ボカ、主将テベスと来季の契約更新! 今季はチーム最多9ゴールで優勝に貢献

2020.08.09 13:44 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボカ・ジュニアーズは8日、元アルゼンチン代表FWカルロス・テベス(36)との契約を2021年6月30日まで延長したことを発表した。この契約には、さらに半年間の延長オプションが含まれている。

ボカの主将を務めるテベスは今季、スーペルリーガ・アルヘンティーナで17試合に出場し、チーム最多の9得点を挙げる活躍をみせ、34度目のリーグ制覇に貢献。シーズン終了後に契約が失効していたが、数週間に渡る交渉の末に契約延長に至った。

なお、テベスは先日にアルゼンチン『Radio La Red』のインタビューで、「ボカが僕に提示してくれた給与の全てを非営利団体に寄付するつもりだ」と、コロナ禍で困窮する同胞の支援を約束していた。
かつてウェストハムやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスといった欧州クラブでもいち時代を築いたテベス。中国でのプレーも経て、2018年に3度目のボカ復帰を果たしている。


関連ニュース
thumb

インドネシアの次はアルゼンチンで催涙ガス…ヒムナシアvsボカの試合が15分で中止、1名が心停止で死亡

インドネシアで125名が死亡するという痛ましい事件が起きたばかりだったが、アルゼンチンでも試合が中止に追い込まれる騒動があった。 事件が起きたのは6日、リーガ・プロフェッショナル(アルゼンチン1部)のヒムナシア・ラ・プラタvsボカ・ジュニアーズの試合で起こった。 上位の対決となったこの試合。しかし、試合開始から15分というところでスタジアム中に催涙ガスが充満してしまい、主審のエルナン・マストランジェロ氏は試合を中断。選手たちをドレッシングルームに引き上げさせた。 インドネシアでは、多くの死者を生み出した要因とも言われている催涙ガスがなぜ使われたのか。それはスタジアム外での騒動が問題だった。 スタジアムの外でヒムナシアのサポーターが警察と衝突。弾圧される中で、激しい衝突が起こっていたとのこと。ゴム弾の発射音も聞かれ、周囲の人は身の危険を感じるほどだったという。 また、ヒムナシアのサポーター数名がピッチへと飛び込み、ガスを吸い、目を痛めたりしたため、治療を受けることに。記者は「サッカーへの情熱が支配するはずの夜に、絶望が影を落とした」とし「汚点だ」とした。 これにはブエノスアイレス治安相のセルヒオ・ベルニ氏がコメント。1名が心停止で亡くなったことを確認したとし、問題を調査するとしている。 「何が起きたのかについては、調査を実施する予定だ。一見すると、まず問題となるのは、余ったチケットの販売。クラブはオーバーブッキングの責任を負う必要がある。その責任は、イベントの主催者にある」 「心臓の問題で、1名が死亡したことを確認している」 また、アルゼンチンサッカー連盟(AFA)も声明を発表。この事件を非難した。 「AFAは、ヒムナシア・ラ・プラタ・スタジアムの近くで今日発生した出来事を強く否定し、フットボール・フェスティバルを傷つけるこの種のエピソードを根絶するために努力し続けることを約束します」 <span class="paragraph-title">【動画】スタジアム外でのサポーターと警察の揉め事の一部始終</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Aquí un herido de bala de goma. <a href="https://t.co/Dsik7uvNTe">pic.twitter.com/Dsik7uvNTe</a></p>&mdash; Leandro Aguilera (@Tato_Aguilera) <a href="https://twitter.com/Tato_Aguilera/status/1578184658751102976?ref_src=twsrc%5Etfw">October 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.10.07 12:13 Fri
twitterfacebook
thumb

