リバプール入りが報じられたチアゴ、契約は4年、背番号は「6」に決定か

2020.09.17 21:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現地時間17日にイギリスメディアによって一斉に報じられたスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)のリバプール移籍に関する詳細が徐々に明らかとなっている。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は2000万ポンド(約27億円)を基本に、リバプールがプレミアリーグまたはチャンピオンズリーグで優勝した場合に、ボーナスとして700万ポンド(約9億4300万円)が追加で支払われるようだ。

元々、バイエルンが要求していた3000万ユーロ(≒2700万ポンド)を全額支払うことをリバプールが躊躇していたため、交渉は難航していたが、ボーナスで要求額を満たす形で合意に至ったようだ。

また、契約年数は4年で、背番号は慣れ親しんだ「6」を着ける模様。今夏にゼニトへ移籍したクロアチア代表DFデヤン・ロブレンが2014年から着用していた番号だ。
コメント
関連ニュース
thumb

クラブ1万ゴール目を記録したジョタ「記録よりもチームの勝利が大事」

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが個人のゴールよりもチームの勝利が大事だと語った。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でミッティランと対戦。55分にジョタが先制点を記録すると、試合終了間際にFWモハメド・サラーが追加点を挙げて、2-0の勝利を収めた。 この試合でDFトレント・アレクサンダー=アーノルドのアシストからチーム1万ゴール目を記録したジョタ。試合後には、記録よりも、チームの勝利の方が重要だと述べた。 「これでスタートだ。ゴールを決めて、チームの勝利に貢献できたことが嬉しい。その記録を達成できるのはいつだって良いことだけど、今日の勝利にはより満足している」 「アウェイ(アヤックス戦)で良い感じに勝利した後、ポイントを追加することが重要で、僕たちは自分たちの仕事をした。一番大事になのは3ポイントを獲得して次の試合に向けて準備を整えるることだ」 2020.10.28 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

殺害予告のピックフォードがボディーガードを雇う、ファン・ダイク事件は熱り冷めず

エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードがボディーガードを雇ったようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 17日に行われたプレミアリーグ第5節、リバプールとのダービーでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクと接触したピックフォード。この接触で負傷交代したファン・ダイクは、試合後の検査で右ヒザ前十字じん帯の損傷と診断。手術を余儀なくされ、長期離脱することとなった。 このシーンではファン・ダイクがオフサイドを取られたため、ファウルの判定は出なかったものの、アフターチャージであることで多くの意見が出たなか、ピックフォードはSNSで殺害予告を受け、身を守るためにボディーガードを雇ったという。 『デイリー・メール』によれば、ピックフォードは妻と1歳の子供と一緒に住むチェシャーの自宅に、警備会社のスタッフを配置したようだ。また、専門家からは、居場所を知られないようにすべてのSNSから離れるようアドバイスを受けているという。 ピックフォードはファン・ダイクに対して謝罪。ケガをさせる意図はなく、サッカーではよく起こってしまうことではある。一方で、イングランドサッカー協会(FA)が何の対応もしないことに怒りの声も上がっており、過激なファンたちの怒りもまだ鎮まっていないようだ。 2020.10.28 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール痛恨!CLミッティラン戦でファビーニョが負傷

DFヴィルヒル・ファン・ダイクの長期離脱で窮地に立たされているリバプールに更なる追い打ちがかかった。 27日にチャンピオンズリーグ(CL)・グループD第2節のミッティラン戦に臨んだリバプール。この試合では、右ヒザの手術を受けることになったファン・ダイクに代わってMFファビーニョがセンターバック起用されていた。 しかし30分、そのファビーニョが右ハムストリングを負傷。急遽、出場経験の浅い19歳のDFリース・ウィリアムズをスクランブル投入せざるを得ない事態となってしまった。 試合は2-0で勝利したものの、何よりも手薄のセンターバックにおいてファビーニョの離脱は大きな痛手。ユルゲン・クロップ監督が試合後に言及したが「まだわからない。筋肉系のトラブルだと思うが、明朝に明らかになると思う」と言うにとどめている。 ハムストリングのケガは、軽傷であれば数日で回復が見込めるが、最悪の場合は数カ月の離脱を余儀なくされる場合もある。幸い、ファビーニョは交代時に自らの足で退いていたため、重度ではないはずだが…。 なお、リバプールの今後の日程は、31日にプレミアリーグ第7節のウェストハム戦、11月3日にCL第3節のアタランタ戦、同8日にはリーグ戦第8節のマンチェスター・シティ戦が控えている。 2020.10.28 13:27 Wed
twitterfacebook
thumb

ジョタがリバプールの歴史に名を刻む!CL第2節の得点はクラブ通算1万ゴール目に!!

