキが決めた絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJieWtlcjNQMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏にドルトムントに加入したレヴァンドフスキは、リーグ屈指のストライカーとして大ブレイク。2014年にはバイエルンに加入し、世界最高峰のストライカーへと評価をさらに高めた。 絶対王者バイエルンのエースとしてゴールを量産しているレヴァンドフスキだが、その才能はゴールを決めることだけではなく、2014年10月21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのローマ戦では、見事なアシストを記録している。 前半から攻勢に出たバイエルンが、3-0と大きなリードを奪って迎えた30分、中盤まで降りてきていたレヴァンドフスキがセンターサークル付近でボールを持ち、ドリブルを開始する。 相手のプレスをいなしながら中央へボールを運ぶと、右サイドで裏へ走り出したFWアリエン・ロッベンに向けてスルーパスを出す。ブロックを形成して守る相手ディフェンスラインの間を通す美しいスルーパスがボックス内でロッベンに入ると、これをダイレクトで合わせたロッベンのシュートが相手GKの手を弾きながらニアポストに決まり、4点目が決まった。 試合は、その後も攻撃の手を緩めないバイエルンが7-1と歴史的な大勝を収めている。 2020.10.28 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

肉体改造成功のゴレツカの腕がごつすぎてユニフォームが破れる珍事が発生

27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節のロコモティフ・モスクワvsバイエルンの一戦で、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカの身にあるアクシデントが発生した。 この試合に先発で出場したゴレツカは、13分にヘディングで貴重な先制点を記録。ニアサイドに走り込んで決めた見事なゴールだったが、注目されたのはその後のゴレツカの左腕だ。 クロスを送ったDFバンジャマン・パヴァールと抱き合いゴールの喜びを分かち合ったゴレツカの左ヒジの部分のユニフォームが、ぱっくりと破けているのが確認された。プレーの強度でいえば、それほど高いという訳ではなかったが、ゴレツカが割とピッタリと着ていたためにユニフォームが耐えきれなかったのだろうか。 ゴレツカと言えば、元々は189cmの痩身の選手あったが、ロックダウン中に肉体改造を行い、筋骨隆々な姿に変貌を遂げていたことで話題に。特に上腕二頭筋や三角筋といった上半身の部分の筋肉は見事だ。 今やマッチョ姿が板についたゴレツカだが、ユニフォームをワンサイズ上げることを検討したほうが良いかもしれない。 <div id="cws_ad">◆逞しく鍛え上げられたゴレツカの上腕二頭筋<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">So, what did you get up to in lockdown?<a href="https://twitter.com/leongoretzka_?ref_src=twsrc%5Etfw">@leongoretzka_</a>: <a href="https://t.co/vZ31lkJ7K3">pic.twitter.com/vZ31lkJ7K3</a></p>&mdash; FC Bayern English (@FCBayernEN) <a href="https://twitter.com/FCBayernEN/status/1265716399759978496?ref_src=twsrc%5Etfw">May 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.28 13:30 Wed
twitterfacebook