ラピド・ウィーン北川航也が今季開幕戦で第一号! チームも快勝スタート《オーストリア・ブンデスリーガ》

2020.09.12 08:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラピド・ウィーンのFW北川航也が今季初ゴールをマークした。ラピド・ウィーンは11日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ開幕節でアドミラ・バッカーとホームで対戦。欧州挑戦2年目の北川はベンチからスタートした。

開始8分に先制したラピド・ウィーンは43分に追加点。2点リードで試合を折り返すと、72分にもダメ押し点が生まれ、試合の勝負を決してみせる。

そんななか、76分から北川も出場。80分に1点を返されたが、後半アディショナルタイムにボックス右からの折り返しにゴール中央で合わせ、相手の息の根を止めた。

北川もいきなりゴールを挙げ、幸先の良いスタートを切ったラピド・ウィーンは快勝。見事に今季リーグ戦白星スタートを飾っている。

ラピド・ウィーン 4-1 アドミラ・バッカー
【ラピド・ウィーン】
ムルク(前8)
フォンタス(前43、後27)
北川航也(後45+2)
【アドミラ・バッカー】
ホースジェル(後35)
コメント
関連ニュース
thumb

CL予選プレーオフの組み合わせ決定! 両者勝ち上がりなら北川航也と菅原由勢の日本人対決に!

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフの組み合わせ抽選会が1日にスイスのニヨンで行われ、全6カードが決定した。 CLグループステージ参戦を懸けたプレーオフは、国内リーグ王者同士が対戦するチャンピオンズパス、UEFAカントリーランキングで5位以下の各国リーグ上位チーム同士が対戦するリーグパスに分かれている。 チャンピオンズパスではMF奥川雅也が在籍するレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)が今ラウンドからの参戦となり、対戦相手は予備予選3回戦で対戦するマッカビ・テルアビブ(イスラエル)とディナモ・ブレスト(ベラルーシ)の勝者となる。 また、ギリシャ王者のオリンピアコスは、ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)とオモニア(キプロス)の勝者との対戦となるが、ツルヴェナ・ズヴェズダが勝ち上がった場合、昨シーズンのグループステージ以来の対戦に。 リーグパスではラピド・ウィーン(オーストリア)のFW北川航也と、AZ(オランダ)のDF菅原由勢による日本人対決の可能性が浮上。両者はそれぞれヘント(ベルギー)、ディナモ・キエフ(ウクライナ)を3回戦で撃破した場合、グループステージ出場を懸けて激突することになる。 さらに、今夏の移籍市場でDFヤン・ヴェルトンゲンやMFエヴェルトン、FWルカ・ワルドシュミットらを補強したベンフィカ(ポルトガル)は、PAOK(ギリシャ)を破った場合、FCクラスノダール(ロシア)と対戦する。 なお、新型コロナウイルスの影響によってシングルマッチ方式となる3回戦は今月15日と16日に行われ、通常通りのホーム&アウェイ方式となるプレーオフは同月22日と23日に1stレグ、同月29日と30日に2ndレグが開催される。今回決定したプレーオフ対戦カードは以下の通り。 ◆チャンピオンズパス スラビア・プラハ vs ヤング・ボーイズorミッティラン マッカビ・テルアビブorディナモ・ブレスト vs ザルツブルク オリンピアコス vs ツルヴェナ・ズヴェズダorオモニア カラバフorモルデ vs ディナモ・ザグレブorフェレンツヴァーロシュ ◆リーグパス FCクラスノダール vs ベンフィカorPAOK ヘントorラピド・ウィーン vs ディナモ・キエフorAZ 2020.09.01 22:08 Tue
twitterfacebook
thumb

菅原途中出場のAZが120分の激闘を制す!北川のラピド・ウィーンも3回戦進出《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦の11試合が26日に各地で行われた。 菅原由勢の所属するAZ(オランダ)は、ホームでビクトリア・プルゼニ(チェコ)と対戦し、延長戦までもつれ込んだ激闘を3-1で競り勝った。菅原は93分から出場している。 9シーズンぶりのCL本戦出場を目指すAZだったが、ゴールレスで迎えた後半に先制を許す。78分、ロングパスをボックス左のヤン・コピツが落とすと、ボックス左手前のリンベルスキーが左足一閃。このダイレクトシュートがそのままゴール右隅に吸い込まれた。 試合は0-1のままアディショナルタイムに突入。このまま試合終了かと思われたが、AZが粘りを見せる。後半アディショナルタイム5分、ボックス右のデ・ウィトが頭で折り返したボールに反応したドライフが飛び出したGKに倒されPKを獲得。このPKをコープマイネルスが確実に決め、試合は延長戦に突入。 同点弾で勢いに乗るAZは98分、ミトショのロングパスでゴール前に抜け出したアルベルト・グズムンドソンが落ち着いたトラップからシュートを叩き込み、勝ち越しに成功すると、試合終了間際の118分にもA・グズムンドソンがゴールネットを揺らし、3-1で勝利。逆転勝利を飾ったAZが予選3回戦に駒を進めている。 また、北川航也の所属するラピド・ウィーン(オーストリア)は、アウェイでロコモティヴァ・ザグレブ(クロアチア)と対戦し、エルジャン・カラの決勝弾で1-0で勝利した。北川は86分からプレーした。 ◆CL予選2回戦 ▽8/25(火) ティラナ 0-1 <span style="color:#ff0000">ツルヴェナ・ズヴェズダ</span> <span style="color:#ff0000">PAOK</span> 3-1 ベシクタシュ ▽8/26(水) <span style="color:#ff0000">AZ</span> 3-1 ビクトリア・プルゼニ ツェリェ 1-2 <span style="color:#ff0000">モルデ</span> スードゥバ 0-3 <span style="color:#ff0000">マッカビ・テルアビブ</span> <span style="color:#ff0000">カラバフ</span> 2-1 シェリフ ロコモティヴァ・ザグレブ 0-1 <span style="color:#ff0000">ラピド・ウィーン</span> ルドゴレツ 0-1 <span style="color:#ff0000">ミッティラン</span> <span style="color:#ff0000">ディナモ・ブレスト</span> 2-1 サラエボ CFRクルージュ 2-2(PK:4-6) <span style="color:#ff0000">ディナモ・ザグレブ</span> レギア・ワルシャワ 0-2 <span style="color:#ff0000">オモニア</span> <span style="color:#ff0000">ヤングボーイズ</span> 3-1 KIクラクスヴィーク セルティック 1-2 <span style="color:#ff0000">フェレンツヴァーロシュ</span> 2020.08.27 05:55 Thu
twitterfacebook
thumb

北川航也が移籍後リーグ戦初ゴール! ラピド・ウィーンが2位死守でCL予選出場に前進《オーストリア・ブンデスリーガ》

オーストリア・ブンデスリーガ第26節が14日に行われ、ラピド・ウィーンvsヴォルフスベルガーの一戦は2-1でラピド・ウィーンが勝利した。この試合にFW北川航也は先発出場し、待望のリーグ戦初ゴールを記録した。 オーストリア・ブンデスリーガは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断前にレギュラーシーズンが終了。再開後は、上位6チームによるチャンピオンシップラウンドと下位6チームによるレギュレーションラウンドに分かれてリーグ戦が開催されている。 チャンピオンシップラウンドに回ったラピド・ウィーンは、再開初戦でザルツブルクに敗戦。2試合目のLASKリンツ戦で勝利し、3戦目を迎えていた。 試合は36分、自陣からカウンターを仕掛けると左サイドへのスルーパスが通りフォウンタスが反応。北川はボックス中央へ走り込むと、ダイレクトでの折り返しをしっかりと合わせてネットを揺らし、先制ゴールを記録した。 北川は2019年7月に清水エスパルスから加入すると、途中ケガで約3カ月離脱するなど苦労。リーグ戦13試合目にして初ゴールを記録していた。なお、9月の国内カップ戦で移籍後初ゴールは記録していた。 試合は50分に同点に追いつかれるも、87分にマキリミリアン・ウルマンのゴールで勝ち越しに成功し、ラピド・ウィーンは連勝を飾った。 2020.06.15 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ラピド・ウィーン北川航也が負傷離脱…年内復帰厳しいとの見方も

ラピド・ウィーンに所属する日本代表FW北川航也の戦線離脱が判明した。 北川は25日に行われたオーストリアカップ2回戦のザルツブルク戦に先発。56分に移籍後初ゴールを決め、60分までプレーした。 クラブが27日付で発表したところによれば、そのザルツブルク戦でケガした北川は、MRI検査で左足首負傷の診断結果を受けたという。 手術を受ける必要性はないが、最低でも2週間の松葉杖生活を余儀なくされる見込み。ただ、年内の復帰は「非常に疑わしい」ようだ。 今夏に清水エスパルスからオーストリアに渡り、公式戦5試合目で待望の移籍後初ゴールを挙げた北川。早期復帰を願うばかりだ。 2019.09.28 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

北川航也の移籍後初ゴールに南野拓実の劇的弾! ザルツブルクに軍配《オーストリアカップ》

ラピド・ウィーンに所属する日本代表FW北川航也と、ザルツブルクでプレーする同代表FW南野拓実がそれぞれゴールをマークした。 ラピド・ウィーンとザルツブルクが激突した25日のオーストリアカップ2回戦で、北川と南野はそれぞれ先発出場。ザルツブルクのMF奥川雅也はベンチから戦況をうかがった。 開始からこう着した展開で進む試合は、51分にソボスライのゴールでザルツブルクが均衡を破るが、56分にボックス右のフンタスが折り返したボールに北川が右足で合わせる。 ラピド・ウィーンは加入後初ゴールの北川を60分にベンチに。対するザルツブルクも奥川をピッチに送り出して引き離しにかかるが、両者引かずの戦いが続き、延長戦に入った。 その後も一進一退の攻防が続くが、延長後半アディショナルタイム、左サイド起点の攻撃からクリステンセンの折り返しに南野。左足ダイレクトで押し込み、劇的展開を演出した。 結局、南野のドラマティックな一撃が決勝点となり、ザルツブルクが北川に待望の一発が生まれたラピド・ウィーンを撃破。3回戦進出を果たしている。 ラピド・ウィーン 1-2 ザルツブルク 【ラピド・ウィーン】 北川航也(後11) 【ザルツブルク】 ソボスライ(後6) 南野拓実(延後15+1) 2019.09.26 08:00 Thu
twitterfacebook