【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】冨安と久保が最高評価! ブンデス勢が及第点

2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州4大リーグの2019-20シーズンが8月2日のセリエAをもって無事終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人9選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。
★★★★★が最高、☆が最低★冨安健洋[ボローニャ]
Getty Images

セリエA出場試合数::29(先発:29)ゴール数:1
コッパ・イタリア出場試合数::1(先発:1)ゴール数:0
評価:★★★★

◆セリエA初挑戦で評価急上昇
ベルギーのシント=トロイデンで1年半プレーし、4大リーグの一角であるセリエAへとステップアップした冨安。中堅クラブのボローニャに約10億円で完全移籍した中、本職ではない右サイドバックで十分な存在感を示した。持ち前の守備力は当然ながら水準以上の足下の技術の高さを武器に、開幕から先発の座を勝ち取り、何の問題もなく右サイドバックを務め上げた。2度ほど負傷により戦列を離れたが、レギュラーの座を奪われることなくシーズンを戦い抜き、評価は急上昇。更なるステップアップも近いか。

★吉田麻也[サウサンプトン/サンプドリア]
Getty Images

プレミアリーグ出場試合数::8(先発:6)ゴール数:0
FAカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0
セリエA出場試合数:14(先発:13)ゴール数:0
評価:★★☆☆☆

◆セインツ離れ、サンプの残留に貢献
8シーズンを過ごしたサウサンプトンでは例年のようにベンチを温める状況に陥った吉田だったが、守備の国イタリアに活躍の場を求めたことが正解だった。1月に英語の通じるラニエリ監督率いるサンプドリアに加入した吉田は、リーグ再開後に完全にスタメンに定着。4バックのセンターバックの一角としてチームに安定感をもたらし、残留争いに巻き込まれていたチームを一気に浮上させる役割を担った。

★久保建英[マジョルカ]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:35(先発:23)ゴール数:4
コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0
評価: ★★★★

◆マジョルカ降格も示した存在感
ラ・リーガ初挑戦のシーズンとしては上々の出来だったと言えるだろう。チームは1年で2部落ちとなったが、久保個人としてはトップリーグで十分に通用することを証明するシーズンとなった。シーズンが進むにつれチーム内での信頼を上げていった久保は、4ゴール5アシストを記録。アタッキングサードでアクセントを付ける役割を十分に果たし、マジョルカの大半のゴールシーンに絡んで見せた。

★乾貴士[エイバル]
Getty Images

ラ・リーガ出場試合数:29(先発:23)ゴール数:2
コパ・デル・レイ出場試合数:0
評価: ★★☆☆☆

◆チーム戦術に埋没
勝手知るエイバルでの復帰シーズンとなった乾だったが、チームの不調に引きずられるように凡庸なパフォーマンスが続いた。気心知れたメンディリバル監督の下でのプレーだったが、指揮官の求める守備のタスクに気を取られ過ぎ、持ち味の攻撃面でインパクトをなかなか残せず苦戦した。結局、シーズンをフル稼働しながらも2ゴール4アシストと得点に関与することが少なく、チームも残留争いを制すのがやっとの状態だった。

★鎌田大地[フランクフルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:2
ヨーロッパリーグ出場試合数:10(先発:8)ゴール数:6
DFBポカール出場試合数:4(先発:3)ゴール数:2
評価: ★★★☆☆

◆待望のブンデス初ゴール含む公式戦2桁ゴールをマーク
シント=トロイデンでゴールへの意識を高めた鎌田は大きく成長してドイツの地に戻ってきた。2年前には何も残せなかったフランクフルトで開幕からヒュッター監督の信頼を勝ち取り、主力としてプレー。そして積み重ねたゴール数は10。ブンデスリーガ初ゴールこそ5月と時間を要したが、ヨーロッパリーグのアーセナル戦で決めた2ゴールは鮮烈な印象を残した。ブンデスリーガでのゴール数が更に増えれば、評価はより高まるはずだ。

★長谷部誠[フランクフルト]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:23(先発:21)ゴール数:0
ヨーロッパリーグ出場試合数:8(先発:7)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0
評価: ★★★☆☆

◆アジア人ブンデス最多出場記録更新
フランクフルトでの6シーズン目となった長谷部。今季も本職の中盤ではなくリベロでのプレーがメインとなったが、シーズン中盤はヒュッター監督がチームの不調を受けて4バックを採用したこともあり、長谷部の出番が減っていた。それでも、シーズンが再開した終盤は3バックに戻し、その中で長谷部もスタメンとしてプレーし続け、余裕をもったチームの残留に貢献した。6月にはブンデスリーガ通算309試合出場を果たし、アジア人における最多出場記録を更新。1月に36歳を迎えた長谷部だが、来季もフランクフルトとの契約を更新し、偉大な記録をさらに伸ばすことになりそうだ。

★大迫勇也[ブレーメン]
Getty Images

ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:8
ブンデスリーガ残留プレーオフ試合数:2(先発:2)ゴール数:0
DFBポカール出場試合数:4(先発:2)ゴール数:1
評価: ★★★☆☆

◆シーズン終盤に覚醒で残留に導く
ブレーメンでの2シーズン目を迎えた大迫。昨季12ゴール14アシストをマークしたFWクルーゼがクラブを離れた中、エースとしての働きが期待されたが、その重責を担いきることはできなかった。第12節から第30節まで実に18試合もゴールから見放される時期があり、その間チームも非常に苦しんだ。それでも残り4試合で4ゴールを挙げ、何とか残留プレーオフにチームを導いた。とりわけ、最終節の古巣ケルン戦では鬼気迫るプレーで2ゴールを挙げ、自身2度目の降格を回避することに成功している。

★南野拓実[リバプール]
Getty Images

プレミアリーグ出場試合数:10(先発:2)ゴール数: 0
FAカップ出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0
評価: ☆☆☆☆

◆ザルツブルクから欧州王者へのステップアップも…
ザルツブルクではチャンピオンズリーグで十分な存在感を示した南野だったが、その活躍を受けて移籍した昨季の欧州王者であるリバプールでは結果を残せなかったため、この低評価に。1月に大きなステップアップを果たした南野は少ないながらも出場機会を得たが、一番欲しかったゴールという結果は手にできず。チームに馴染むであろう来季以降の活躍に期待したい。

★武藤嘉紀[ニューカッスル]
Getty Images

プレミアリーグ出場試合数: 8(先発2)ゴール数:0
FAカップ出場試合数: 1(先発:1)ゴール数: 0
EFLカップ出場試合数: 1(先発:1)ゴール数: 1
評価:☆☆☆☆☆

◆プレミアの高い壁
昨季に続き、プレミアリーグの高い壁に武藤はもがき苦しんだ。ブルース新監督が就任した中、シーズン序盤は途中出場ながらプレーする機会が与えられたが、第8節以降はベンチにすら入れない状態が続いた。結局、今季はプレミアリーグでゴールを挙げることはできず、リーグカップでの1ゴールに留まってしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

久保が途中出場のビジャレアル、ソシエダとの上位対決は譲らずドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、レアル・ソシエダvsビジャレアルが29日に行われ、1-1で引き分けた。ビジャレアルのMF久保建英は74分から出場している。 前節カディス戦を1-0と制して6連勝とした首位ソシエダ(勝ち点23)は、シルバが負傷離脱となった中、オヤルサバルやメリノ、ウィリアン・ジョゼらがスタメンとなった。 一方、前節レアル・マドリー戦を優勢に運んだ中1-1と引き分けた3位ビジャレアル(勝ち点19)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのマッカビ・テルアビブ戦を1-1で引き分け、決勝トーナメント進出は持ち越しとなった。そのマッカビ・テルアビブ戦で先発した久保はベンチスタートとなり、2トップはジェラール・モレノとバッカが形成した。 フラットな[4-4-2]で臨んだビジャレアルは右にトリゲロス、左にペドロサを配置した中、開始4分にPKを獲得する。ボックス左にルーズボールを取りに行ったエストゥピニャンがエルストンドに倒された。このPKをジェラール・モレノが決めてビジャレアルが先制した。 先制されたソシエダは14分、エストゥピニャンの不用意なバックパスからオヤルサバルが枠内シュートを放てば、21分にはスローインの流れからボックス右のバレネチェアがGK強襲のシュートを浴びせた。 すると31分、CK流れからパウ・トーレスにファウルがあり、ソシエダがPKを獲得。これをオヤルサバルが決めてソシエダが同点とした。 試合が振り出しに戻って以降はソシエダがポゼッションを高めた中、1-1で前半を終え、迎えた後半、ビジャレアルはバッカに代えてチュクウェゼを右ウイングに投入した。 その後半もソシエダが押し込む流れで立ち上がった中、徐々に膠着状態に陥ったことを受けてビジャレアルは74分に久保を左サイドに投入した。 対するソシエダはヤヌザイやモンレアルを投入した中、終盤にかけても互いに集中力を切らさず1-1でタイムアップ。上位対決は引き分けに終わった。 勝ち点1を積み上げたソシエダは首位をキープしている。 2020.11.30 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「単なる従業員ではなくパートナー」退団示唆の本田圭佑が再びツイート

