【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】冨安と久保が最高評価! ブンデス勢が及第点

2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州4大リーグの2019-20シーズンが8月2日のセリエAをもって無事終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人9選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低★冨安健洋[ボローニャ]
Getty Images

セリエA出場試合数::29(先発:29)ゴール数:1
コッパ・イタリア出場試合数::1(先発:1)ゴール数:0
評価:★★★★

◆セリエA初挑戦で評価急上昇
ベルギーのシント=トロイデンで1年半プレーし、4大リーグの一角であるセリエAへとステップアップした冨安。中堅クラブのボローニャに約10億円で完全移籍した中、本職ではない右サイドバックで十分な存在感を示した。持ち前の守備力は当然ながら水準以上の足下の技術の高さを武器に、開幕から先発の座を勝ち取り、何の問題もなく右サイドバックを務め上げた。2度ほど負傷により戦列を離れたが、レギュラーの座を奪われることなくシーズンを戦い抜き、評価は急上昇。更なるステップアップも近いか。

★吉田麻也[サウサンプトン/サンプドリア]
Getty Images

プレミアリーグ出場試合数::8(先発:6)ゴール数:0
FAカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0
セリエA出場試合数:14(先発:13)ゴール数:0
評価:★★☆☆☆

◆セインツ離れ、サンプの残留に貢献
8シーズンを過ごしたサウサンプトンでは例年のようにベンチを温める状況に陥った吉田だったが、守備の国イタリアに活躍の場を求めたことが正解だった。1月に英語の通じるラニエリ監督率いるサンプドリアに加入した吉田は、リーグ再開後に完全にスタメンに定着。4バックのセンターバックの一角としてチームに安定感をもたらし、残留争いに巻き込まれていたチームを一気に浮上させる役割を担った。

★久保建英[マジョルカ]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:35(先発:23)ゴール数:4
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★★★

◆マジョルカ降格も示した存在感
ラ・リーガ初挑戦のシーズンとしては上々の出来だったと言えるだろう。チームは1年で2部落ちとなったが、久保個人としてはトップリーグで十分に通用することを証明するシーズンとなった。シーズンが進むにつれチーム内での信頼を上げていった久保は、4ゴール5アシストを記録。アタッキングサードでアクセントを付ける役割を十分に果たし、マジョルカの大半のゴールシーンに絡んで見せた。

★乾貴士[エイバル]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:29(先発:23)ゴール数:2
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ★★☆☆☆

◆チーム戦術に埋没
勝手知るエイバルでの復帰シーズンとなった乾だったが、チームの不調に引きずられるように凡庸なパフォーマンスが続いた。気心知れたメンディリバル監督の下でのプレーだったが、指揮官の求める守備のタスクに気を取られ過ぎ、持ち味の攻撃面でインパクトをなかなか残せず苦戦した。結局、シーズンをフル稼働しながらも2ゴール4アシストと得点に関与することが少なく、チームも残留争いを制すのがやっとの状態だった。

★鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:2
ヨーロッパリーグ出場試合数:10(先発:8)ゴール数:6
DFBポカール出場試合数:4(先発:3)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆

◆待望のブンデス初ゴール含む公式戦2桁ゴールをマーク
シント=トロイデンでゴールへの意識を高めた鎌田は大きく成長してドイツの地に戻ってきた。2年前には何も残せなかったフランクフルトで開幕からヒュッター監督の信頼を勝ち取り、主力としてプレー。そして積み重ねたゴール数は10。ブンデスリーガ初ゴールこそ5月と時間を要したが、ヨーロッパリーグのアーセナル戦で決めた2ゴールは鮮烈な印象を残した。ブンデスリーガでのゴール数が更に増えれば、評価はより高まるはずだ。

★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:23(先発:21)ゴール数:0
ヨーロッパリーグ出場試合数:8(先発:7)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆