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタがクラブの歴史にその名を刻んだようだ。クラブの公式サイトが伝えた。 ジョタは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL) グループD第2節のミッティラン戦に先発で出場すると、55分にネットを揺らし、貴重な先制点を奪った。チームも2-0としっかりと勝利を収めている。 クラブによれば、ジョタのゴールはクラブ通算1万ゴール目となるメモリアルなものだったようだ。 ジョタはこれで24日のシェフィールド・ユナイテッド戦に続く2戦連発となるゴールに。先発のチャンスにしっかりと結果で応えている。 <div id="cws_ad">◆リバプール1万ゴールまでの歴史<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The 10,000 th goal in Reds history, netted by <a href="https://twitter.com/DiogoJota18?ref_src=twsrc%5Etfw">@DiogoJota18</a> <a href="https://t.co/9YZFFgzZgN">pic.twitter.com/9YZFFgzZgN</a></p>&mdash; Liverpool FC (@LFC) <a href="https://twitter.com/LFC/status/1321199903905878018?ref_src=twsrc%5Etfw">October 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ◆リバプール記念ゴール保持者 1ゴール ジョック・スミス:1892年 1000ゴール ボビー・ロビンソン:1906年 2000ゴール ハリー・チェンバーズ:1925年 3000ゴール ジャック・バルマー:1938年 4000ゴール ジミー・メリア:1958年 5000ゴール イアン・スト・ジョン:1969年 6000ゴール テリー・マクダーモット:1980年 7000ゴール ジョン・オルドリッジ:1989年 8000ゴール マイケル・オーウェン:2000年 9000ゴール ソティリオス・キルギアコス:2010年 10000ゴール ジオゴ・ジョタ:2020年 2020.10.28 13:01 Wed
twitterfacebook
thumb

先発の南野拓実についてクロップ監督「明らかにゲームに入れていなかった」、ミッティラン戦の苦戦を語る

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ミッティラン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 クロップ監督率いるリバプールはチャンピオンズリーグ(CL)第2節でミッティランと対戦した。 前半は両チーム無得点で終わったものの、55分にDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの折り返しからFWディエゴ・ジョタのゴールで先制。その後終了間際にエースFWモハメド・サラーが獲得したPKを自ら決め、2-0でリバプールが勝利した。 試合後、クロップ監督は「このゲームは本当にトリッキーだった」とコメント。選手個人のパフォーマンスとともに試合を振り返った。 「思っていた通りにはいかなかった。理由は様々だが、我々は多くの変更を加えた。それを決めるのが私の仕事だ」 「彼らは狂ったようにプレスをかけてきて、我々は決定的な場面で落ち着くことができなかった」 「しかし個々のパフォーマンスについては、デイブ(ディヴォク・オリジ)のように長い間プレーしていない選手もいたが、問題なかった」 「シャック(ジェルダン・シャキリ)は長い間プレーしていなかったが、90分間、本当に素晴らしかった」 「タキ(南野拓実)は非常に生き生きとしていたが、明らかにゲームに入れていなかった」 「チームがディフェンスをするときには、自分たちのパターンが必要だが、今夜はそれを見せられなかった」 またクロップ監督は良い時間に点が得点が取れたということへの喜びや、シーズンを通して良い時も悪い時も戦い、勝利を手にしていかなければならないということを語った。 「我々は、おそらく最高の瞬間にゴールを決めた」 「ミッティランにも2、3回の本当に大きなチャンスがあったが、私たちにはアリ(アリソン・ベッカー)がいた。そして彼が救ってくれた」 「結婚生活と同じで、良い時もそうでない時も、一緒に頑張らないといけない」 「選手が怪我でしばらくの間いなくなることも多いが、それでも次の試合ではプレーしなければならないし、我々の場合は勝たなければならない」 2020.10.28 12:15 Wed
twitterfacebook