フライブルク、クラブ史上最高額でフランス人MFパチスト・サンタマリアを獲得

2020.09.18 13:36 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フライブルクは17日、フランス人MFパチスト・サンタマリア(25)をアンジェから獲得したことを発表した。契約は4年、背番号は「8」に決定している。パチスト・サンタマリアは、かつてフランス代表のFWオリヴィエ・ジルーやDFローラン・コシエルニーを擁したトゥールの下部組織出身。2016年夏にアンジェに移籍し、守備的MFの主力として在籍4年で公式戦149試合に出場した。


昨季のブンデスリーガで8位と好成績を収めたフライブルクは、今夏の移籍市場でアラベスからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(22)を完全移籍で獲得。その他、スパルタク・モスクワからオランダ代表MFフース・ティル(22)、マインツからドイツ人GKフロリアン・ミュラー(22)をレンタルしている。

一方で、リーグ戦で7ゴールを記録したドイツ人FWルカ・ワルドシュミットや、ドイツ代表DFロビン・コッホ、さらには守護神のドイツ人GKアレクサンダー・シュウォローを流出している。

なお、サンタマリアに関しては、フランス『レキップ』などによると移籍金は1500万ユーロ(約18億6200万円)でクラブ史上最高額となったようだ。
関連ニュース
thumb

