スペツィア、ジェノアからコロンビア人MFアグデロを買い取り付きOPレンタルで獲得

2020.09.17 01:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAに昇格したスペツィアは16日、ジェノアからコロンビア人MFケビン・アグデロ(21)を買取オプション付きのレンタル移籍で獲得した。2019年8月に母国のアトレティコ・ウイラからジェノアに加入したアグデロは左利きのセントラルMF。機動力と豊富な運動量に加えてプレーの連続性にも優れる21歳は、初挑戦となったセリエAで10試合に出場し1ゴール1アシストのながら数字以上のインパクトを残し、今冬にフィオレンティーナへレンタル移籍で加入。

しかし、選手層の分厚いフィオレンティーナでは、セリエAでわずか3試合の出場にとどまっていた。なお、フィオレンティーナへの移籍には所定の条件を満たした場合は買い取り義務が発生する条項が含まれていたが、条件は達成出来ておらず、アグデロは今夏にジェノアへ復帰していた。
コメント
関連ニュース
thumb

スペツィア、インテルからU-18フランス代表主将MFアグメをレンタルで獲得

スペツィアは24日、インテルからU-18フランス代表MFルシアン・アグメ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得した。背番号は10を着用する。 カメルーン出身のアグメは、2014年にソショーの下部組織に入団。2018年10月にプロデビューを飾ると、フランス代表の先輩であるMFポール・ポグバを彷彿とさせるプレースタイルで、2018-19シーズンのリーグ・ドゥで15試合に出場した。 世代別のフランス代表で主将を務める逸材には、バルセロナやマンチェスター・シティが獲得に興味を示していたが、2019年の夏にインテルへ完全移籍。しかし、選手層の厚いインテルではチャンスに恵まれず、昨季はセリエA3試合で65分の出場にとどまっていた。 なお、スペツィアによれば、アグメはすでに新型コロナウイルスの検査で陰性と診断されたため、24日の午後から練習に参加するとのことだ。 2020.09.24 23:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランの生え抜きMFポベガ、スペツィアへ買取OP付きレンタル移籍

セリエA昇格組のスペツィアは23日、ミランのU-20イタリア代表MFトンマーゾ・ポベガ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。なお、ミランは買い戻し条項のオプションを付けている。 188cmのセントラルMFであるポベガはミランの下部組織出身で、これまでテルナーナ(セリエC)やポルデノーネへのレンタル移籍を経験。昨季はセリエBで31試合に出場し5ゴール4アシストを記録していた。 トップチームデビューを飾れていないポベガだが、今年8月には2025年6月までの長期契約を結んでいた。 2020.09.24 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

114年目で初のセリエA挑戦となるスペツィア、PSVのオランダ代表GKズートを獲得

スペツィアは8日、PSVのオランダ代表GKイェルーン・ズート(29)の獲得を発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。 ズートはPSVのアカデミー出身で、2009年1月にファーストチームへ昇格。2019-20シーズンも正守護神としてプレーしていたが、昨年11月からベンチに座ることに。2020年1月からはユトレヒトへレンタル移籍していたが、エールディビジが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で打ち切りとなったこともあり、10試合の出場に終わっていた。 エールディビジでは通算277試合に出場、オランダ代表としても11試合に出場している経験豊富なズートが、クラブ創設114年にして初めてセリエAに挑戦するスペツィアに加わった。 2020.09.09 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

114年目で初のセリエA挑戦となるスペツィア、PSVのオランダ代表GKズートを狙う

クラブ史上初のセリエAに挑戦するスペツィアが、オランダ代表GKイェルーン・ズート(29)の獲得を目指しているようだ。 スペツィアは、2019-20シーズンのセリエBで3位となり、プレーオフの末セリエA昇格を決めたスペツィア。クラブ創設114年にして初めての挑戦となる。 そのスペツィアは、PSVのズートを獲得するため、交渉を進めているとのこと。イタリア『スカイ・スポーツ』の移籍ジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が語っている。 ズートはPSVのアカデミー出身で、2009年1月にファーストチームへ昇格。2019-20シーズンも正守護神としてプレーしていたが、昨年11月からベンチに座ることに。2020年1月からはユトレヒトへレンタル移籍していたが、エールディビジが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で打ち切りとなったこともあり、10試合の出場に終わっていた。 エールディビジでは通算277試合に出場、オランダ代表としても11試合に出場しているズートだが、PSVとの契約は2021年6月までとなっており、移籍金も抑えられると見られている。 初のセリエA挑戦に向け、守護神の獲得は大きな補強となるが、ズートがイタリアに渡ることはあるだろうか。 2020.09.06 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組スペツィアがSPAL退団のMFサーラを獲得

新シーズンからセリエAに昇格するスペツィアは5日、SPALからイタリア人MFジャコポ・サーラ(28)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 10歳でアタランタのアカデミーに入団したサーラは、2007年にチェルシーユースへ移籍。その後ハンブルガーSVでプロキャリアをスタートさせると、ヴェローナやサンプドリアを渡り歩き、2019年の夏にSPALへ完全移籍。 本職はセントラルMFのサーラだが、SPALでは両サイドハーフや両サイドバックでプレー。セリエAで16試合に出場していたが、昨シーズン限りでSPALを退団していた。 2020.09.05 23:05 Sat
twitterfacebook