◆アジア人ブンデス最多出場記録更新
フランクフルトでの6シーズン目となった長谷部。今季も本職の中盤ではなくリベロでのプレーがメインとなったが、シーズン中盤はヒュッター監督がチームの不調を受けて4バックを採用したこともあり、長谷部の出番が減っていた。それでも、シーズンが再開した終盤は3バックに戻し、その中で長谷部もスタメンとしてプレーし続け、余裕をもったチームの残留に貢献した。6月にはブンデスリーガ通算309試合出場を果たし、アジア人における最多出場記録を更新。1月に36歳を迎えた長谷部だが、来季もフランクフルトとの契約を更新し、偉大な記録をさらに伸ばすことになりそうだ。

★大迫勇也[ブレーメン]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:8
ブンデスリーガ残留プレーオフ試合数:2(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:4(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★★☆☆

◆シーズン終盤に覚醒で残留に導く
ブレーメンでの2シーズン目を迎えた大迫。昨季12ゴール14アシストをマークしたFWクルーゼがクラブを離れた中、エースとしての働きが期待されたが、その重責を担いきることはできなかった。第12節から第30節まで実に18試合もゴールから見放される時期があり、その間チームも非常に苦しんだ。それでも残り4試合で4ゴールを挙げ、何とか残留プレーオフにチームを導いた。とりわけ、最終節の古巣ケルン戦では鬼気迫るプレーで2ゴールを挙げ、自身2度目の降格を回避することに成功している。

★南野拓実[リバプール]
Getty Images

プレミアリーグ出場試合数:10(先発:2)ゴール数: 0
FAカップ出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆ザルツブルクから欧州王者へのステップアップも…
ザルツブルクではチャンピオンズリーグで十分な存在感を示した南野だったが、その活躍を受けて移籍した昨季の欧州王者であるリバプールでは結果を残せなかったため、この低評価に。1月に大きなステップアップを果たした南野は少ないながらも出場機会を得たが、一番欲しかったゴールという結果は手にできず。チームに馴染むであろう来季以降の活躍に期待したい。

★武藤嘉紀[ニューカッスル]
Getty Images

プレミアリーグ出場試合数: 8(先発2)ゴール数:0
FAカップ出場試合数: 1(先発:1)ゴール数: 0
EFLカップ出場試合数: 1(先発:1)ゴール数: 1
評価:☆☆☆☆☆

◆プレミアの高い壁
昨季に続き、プレミアリーグの高い壁に武藤はもがき苦しんだ。ブルース新監督が就任した中、シーズン序盤は途中出場ながらプレーする機会が与えられたが、第8節以降はベンチにすら入れない状態が続いた。結局、今季はプレミアリーグでゴールを挙げることはできず、リーグカップでの1ゴールに留まってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

選曲は久保建英に続きまさかの『ドラえもんのうた』!武藤嘉紀もチームメイトの前で美声を披露

ニューカッスルからエイバルに加入したFW武藤嘉紀が、チームメイトの前で美声を披露。後輩へ対抗心を示した。 シーズン開幕後となったが、レンタル移籍でエイバルへと加入した武藤。ホセ・ルイス・メンディリバル監督は「昨年の冬から欲しかった」と明かすなど、武藤は期待の戦力であることを明かしていた。 武藤は出場機会こそ無かったものの、19日に行われたラ・リーガ第2節のビジャレアル戦でベンチ入り。MF久保建英とMF乾貴士の日本人対決を目の当たりにしていた。 その武藤だが、ビジャレアル戦前にはチームメイトの前で美声を披露。そこでの選曲が秀逸だった。 乾貴士が自身のツイッター(@takashi73784537)で武藤が歌う様子を動画で投稿。吹き抜けの2階で1人立つ武藤は下に居るチームメイトに手拍子を要求。徐々にテンションが上がると、日本の国民的アニメである、テレビ朝日系アニメ『ドラえもん』の主題歌『ドラえもんのうた』だった。 これは、ビジャレアルに加入した際に久保が食堂でチームメイトの前で披露したのと同じ曲。明らかに久保をイジりに来た選曲だが、これにはチームメイトも大盛り上がりを見せ、改めて『ドラえもん』の凄さを知ることとなった。 なお、久保の『ドラえもんのうた』は、レガネスに加入したMF柴崎岳にもイジられており、スペインでプレーする日本人はこの先も『ドラえもん』にあやかる可能性も。のび太くんを助けるドラえもんのごとく、チームを助けられれば一気にヒーローになることだろう。 <div id="cws_ad">◆武藤嘉紀もドラえもんの歌を披露!久保建英とどっちが上手い?<br/><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">良かったよ<br>嘉紀さんはすげーっす<br>でも、やっぱりドラえもんは凄いなぁ<br>世界のドラえもん<a href="https://t.co/uIPJ86fE5M">pic.twitter.com/uIPJ86fE5M</a></p>&mdash; 乾 貴士/Takashi Inui (@takashi73784537) <a href="https://twitter.com/takashi73784537/status/1307066059535646723?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <div id="cws_ad">◆久保建英の『ドラえもんのうた』<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWMlpzN3JxQyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2020.09.20 11:10 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫先発もブレーメンがホームでの開幕戦で4失点を喫し完敗…《ブンデスリーガ》

大迫勇也の所属するブレーメンは19日、ブンデスリーガ第1節でヘルタ・ベルリンと対戦し、1-4で敗戦した。大迫は前半のみ出場した。 昨季16位に終わるもハイデンハイムとのプレーオフを制してブンデスリーガ残留を決めたブレーメンが、昨季10位のヘルタをホームに迎えた開幕戦。 そのブレーメンは、[4-4-2]の布陣を採用。2トップに大迫とゼルケを起用し、左MFにサージェント、右MFにマンチェスター・ユナイテッドからレンタルで加入したチョンを配置した。 試合はブレーメンが立ち上がりから積極的な入りを見せたが、決定機を先に作ったのはアウェイチームだった。19分、右サイドでスローインの返しを受けたペカリークがダイレクトでクロスを供給。これをボックス中央のピョンテクが頭で合わせたが、シュートはクロスバーを叩いた。 対するブレーメンは31分、チョンのパスをボックス左で受けたサージェントが左足でニアサイド狙ったが、このシュートはGKシュウォローの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、ブレーメンは前半終盤にピンチを迎える。42分、左サイドをオーバーラップしたミッテルシュタットの高速クロスをファーサイドで反応したペカリークが流し込み、ヘルタが先制した。 さらにヘルタは45分、ドリブルで仕掛けたペカリークがボックス右深くでフリードルに倒されると、主審はPKを宣告。しかし、VARによる検証の結果、倒れた場所はボックスの外と判定され、PKは取り消された。 VARでピンチを脱したブレーメンだったが、前半終了間際にも失点する。中盤でボールを奪われるとダリダのスルーパスに反応したルケバキオがボックス左に抜け出しダイレクトシュートをゴールネットに突き刺した。 迎えた後半、2点を追うブレーメンは大迫を下げてビッテンコートを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウェイのヘルタだった。 62分、GKからのロングフィードを前線で受けたコルドバの落としをダリダが拾うと、ペナルティアーク手前まで持ち上がりラストパス。ボックス左で待ち構えたマテウス・クーニャのダイレクトシュートはGKパブレンカの手を弾き、そのままゴールネットに吸い込まれた。 リードを広げられたブレーメンは69分、オーバーラップしたアウグスティンションの左クロスをファーサイドのゼルケがヘディングシュートをニアサイドに叩き込み、1点を返す。 その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。すると90分、トゥザールのスルーパスで左サイドを抜け出したレッキーが右足アウトサイドでクロスを入れると、中央を駆け上がったコルドバが流し込み、ヘルタが試合を決定づける4点目を奪取。 結局、試合はそのまま1-4で終了。ホーム開幕戦で4失点を喫したブレーメンは、開幕黒星スタートとなった。 2020.09.20 01:15 Sun
twitterfacebook
thumb

乾フル出場に久保途中出場で2戦連続の日本人対決! 2トップ揃い踏みのビジャレアルが逆転でエメリ体制初白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第2節、ビジャレアルvsエイバルが19日にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われ、ホームのビジャレアルが2-1で逆転勝利した。なお、ビジャレアルのMF久保建英は85分から途中出場。エイバルのMF乾貴士はフル出場し、FW武藤嘉紀はベンチ入りも出場機会はなかった。 久保は、先週末に開催されたウエスカとの開幕戦では途中出場でビジャレアルデビューを飾り、FW岡崎慎司とのプリメーラ史上初の日本人対決が実現。しかし、チームは昇格組相手に1-1のドローに終わった。今季初勝利を目指す2戦連続のホームゲームに向けては、先発デビューも期待された久保は引き続きベンチスタートに。 一方、エイバル復帰2年目となる乾はセルタとの開幕戦でスタメンを飾ったが、こちらもゴールレスドローで白星発進とはならず。クラブが16日にニューカッスルからのレンタルで武藤を迎え入れた中、乾は引き続き左ウイングで先発となり、武藤は早速ベンチに入った。 後方から丁寧にビルドアップするビジャレアルに対して、エイバルはいつも通りハイラインハイプレスで応戦。立ち上がりは相手にハイプレスをうまくかいくぐったホームチームが、押し込む入りに。9分には左サイドのモイ・ゴメスからの斜めのラストパスをゴール前のジェラール・モノレがダイレクトシュートで流し込むが、ここはVARのレビューの結果、オフサイドとなった。 その後もビジャレアルはパレホからの長短交えたサイドへの展開、セカンドトップでアクセントを付けるジェラール・モレノを起点にチュクウェゼやパコ・アルカセルがゴールに迫っていく。 一方、劣勢も自分たちの戦いを貫くエイバルは決定機こそ少ないものの、ホームチームを脅かす良い形の仕掛けを幾度か見せる。21分にはGKドミトロビッチからのフィードを右足アウトを使った巧みなファーストタッチで収めた乾がそのままドリブルでボックス中央に切れ込む。GKと一対一の絶好機を迎えたが、股間を狙ったシュートはGKアセンホのビッグセーブに阻まれる。 前半終盤にかけてもビジャレアルが主導権を握るが、エイバルも36分にエドゥ・エスポジトのミドルシュートで相手ゴールに迫るなど、互いにらしさを見せた中、試合は0-0のままハーフタイムを迎えた。 後半も攻勢を見せるビジャレアルは、立ち上がりにジェラール・モレノ、アルビオルと立て続けにゴールに迫るも、最後のところで決め切れない。 すると、このピンチを凌いだエイバルは50分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた乾を起点にエスポジト、キケ・ガルシアと縦パス2本が繋がり、ボックス内でGKを交わしたキケ・ガルシアが冷静にシュートを流し込み、エイバルが先制に成功した。 開幕戦に続き先制されたビジャレアルは58分にコクラン、ペドラサを下げてイボーラと、新戦力のエストゥピニャンを同時投入。すると、63分にはそのエストゥピニャンの左からのアーリークロスをボックス右のチュクウェゼがワンタッチで繋ぐと、ゴール右でDF2枚と応対したジェラール・モレノが深い切り返しから利き足とは逆の右足のシュートをゴール左下隅に流し込み、2試合連続ゴールとした。 この同点ゴールで勢いづいたビジャレアルは、一気に試合を引っくり返す。71分、相手陣内中央でボールを収めたジェラール・モレノのスルーパスに抜け出したアルカセルがボックス左でGKを冷静にかわして無人のゴールへシュートを流し込んだ。当初、アルカセルのオフサイドと判定されたものの、VARのレビューによってオンサイドと判定が変わり、逆転ゴールが認められた。 2トップ揃い踏みの活躍で今シーズン初めてリードを奪ったホームチームはここからゲームコントロールを意識した戦い方にシフト。危なげなく試合を進めていく中、85分にはチュクウェゼに代えて久保を投入。2戦連続の日本人対決が実現した。 一方、ビハインドを追うエイバルは積極的に交代カードを切ったが、加入直後の武藤に出番は訪れず。 試合終盤にかけては3トップの右ウイングに入った久保が見事なドリブル突破と正確なパスで決定機を演出するなど、短い出場時間の中で鮮烈なインパクトを残したが、いずれのチャンスメークも3点目には繋がらず。 それでも、このまま逃げ切ったビジャレアルが開幕2戦目にしてエメリ新体制での初白星を手にした。一方、善戦のエイバルは今季初黒星となった。 2020.09.20 01:12 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、追い上げ虚しく黒星スタート《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは19日、ブンデスリーガ開幕節でフライブルクをホームに迎え、2-3で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 昨季、シュツットガルトの1部復帰に貢献した遠藤は先週行われた新シーズン初戦のDFBポカール、ハンザ・ロストック戦ではフル出場し、勝利に貢献した。その遠藤は引き続き[3-5-2]のボランチでスタメンとなり、ブンデス1部デビューを飾った。 試合は8分、スローインの流れから右クロスをペテルゼンにヘディングで合わせられ、シュツットガルトは先制されてしまう。 失点を受けて前がかるシュツットガルトは15分に同点のチャンス。ワマンギトゥカがスルーパスに反応してボックス左に侵入しシュート。しかし、GKにセーブされ、ゴールに向かって行ったボールはゴールライン前に戻ったDFの好クリアに阻まれた。 すると26分、右サイドからのFKをニアサイドのペテルゼンにヒールで合わせられると、シュートはGKがセーブするも、ルーズボールをR・サライに押し込まれた。 2点を追う展開となったシュツットガルトはハーフタイムにかけてはチャンスを作れず、前半を2点ビハインドで終えた。 迎えた後半、開始2分にシュツットガルトはマッシモに決定機が訪れるも、これを相手GKの好守に阻止されると、1分後に致命的な3失点目をグリフォに許してしまう。 苦しいシュツットガルトは72分にカラジッチが反撃の狼煙を上げるゴールを挙げ、続く82分には遠藤の縦パスが流れたところをワマンギトゥカが押し込み、1点差に詰め寄ったが、反撃はここまで。黒星スタートとなっている。 2020.09.20 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田&長谷部先発フランクフルトと堂安先発ビーレフェルトの日本人対決はドロー決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ開幕節、フランクフルトvsビーレフェルトが19日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地は88分までプレーし、MF長谷部誠はフル出場。ビーレフェルトのMF堂安律は72分までプレーしている。 新シーズンの公式戦初戦となった先週のDFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦を2-1で勝利したフランクフルト。この試合で先発した鎌田が引き続きスタメンとなり、ベンチ入りも出場機会のなかった長谷部が先発となった。 一方、昨季2部優勝で12シーズンぶりに1部復帰となったビーレフェルトは、DFBポカールでは4部相手にまさかの敗戦。堂安はこの試合で先発デビューを飾ったものの、見せ場を作れずチームも敗れてしまった中、堂安は引き続きスタメンとなった。 [3-5-2]で臨んだフランクフルトは、鎌田がトップ下、長谷部が3バックの中央に入った。一方、ビーレフェルトは[4-1-4-1]で臨み、堂安は右インサイドMFに入った。 ビーレフェルトが良い入りを見せた中、徐々に圧力を強めていったフランクフルトは、21分にローデがミドルシュートでオンターゲットを記録。すると1分後に決定機。コスティッチの左クロスをダ・コスタがボレーで合わせたが、わずかに枠の左に外れた。 さらに32分にも決定機。GKのミスパスを鎌田がカットした流れから、アンドレ・シウバがヒールでシュートに持ち込むも、GKにセーブされる。 ゴールレスで迎えた後半、フランクフルトはダ・コスタに代えて新戦力のツバーを投入した中、開始5分に堂安がゴール正面の位置から際どいミドルシュートを浴びせたビーレフェルトが、51分に先制する。 スルーパスに反応したスクがディフェンスライン裏を取り、ボックス右に侵入しシュートを蹴り込んだ。 追う展開となったフランクフルトが前がかる中、62分に追いつく。コスティッチの左クロスをニアサイドのドストがヘッドで逸らすと、最後はアンドレ・シウバがヘッドで押し込んだ。 そして78分には逆転のチャンスが訪れるも、2度にわたる決定的なシュートはゴールライン上の相手DFの好クリアに阻まれた。 終盤にかけてはフランクフルトが押し込む展開が続いたが、ビーレフェルトが粘りの守備を見せ1-1でタイムアップ。日本人対決は勝ち点1を分け合っている。 2020.09.20 00:37 Sun
twitterfacebook