ロドリゴ・パラシオが40歳で現役引退…伊4部でバスケット選手に転身

元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(40)が現役引退を発表した。 直近までセリエBのブレシアでプレーしていたパラシオは26日に現役引退を発表した。さらに、今後はイタリアのバスケットボールリーグの4部に所属するポリスポルティーヴァ・ガレニャーノで、バスケットボール選手としてプレーすることを電撃発表した。 母国アルゼンチンのウラカン、CAバンフィエルド、ボカ・ジュニアーズで活躍したパラシオは、2009年にジェノアへ加入し、イタリアでのキャリアをスタート。 これまでジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。2021年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。その後、昨夏にブレシアへ新天地を求め、自身初のセリエBでは33試合6ゴール4アシストの数字を残していた。 2005年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では通算27試合に出場し、3ゴールを記録。2度の出場を果たしたワールドカップでは、2014年のブラジル大会で5試合に出場し、準優勝に貢献していた。 2022.09.28 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロがボカ・ジュニアーズに移籍!

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(35)が8日、ボカ・ジュニアーズに加入した。契約は2024年12月31日までとなる。 母国ラシン・クラブ出身で、2007年に加入したAZを足がかりに欧州進出を果たしたロメロ。2015年から2021年にかけてはマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、バックアッパーながら2016-17シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献。昨季はヴェネツィアに移籍するも、シーズン後半はヒザの負傷に悩まされ、セリエA16試合の出場に終わった。 契約満了でフリーとなった35際には今夏、イングランド人GKリー・グラントが現役を退団したユナイテッドが再獲得に動いていたが、新天地は母国の名門クラブに。実に15年ぶりのアルゼンチン復帰を果たしたロメロは、今回の移籍をステップアップだと意気込んでいる。 「ご存知のように、先週ラシンでトレーニングをしていた時にボカから打診があった。よく考えた結果、受けることにしたよ。この機会に満足している。これはキャリアにおいてステップアップだと思っているよ」 2022.08.09 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

カバーニのボカ入りは消滅…スペイン行き有力か

ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(35)がボカ・ジュニアーズに加入する可能性はなくなったようだ。 パレルモや、ナポリ、パリ・サンジェルマン(PSG)といったクラブを渡り歩き、世界屈指のストライカーとしての評価を確立したカバーニ。2020年夏に加入したマンチェスター・ユナイテッドでも公式戦59試合の出場で19ゴール7アシストの数字を残していたが、昨季は公式戦20試合の出場で2得点1アシストに終わり、今年6月末に契約満了によって退団した。 人気も実力も兼ね備えるカバーニの去就を巡っては引く手あまたの様相。バレンシアをはじめ、ラージョやニース、ドルトムント、サレルニターナといったヨーロッパ各国のクラブからの関心が噂されるが、新天地としてはスペインでのプレー希望が伝えられる。 そうしたなか、最近はアルゼンチンの強豪であるボカ・ジュニアーズへの加入が取り沙汰され、契約間近とも伝えられていたが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、その可能性は消滅した模様。家族が南米でのプレーを望まなかったことが理由のようだ。 また、当初から伝えられていた通り、スペインでのプレーを第一の選択肢として考えているようで、スペイン『アス』はそのなかでもビジャレアルとバレンシアが有力な候補と報道。様々なクラブでゴールを決め続けてきた“エル・マタドール”は35歳にしてラ・リーガへの初挑戦を決めることになるだろうか。 2022.08.08 16:41 Mon
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表DFロンカーリア、10年ぶりにボカ復帰

ボカ・ジュニアーズは19日、アリス・リマソルの元アルゼンチン代表DFファクンド・ロンカーリア(35)の獲得を発表した。契約期間は2023年12月までの1年半となっている。 ボカ・ジュニアーズでプロデビューを飾ったセンターバック兼、右サイドバックのロンカーリアは、セリエAのフィオレンティーナやジェノア、ラ・リーガのエスパニョールやオサスナ、セルタでプレー後、昨夏にアリス・リマソルに加入。公式戦18試合に出場していた。 古巣ボカでのプレーは10年ぶりになる。 2022.07.20 07:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly