【J1注目プレビュー|第12節:鳥栖vs札幌】ホーム3連勝目指す鳥栖、札幌は連敗ストップで10戦ぶり白星なるか

2020.09.16 14:36 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第12節】
2020年9月16日(水)
19:30キックオフ
サガン鳥栖(14位/14pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(15位/14pt)
[駅前不動産スタジアム]◆復帰後は無敗、ホームで3連勝なるか【サガン鳥栖】

前節はホームに上位の柏レイソルを迎えた一戦となったが、2-1と勝利。ホームでの連勝を飾った。

最も警戒しなければいけないFWオルンガにゴールを許し先制されたものの、しっかりと逆転勝利。上位相手にもポゼッションを高める戦いができており、活動停止による不安要素を感じさせない戦いぶりを見せている。

再開後の3試合で7ゴール、活動停止前の9試合で5ゴールしか挙げていなかったチームからは考えられない好調ぶりだ。特に、ルーキーのFW林大地が3戦連発中で攻撃陣を牽引。チーム全体として攻撃時の意思統一ができていることで、しっかりと得点を積み上げられている。

今節の相手は札幌。強力なストライカーに加え、セットプレーという武器もある。特にサイド攻撃をどう止めるのか。中2日での試合となり、19日(土)にも試合があるだけに、連戦をどう乗り越えていくのかが課題となりそうだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:守田達弥
DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、内田裕斗
MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉
FW:金森健志、趙東建
監督:金明輝

◆9戦未勝利、苦境を乗り越えられるか【北海道コンサドーレ札幌】

前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦となったが、打ち合いの末に3-4で敗戦。3連敗となり、これで9戦未勝利となった。

浦和戦では簡単に2失点を喫してしまったが、ジェイの高さを生かしたプレーで同点に。オウンゴールで逆転したものの、終盤に浦和の圧に押され結局敗戦となった。

同点に追いついて逆転したところまではよく、試合の展開も悪くなかったが、セットプレーとオープンな展開になったことで押し込まれてしまった。この点を2日で解消することは難しいかもしれないが、メンタル面の回復が必要だ。

北海道、佐賀県、北海道と長距離移動を伴う3連戦となる札幌にとって、この悪い流れを断ち切れないとズルズルいってしまう可能性もある。得意のサイド攻撃を生かしながら、しっかりとゴールを決められるかどうか。ボールを握られる展開になる可能性が高いだけに、しっかりと守ってから攻撃につなげたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:菅野孝憲
DF:進藤亮佑、宮澤裕樹、福森晃斗
MF:白井康介、田中駿汰、荒野拓馬、菅大輝
MF:ドウグラス・オリヴェイラ、チャナティップ
FW:ジェイ
監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:広島vs横浜FM】守護神は一体誰に? 広島は決定力を上げて勝利を

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2020年10月28日(水) 19:00キックオフ サンフレッチェ広島(10位/34pt) vs 横浜F・マリノス(7位/44pt) [エディオンスタジアム広島] ◆課題は決定力、連敗を避けられるか【サンフレッチェ広島】 前節はアウェイで鹿島アントラーズと対戦し、1-0で敗戦となった。 チーム状態が上向きな中で、川崎フロンターレ(0-2)と鹿島に敗れたが、結果こそついてこないものの試合内容は表現したいものが出せていたと言えるだろう。 シャドーに入っている浅野雄也や森島司、ワイドでプレーする柏好文、東俊希、茶島雄介らがそれぞれ特徴を出すことはできているものの、敗れた試合ではフィニッシュの精度が欠けていた。 今節対戦する横浜FMを相手に第12節では3-1と敗戦。リベンジを果たすためにもしっかりとここで結果を出せるか。城福浩監督のベンチワークにも期待だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:柏好文、川辺駿、青山敏弘、東俊希 MF:浅野雄也、エゼキエウ FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 ◆連勝中、再び波に乗り切れるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでのFC東京戦を0-4と快勝。チームとして勢いがつく勝利を挙げ、久々の連勝となった。 Jリーグだけでなく、ルヴァンカップ、そして11月に再開するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦う横浜FMにとっては、約2カ月に渡る過密日程がここで一旦終了。22連戦が終わることになる。 浮き沈みがある中、選手も入れ替えて戦いを続けてきた横浜FM。ベースアップも図れ、選手個々の成長も著しい状況だ。 リーグタイトル、カップ戦タイトルもない中、リーグの成績を考えつつ、11月再開のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇に向けた準備をしたいところだろう。 そんな中で、先週で3名のGKが移動。朴一圭がサガン鳥栖へ期限付き移籍、代役として高丘陽平を完全移籍で獲得、栃木SCからオビ・パウエル・オビンナが復帰した。チーム内での競争も高めつつ、しっかりと結果を残していきたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、天野純、扇原貴宏 MF:松田詠太郎、エリキ FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.10.28 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:仙台vs神戸】14戦未勝利と4戦未勝利、苦境を脱出するのは?

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年10月28日(水) 19:00キックオフ ベガルタ仙台(18位/13pt) vs ヴィッセル神戸(11位/33pt) [ユアテックスタジアム仙台] ◆14戦未勝利、ケガ人続出の苦境【ベガルタ仙台】 前節はアウェイで名古屋グランパスと対戦し、1-0で敗戦。これでリーグ戦の未勝利が14試合にまで伸びてしまった。 ピッチ外での不祥事が騒がれた中、ピッチ内でも結果が出せていない状況。苦しい状況が長い期間続いてしまっている。 さらにケガ人が多く出ていた中、追い討ちをかけるように、さらに負傷者が出てしまい、チームとしてはかなり厳しい状況に立たされている。 名古屋戦では守備面で一定の成果を見せたものの、攻撃陣は不発。チームとしてバランスが取れていない状況は続く。サイド攻撃を見せたい中でもサイドバックに負傷者が続出。ホームゲームで、しっかりと前を向いてプレーできるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:飯尾竜太朗、シマオ・マテ、平岡康裕、パラ MF:関口訓充、中原彰吾、椎橋慧也、石原崇兆 FW:長沢駿、アレクサンドレ・ゲデス 監督:木山隆之 ◆アウェイ4連戦で立て直せるか【ヴィッセル神戸】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎えたが、1-3で敗戦。チームとして苦しい状況が続いている。 三浦淳寛新監督が就任していこう連勝スタートとなったが、第21節で柏レイソルに敗れてかrは4戦未勝利。チームとして真価が問われる状況となっている。 ここからアウェイ4連戦となる中、悪状況でスタートしてしまう状況。11月にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)も控えており、チームとしては調子を取り戻しておきたいところだろう。 特にこの3試合は1点ずつしか取れず、攻撃面で噛み合わないシーンが目立つ。過密日程で立て直すことは簡単ではないが、しっかりと再び輝けるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:田中順也、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 2020.10.28 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:FC東京vs柏】ルヴァン杯決勝の前哨戦、まずは連敗ストップを

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年10月28日(水) 19:00キックオフ FC東京(4位/47pt) vs 柏レイソル(9位/37pt) [味の素スタジアム] ◆正念場、連敗ストップへ【FC東京】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎え、0-4と惨敗。今シーズン初の連敗を喫してしまった。 試合展開としてはFC東京も攻撃を仕掛け、横浜FMゴールに迫るシーンを作る中、決定力を欠いたことが裏目に。その後、横浜FMに先制を許すと、4失点を喫して敗戦となった。 11月7日にはルヴァンカップの決勝で合間見える柏との対戦。決勝を睨んでの試合となることは間違いないが、リーグ戦の順位を考えればしっかりと勝利を目指さなければいけない。 今節は3試合の出場停止処分を受けていたMFレアンドロが復帰。一方で、暴力行為を働いたMFアルトゥール・シルバが出場停止となる。選手の入れ替えはまた起こるが、チーム一丸となって勝利を目指す必要がある。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村拓海、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:三田啓貴、髙萩洋次郎、安部柊斗 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 出場停止:アルトゥール・シルバ ◆勝負所でのゴールを奪えるか【柏レイソル】 前節はアウェイでのガンバ大阪戦で2-1と敗戦。これで2連敗となってしまった。 第22節の浦和レッズ戦から3戦未勝利となっており、躓きが出ている状況。しっかりと立て直していきたいところだ。 勝てていないこの3試合でも、得点は奪えている状況。しかし、守備陣が耐えきれていないのも事実だ。 ケガ人が多い中での試合となっているが、この3試合も様相が異なる。特に直近のG大阪戦はボールを握りながらも勝負どころでゴールが奪えなかったことが敗因に。オルンガを中心とした攻撃陣が効果的にゴールを奪えるかがカギとなる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・スンギュ DF:北爪健吾、山下達也、古賀太陽、三丸拡 MF:ヒシャルジソン、大谷秀和 MF:クリスティアーノ、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.10.28 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:浦和vsC大阪】浦和のケチャップは出続けるか? C大阪は2位死守へ

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年10月24日(土) 17:00キックオフ 浦和レッズ(9位/37pt) vs セレッソ大阪(2位/48pt) [埼玉スタジアム2002] ◆ホームで連勝へ、ケチャップは残っているか【浦和レッズ】 前節はホームにベガルタ仙台を迎えて6-0と圧勝。ホームでは実に8月29日の大分トリニータ戦以来6試合ぶりの白星となった。 この試合では立ち上がりから積極的なプレーを見せると8分に鮮やかな連携から長澤和輝が先制点。その後は“仙台キラー”の興梠慎三が2ゴール、途中出場のレオナルドが2ゴールを挙げるなど、大量6ゴールを奪った。 直近7試合で4ゴールしか奪えなかった浦和は、まさに詰まっていたケチャップが出た状況。その勢いを、今節もホームで見せられるか、真価が問われる試合となる。 チーム状態は上向いているが、この先は上位との試合やアウェイ4連戦など険しい道が続く。浦和の意地を見せるためにも、ここで上位を叩いておきたいところだ。 ポイントとなるのは中盤での守備からのショートカウンター。高いポゼッションを誇るC大阪のパス回しをどこで奪っていくのか、連動した動きが勝敗を分けるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、汰木康也 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:大槻毅 ◆まずは良い守備から、2位を死守へ【セレッソ大阪】 前節は1週間前、ホームに横浜F・マリノスを迎えて4-1と快勝を収めたC大阪。奥埜博亮、豊川雄太が効率よく2点ずつ決めて勝利した。 一時は5試合で1勝4敗と一気に調子を落とし、気がつけば首位の川崎フロンターレははるか遠い存在に。優勝争いよりも、2位を死守することから考えなくてはいけなくなってしまった。 それでもチームの状態は上向き。ホームで連勝を収めただけに、ここでもう一度勝ちグセをつけたいところだ。 ポイントは持ち味である堅い守備から、効果的な攻撃を仕掛けられるかどうか。良い守備でペースを掴んで、一気に攻撃に転じたいところ。浦和守備の隙をしっかりと突いていきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:片山瑛一、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.10.24 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第28節:FC東京vs横浜FM】大型連戦明けの東京と上位に食らいつきたい横浜FM、ストロングポイントを出せるのは

【明治安田生命J1リーグ第28節】 2020年10月24日(土) 15:00キックオフ FC東京(3位/47pt) vs 横浜F・マリノス(7位/41pt) [味の素スタジアム] ◆必殺カウンターでしたたかに勝てるか【FC東京】 前節は1週間前、アウェイで横浜FCと対戦し1-0で敗れた。 8月から続いていた19連戦が終了。ミッドウィークに試合がない週を久々に過ごし、激戦を戦い続けた選手たちにとっては束の間の休息となったに違いない。 試合を振り返り修正することもままならなかったなか、首位の川崎フロンターレには離される形となったが、上位を守り続けてきたことはチームとして自信になっているはずだ。 この先にはYBCルヴァンカップの決勝、そしてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えており、チームとしては本当に束の間の休息に。今一度スタートを切るための良い期間になったはずだ、 横浜FMは相性も悪くなく、今季は第4節で1-3とアウェイで勝利。ハイラインの裏を突くカウンターでしっかりとチャンスを仕留めていきたい。 チームとしてはこの先待ち受ける戦いに向けても、ここでシーズン初の連敗を喫するわけにはいかない。良い形でリスタートしたいところだろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:三田啓貴、アルトゥール・シルバ、安部柊斗、田川亨介 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太 出場停止:レアンドロ、ジョアン・オマリ ◆可変システムで相手を撹乱させ連勝を【横浜F・マリノス】 前節はホームに名古屋グランパスを迎えしっかりと2-1で勝利。連覇が消滅した後の試合でしっかりとバウンスバックを見せた。 名古屋戦では終始押し込む展開を見せ、久々先発のMF天野純や左サイドで起用されたDF小池龍太らが躍動して見せた。 これまで突き詰めてきたスタイルを守りつつ、システムを大きく変えて連戦を戦っている横浜FM。もう一段上のレベルに行くためには、やはり結果を出し続けるしかない。 選手とシステムを入れ替えてもなお結果を残し続けられるか。来シーズンのACL出場のためにも上位対決は負けられない。 ★予想スタメン[4-3-2-1] GK:朴一圭 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:渡辺皓太、喜田拓也、扇原貴宏 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.10.24 12:20 Sat
twitterfacebook