バルサが獲得に動いたワイナルドゥムはリバプール残留へ、クロップ「現時点では全て問題ない」

2020.09.14 16:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナ移籍が取り沙汰されているオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(29)だが、リバプールに留まることになるようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。2016年7月にニューカッスルからリバプールに加入したワイナルドゥムは、中盤の要に成長。これまで公式戦188試合に出場し19ゴール16アシストを記録。2018-19シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)優勝、2019-20シーズンは30年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献していた。

そのワイナルドゥムに関しては、リバプールとの契約が2021年6月30日までとなっており、残り1年の状況。しかし、ロナルド・クーマン監督が就任したバルセロナが獲得に動いているとされていた。

ワイナルドゥム本人は、ユルゲン・クロップ監督との会談を求めているとされ、リバプールとの契約延長を望んでいるとされていた。

リバプールは13日にプレミアリーグ開幕節で昇格組のリーズ・ユナイテッドと対戦。打ち合いとなった試合は4-3で勝利しており、ワイナルドゥムもフル出場を果たしていた。

クロップ監督は、リーズ戦後にワイナルドゥムと話をしたことを明かし、関係性は問題ないとコメント。残留する方向であるようだ。

「私は彼と500、または600の会話をした。彼は代表活動から戻ってきた。それだけだ。我々が関与している限り、我々は将来について絶対に問題ない。数年後の未来については話せないが、全てが順調だ。現時点では全て問題ない」
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー撃破を喜ぶクロップ、リバプールデビューのチアゴも激賛 「完璧なスタート」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が強敵撃破を喜び、新加入のスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラにも賛辞を送った。 リバプールは20日に敵地で行われたプレミアリーグ第2節でチェルシーと対戦。前半終盤にチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがレッドカードで退場となり、数的優位に立ったリバプールは後半にセネガル代表FWサディオ・マネの2ゴールでビッグマッチを制した。 王者の貫禄をみせつけ、開幕2連勝を飾ったクロップ監督は試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』でチームを評価した。 「スーパーなゲーム。両軍による本当に好ゲームだった。我々の戦いぶりも満足している。チェルシーはトップサイドだ。前半は得点に繋がらなかったが、私が好む自分たちのフットボールができた。レッドカードが出て、迎えた後半から違うものになった。ボールを動かし続け、相手を走らせ、ゴールを決めた。PK献上の場面もあったが、アリ(アリソン)が止めた。すべてが良かった。この結果に対して、全員がよくやってくれた」 そんなゲームでは今夏にバイエルンからリバプールに加入したチアゴが後半の頭からピッチに立ち、新天地デビュー。PK献上のファウルこそあったが、後半のみのプレーでチェルシーの各選手を上回る75本のパスを成功させ、さっそく異才ぶりを示した。 イギリス『BBC』によると、クロップ監督はチアゴについても触れ、「11人vs10人のゲーム展開を受けて、早い時間帯からチアゴの投入を決めた。彼のような選手はリズムを司れるからだ。彼にとって、パーフェクトなスタートになり、選手たちも彼をしっかりとサポートしてくれた」と称賛した。 2020.09.21 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 0-2 リバプール《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、チェルシーvsリバプールが20日にスタンフォード・ブリッジで行われ、アウェイのリバプールが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200921_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 4.5 1失点目はノーチャンスだったが、2失点目ではマネとの駆け引きで手玉に取られて痛恨のロスト。指揮官とファンの信頼を再び損ねることに… DF 24 R・ジェームズ 5.5 失点場面ではマークに付き切れなかったが、対面のマネに対して味方のサポートを受けながら粘り強く対応。繋ぎの局面でも堅実にプレー 4 A・クリステンセン 5.0 決して一人の責任ではないが、一瞬の気の緩みでマネに抜け出されて痛恨の一発退場… 15 ズマ 5.5 サラーとのスピード勝負で奮闘。課題のビルドアップもまずまずだった 3 マルコス・アロンソ 5.0 前半は時折攻撃参加も見せたが、後半は守備に忙殺された。失点場面では数的不利の影響もあったが、相手の連係に対して何の制限もかけられなかった MF 7 カンテ 6.0 一人で1.5人分の役割をこなす。数的同数の時間帯は積極的な飛び出しで攻撃に顔を出し、後半は数的不利をカバーする再三の好守でチームを助けた 5 ジョルジーニョ 5.0 数的同数の前半は持ち味の繋ぎで良さも出せたが、後半は苦しいプレーが続きチェルシーで初のPK失敗に… (→バークリー -) 17 コバチッチ 5.5 地味ながら攻守両面でよく戦えていた。ヴェルナーのPK奪取の起点に (→エイブラハム -) FW 19 マウント 5.0 守備で献身性は見せたが、数的不利の中で攻撃面の貢献は限定的だった。プレー全体の質も物足りず 29 ハフェルツ 5.0 味方の退場の影響で前半のみの出場。最前線の起用でポストワークや繋ぎで一定の貢献も、アタッカーとしての怖さを出せず、小さくまとまった内容に (→トモリ 5.5) 厳しい状況で久々のリーグ戦も、自身ができることはしっかりと見せた 11 ヴェルナー 6.0 ファビーニョに手を焼くもPK奪取など、数的不利の中で可能性を与える活躍は見せた。持ち味のスピードをさらに生かすには周囲とのコミュニケーションがより重要に 監督 ランパード 5.0 退場やケパのミスなどプランに影響が及ぶアクシデントに見舞われたが、スタメン選考や交代の切り方など微妙な采配も見受けられた ▽リバプール採点 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200921_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アリソン 7.0 名手ジョルジーニョのPKをストップ。スペースケアや正確な球出しなど、攻守両面で抜群の存在感を放った DF 66 アレクサンダー=アーノルド 6.5 長短交えた正確なパスで局面を変える役割を担った。守備の部分でも堅実な仕事ぶりだった 3 ファビーニョ 6.5 チーム事情により、久々のセンターバック起用となったが、リーチの長さと読みを利かせた対応でヴェルナーの突破を幾度も阻んだ 4 ファン・ダイク 6.0 リーズ戦でのミスを教訓に堅実なプレーを心がけた。緩んだ時間もあったが、クリーンシートに貢献 26 ロバートソン 6.0 攻守両面で安定した仕事を見せた。ビッグマッチということもあり、いつもに比べてバランスを意識してプレー MF 8 N・ケイタ 6.0 切り替えの徹底など強度の高いプレーで中盤の争いを優位に進める原動力に。要所でチャンスにも顔を出した (→ミルナー 5.5) 今季初出場で要所を締めるベテランの仕事を見せた 14 ヘンダーソン 5.5 コンディションは上がり切っていないが、クリステンセンを退場に追い込んだ好フィードなど、3トップを生かす球出しはさすがだった (→チアゴ 5.5) 不用意なPK献上は頂けなかったが、数的優位というアドバンテージもあり、デビュー戦とは思えない中盤でのオーガナイズを早くも披露した 5 ワイナルドゥム 6.0 求められる黒子の役目をきっちりこなしつつ、決定機にも顔を出した FW 11 サラー 6.0 古巣への遠慮か、決定的な仕事はなかったが、先制点の起点となるなど勝利にきっちり貢献 9 フィルミノ 6.5 先制点をアシスト。ファーストディフェンダーとしての貢献が高く、ライン間やギャップでボールを引き出しながらチームの攻撃を円滑にした (→南野拓実 -) 短い時間ながらも今季リーグ戦初出場 10 マネ 7.5 クリステンセンの退場を誘発し、2ゴールを挙げる素晴らしい活躍を披露 監督 クロップ 6.5 相手の自滅に助けられた面もあったが、勝利に相応しいしたたかな采配でチームを勝利に導いた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! サディオ・マネ(リバプール) 決勝点を含む2ゴールの活躍で文句なしのMOM。拮抗した展開が続いた中、抜け目ないランニングでクリステンセンを退場に追い込む決定的な仕事に加え、抜群のキープ力や献身的な守備とゴール以外の仕事も完璧にこなした。 チェルシー 0-2 リバプール 【リバプール】 マネ(後5) マネ(後9) 2020.09.21 03:14 Mon
twitterfacebook
thumb

マネ2発の王者リバプールが自滅チェルシーを敵地で撃破! 途中出場のチアゴデビューに南野も今季初出場《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第2節、チェルシーvsリバプールが20日にスタンフォード・ブリッジで行われ、アウェイのリバプールが2-0で勝利した。なお、リバプールのFW南野拓実は86分からプレーし、今季リーグ初出場を飾った。 新型コロナウイルスの影響により、多くのクラブが緊縮財政を強いられている中、今夏の市場に約2億ポンドの巨額を投じたチェルシー。注目の初陣となったブライトンとの開幕節ではヴェルナー、ハフェルツの2選手がデビューを飾り、3-1の白星発進となった。昨季、シーズンダブルを喫した王者相手に連勝を目指すホーム開幕戦では前節から先発1人を変更。ロフタス=チークに代わってコバチッチが復帰し、システムを[4-3-3]に変更した。 一方、ド派手な打ち合いとなった昇格組リーズ・ユナイテッドとの開幕戦を4-3で競り勝ち連覇に向けて幸先よくスタートを飾ったリバプール。今週にはバイエルンからチアゴ、ウォルバーハンプトンからジョタと中盤と前線に好タレントを補強し、より強力なスカッドを構築。難敵チェルシーのホームに乗り込んだこの一戦では前節から先発1人を変更。軽い打撲と筋肉系の問題を抱えるジョー・ゴメス、マティプの不在に伴い、ファビーニョがファン・ダイクの相棒を務めることに。注目のチアゴは南野と共にベンチに入った。 今夏、超大型補強を敢行した昨季4位のチェルシーが、連覇を狙う王者リバプールに挑む新シーズンのプレミア最初のビッグマッチ。 前線の並びを右からマウント、ハフェルツ、ヴェルナーとマイナーチェンジしたホームチームに対して、リバプールはいつも通り、前から激しいプレッシャーをかけてけん制。相手の立ち位置、ボールの動かし方を確認し合う様子見の立ち上がりを経て、試合は徐々にアウェイのリバプールがボールの主導権を握る形に落ち着く。 その後もスペースの探り合い、消し合いと戦術的な駆け引きが色濃い展開が続くが、ハフェルツやマネ、ジョルジーニョ、ヘンダーソンと要所で個人が打開を図るなど、上位対決に相応しい緊迫感のある攻防も目立った。 前半半ばから終盤にかけても睨み合いの状況は変わらず。共にフィニッシュの数がなかなか増えないものの、32分にはカンテの飛び出しからヴェルナーの際どいミドルシュート、直後の34分にはアレクサンダー=アーノルドのクロスをボックス左で収めたサラーの際どい折り返しと、ゴールに迫る場面を作る。 このまま0-0で前半終了かと思われたが、45分に試合の流れを大きく左右する出来事が起きる。押し込まれたリバプールがGKアリソンのスローからリスタートすると、近くでボールを受けたヘンダーソンがすかさず前線のスペースで絶妙なロングフィードを供給。左サイドから斜めのランニングで抜け出したマネに対して、背後を取られたDFクリステンセンがボックス手前で後方から引き倒してしまう。当初、主審はこのファウルに対してイエローカードを掲示したが、VARによるレビューを行うと、飛び出したGKケパとマネのボールの距離感などを考慮し、重大な決定機阻止と考えを改めてカードの色を黄色から赤に変えた。 前半ラストプレーで数的不利を負ったチェルシーはハーフタイム明けにハフェルツを下げてトモリを投入。この交代で前線にヴェルナーとマウントを残す[4-3-2]の布陣に変更した。一方、リバプールはコンディションに不安を残すヘンダーソンに代えて、プレミアデビューのチアゴを同じアンカーの位置で送り出した。 すると、勝負所を理解する王者は相手が布陣変更に適応する隙を与えない立ち上がりからの攻勢で一気に試合を動かす。まずは50分、右サイドに流れて局面での数的優位を作ったフィルミノがサラーとの連係からボックス右に抜け出して高精度のクロス。これにファーから内に絞ってきたマネが相手DFの死角から飛び出す豪快なヘディングで合わせ、待望の先制点を挙げる。 さらに、直後の54分にはトモリからGKケパへのバックパスにプレッシャーをかけたマネが、背中でジョルジーニョを感じながら急加速でケパに圧力をかけてインターセプト。すかさず無人のゴールへシュートを流し込んだ。 マネの連続ゴールによって、30分余りを残して積んだ感もあるチェルシーだが、ヴェルナーを最前線に残す[4-4-1]に布陣を微調整してファイティングポーズを取り続ける。チアゴを起点に質の高いボールの動かし方を見せるアウェイチームに対して、粘り強く守りながらヴェルナーの快足に一縷の望みを託す。 すると、73分にはチェルシーに千載一遇のチャンスが訪れる。左サイドからドリブルでボックス内に切り込んだヴェルナーがチアゴのファウルを誘いPKを奪取。キッカーを務めたのは直近のブライトン戦を含めチェルシー加入後、すべてのPKを成功させてきた名手ジョルジーニョ。だが、右隅を狙ったシュートはGKアリソンに完璧に読まれて痛恨の失敗に。 一方、守護神のビッグセーブに救われたリバプールは気を引き締め直して残りの戦いに臨んだ中、86分にはフィルミノに代えて、今季プレミア初出場の南野をピッチに送り込んだ。そして、試合終了間際の決定機はサラーが決め切れず、3点目こそ逃したものの、今季初のクリーンシートで試合を締めくくった。 クリステンセンの一発退場にケパのミス、ジョルジーニョのPK失敗と相手の自滅に助けられた感もあるが、王者に相応しい内容で勝ち切ったリバプールが開幕2連勝。一方、敗れたチェルシーは次回の対戦に向けてデビューが待たれる新戦力、既存戦力の成長がカギを握る。 2020.09.21 02:36 Mon
twitterfacebook
thumb

アリソン以来のワールドクラス、チアゴ・アルカンタラがリバプールにもたらすものとは?

18日に発表された、バイエルンのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラのリバプール移籍。リバプール行きが盛んに報じられながら、中々進展がなかっただけに、安堵したサポーターも多いのではないだろうか。 近年、チームの足りない部分を的確に見極めて、最適な補強を行ってきたリバプール。中でも大金をはたいて連れてきたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクやブラジル代表GKアリソン・ベッカーは穴を埋めるだけでなく、チームのストロングポイントの一つになっている。リバプールは2019-20シーズンに日本代表FW南野拓実やオランダ人DFゼップ・ファン・デン・ベルグらも獲得はしているが、アリソン以来の即戦力の獲得が今回のチアゴだ。 <div id="cws_ad">◆リバプール移籍目前!チアゴのプレーをチェック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDOHZENXFIVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そのチアゴの加入が、リバプールにもたらすものとして考えられるのは、大きく分けて2つある。一つはトランジション時のクオリティアップ、そしてもう一つが中盤からのクリエイティブなプレーだ。 既にリバプールの強みである守備から攻撃への切り替えの部分だが、チアゴの存在はそのクオリティを一段高める。見過ごされがちだが、チアゴは守備面でも高いクオリティを持っている。決して大柄な選手ではないものの、敏捷性に優れるチアゴは高いボール奪取力を持ち、相手の攻撃の起点となる選手から素早くボールを奪うことができる。 さらにチアゴの優れている点は、ボール奪取後、すぐに攻撃の起点となれる高いパス精度を持っていることだ。パスに加え、相手のプレッシャーをいとも簡単にすり抜ける、高いキープ力とドリブルテクニックも兼ね備えているため、複数の相手から囲まれているような状況においても、ファーストタッチで相手からのマークをすり抜ける、または素早いドリブルで一瞬にして相手を置き去りにし、味方の攻撃に繋げるという場面がバイエルンでも数多く見られた。 相手の攻撃をストップし、すぐさま味方の攻撃に繋げることができるチアゴは、組織的なプレスと素早いトランジションからのダイナミックな速攻を得意とするクロップ・リバプールの武器をさらに強化するだろう。 そしてもう1つのチアゴの強みが、中盤からのクリエイティブなプレーで、攻撃の幅を広げることができる点だ。チアゴの最大の武器は、元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス氏を彷彿とさせるエレガントなパスセンスだろう。1本のパスで相手DFを無効化し、ビッグチャンスを作り出すクリエイティブなプレーは、間違いなくリバプールの攻撃の幅を広げる強みになる。 中盤のクリエイティビティについては、昨シーズンからリバプールの課題とされていた部分であり、主力としてこれまで多くの試合に先発しているMFジョーダン・ヘンダーソンやMFジョルジニオ・ワイナルドゥムはどちらかと言えばハードワークを得意とするファイタータイプのMFであり、中盤からの仕掛けはそこまで得意な選手ではない。 その代わりに、DFトレント・アレクサンダー=アーノルドやDFアンディ・ロバートソンといったサイドバックの選手がクリエイティブな仕事を担っており多くのアシストを記録しているが、やや一辺倒になっている面もあった。そのため、サイドバックからのパスの対策を講じられ、苦戦するという試合は昨シーズンも散見されていた。 こうした局面では、ドリブルで仕掛けていく力を持ったMFナビ・ケイタを投入して状況を打開しにいく、という場面が昨シーズンを通して何度も見られたが、今後そういった展開の試合において、チアゴのクリエイティブなパスやドリブルでの仕掛けは、リバプールにとってこれまでなかった新たなオプションとなり得る。 既にリバプールの強みである素早いトランジションをより強固なものとし、今までの課題であった中盤のクリエイティビティをチームにもたらすことができるチアゴは、プレミアリーグ連覇を狙うリバプールにとって大きな後押しとなるはずだ。 2020.09.20 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーで鳴かず飛ばずのサラー、リバプールで躍動する理由とは? クロップが語る

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督がエジプト代表FWモハメド・サラーの安定したパフォーマンスに見解を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 2017年夏にローマから加入初年度に公式戦44ゴールを挙げ、鮮烈なデビューシーズンを過ごしたサラーは以降もネットを揺らし続け、公式戦通算154試合97ゴールを記録。今季のプレミアリーグ開幕戦だったリーズ・ユナイテッド戦(4-3で勝利)でもハットトリックを成し遂げ、早々にその存在感を解き放っている。 そんなサラーにとって、古巣のチェルシーと20日のプレミアリーグ第2節で相対するクロップ監督。試合に先駆けた会見で、チェルシーで鳴かず飛ばずに終わったサラーがなぜリバプールで一貫性のあるパフォーマンスを披露できているのかとの質問を受けると、こう回答している。 「何よりもまず第一に、彼の功績は称賛に値する。我々のチームが彼に力を発揮させるのに適しているという事実があり、それを彼自身も認識している。だが、あれだけのゴールを決めるには特別な個性がなければできない」 「彼は加入初年度に40ゴールほど記録した。大半のプレーヤーがそれを素晴らしいと言う。だから、今はピッチ外での彼を考えようと思う」 「彼は貪欲であり続け、強い決意もある。試合中における彼の仕事ぶりは並外れ、スーパーなプロフェッショナルさ。それが真実だ。あなたが成功を収める方法の本を書くとしたら、彼が行っているトレーニングのこと、そして我々がゲームの合間に行っていることがキーファクターになると思う」 「ゴールの数は信じられないものだ。私はリーズ戦後、彼に直接話したよ。試合を観ていない人からすれば、『PK2本に1ゴールか』と思われるかもしれない。しかし、観た人からすれば、3ゴールのパフォーマンスをしてくれたと感じているはずだ。おかげで良いスタートが切れた。続けていってもらいたいところだ」 2020.09.20 18:05 Sun
twitterfacebook