遠藤渓太途中出場のウニオンが6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは20日、ブンデスリーガ第22節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、1-0で勝利した。ウニオンのMF遠藤渓太は76分から出場している。 前節シャルケ戦をゴールレスドローで終え、5戦勝ちのない9位ウニオン(勝ち点30)はシャルケ戦で出番のなかった遠藤がベンチスタートとなった。 8位フライブルク(勝ち点31)に対し、カウンターで揺さぶるウニオンはゴールレスで迎えた64分に先制する。イングヴァルトセンの右クロスをプロメルがヘッドで押し込んだ。 ウニオンが1点をリードした中、76分に遠藤が左サイドに投入される。終盤にかけ、守勢に回ったウニオンだったが、83分に追加点のチャンス。遠藤のボールカットからムサがGKと一対一に。しかし、シュートはGKにセーブされてしまう。 それでも1-0のまま逃げ切ったウニオンが6試合ぶりの勝利を飾っている。 2021.02.21 01:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがお得意様フライブルクに11年ぶりの敗戦…16歳ムココの今季2点目も及ばず…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第20節、フライブルクvsドルトムントが6日にバーデノーヴァ・シュタディオンで行われ、ホームのフライブルクが2-1で勝利した。 前節、アウグスブルク相手に4試合ぶりの白星を手にした6位のドルトムント(勝ち点32)は、ミッドウィークに行われたDFBポカールでは2部パーダーボルン相手に延長戦まで持ち込まれたが、きっちり勝ち切って公式戦連勝。9位のフライブルク(勝ち点27)のホームに乗り込んだこの一戦では、ポカールから先発4人を変更。モレイ、ピシュチェク、ベリンガム、シュルツに代えてフンメルス、ラファエウ・ゲレイロ、レイナ、ロイスが起用された。 この試合、[3-4-2-1]から[4-2-3-1]に布陣を変更したドルトムントは右サイドバックで起用されたジャンがいきなり魅せる。5分、右サイドからボックス手前にドリブルで切り込んで強烈な左足のシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩いた。 この決定機をキッカケに試合に動きが出始めると、9分にはチョン・ウヨンのミドルシュートのこぼれ球に反応したデミロビッチ、12分にセットプレーからゴール前で折り返しに反応したホフラーとホームチームが続けてゴールに迫る。 一方、ドルトムントも13分に得意の高速カウンターからボックス右でレイナが折り返したボールにファーのハーランドが飛び込み角度のないところから左足のボレーを枠に飛ばすが、GKミュラーのビッグセーブに阻まれた。 序盤に決定機を作り合ったものの、以降は互いに攻め切れない膠着状態に陥る。とりわけ、ボールの主導権を握ったドルトムントはフライブルクのコンパクトな守備とボールホルダーに対する激しい寄せに苦しみ、ビルドアップの場面で引っかけられる場面が目立ち、自慢の攻撃陣になかなか良い形でボールが入らず。比較的プレッシャーが少ない両センターバックの持ち上がりを起点に局面の打開を図ったが、相手の守備を揺さぶり切れぬまま前半終了を迎えた。 ブラントに代えてベリンガムをハーフタイム明けに投入したドルトムントだったが、フライブルクの勢いを止められず悪夢の後半立ち上がりに。 まずは49分、相手陣内左サイドでボールを受けたグリフォから横パスを受けたチョン・ウヨンが見事な左足のブレ球シュートをゴール左隅に突き刺し、フライブルクが先制に成功。続く52分にはグリフォのシュートのこぼれ球をボックス手前右で回収したシュミットが右足アウトにかけた強烈なミドルシュートをニア上に飛ばすと、GKヒッツの手を弾いたボールがゴールネットを揺らした。 いずれも相手のファインゴールも寄せ切れない守備で一気に2点のビハインドを負ったドルトムントは、60分にロイスとデラネイを下げてムココとダフードを同時投入。そのムココは投入直後のファーストプレーで強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。 その後も攻勢を仕掛けるドルトムントは76分、高い位置でのボール奪取からハーランドが中央をドリブルで運んでボックス右のムココにラストパスを通すと、16歳の怪物FWが強烈な右足のシュートを突き刺し、反撃の狼煙を上げる今季2点目とした。 その後、フライブルクが守備的な交代カードを切って逃げ切り態勢に入ると、ドルトムントが猛攻に打って出る。試合最終盤にはフンメルスを前線に残して力業でゴールをこじ開けにかかるも、ハーランド、ムココとボックス内でのシュートチャンスを決め切ることができなかった。 この結果、得意とするフライブルク相手に2010年5月以来、11年ぶりの敗戦を喫したドルトムントはトップ4が遠のく痛恨の敗戦となった。 2021.02.07 01:33 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤がフル出場もシュツットガルトはフライブルクとの中位対決で逆転負け…《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは23日、ブンデスリーガ第18節でフライブルクと対戦し1-2で敗戦した。遠藤はフル出場している。 前節、堂安律の所属するビーレフェルトに0-3と完敗した10位シュツットガルト(勝ち点22)は、その試合からスタメンを4人変更。遠藤はボランチで開幕から18試合連続でスタメンとなった。 リーグ戦2試合勝利のない9位フライブルク(勝ち点24)に対し、シュツットガルトは7分に決定機。4のロングフィードを受けた左サイドで受けたワマンギトゥカがボックス左まで切り込みクロスを供給。これに反応したディダヴィのシュートは相手GKに弾かれたが、こぼれ球をワマンギトゥカが押し込んだ。 幸先良く先制したシュツットガルトだったが、14分にフライブルクの反撃に遭う。ロングパスで左サイドを駆け上がったギュンターのダイレクトクロスを中央で受けたチョン・ウヨンがトラップミス。これはカバーに戻ったマンガラが先にボールを触ったが、こぼれ球をデミロビッチに流し込まれ、同点に追い付かれた。 その後、やや押し込まれる時間の続いたシュツットガルトは、37分にショートカウンターからチョン・ウヨンにゴールネットを揺らされ、逆転を許してしまう。 リードを許したシュツットガルトだが、前半終了間際に同点のチャンスを迎える。45分、左サイドからカットインしたワマンギトゥカがボックス左でハベラーに倒され、PKを獲得。しかし、ニコラス・ゴンサレスのPKはGKミュラーの完璧なシュートストップに阻まれた。 迎えた後半は、開始早々に決定機を作ったシュツットガルトが主導権を握るが、その後は相手のゴールを脅かすようなチャンスは作れず時間が経過。 同点ゴールを目指すシュツットガルトは、62分にカストロを下げてクリモビッツを、68分にディダヴィを下げてカラジッチを投入。すると75分、マンガラの左クロスからゴール右手前にすべり込んだマヴロパノスが右足で合わせたが、このシュートはGKミュラーのファインセーブに防がれた。 攻勢を続けるシュツットガルトは、86分に途中出場のE・トミーがボックス左からゴールを狙ったが、これは右ポストを直撃。さらに90分には、ニコラス・ゴンザレスがゴールに迫ったが、このシュートはわずかにゴール右に逸れた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。終盤の猛攻も実らずシュツットガルトは連敗を喫した。 2021.01.24 01:45 Sun
twitterfacebook
thumb

後半から出場の鎌田がOG誘発でフランクフルトがドローに持ち込む《ブンデスリーガ》

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第17節でフライブルクとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠は66分までプレーし、MF鎌田大地は後半から出場している。 前節シャルケ戦では復帰したヨビッチのドッペルパックで快勝として4連勝とした7位フランクフルト(勝ち点26)は、長谷部が4試合連続ボランチでスタメンとなった一方、鎌田は2試合連続ベンチスタートとなった。 9位フライブルク(勝ち点23)に対し、フランクフルトが開始6分に先制する。ソウのクサビのパスを受けたユネスが反転からボックス中央へうまく侵入し、左足でシュートを決めきった。 その後もフランクフルトが主導権を握っていたが、32分に同点とされる。デミロビッチのポストプレーからR・サライにボックス右へ侵入され、チップキックシュートを決められた。 同点とされたフランクフルトは39分にアンドレ・シウバが勝ち越しのゴールに迫るシュートを放つも、GKの好守に阻まれ、前半は1-1で終えた。 迎えた後半、バルコクに代えて鎌田を投入したフランクフルトだったが、チャンスを作れずにいると、63分に逆転される。FKの流れから4分前に投入されていたペテルゼンにボレーシュートを決められた。 追う展開となったフランクフルトは長谷部に代えてヨビッチを投入。すると75分、FKの流れからボックス右の鎌田がボレー。枠を捉えていたシュートがシュローターベックにカットされるも、ルーズボールがゴールに吸い込まれた。 終盤にかけては互いに攻め込む展開となったものの、2-2で試合は終了。鎌田の活躍もあってフランクフルトが勝ち点1をもぎ取っている。 2021.01.21 06:53 Thu
twitterfacebook
thumb

公式戦連敗のバイエルン、ミュラーの1G1Aでフライブルクに逃げ切り勝利《ブンデスリーガ》

バイエルンは17日、ブンデスリーガ第16節でフライブルクをホームに迎え、2-1で逃げ切った。 前節ボルシアMG戦を2点のリードから痛恨の逆転負けを喫した首位バイエルン(勝ち点33)は、4日前に行われたDFBポカールでは2部のキール相手にPK戦の末、まさかの敗退に終わってしまった。公式戦2連敗を喫したバイエルンはキール戦のスタメンから6選手を変更。レヴァンドフスキやアラバ、コマンらが先発に戻った。 雪が降る中キックオフとなった一戦。8位フライブルク(勝ち点23)に対し、[4-2-3-1]で臨んだバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、コマンと並べた。 そのバイエルンは7分にあっさり先制する。ニャブリの右クロスをミュラーがダイレクトで前方に落とし、このパスに反応したボックス中央のレヴァンドフスキがネットを揺らした。 さらに16分、キミッヒのスルーパスに抜け出したニャブリがボックス右から際どいシュートを放てば、25分にもニャブリが強烈なミドルシュートでGKを強襲。 その後、28分にニャブリが負傷によりプレー続行不可能となってサネが投入された中、30分にサネが追加点に迫るなど、ハーフタイムにかけてもバイエルンが攻勢をかけ続けたが、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半もバイエルンが主導権を握っていたが、62分にワンチャンスを生かされて同点とされてしまう。右CKからニアのホフラーにヘッドで逸らされると、直前に投入されていたファーサイドのペテルゼンにダイビングヘッドで決められた。 主導権を握りながらも失点する嫌な流れとなったバイエルンだったが、74分に勝ち越した。左サイドからのクロスをファーサイドのサネが落とし、ボックス中央のミュラーがダイレクトで蹴り込んだ。 終盤にかけてはバイエルンが試合をコントロールしていた中、追加タイム3分にはペテルゼンのシュートがバーに直撃するピンチがあったが、2-1で逃げ切り。公式戦連敗を止めている。 2021.01.18 01:24 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly