“ニューネイマール”ロドリゴがサントス時代に見せた3人抜きアシスト【ベスト・アシスト】

2020.09.11 16:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。今回はレアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスがサントス時代に記録したアシストだ。

◆ロドリゴが見せた3人抜きアシスト

ネイマールら数々のスターを輩出してきたブラジル名門サントスでプレーしていたことやその優れたドリブルテクニックから“ニューネイマール”と評されるロドリゴは、レアル・マドリーで活躍する注目の超逸材だ。

多彩なドリブルを武器にゴールもアシストも決めるロドリゴだが、2018年7月26日に行われた、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第15節のフラメンゴ戦では見事なプレーからアシストを決めている。

0-1とフラメンゴにリードされて迎えた34分、右サイドでロドリゴがボールを持つ。まずはキックフェイントでプレッシャーに来た相手をかわすと、ドリブルコースを切りに来た相手も軽くかわしてボックス内に侵入。キレのある上体フェイントでもう1人DFをかわすと、ボックス深部からマイナスのパスを出した。

このボールにFWガブリエウ・バルボサがゴール前で合わせて同点。ロドリゴの見事な3人抜きからのアシストでサントスが追いつくと、試合はそのまま1-1のドローで終わっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ジダンの絶妙スルーパスとロナウドの個人技!銀河系軍団の2人で決めたゴール【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はレアル・マドリー指揮官の元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏が現役時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ジダンがロナウドに出した絶妙スルーパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2MDd4aUVQUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カンヌやボルドーでのプレーを経て、ユベントスでブレイクを果たしたジダン氏。2001年には、当時“銀河系軍団”と言われたレアル・マドリーに引き抜かれた。 エレガントなプレーで観客を魅了したジダン氏だが、2004年1月18日に行われた、ラ・リーガ第20節、レアル・ベティス戦では、美しいアシストを記録している。 0-1とベティスにリードを許して迎えた64分、ピッチ中央付近でボールを持ったジダンは、裏へ動き出したFWロナウドに絶妙のスルーパスを出す。オフサイドラインギリギリの完璧なタイミングでパスを受けたロナウドは、完全にフリーでGKと1vs1に。ロナウドはGKもシザースフェイントで華麗にかわすと、無人のゴールにシュートを流し込み、同点に追いついた。 これで1-1としたマドリー。試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 2020.09.24 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

神童ムバッペが見せた爆発的なスピードからのチョップアシスト!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペが見せた半端ないチョップアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCdVlFMVNNRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年にモナコでプロデビューを飾ると瞬く間に大ブレイクしたムバッペは、2017年夏にPSGに引き抜かれた。 21歳という若さながらクラブそして代表チームでエースとして活躍するムバッペだが、2017年11月4日のリーグ・アン第12節、アンジェ戦では凄まじいアシストを決めている。 序盤からアンジェを攻めたPSGが2-0とリードして迎えた30分、PSGの右サイド裏のスペースにボールが出る。これに爆発的なスピードで追いついたムバッペは、そのままボックス内に侵入すると、相手DFを引きつけたところで、右足でボールをチョップし、後方から上がってきていたFWエディンソン・カバーニにパス。これをカバーニがゴール右にしっかり決め、見事な追加点が決まった。 その後もPSGは得点を重ね、最終的には5-0の大勝を収めている。 2020.09.23 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

意表を突くアウトサイドクロス!パレスの大エース、ザハが決めた独走ドリブルからの極上アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はクリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ザハがアウトサイドで見せた極上アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvU29ScFFZeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> クリスタル・パレスのユースで育ったザハは、チャンピオンシップ(イングランド2部)での活躍を買われ、マンチェスター・ユナイテッドに移籍。しかし、レギュラーに定着することができず、2015年にクリスタル・パレスに復帰した。 リーグ屈指のドリブル突破力を誇るザハはクリスタル・パレスの大黒柱としてチームを引っ張っているが、2019年5月12日のプレミアリーグ第38節、ボーンマス戦では、独走ドリブルから素晴らしいアシストを決めている。 打ち合いとなったこの試合は、4-3でクリスタル・パレスリードの80分、ボーンマスがクリスタル・パレス陣内でFKのチャンスを得る。これを難なくクリアしたクリスタル・パレスは、カウンターを発動。左サイドを駆け上がるザハがボールを持つと鋭いタッチでDF2人を抜き去り、そのままボックス手前までボールを運ぶ。 相手DFがザハの動きに釘付けになっていると、意表を突くタイミングでザハが右足のアウトサイドで逆サイドにクロス。これをフリーで受けたMFアンドロス・タウンゼントがしっかりとゴールに沈め、見事なカウンターでのゴールとなった。 勝利を決定付ける5点目を挙げたクリスタル・パレスは、そのまま5-3で逃げ切っている。 2020.09.22 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イニエスタをお膳立て!ネイマールがクラシコで見せた柔らかすぎるヒールパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがバルセロナ時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ネイマールがクラシコで決めた極上アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWVDNWR1hveCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国の名門サントスで頭角を現したネイマールは、2013年夏にバルセロナへ移籍。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレスとのスリートップを形成して多くのタイトルを勝ち取った。 2017年夏にPSGに移籍するまで公式戦105ゴール77アシストを記録したネイマールだが、2015年11月21日に行われたラ・リーガ第12節のレアル・マドリー戦では、自身の中でも最高のアシストの1つを記録している。 2-0とバルセロナリードで迎えた53分、相手陣内中央でMFアンドレス・イニエスタがボールを持つと、ネイマールが中央に動き出す。ネイマールはイニエスタからのパスを受けると、ダイレクトで柔らかいヒールパスを出すスゴ技を見せる。相手の意表を突くリターンパスを受けたイニエスタがこれをゴール右上に突き刺し、見事なゴールとなった。 この後も得点を奪ったバルセロナは、永遠のライバル、レアル・マドリーに4-0と大勝。屈辱の大敗を喫したマドリーは、そのすぐ後に当時の監督だったラファエル・ベニテス氏を解任している。 2020.09.21 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ベッカムからロナウドへ!レアルの貴公子が見せた美しすぎるピンポイントカーブクロス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏がレアル・マドリー時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ベッカムがロナウドに送った美しすぎるアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwcGk2TUNEVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドで世界屈指のMFとしての評価を受けたベッカム氏は、2003年に“銀河系軍団”レアル・マドリーに移籍。スーパースターたちとの共演を果たした。 ハードワークと正確無比なクロスを武器に攻撃陣を支えたベッカム氏だが、2006年2月14日に行われた、コパ・デル・レイ準決勝レアル・サラゴサとの2ndレグでは、美しいアシストで味方のゴールをお膳立てしている。 序盤から相手を攻め立て、2-0とマドリーリードで迎えた10分、ピッチ中央右サイドでボールを持ったベッカムは、前線のロナウドを確認すると、この深い位置から一気にクロスを上げる。 ボックス内に放り込まれたクロスは、相手DFを超えながら、FWロナウドに向かって美しいカーブを描き曲がっていく。すると、クロスはちょうどロナウドの前のドンピシャの位置に入り、ロナウドがこれに合わせ、見事なゴールとなった。 この後も攻撃を続けたマドリーは、4-0の大勝を収めている。 2020.09.20 22:00 Sun
twitterfacebook