移籍噂のチアゴが示唆 「いかなるときも退団したいとは言っていない」

2020.09.06 16:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)がバイエルン残留を仄めかしている。イギリス『メトロ』が伝えている。

バイエルンとの現行契約が2021年夏までとなっていることを受けて、今夏の退団が有力視されているチアゴ。バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏もチアゴの移籍希望を明言している。


移籍金3000万ユーロ(約37億7000万円)が必要になるチアゴに関して、リバプール行きが盛んに報じられているほか、アヤックスからオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークを獲得したマンチェスター・ユナイテッドからの関心もまことしやかに浮上している。

しかし、UEFAネーションズリーグ2020-21のスペイン代表メンバーにも選出されているチアゴは6日に開催されるウクライナ代表戦を前にバイエルン残留を示唆している。

「僕は退団したいとは言っていない。毎年、別のチームに僕を入れたがる。傍観しているよ。今は明日の試合について考えている。自分が話していることにも興味はないね」

関連ニュース
thumb

ハーランドはチェルシー行きをすでに除外! 新天地候補は6クラブのみ?

今夏の移籍市場において去就に注目が集まるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)の新天地候補は6クラブに限られているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 ドルトムント加入以降、公式戦45試合に出場し43ゴール11アシストと驚異的なスタッツを叩き出しているハーランド。ただ、所属チームは今シーズンのブンデスリーガにおいてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に甘んじており、来季以降のタイトル獲得の可能性などを考慮すれば、今夏に新天地を求める可能性が濃厚と思われている。 その怪物ストライカーの去就に関して代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は先日、プレミアリーグの4クラブを含むヨーロッパの10クラブのみが獲得可能であることを示唆していた。 さらに、今回『シュポルト・ビルト』はハーランドの新天地候補が6クラブに限られていると報じている。 その中で有力な新天地候補として挙がっていたチェルシーは、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がトーマス・トゥヘル監督に対して補強資金のバックアップを約束しており、ドイツ人指揮官が獲得を望む新エースストライカーとしてハーランドの動向を注視していた。 だが、“絶対的なトップクラブ”へのステップアップを望む20歳FWは、チェルシーを真のトップクラブとみなしておらず、すでに新天地候補から除外したという。 また、もう一つの候補クラブであるバイエルンに関しては、現時点で世界最高のセンターフォワードと評価されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが健在ということもあり、ポジション争いを嫌ってチェルシー同様に新天地候補から除外しているという。 そして、新天地候補となる6クラブは、マンチェスター・シティ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ3クラブと、レアル・マドリーとバルセロナのスペイン2強、ユベントスだという。 その中で資金力やメインストライカー不在という部分でシティ、予てより移籍先候補に挙がるマドリー辺りが本命視されている。 2021.03.03 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

“皇帝”リベリが吠える!バイエルン時代に決めた豪快なバイシクルゴール/2015-16【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 フランク・リベリ(当時26歳) 国籍:フランス 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:170cm 貧しい出自ながら、圧倒的なフットボールの才能でトップまでのし上がったリベリは、マルセイユでブレイクを果たすと、2007年にバイエルンへ加入。圧倒的な突破力と決定力を武器にバイエルン両ウィングの一角を長きに渡り担った。 【試合詳細】 日程:2016年4月2日 大会:ブンデスリーガ第28節 対戦相手:フランクフルト 時間:前半20分(0-0) <div id="cws_ad">◆皇帝の豪快バイシクル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4bkI0QktZZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた20分、相手陣内中央で味方のボールを受けたMFマリオ・ゲッツェが、ドリブルに入ると一気に加速し、ボックス手前で相手DFが足を滑らせた隙にできたスペースからシュート。 低い弾道のシュートは、GKにブロックされるものの、高く跳ね上がったボールに反応したリベリが、ゴール正面のボックス際から豪快なバイシクルキック。完璧にミートした強烈なシュートは、GKの頭上を抜き、ゴールネットに突き刺さった。 リベリのゴールで先制したバイエルン。これが試合を通して唯一のゴールとなり、1-0でバイエルンが勝利している。 <span data-sg-movie-id="879" data-sg-movie-title="【“皇帝”リベリが吠える!】バイエルン時代に決めた豪快なバイシクルゴール"></span> 2021.03.03 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがオーストリアの若手MFを確保、世代別代表も経験の17歳MFメトゥと4年契約

バイエルンは2日、オーストリアのSKNザンクト・ペルテンからU-17オーストリア代表MFエミリアン・メトゥ(17)の獲得を発表した。 契約期間は2025年6月までとなり、2021-22シーズンから加入。当面はセカンドチームに所属することとなる。 メトゥは、ザンクト・ペルテンの下部組織で育ち、2020年9月に昇格。今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで2試合に出場していた。また、世代別のオーストリア代表も経験している。 191cmの長身で、懐の深さもあり、スケールの大きなプレーをするメトゥは、1月からバイエルンでトライアルを受けていたとのこと。この度その能力が認められ、正式に契約を結ぶこととなった。 メトゥは「僕にとって夢のような出来事だよ。家族全員が長年バイエルンのファンだった。僕はこの偉大なクラブの一員になりたい。ミュンヘンで自分を表現したいよ」と今回の契約にコメントしている。 2021.03.03 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

角度ゼロから曲げ入れる!コーナーフラッグ付近からサイドネットに決まった驚愕のゴール【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 エウベル(当時26歳) 国籍:ブラジル 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:180cm 高さ、強さ、スピード、決定力を高いレベルで兼ね備える万能型ストライカーとして活躍したエウベル氏。ブンデスリーガではバイエルンやシュトゥットガルトでプレーし、133ゴールを記録。ブレーメンの元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロとバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに抜かれるまで、ブンデスリーガの外国人最多得点記録を保持していた。 【試合詳細】 日程:1999年2月27日 大会:ブンデスリーガ第20節 対戦相手:ハンザ・ロストック 時間:後半24分(0-0) <div id="cws_ad">◆ほぼゼロ角度から決めた衝撃のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0ZTBvcFFsNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた69分、味方のFWカルステン・ヤンカーが右サイドで出したパスが少し大きくなり、相手GKマーティン・ピッケンハーゲンがボックスをでてゴールラインを割るまで待とうとした。 しかし次の瞬間、エウベルが隙を見て一気に詰めると、やや虚を突かれたピッケンハーゲンからボールをラインぎりぎりで奪い、右コーナーフラッグ付近から左足でそのままシュート。カーブのかかったボールは、無人のゴールの逆サイドネットへとゆっくり吸い込まれていった。 このゴールで先制したバイエルンは一気に畳みかけ、後半だけで4得点を記録。エウベル自身も2ゴール1アシストと見事な活躍を見せた。 <span data-sg-movie-id="875" data-sg-movie-title="【角度ゼロから曲げ入れる!】コーナーフラッグ付近からサイドネットに決まった驚愕のゴール"></span> 2021.03.03 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

抜群の動き出しでマーカーを置いてけぼり!ドイツの逸材が見せた豪快ダイビングヘッド/2016-17【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのドイツ代表MFヨシュア・キミッヒが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆鮮やかなダイビングヘッド!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJlN3F2Unh0RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> シュトゥットガルトユース出身のキミッヒは、同クラブやRBライプツィヒで頭角を現すと、2015年夏にバイエルンに加入した。 中盤やサイドバックもこなす器用さを武器に“フィリップ・ラームの後継者”と期待されるキミッヒだが、2016年10月1日に行われたブンデスリーガ第6節のケルン戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた40分、左サイドに抜け出したDFフアン・ベルナトが鋭いクロスを入れる。中盤から攻撃参加していたキミッヒは、素早い加速でフリーのままゴール前に飛び出すと、鮮やかなダイビングヘッド。ゴール右に見事なゴールを決めてみせた。 先制に成功したバイエルンだったが、後半に追いつかれ、試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="873" data-sg-movie-title="【マーカーを置いてけぼり!】ドイツの逸材が見せた豪快ダイビングヘッド"></span> 2021.03.02 14:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly