大宮や新潟でプレーしたMFカウエがポルトガル1部のベレネンセスへ完全移籍

2020.08.18 22:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ポルトガル・プリメイラリーガのベレネンセスは17日、ブラジル人MFカウエ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。ブラジルのサント・アンドレやコリンチャンスでプレーしたカウエは、ポルトガルのレイショエンスやオルハネンセでプレー。その後もルーマニアやアゼルバイジャン、イスラエルなどでプレーし、2017年7月にモレイレンセから大宮アルディージャへと完全移籍した。

2018年8月にはアルビレックス新潟へとレンタル移籍。2019年1月には完全移籍で加入。2020年2月に退団していた。

J1リーグでは14試合に出場し1ゴール、J2リーグでは48試合に出場し6ゴール4アシストを記録。今シーズンはキャプテンにも就任していたが、両者合意の下で契約解除となり、2月に退団していた。
コメント
関連ニュース
thumb

元なでしこFW永里優季がNWSLの新規参入クラブへ移籍決定、9月に神奈川県2部のはやぶさイレブン加入

ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ(NWSL)のレーシング・ルイビルFCは、元なでしこジャパンのFW永里優季(33)の獲得を発表した。 クラブの発表によると、永里の保有元であるシカゴ・レッドスターズとのトレードで獲得したとのこと。アメリカ女子代表FWサバンナ・マカスキル(24)と合わせて2人が移籍することになるようだ。 レーシング・ルイビルは新シーズンからNWSLに参入するクラブ。そのため、選手を補強している段階のようだ。 クリスティ・ホリー監督は永里について「試合での功績、そして貢献という点で、無限の称賛がある」とコメント。「彼女はそのレベルの経験があり、このチームを構築する上でインパクトがあるものになるでしょう」とコメントした。 永里は9月に神奈川県2部リーグのはやぶさイレブンに加入。女子選手が男子チームに加入したことは世界中でも大きな話題となっていた。 2020.10.28 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

元シャルケのDFパパドプーロスがクロアチアのロコモティヴァへ完全移籍

クロアチアのNKロコモティヴァは27日、元ギリシャ代表DFキリアコス・パパドプーロス(28)の加入を発表した。 パパドプーロスは、オリンピアコスやシャルケ、レバークーゼン、RBライプツィヒ、ハンブルガーSVでプレー。ブンデスリーガでは136試合に出場し8ゴール3アシストを記録。シャルケでは内田篤人らともチームメイトとしてプレーしていた。 2019-20シーズンはハンブルガーSVでブンデスリーガ2部で2試合の出場に留まっており、今夏退団。フリーの状態が続いていた。 ギリシャ代表としても29試合に出場しているパパドプーロスは、新天地への加入についてコメントしている。 「ザグレブに来たのはこれが初めてですが、まだ街を知るチャンスがなかった。私は多くのクロアチアのクラブを知っており、クロアチアのリーグについても知っている」 「クロアチアのサッカー選手は世界中でリスペクトされており、知られている。彼らは全てプルヴァHNLでプレーしていた」 ロコモティヴァは今シーズンのプルヴァHNLで6試合を戦い、1勝2分け3敗の勝ち点5で10チーム中9位に位置。試合消化数が違うものの、下位に低迷している。 2020.10.28 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ビラギがフィオレンティーナと2024年まで契約延長

フィオレンティーナは27日、イタリア代表DFクリスティアーノ・ビラギ(28)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 左サイドバック兼左サイドハーフのビラギは、2017年夏にペスカーラからレンタルでフィオレンティーナに加入。翌年に完全移籍へと切り替わり、昨季はレンタルでインテルに移籍し、公式戦37試合に出場して3ゴール7アシストと準主力として活躍した。フィオレンティーナに復帰した今季は開幕からセリエA全5試合に先発し、1ゴール3アシストと活躍している。 フィオレンティーナと契約延長したビラギは「昨季が終わる前にフィオレンティーナから連絡があり、彼らの熱意を受けてフィレンツェに戻りたいと思った。今後4年間、クラブと共にうまくやっていきたいと思っている」とコメントしている。 2020.10.28 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、若手CBポッシュと新契約締結!

ホッフェンハイムは27日、オーストリア代表DFシュテファン・ポッシュ(23)と2024年6月30日まで延長したことを発表した。 2015年にホッフェンハイムのユースに加入したポッシュは、主戦場のセンターバックのほかに右サイドバックも務めるポリバレントなプレーヤー。2017年の夏にトップチームに昇格すると、ここまで公式戦69試合に出場している。今シーズンも開幕から最終ラインの主力を担っている。 また、ホッフェンハイムでの活躍を経て、2019年6月にデビューを果たしたオーストリア代表でもここまで8キャップを刻むなど、主力としての歩みを進めている。 2020.10.27 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナム下部組織出身の元U-17日本代表MFサイ・ゴダードがインドのムンバイ・シティへレンタル

インド・スーパーリーグのムンバイ・シティは27日、ベネヴェントから元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍していた。 2018-19シーズンはセリエBでわずか2試合の出場に終わり、シーズンを通して18分間の出場にとどまっていた。2019-20シーズンはキプロスのパフォスへとレンタル移籍。そしてムンバイ・シティへと移籍することとなった。 U-16、U-17と日本代表に招集されていたサイ・ゴダード。東京五輪世代であり、かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材。インドへの移籍についてコメントしている。 「インドだけでなく、インド・スーパーリーグについてもたくさんの素晴らしい話を聞いた。ムンバイ・シティに来る機会が来た時、僕はインドにきて、自分の才能を披露し、試合で披露したいと思っていた」 「僕はセルヒオ・ロベラ監督とここでの哲学を知っています。そして、それは僕が好きなサッカーのスタイルとあっています」 「ファンがいない中、この独特のコンディションでプレーしなければいけないのは残念ですが、クラブを助け、サポーターに良い思い出を作るために必要なことを全て出します」 2020.10.27 18:40 Tue
twitterfacebook