藤枝が今季初の無失点で3連勝! 福島は後半ATに2ゴールで劇的逆転勝利《J3》

2020.08.29 21:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第12節の4試合が29日に各地で行われた。藤枝総合運動公園サッカー場では、勝ち点17で並ぶ藤枝MYFCと鹿児島ユナイテッドFCが激突。立ち上がり藤枝が電光石火の攻撃を見せる。華麗なパスワークから左サイドからクロスが入ると、そのこぼれ球を久富が押し込んだ。その後もホームチームが主導権を譲らず。1-0でホームの藤枝が今季初の無失点で3連勝を収めた。

ヤンマースタジアム長居では、福島ユナイテッドFCがセレッソ大阪U-23を相手に劇的逆転勝利を披露した。88分に失点した福島だが、後半アディショナルタイムに2得点。93分にイスマイラ、その3分後には池田が得点を挙げて、土壇場で逆転勝利を収めた。

◆明治安田生命J3リーグ第12節
▽8/29(土)
いわてグルージャ盛岡 0-1 FC今治
藤枝MYFC 1-0 鹿児島ユナイテッドFC
セレッソ大阪U-23 1-2 福島ユナイテッドFC
ガイナーレ鳥取 1-1 AC長野パルセイロ
カターレ富山 vs ヴァンラーレ八戸 ※雷雨の影響により中止

▽8/30(日)
《16:00》
アスルクラロ沼津 vs ロアッソ熊本
《18:00》
FC岐阜 vs ブラウブリッツ秋田
カマタマーレ讃岐 vs Y.S.C.C.横浜
ガンバ大阪U-23 vs SC相模原
コメント
関連ニュース
thumb

八戸、DF河津良一が28歳で現役引退「数え切れないほどのご縁は生涯の財産」

ヴァンラーレ八戸は1日、DF河津良一(28)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 河津は大阪府出身で、作陽高校から専修大学を経て2015年にジェフユナイテッド市原・千葉に加入しプロの道を歩んだ。 試合に出場しないまま同年8月に当時JFLのアスルクラロ沼津へと期限付き移籍すると、2016年には完全移籍。2018年にはグルージャ盛岡(現いわてグルージャ盛岡)に移籍。2019年から八戸でプレーしていた。 八戸では明治安田生命J3リーグでここまで23試合に出場し1得点。今シーズンはキャリアハイとなるリーグ戦15試合に出場しているが、現役引退を決めた。 河津はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りで現役を引退することに決断しました。10月21日に負傷してご心配をおかけした全ての皆様、そしてカターレ富山の関係者の皆様、選手、スタッフの皆様に僕自身100パーセント前を向いてることをこの場をお借りしてお伝えさせて頂きたいです」 「5歳からサッカーを始めて23年間。プロになって6年間。大学サッカーを終えた自分にプロサッカー選手としてのオファーはありませんでした」 「この世界でプレーするチャンスを頂いたジェフユナイテッド市原・千葉を初め、アスルクラロ沼津、グルージャ盛岡、ヴァンラーレ八戸の4クラブでプレーさせて頂きました」 「振り返ると沢山の人の顔が浮かんできます。サッカーを通して多くの人と出逢い、繋がり、支えられ、助けられながら選手としてプレーすることが出来ました。自分自身に関わってくれた全ての人に心から感謝しています。ボール一つで繋がった数え切れないほどのご縁は生涯の財産です」 「どんな状況でも自分を信じて諦めず前進し続ければ物事が好転する。そう思える瞬間が何度もありました。酸いも甘いも多くの経験をする中で、起こる出来事全てに意味があったと感じます。サッカーで培った力は今後の人生で必ず活きてくると確信しています」 「皆さんから頂いた恩は次のステージで更に活躍した姿を見せることでお返ししたいと思います」 「いつの日かサッカー界に、社会に貢献できる人間になれるようにこれからも走り続けます」 「今シーズン残り4試合。最後まで全力で戦うチームのご声援を宜しくお願い致します。またピッチで会いましょう!」 2020.12.01 18:27 Tue
twitterfacebook
thumb

今季23試合出場の熊本MF伊東俊が負傷離脱、GK山本海人が手術

ロアッソ熊本は1日、GK山本海人、MF伊東俊の負傷を発表した。 山本は腰椎椎間板ヘルニアと診断され、手術を受けたとのこと。全治は術後2カ月とのことだ。 また、伊東は11月18日に行われた明治安田生命J3リーグ第28節のFC今治戦で負傷。右頬骨骨折と診断され、全治は約4週間とのことだ。 山本は今シーズンの公式戦出場はなし。伊東は明治安田J3で23試合に出場し2得点を記録していた。 2020.12.01 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫勇也と同級生の藤枝FW大迫希が現役引退「最後まで全力で戦います」

藤枝MYFCは1日、MF大迫希(30)が今シーズン限りで現役引退することを発表した。 大迫は、日本代表FW大迫勇也(ブレーメン)とともに鹿児島城西高校で第87回全国高等学校サッカー選手権大会に出場。2009年にロアッソ熊本に入団した。 熊本では1年目から試合に出ると6シーズンを過ごし、J2で83試合に出場し11得点を記録。2015年はJFLのヴェルスパ大分へ完全移籍すると、JFLで19試合に出場。2016年に藤枝に加入した。 藤枝では10番を背負い、1年目からレギュラーとしてプレー。2019シーズンまでの4シーズンで98試合に出場し12得点を記録。しかし、今シーズンはここまで公式戦の出場がない。 大迫はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンで引退することを決断しました。高校を卒業し、ロアッソ熊本で6年、ヴェルスパ大分で1年、藤枝MYFCで5年。計12年プレーさせていただきました。全てのクラブに本当に感謝しています」 「支えてくれた方々、応援していただいたみなさん!本当にありがとうございました!残り4試合になりましたが、最後まで全力で戦います!」 2020.12.01 13:33 Tue
twitterfacebook
thumb

長野MF小西陽向が練習中に右ヒザ前十字じん帯損傷で手術

AC長野パルセイロは1日、MF小西陽向の負傷を発表した。 クラブの発表によると、小西は11月15日のトレーニング中に負傷したとのこと。右ヒザ前十字じん帯損傷と診断。今後、手術を受けることとなるようだ。 小西は長野の下部組織から今シーズントップチームに昇格。ここまで試合出場はない。 2020.12.01 11:13 Tue
twitterfacebook
thumb

熊本が下部組織出身の明治大学MF坂本亘基の加入内定を発表、兄は熊本に所属する広大

ロアッソ熊本は1日、明治大学のMF坂本亘基(21)が2021シーズンに加入することが内定したと発表した。 坂本は地元の熊本県熊本市出身で、ジュニアユース、ユースと熊本に所属。トップチームに昇格せずに明治大学へと進学していた。 2016年にはユース所属ながら、試合出場はなかったものの2種登録も経験。また、熊本に所属している坂本広大は実兄である。坂本はクラブを通じてコメントしている。 「来季からロアッソ熊本へ加入することになりました、明治大学の坂本亘基です。中高6年間育てていただいたクラブで再びプレーができる事をとても嬉しく思います」 「家族、仲間、指導者、私に携わって下さった全ての方の支えがあり、プロサッカー選手としてスタートを切れます。責任あるプレーと結果で恩返しをし、チームの勝利に貢献できるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いします」 2020.12.01 10:45 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly