鹿島、内田の現役ラストマッチは劇的ドロー 昌子擁するG大阪守備網を土壇場で崩す《J1》

2020.08.23 21:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第12節の1試合が県立カシマサッカースタジアムで行われ、鹿島アントラーズvsガンバ大阪は1-1のドローに終わった。前節の横浜FC戦で局面打開のアイデアを欠き、5試合ぶりの敗北を喫した12位鹿島は今月の契約満了をもっての引退を表明した内田が現役ラストマッチとなる今節に向け、3試合ぶりのベンチ入り。そのほか、沖や杉岡、関川をスタートから送り出した。一方、2試合ぶりの白星を狙って、敵地に乗り込む6位G大阪は倉田とパトリックがそれぞれ公式戦4試合ぶりの先発したほか、左ウィングバックに福田を抜擢。前節の試合で今季初めて欠場したキム・ヨングォンも古巣凱旋の昌子とともに最終ラインに入った。

内田の現役ラストマッチということもあり、チケット完売の一戦は開始1分に土居、3分に和泉と立て続けにシュートチャンスを作り出した鹿島が良い入りをみせるが、対するG大阪も今季リーグ初先発のパトリックをシンプルに使った攻撃でしっかりと反攻。すると、スコアが開始6分で動く。左サイドの倉田がパトリックとのワンツーでボックス左深くに抜け出して、左足でゴール前に折り返すと、ファーサイドの小野瀬が流れ球に右足インサイドのワンタッチシュート。これがゴール右に決まり、G大阪が先制する。

久々先発の2選手が監督の起用に結果で一発回答したG大阪に先制を許してしまった鹿島だが、徐々に攻撃のイニシアチブを握り続ける展開に。その矢先の13分に右サイドバックに入る広瀬の負傷退場で現役最後の試合となる内田を思わぬ形で使わざるを得なくなったが、攻撃のリズムを崩さず、相手ゴールに襲いかかる。しかし、21分に左CKのキッカーを務めたファン・アラーノがショートコーナーの折り返しから右足で直接ゴールを狙った場面はクロスバーを直撃。相手を押し込み続けるが、チャンスを生かせない。

その後もG大阪を相手にボールポゼッションを高め続けた鹿島は31分にも数的優位のカウンターからファン・アラーノが右足フィニッシュに持ち込むが、GK東口の正面。続く35分にもボックス左からエヴェラウドが放った強烈な左足シュートが相手GKのブロックに遭うと、ゴール前でフリーだった和泉の下にこぼれるが、反応し切れぬまま身体に当たったボールは右外に流れてしまう。鹿島優勢のなかで、急きょ出場の内田もオーバーラップで敵陣深くを突き、崩しの一手を担おうとするが、ゴールをこじ開けられない。

G大阪1点リードの後半も立ち上がりから鹿島攻勢の展開となる。56分には右サイドの内田が上げたフィードからゴール前でこぼれ球を回収したボックス左のエヴェラウドが左足フィニッシュ。これが枠に飛ぶが、コースにいた三浦のブロックに遭ってしまう。さらに64分と65分に三竿、エヴェラウドが立て続けにシュートを放っていくが、いずれも空砲に終わると、63分に遠藤康とケガ明け初戦の上田を投入。67分に高尾と小野をピッチに送り込み、パトリックの1トップに布陣変更したG大阪により圧力をかけていく。

ボールを落ち着かせられず、守備に徹し続けるG大阪だが、74分に小野のパトリックを狙った絶妙なスルーパスで手薄な相手守備網の裏を突いてカウンター。その流れから小野瀬と井手口が立て続けに鹿島ゴールに迫るが、いずれもGK沖が立ちはだかった。追加点を阻止した鹿島は75分に最後の交代で染野と荒木の高卒ルーキーコンビを投入。全ての交代枠を使い切り、勝負を仕掛けるが、昌子の統率力が際立つG大阪の守備陣も崩れない。そのG大阪は2度目の交代でアデミウソンと山本を投入。試合を終わらせにかかる。

しかし、G大阪が最後のカードで藤春を送り込むなど有効に時間を進めるなか、内田のロングフィードからドラマが生まれる。後半アディショナルタイム5分、左サイドの荒木が上げた左足クロスに最終ラインからゴール前にリスクを冒して攻め上がった犬飼がヘッド。これがゴール左に決まり、土壇場でG大阪のゴールマウスをこじ開けた。結局、試合はこのままタイムアップ。鹿島が勝ち点1をもぎ取った。
コメント
関連ニュース
thumb

鹿島?柏? サントスはJクラブからオファーのDFサビーノ売却を承認せず

鹿島アントラーズが狙っていると現地で報じられていたサントスのDFサビーノ(24)だが、どうやら日本への移籍はなくなったようだ。ブラジル『Gazeta Esportiva』が報じた。 先日、鹿島アントラーズがオファーを出したとされていたサビーノだが、ブラジルではよく勘違いされる事案が今回も発生している模様。『Gazeta Esportiva』は「Kashima」ではなく「Kashiwa」だったとし、オファーを出していたのは柏レイソルとしている。 現在はコリチーバへとレンタル移籍中のサビーノだが、オファーは360万レアル(約7300万円)だったとのこと。しかし、クラブが売却の許可を出さなかったとのことだ。 サントスの会長は「更新の可能性がある」とし、コリチーバへのレンタル期間を更新する可能性があるとしていた。 クラブの財政評議会は、オファーの細部まで分析。キャッチーな部分がなかったとして、売却を承認しなかったとされている。 サビーノはサントスの下部組織出身で、2019年1月からはコリチーバへとレンタル移籍。センターバックを主戦場とし、今シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで22試合に出場し4ゴールを記録している。 再オファーが無理な状況なのかは定かではないが、そもそも鹿島なのか、柏なのか。その辺もまだハッキリしていないところだが、この移籍話はどうなるだろうか。 2020.12.04 21:47 Fri
twitterfacebook
thumb

新型コロナ陽性反応の鹿島DF永戸勝也がチームに合流

鹿島アントラーズは3日、DF永戸勝也がチームに合流したことを発表した。 永戸は11月14日に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応。また、チーム内の6選手が濃厚接触者として判定されていた。 その後、隔離措置をとりながら治療していた永戸だが、3日よりトップチームへ合流したとのことだ。 ベガルタ仙台から今季加入した永戸は、左サイドバックのレギュラーとして、明治安田生命J1リーグで22試合に出場していた。 2020.12.03 18:47 Thu
twitterfacebook
thumb

上田綺世&エヴェラウド弾は勝率100%!鹿島が4発で浦和を一蹴《J1》

29日、明治安田生命J1リーグ第30節の鹿島アントラーズvs浦和レッズが県立カシマサッカースタジアムで行われ、4-0で鹿島が快勝を収めた。 前節はホームに柏を迎えて1-4の大敗。カウンターにハマり失点を重ねてしまった。2位確保に向けて負けられない鹿島は、スタメンを1名変更。奈良竜樹に代わり町田浩樹が入った。 対する浦和は前節ホームでガンバ大阪に逆転負け。そのG大阪戦と同じ11人をピッチに送り出した。大槻毅監督が今季限りで退任することが決まり、残り試合で意地を見せたい。 思いは違えど、互いに勝利を目指して臨む一戦。立ち上がりからペースを握ったのはホームの鹿島だった。 まずは3分、左サイドを土居がドリブルで仕掛けると、ボックス左からクロス。これをボックス中央で上田が滞空時間の長いヘッドで合わせるが、わずかに枠を外れる。 さらに9分、土居からの中央へのパスをトーマス・デンが触れず、ボックス内の上田へ。上田は反転してシュートも槙野がブロックする。これで得たCKからボックス内で混戦となると、最後は犬飼がシュートも決まらない。 さらにその流れのCKからは右からのクロスをニアサイドで山本がフリック。ファーサイドに町田が飛び込むが、わずかに届かない。 立て続けにシュートチャンスを作っていた鹿島だったが、11分に先制する。ボックス左で橋岡と対峙したエヴェラウドがクロス。これに飛び込んだ上田が槙野の前に入りヘッド。これが決まり、鹿島が先制する。 鹿島がポゼッションを高め、左サイドを中心に攻撃の形を作っていく。一方の浦和はボール奪取から両サイドをうまく使って鹿島ゴールを目指していく。 カウンターからレオナルドやマルティノスが決定期を迎える浦和だが、最後のところがわずかに合わず、決定機は作れない。 鹿島は前線の上田とエヴェラウドを上手く使ってプレー。ファン・アラーノ、土居がそこに絡んで浦和ゴールに迫る。 そんな中浦和は44分に左CKから山中がクロス、橋岡がフリックしたボールをニアで興梠がヘッドで合わせるが、これはわずかに枠を越えていく。 45分にも浦和は決定機、レオナルドが潰れるも汰木がボールを拾い右サイドを上がるマルティノスへパス。これをマルティノスがダイレクトで左足シュートも、左ポストを叩いてしまう。 さらに波状攻撃は止まらない。46分には裏へのパスに反応した長澤がボックス内でシュート。しかし、前に出たGK沖が体でセーブする。 鹿島1点リードで迎えた後半は互いに交代なし。すると46分、三竿からのスルーパスがファン・アラーノに通ると、GKと一対一の局面でシュート。しかし、GK西川がセーブ。これで得たCKから最後はエヴェラウドがシュートも、DFがブロックに入る。 それでも50分に上田が魅せる。三竿、ファン・アラーノと繋ぐと、パスを受けた上田がボックス手前から右足一閃。強烈なシュートはGK西川の手を弾いてポストを叩きそのままネットを揺らした。 リードを2点に広げた鹿島は52分、スローインの流れから浮き球のパスを三竿がダイレクトで折り返すと、ボックス中央でエヴェラウドがダイレクトシュート。しかし、GK西川がなんとかセーブする。 その後も攻め手を止めない鹿島は64分にミスを突いて追加点を奪う。ハーフウェイライン付近で青木からの横パスが短くなるとファン・アラーノが奪い裏へパス。エヴェラウドへのパスをトーマス・デンがカットに入るが届かず、独走するとそのままゴールを奪い切った。 68分に浦和はボックス手前でFKを得ると、途中出場の伊藤涼が直接狙う。シュートは枠に飛ぶが、GK沖がセーブする。 72分には2ゴールの上田に代えて遠藤康が投入される。すると、75分に右CKを得た鹿島は、ショートコーナーからサインプレー。左に展開すると町田のダイレクトの折り返しをファーサイドで遠藤がダイレクトシュート。しかし、これは右ポストに嫌われる。 浦和は79分に興梠、マルティノスを下げて杉本健勇、宇賀神友弥を投入。興梠のシーズン2桁ゴールはまたしてもお預けに。そして、このタイミングで浦和は3バックにシステムを変更する。 しかし81分に鹿島が4点目を奪い切る。レオ・シルバが持ち出し左の土居へパス。その土居はボックス内で切り返しすと、折り返しをレオ・シルバが落ち着いて流し込み追加点を奪う。 リードを4点とした鹿島は一気に4枚替え。ファン・アラーノ、土居、小泉、エヴェラウドに代えて、永木亮太、松村優太、広瀬陸斗、伊藤翔が入り、こちらもシステムを3バックに変更する。 なんとかゴールを奪いたい浦和は終盤にかけて猛攻。しかし、鹿島も落ち着いて試合をコントロールしそのまま試合終了。鹿島は今季4試合目のクリーンシートで4-0と快勝を収めた。対する浦和は連敗となり、今季の6位以下が決定した。 鹿島アントラーズ 4-0 浦和レッズ 【鹿島】 上田綺世(前11、後5) エヴェラウド(後19) レオ・シルバ(後36) 2020.11.29 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:鹿島vs浦和】2位を目指す鹿島は勝利を、監督退任決定の浦和は何を見せる?

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年11月29日(日) 15:00キックオフ 鹿島アントラーズ(5位/52pt) vs 浦和レッズ(9位/45pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆2位フィニッシュに向け監督が選ぶシステムは?【鹿島アントラーズ】 前節はホームに柏レイソルを迎えての一戦で1-4と大敗。チームとしては手痛い敗戦となってしまった。 2位を目指せる位置にいる中での手痛い敗戦。残り試合は全てホームゲームとなり、移動がないことは大きなアドバンテージとなるだけに、しっかりと勝ち点3を積み上げて他クラブの取りこぼしを待ちたいところだ。 アントニオ・カルロス・ザーゴ監督が、中盤をダイヤモンドにする[4-4-2]を採用しているが、どうも機能しているとは言い難い。トップ下に入る土居聖真をもう1列前に配置し、攻守のつなぎ役を担わせた方がチームは上手く機能するだろう。 エヴェラウドを左サイドに配置し、フラットな[4-4-2]に戻すことで改善されるとは思うが、今節はどのシステムを採用するのか。難敵であることは間違いない浦和相手にしっかりと勝ち点3を獲得したい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、犬飼智也、奈良竜樹、山本脩斗 MF:ファン・アラーノ、三竿健斗、レオ・シルバ MF:土居聖真 FW:エヴェラウド、上田綺世 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ ◆監督退任決定、残り4試合で何を見せる?【浦和レッズ】 前節はホームにガンバ大阪を迎え1-2と敗れた浦和。少しでも上の順位を目指す上では手痛い敗戦となった。 前半から浦和が押し込む形で展開し、先制ゴールを奪い主導権を握れるはずだったが、ほどなくして同点に。そしてセットプレーから逆転を許し敗れてしまった。 そこから今節までの間に大槻毅監督の今季限りでの退任が発表。残り4試合で監督とは別れることとなる。「我々の目の前にはまだ4試合、大切な試合があります」とコメントした大槻監督。その4試合で、新シーズンにつながる結果を残すことができるかに注目だ。 問題はゴールを効率よく奪えるか。9年連続2桁ゴールに王手をかけてから足踏みしている古巣対決のFW興梠慎三の活躍にも期待。今シーズン通して課題となっているこの部分での改善を、残り4試合でみたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、岩波拓也、槙野智章、山中亮輔 MF:マルティノス、長澤和輝、エヴェルトン、汰木康也 FW:興梠慎三、レオナルド 監督:大槻毅 2020.11.29 12:05 Sun
twitterfacebook
thumb

2位争う鹿島に朗報! 濃厚接触判定の選手6名が復帰

鹿島アントラーズは27日、新型コロナウイルスの濃厚接触者判定を受けた選手6名のチーム合流を報告した。 今月14日にDF永戸勝也の陽性判定を公表した鹿島は保健所より、DF杉岡大暉、MF荒木遼太郎、DF町田浩樹、DF関川郁万、GK山田大樹、DF常本佳吾が濃厚接触者であるとの判断を受けて隔離措置に入り、一時離脱を強いられていた。 濃厚接触者判定を受けた6選手のうち、DF町田浩樹とDF常本佳吾は26日からチーム合流。明治大学からのJFA・Jリーグ特別指定選手である常本は同日から大学の練習に参加し、2021年シーズン始動に合わせてトップチームへ合流する予定だ。 そして、杉岡大暉、荒木遼太郎、関川郁万、山田大樹の残る4選手は27日からチームの練習に復帰を果たしたとのことだ。また、永戸については隔離措置期間が終わり次第、改めて報告するとしている。 佳境の明治安田生命J1リーグで天皇杯出場権もかけて2位争いを演じる鹿島は残り3試合の現時点で16勝4分け11敗の5位に位置している。 2020.11.27 16:35 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly