歴代屈指のFKの名手 天才ショルのコントロール抜群の完璧FK【ビューティフル・フリーキック】

2020.09.13 18:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、元ドイツ代表MFのメーメット・ショル氏がバイエルン時代に決めたフリーキックだ。

◆天才ショルのコントロール抜群の完璧FK

カールスルーエでのデビューの後、キャリアの大半をバイエルンで過ごしたショル氏。故障に悩まされながらも、在籍15年で公式戦469試合に出場し117ゴール105アシストを記録し、21ものタイトルを獲得した。

特にFKの精度は非常に高く、2000年11月4日に行われたブンデスリーガ第11節のドルトムント戦でも素晴らしいFKを決めている。

前半を3-1とバイエルンリードで折り返して迎えた58分、バイタルエリア左でFKを獲得する。ゴールまでは約30mあったものの、名手ショルのキックは、壁を越えると強烈に変化。完璧にコントロールされた一撃が、ゴール左隅へと吸い込まれるように入っていった。

これには相手の名GKイェンス・レーマンでもセーブは不可能。ショル氏技術の高さが光った完璧な一撃だった。
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナへ移籍?リヨンで完全復活のデパイが完璧なFKを披露【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆リヨンで完全復活のデパイが完璧なFKを披露<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4S1N6VGVYZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2017年からリヨンでプレーするデパイはマンチェスター・ユナイテッド時代に燻った才能を輝かせ、今やエースに。プロキャリアをスタートしたPSV時代こそ左ウイングが主戦場だったが、リヨンでストライカーとしても重宝されている。 多彩なキックを持つデパイだが、2018年11月10日に行われたリーグ・アン第13節のギャンガン戦でも、素晴らしいFKを決めている。 2-1と1点リードで迎えた73分、リヨンはバイタルエリア左でFKを獲得する。ゴールまでは少し距離があったものの、キッカーのデパイが右足を振り抜くと、スピードに乗ったボールがゴール左上の完璧なコースへと突き刺さった。 この試合のデパイは2ゴール2アシストと大車輪の活躍を見せ、チームの勝利に貢献している。 フランスで完全復活を果たしたデパイには、最近までオランダ代表で師事したロナルド・クーマン監督のバルセロナ行きに関する憶測が加熱しており、その去就に注目が集まっている。 2020.09.21 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今もすごいけど…8年前のイブラヒモビッチがミランで決めたFKが完璧【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆8年前のイブラヒモビッチがミランで決めたFKが完璧<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1djR3Vlc3dSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020年1月に8シーズンぶりにミランへ復帰したイブラヒモビッチ。38歳になってもその得点力は衰えを見せず、大車輪の活躍を見せていた。 そんなイブラヒモビッチは、一度目の在籍であった2011-12シーズンにはセリエA得点王にも輝いており、2012年1月29日に行われたセリエA第20節のカリアリ戦では素晴らしいFKを決めている。 32分、ミランがバイタルエリア中央やや左でFKを獲得すると、イブラヒモビッチがキッカーを務める。イブラヒモビッチのFKといえば突き刺さるような弾丸FKを得意としているが、ここではコントロールシュートを選択。壁を越えたシュートは鋭く変化し、相手GKも触れないゴール左上の隅へと突き刺さった。 イブラヒモビッチはこのシーズン終了後にパリ・サンジェルマンへ移籍。フランスでも伝説を作ることとなる。 2020.09.20 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

精度・威力・変化、全てが揃ったロベルト・カルロス氏の絶品FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆精度・威力・変化、全てが揃ったロベルト・カルロス氏の絶品FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwNWwwZEFkaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1996年夏にレアル・マドリーへ移籍したロベルト・カルロス氏。超攻撃的なSBとして積極的な攻撃参加を見せた他、“悪魔の左足”と称される左足から放たれる破壊的な威力のFKで、セットプレーの度に相手チームの脅威となっていた。 2001年4月14日に行われたラ・リーガ第30節のビジャレアル戦では、威力だけでなくコントロールも抜群の直接FKを沈めている。 2-0で迎えた53分、マドリーはバイタルエリア左でFKを獲得する。ゴールまでは少し距離があったものの、ロベルト・カルロスが思い切りの良い助走から左足を振り抜くと、スピードのあるシュートは弧を描き、相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 “悪魔の左足”が威力だけではないことを証明するFKを沈めたロベルト・カルロス氏。2000-01シーズンは公式戦52試合に出場し10ゴール13アシストと、FW顔負けの数字を残している。 2020.09.20 09:00 Sun
twitterfacebook
thumb

名キッカー、セルヒオ・ラモスが短め助走から芸術的FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆名キッカー、S・ラモスが短め助走から芸術的FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQZEpzeE5XciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 抜群のリーダーシップを発揮し、チームを最終ラインから統率するセルヒオ・ラモスだが、DFとしてのラ・リーガ史上最多ゴール数記録保持者としての顔も持つ。 PKやFKも一流の技術を持っており、2014年5月7日に行われたラ・リーガ第34節のバジャドリー戦では、素晴らしい直接FKを決めている。 0-0で迎えた35分、マドリーはゴール正面左の位置でFKを獲得する。キッカーのセルヒオ・ラモスが短めの助走から右足を振り抜くと、ボールは綺麗な弧を描きながらゴール左上へ。相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 セルヒオ・ラモスは、2020年6月のマジョルカ戦でも直接FKを沈めており、今やマドリーのナンバーワンキッカーと言っても過言ではないかもしれない。 2020.09.19 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

無回転だけじゃない CSKA時代の本田が見せた完璧なコントロールショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ボタフォゴのMF本田圭佑がCSKAモスクワ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆CSKA時代の本田が見せた完璧なコントロールショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsQmd2cld2TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年のワールドカップ南アフリカ大会のデンマーク戦で決めたFKなど無回転のシュートを得意としていた本田だが、2011年7月25日に行われたロシア・プレミアリーグ第17節のクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ戦では、抜群のコントロールから完璧な一撃を沈めている。 1-0で迎えた40分、バイタルエリア右でFKを獲得すると、本田が左足を一閃。壁を越えたシュートは大きく横に変化し、ゴール右上隅へ向かっていくと、相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 本田にとってロシア移籍2年目となったこのシーズンは負傷に苦しんだものの、18試合を終えた時点で7ゴールをマークするなど、攻撃の中心として活躍を見せた。 2020.09.19 09:00 Sat
twitterfacebook