大宮や新潟でプレーしたMFカウエがポルトガル1部のベレネンセスへ完全移籍

2020.08.18 22:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ポルトガル・プリメイラリーガのベレネンセスは17日、ブラジル人MFカウエ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。ブラジルのサント・アンドレやコリンチャンスでプレーしたカウエは、ポルトガルのレイショエンスやオルハネンセでプレー。その後もルーマニアやアゼルバイジャン、イスラエルなどでプレーし、2017年7月にモレイレンセから大宮アルディージャへと完全移籍した。

2018年8月にはアルビレックス新潟へとレンタル移籍。2019年1月には完全移籍で加入。2020年2月に退団していた。

J1リーグでは14試合に出場し1ゴール、J2リーグでは48試合に出場し6ゴール4アシストを記録。今シーズンはキャプテンにも就任していたが、両者合意の下で契約解除となり、2月に退団していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ウィルシャーが古巣ボーンマスと今季終了までの短期契約を締結

チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスは18日、元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(29)と今季終了までの短期契約を結んだことを発表した。 ウィルシャーはボーンマスと短期契約に至ったことについて「戻ってきたのは最高の気分だし、プレーするのが待ち遠しい。3週間前にトレーニングに参加した時から自然に馴染むことができた。ボーンマスには選手やスタッフに多くの知人がいる。彼らがトレーニングへの参加を許可してくれたことに感謝している。クラブがプレミアリーグ復帰を目指すという野心に満ち溢れており、そこに感銘を受けた」とコメント。 昨年10月にウェストハムとの契約を解消して以降、フリーの状態が続いていたウィルシャー。コンディション維持のため、古巣ボーンマスのトレーニングに参加していたが、ジェイソン・ティンダル監督の目に留まり、短期契約に至った。 ウィルシャーは2016-17シーズンにレンタルで1年間ボーンマスに所属しており、4年半ぶりの古巣復帰となった。 1年でのプレミアリーグ復帰を目指すボーンマスは現在、24試合を消化したチャンピオンシップで3位に付けている。 2021.01.19 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表DF吉田麻也がサンプドリアと契約延長、2022年6月までサイン

サンプドリアは18日、日本代表DF吉田麻也(32)との契約延長を発表した。吉田は2022年6月30日までの契約を結んだ。 名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた吉田は、2010年1月に海を渡りオランダのVVVフェンロへと完全移籍した。 オランダで着実に力をつけると、2012年8月にはサウサンプトンへ完全移籍。現在はリバプールでプレーするオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクや元ポルトガル代表DFジョゼ・フォンテなどとポジションを争う中、プレミアリーグで154試合に出場し6ゴール4アシストを記録。公式戦では194試合で9ゴール4アシストを記録した。 しかし、2019-20シーズンはなかなか出場機会が巡ってこない時期もあり、1月にサンプドリアへとレンタル移籍。自身初のイタリアでのプレーとなったが、セリエAで14試合に出場していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJmd2VXd1owcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> シーズン終了後にレンタル期間が満了したものの、2020-21シーズンもサンプドリアに残留。今シーズンはセンターバックのほか、右サイドバックでもプレー。ここまでセリエAで15試合に出場し1アシスト。コッパ・イタリアでも2試合でプレーしていた。 2021.01.18 22:17 Mon
twitterfacebook
thumb

フィル・ネビルがイングランド女子代表監督を辞任、ベッカムの下へ?

イングランドサッカー協会(FA)は18日、イングランド女子代表のフィル・ネビル監督(43)の辞任を発表した。 ネビル氏は現役時代はマンチェスター・ユナイテッドやエバートンでプレー。イングランド代表も経験していた。 2018年1月にイングランド女子代表の監督に就任するも、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて代表戦のカレンダーが大幅に変更になった結果、2021年に開催予定のUEFA女子ユーロが2022年7月に延期となっていた。 2020年4月には今年9月限りで退任することを発表し、後任にはオランダ女子代表を務めるサリーナ・ヴィーフマン監督が就任することが決定していたが、予定よりも早く退任することとなった。 なお、ヴィーフマン新監督は今年開催予定の東京オリンピックにオランダ女子代表を率いて出場することとなり、イングランド女子代表は暫定監督を探す必要がある。 フィル・ネビル監督は、FAを通じてコメントしている。 「イングランド代表を指揮できて光栄だ。FAとライオネス(イングランド女子代表の愛称)でのキャリアの中で、最高の3年間を楽しんできた」 「イングランドのシャツを着ている選手は、私がこれまで一緒に仕事をする権利をを持っていた中で、最も才能があり献身的なアスリートだった。彼女らは私とともにチャレンジし、監督として成長させてくれた。共有できた素晴らしい思い出にとても感謝している」 「FAが私に多大なサポートをしてくれたことにも感謝したい。特にスー・キャンベルと、才能ある私のサポートスタッフは、成長をサポートするためのエネルギー、コミットメント、熱意に満ちていた。イングランドの女子チームが今後も成功することを願い、今後数年間の旅路を楽しみにしている」 なお、フィル・ネビル氏はユナイテッド時代の同僚であるデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミの監督就任が噂されている。 2021.01.18 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表DF植田直通が仏1部ニームに期限付き移籍! 背番号は「27」

ニームは18日、セルクル・ブルージュから日本代表DF植田直通(26)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」を着用する。 2013年に大津高校から鹿島アントラーズに入団した植田は、2018年7月にセルクル・ブルージュへ完全移籍。在籍2年半で公式戦通算で55試合1ゴールを記録した。 今シーズンは序盤戦こそ出場機会を手にしていたものの、10月以降はメンバー外になる事も多く、ジュピラー・プロ・リーグ8試合の出場にとどまっていた。 ニームはここまで4勝3分13敗で18位。リーグ・アン最多の41失点で守備面の強化が必須な状況だが、植田は救世主になることができるのだろうか。 なお、リーグ・アンではストラスブールの日本代表GK川島永嗣、マルセイユのDF酒井宏樹、DF長友佑都に続いて今シーズン4人目の日本人選手となる。 2021.01.18 21:14 Mon
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、バイエルンから若手FWダヤクを買取OP付きレンタルで獲得

ウニオン・ベルリンは16日、バイエルンからU-20ドイツ代表FWレオン・ダヤク(19)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションが付随している。 2019年にシュツットガルトのユースからバイエルンのユースチームに加入したダヤクは、左ウイングを主戦場とするテクニックとスピードに長けたアタッカー。 ブンデスリーガ3部に所属するバイエルンⅡをメインにプレーし、今季ここまでは14試合3ゴール1アシストを記録。また、シュツットガルトとバイエルンでブンデスリーガ通算4試合に出場している。 2021.01.18 01:00 Mon
twitterfacebook