セリエA昇格組のクロトーネ、カリアリ退団のMFチガリーニが加入!

2020.09.08 19:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA昇格組のクロトーネは8日、元イタリア代表MFルカ・チガリーニ(34)の加入を発表した。契約期間は2022年6月30日までの2年となる。パルマでプロキャリアをスタートした守備的MFのチガリーニは、以降アタランタやナポリ、セビージャ、サンプドリアを渡り歩いてきた。その後、2017年からカリアリに活躍の場を移すと、在籍3年間で77試合に出場。


昨シーズンはセリエAで22試合に出場し4アシストを記録も、契約満了に伴いサルデーニャの地を離れていた。
関連ニュース
thumb

新監督迎えた最下位クロトーネに5発圧勝のアタランタが4連勝《セリエA》

アタランタは3日、セリエA第25節でクロトーネをホームに迎え、5-1で圧勝した。 前節サンプドリアに快勝し3連勝として4位に浮上したアタランタ(勝ち点46)は、ムリエルを最前線に、2シャドーにイリチッチとマリノフスキーを据えた。 ストロッパ監督を解任し、コズミ新監督を迎えた最下位クロトーネ(勝ち点12)に対し、アタランタが押し込む入りとすると、12分に先制した。右サイドからのイリチッチのクロスをゴセンズが頭で合わせた。 しかし23分、ワンチャンスで同点とされる。ロメロのミスでシミーに抜け出され、シュートを決められてしまった。 それでも1-1で迎えた後半開始3分にアタランタが勝ち越す。左CKからニアサイドのディムスティが逸らすと、ゴール前のパロミーノが押し込んだ。 さらに50分、アタランタが一気に突き放す。イリチッチのスルーパスをボックス右で受けたムリエルがスリップしたDFの隙を突いてシュートを決めた。 そして58分、イリチッチがボックス手前右から完璧なコントロールシュートを決めて勝負あり。85分にはミランチュクにもゴールが生まれたアタランタが終わってみれば圧勝で4連勝としている。 2021.03.04 07:02 Thu
twitterfacebook
thumb

監督解任のクロトーネがコズミ氏を監督に招へい、6連敗でセリエA最下位

セリエAのクロトーネは1日、セルセ・コズミ氏(62)を新監督に招へいすることを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 コズミ氏は、これまでペルージャやジェノア、ウディネーゼ、ブレシア、パレルモなどで指揮。昨シーズンはペルージャで指揮を執っていたが、2020年7月にチームを去り、無所属となっていた。 これまでセリエAでは230試合を指揮し、63勝70分け97敗という状況。ペルージャの指揮官として良く知られている。 クロトーネは、3シーズンぶりにセリエAに昇格。しかし、現在は6連敗中で24試合を消化したセリエAで最下位に沈んでいる状況。残留圏内の17位トリノとは8ポイント差を付けられており、残りの試合で残留を目指すため、ジョバンニ・ストロッパ監督(53)を解任していた。 クロトーネは3日にアタランタとのリーグ戦を控えており、トリノ、ラツィオ、ボローニャ、ナポリとの試合が続いている。 2021.03.02 09:45 Tue
twitterfacebook
thumb

6連敗中で最下位に沈むクロトーネ、ストロッパ監督を解任

クロトーネは1日、ジョバンニ・ストロッパ監督(53)の解任を発表した。 現在、6連敗中で24試合を消化したセリエAで最下位に沈むクロトーネ。残留圏内の17位トリノとは8ポイント差を付けられている。 2018年12月に2度目のクロトーネ指揮官に就任したストロッパ監督は、昨季セリエBで2位に導き、クロトーネを3季ぶりのセリエA昇格に導いていた。 なお、後任候補には元ペルージャ指揮官でお馴染みのセルセ・コズミ氏(62)の名前が挙がっている。 2021.03.01 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドのドッピエッタなどで3発快勝のユベントスが上位陣を追走!《セリエA》

ユベントスは22日、セリエA第23節でクロトーネと対戦し、3-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのポルト戦を1-2で敗れ、公式戦連敗のユベントスは、その試合から先発を3人変更。GKシュチェスニーやキエッリーニ、ラビオに代えてGKブッフォン、デミラル、ラムジーが先発に名を連ねた。 立ち上がりから後方に重心を置く最下位のクロトーネ(勝ち点12)に対してユベントスがボールを握って押し込む展開が続く。しかし、クロトーネの堅い中央の守備に苦戦してなかなかフィニッシュまで至らない。 それでもユベントスは28分、ベンタンクールのロングフィードを右サイドで受けたキエーザが縦への仕掛けからグラウンダーのクロスを供給すると、ファーサイドのC・ロナウドがダイレクトで合わせたが、シュートはわずかにゴール左に外れた。 攻勢を続けるユベントスは、38分にもキエーザの右クロスをファーサイドのラムジーが頭で合わせたが、これは相手GKがわずかに触りクロスバーに弾かれた。 さらに、これで獲得した右CKから三次攻撃までつなげると、左サイドでこぼれ球を回収したマッケニーのパスをボックス左手前で受けたアレックス・サンドロがクロスを供給。これをゴールエリア右に抜け出したC・ロナウドがヘディングでゴール左に流し込んだ。 待望の先制点を奪ったユベントスは、前半終了間際にもチャンス。前半アディショナルタイム1分、C・ロナウドが強烈なミドルシュートでゴールを脅かすと、相手GKの弾いたボールをボックス左横で拾ったラムジーがダイレクトクロスを供給。これをゴール前に走り込んだC・ロナウドが頭で叩き込み、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、再びスコアを動かしたのはユベントス。66分、キエーザの左CKをファーサイドのデ・リフトが頭で折り返すと、相手DFに当たったこぼれ球をマッケニーがゴールに流し込んだ。 試合を決定づける3点目を挙げたユベントスは、76分にもラムジーがゴールに迫ったが、シュートはGKコルダスの好セーブに阻まれた。 4点目こそ奪えないものの、最後まで危なげない試合運びを見せたユベントスが3-0で完勝。公式戦4試合ぶりの勝利で上位陣を追走している。 2021.02.23 06:46 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラ&レビッチがドッピエッタのミラン、快勝で首位キープ《セリエA》

ミランは7日、セリエA第21節でクロトーネをホームに迎え、4-0で快勝した。 前節ボローニャ戦を2つのPK獲得で逃げ切り勝利としたミラン(勝ち点46)は、インテルに暫定ながら首位の座を奪われた中、ボローニャ戦のスタメンから負傷のトナーリに代えてメイテのみを変更した。 最下位クロトーネ(勝ち点12)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、レオン、レビッチと並べたミランが6分に先制しかける。レオンのヒールパスを受けたボックス中央のカラブリアがシュートを蹴り込んだが、その前にイブラヒモビッチにオフサイドがありノーゴールとなった。 その後、9分にウナスのコントロールシュートで、1分後にもディ・カルミーネのヘディングシュートでゴールを脅かされたミランは、一進一退の攻防に持ち込まれる。 それでも30分、レオンとのワンツーでボックス左に抜け出したイブラヒモビッチが確実にシュートを流し込み、ミランが先制した。 ハーフタイムにかけてはミランが主導権を握ったまま1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、サーレマーケルズに代えてカスティジェホを投入したミランが試合をコントロールする中、62分に追加点のテャンス。 ショートカウンターに転じた流れからレビッチの横パスをボックス中央のレオンがシュートに持ち込んだが、GKコルダスの好守に阻まれた。 直後、コロナ陰性となったチャルハノールを投入したミランは64分にリードを広げる。テオ・エルナンデスがボックス左深くまでえぐってクロス。ゴール前でフリーのイブラヒモビッチが難なく押し込んだ。 さらに69分、チャルハノールの左CKからレビッチが頭で押し込み、3-0とした止まらないミランは1分後、イブラヒモビッチのミドルシュートがGKを強襲すると、ルーズボールをボックス右のチャルハノールが拾ってクロス。レビッチが難なく押し込み、4-0とした。 イブラヒモビッチとレビッチのドッピエッタで快勝としたミランが首位をキープしている。 2021.02.08 00:56 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly