相手をなぎ倒す!ズラタンが圧倒的パワーとスキルを見せて決めたスーパーゴール【インクレディブル・ゴールズ】

2020.09.16 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがユベントス時代に決めたゴールだ。

◆ズラタンのパワーとテクニックが光るスーパーゴール

バルセロナやミラン、マンチェスター・ユナイテッドなど、数々の欧州ビッグクラブを渡り歩いてきたイブラヒモビッチ。恵まれたフィジカルと圧倒的な得点センスを武器に、在籍した全てのクラブで得点を量産している。

数多くのスーパーゴールを決めてきているイブラヒモビッチだが、ユベントス時代の2005年11月19日に行われた、セリエA第12節のローマ戦でも素晴らしいゴールを決めている。

ユベントスが前半に先制し1-0で迎えた56分、自陣中央からMFエメルソンが前線のイブラヒモビッチにロングボールを出してカウンター発動。イブラヒモビッチは浮き球のボールを反転しながら右足のアウトサイドでトラップし、一気に裏へ抜け出す。

相手DFとの競り合いになるも、イブラヒモビッチは圧倒的なフィジカルの強さで相手をなぎ倒し、フリーでボックス内に。GKと1vs1の場面を作ると、豪快なシュートを沈め、追加点を奪った。

この後もリードを広げたユベントスは、4-1で試合に勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

見事なダイビングヘッド!ロシア挑戦の橋本拳人が決めたロストフ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は日本代表MF橋本拳人がFCロストフで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロストフの橋本が決めた欧州初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1OEtrSTMwSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> FC東京ユース出身の橋本は、2012年にファーストチームに昇格。レンタル移籍を経て2015年から主力選手として定着した。 2020年夏に初の海外挑戦となる、ロシア・プレミアリーグのロストフに移籍した橋本だが、その記念すべき初ゴールは、移籍後初先発となった2020年8月23日のロシア・プレミアリーグ第4節、UFA戦で決めたゴールだった。 0-0と均衡した状態が続く中で迎えた79分、ロストフに決定機。左サイドに張っていたMFバクティヤール・ザイヌトディノフが、中央に低めのクロスを上げる。これはゴール前に走り込んだMFパベル・ママエフに当たりファーサイドに流れるも、ここに橋本が飛び込みダイビングヘッド。至近距離からの強烈なヘディングが決まり、見事な初ゴールを決めた。 これがこの試合唯一の得点となり、ロストフが1-0で勝利している。 2020.09.26 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ポーランドが誇る史上最高峰ストライカー、レヴァンドフスキのバイエルン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがバイエルンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが連携から決めたバイエルン初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhUzNuYTNKNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏に加入したドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに移籍。絶対的エースとして君臨し、ゴールを量産している。 ここまで290試合で247ゴールという驚異的な数字を記録しているレヴァンドフスキだが、その記念すべき初ゴールは、2014年8月30日に行われた、ブンデスリーガ第2節のシャルケ戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた10分、FWアリエン・ロッベンがFWトーマス・ミュラーとの連携で中央突破を図る中、ゴール正面でボールを受けたレヴァンドフスキは、裏へ走るロッベンへパス。 フリーでボールを受けたロッベンは、GKと1vs1になると、絶妙のタイミングで横パスを出す。レヴァンドフスキがこれはゴール右に押し込み、バイエルン初ゴールを決めた。 レヴァンドフスキのゴールで先制したバイエルンだったが、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.26 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

次代を担う神童ムバッペがモナコで決めたプロ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがモナコで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆17歳のムバッペが決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1Ym5BQ0o3VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスサッカー屈指の育成の名門、クレールフォンテーヌ国立研究所で英才教育を受けて育ったムバッペは、2015年にモナコでプロデビュー。爆発的なスピードと得点力を武器に一気に世界中が注目するタレントとなった。 2017年夏にPSGに引き抜かれるまで、公式戦60試合で27ゴールを記録しているムバッペだが、その記念すべき初ゴールは、2016年2月20日のリーグ・アン第27節、トロワ戦で決めたゴールだった。 2-0とPSGリードの73分、途中交代で試合に出場したムバッペ。すると、2-1と1点差に追い上げられた93分、MFエウデル・コスタがドリブルで左サイドを駆け上がり、ボックス内に侵入する。 コスタが中央に横パスを送ると、中で待っていたムバッペが左足で合わせ、見事なフィニッシュを決めた。 これがプロ初ゴールとなったムバッペ。17歳と62日でのゴールは、モナコのクラブ史上最年少得点者の記録となっている。 2020.09.25 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナムとイングランドの大エース、ハリー・ケインが18歳で決めたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はイングランド代表FWハリー・ケインがトッテナムで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆18歳のケインが決めたトッテナム初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJJZ0RmckxINiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トッテナムの下部組織出身のケインは、2011年にファーストチームに昇格すると、レンタル移籍を経て2013年にトッテナム復帰。瞬く間に大ブレイクを果たし、クラブを代表するストライカーに登り詰めた。 エース、そして主将としてここまで公式戦290試合190ゴールを記録しているケインだが、その記念すべきトッテナム初ゴールは、2011年12月15日のヨーロッパリーグ(EL)グループステージ、アイルランドのシャムロック・ローバーズ戦で試合で決めたゴールだった。 3-0とトッテナムリードで迎えた76分、ケインは途中出場を果たす。すると、後半アディショナルタイムの91分、左サイドからDFダニー・ローズが大きなクロスをボックスに上げる。ファーポストにいたMFアンドロス・タウンゼントが頭で折り返し、ケインがこれを右足でゴールに流し込み、トッテナム初ゴールが生まれた。 記念すべき初ゴールを決めた背番号「37」のケインは、まだあどけなさも残る顔でチームメイトと喜びを分かち合った。試合はダメ押しの追加点を奪ったトッテナムがそのまま4-0で勝利している。 2020.09.24 15:00 Thu
twitterfacebook
thumb

伝説のファンタジスタ、ロナウジーニョがPSGで決めたヨーロッパ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFロナウジーニョ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョの記念すべきヨーロッパ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0b3g4SkhmdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国のグレミオでプロキャリアをスタートさせたロナウジーニョ氏は、2001年夏にPSGに移籍してヨーロッパデビュー。2003年夏にバルセロナへの運命的な移籍を果たすまで、公式戦77試合で25ゴールを記録した。 PSG時代から才能あふれるプレーでファンを魅了していたロナウジーニョだが、記念すべきPSG初ゴールは、2001年10月14日に行われた、リーグ・アン第10節のリヨン戦で決めたゴールだった。 1-2とリヨンにリードされて迎えた79分、PSGがPKを獲得すると、キッカーはロナウジーニョ。ゆっくりとした助走から、GKの逆をつくシュートをゴール左にしっかり決め、ヨーロッパ初ゴールを記録した。 試合はこのまま2-2のドローで終わっている。ちなみに当時のPSGでは、ナイジェリアのレジェンド、ジェイ・ジェイ・オコチャ氏を始め、バルセロナBからレンタル移籍でPSGに加入していた現アーセナル監督のミケル・アルテタ氏、元トッテナム監督のマウリシオ・ポチェッティーノ氏らがプレーしていた。 2020.09.23 12:00 Wed
twitterfacebook