クラブからの退団を示唆したボタフォゴのMF本田圭佑(34)が、改めてツイート。発言の意図を説明した。 ボタフォゴは27日、かつて横浜マリノスでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍していたラモン・ディアス監督(61)と契約解除を発表した。 今回の契約解除は、ディアス監督が手術を受けたものの、術後の回復が思わしくなく、入院が延長することが理由だとされている。 本田は2020年2月にフィテッセからボタフォゴに加入。しかし、2019年10月に就任していたアルベルト・バレンティン監督が2月に解任されると、後任としてもと鹿島アントラーズやセレッソ大阪を指揮したパウロ・アウトゥオリ監督が10月に解任。後任のブルーノ・ラザロニ監督が1カ月も持たずに解任されており、ディアス監督を含めて5度の監督交代となった。 本田は28日に「この数日で僕を納得させないなら、去ることを考え始める」とツイート。ボタフォゴから退団を考えていると取れる意味深なツイートをしていた。 その本田は29日になり改めてツイート。発言の意図を説明し、ただ雇われているだけではないことを主張した。 「昨日の発言はすみません。ただ、僕にとって重要なことでした。単なる従業員ではなく、パートナーだからです」 「そのため、僕は全てを知っておく必要があります。そして、皆さんも全てを知っている必要があります」 本田の主張では、クラブに雇われている選手という立場だけではなく、パートナーであるために把握していなかったことがあったと考えられる。明確な去就については話されていないが、クラブと何らかの行き違いがあったことは事実のようだ。 2020.11.29 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也が2試合連続1G1A! チームも6連勝で暫定首位浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの伊東純也が2試合連続の1得点1アシストをマークした。 2位ヘンクは28日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第14節で9位セルクル・ブルージュとアウェイで対戦。セルクル・ブルージュの植田直通が欠場したなか、伊東はフル出場を果たした。 目下5連勝中と勢いに乗るヘンク。前節に1得点1アシストの活躍を披露した伊東がこの試合でも輝く。9分、左サイドの伊東が縦にボールを持ち上がり、左足の低いクロス。これをオヌアチュが合わせて先制する。 続く16分には伊東自らがゴールをゲット。敵陣左サイドの相手最終ライン背後にパスが送られると、伊東がボックス左深くから中に切り込み、相手GKがわずかに空けたニアサイドに右足シュートを突き刺した。 伊東の全得点に絡む活躍で優勢のヘンクはその後もセルクル・ブルージュを圧倒して、30分と38分にもゴールが生まれ、4点をリード。後半の序盤に1点を返されるが、74分にボンゴンダの得点で突き放した。 セルクル・ブルージュを一蹴したヘンクはこれで6連勝。今節を引き分けたクラブ・ブルージュを交わして、暫定首位に浮上した。 セルクル・ブルージュ 1-5 ヘンク 【セルクル・ブルージュ】 ホティッチ(後6) 【ヘンク】 オヌアチュ(前9、前38分) 伊東純也(前16) ヘイネン(前30) ボンゴンダ(後29) 2020.11.29 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎途中出場のウエスカ、セビージャ相手に善戦も終盤被弾で今季初勝利遠く…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第11節、ウエスカvsセビージャが28日に行われ、アウェイのセビージャが0-1で勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は72分からプレーした。 岡崎が戦列復帰を果たした前節のオサスナ戦を1-1のドローで終えた19位のウエスカは、7位のセビージャをホームに迎えた一戦で今季初白星を目指した。その中で先発復帰も期待された岡崎はベンチからのスタートとなった。 直近のチャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメント進出を決めて勢いに乗るアウェイのセビージャが主導権を握る状況が続く。 ウエスカを自陣深くに押し込んで内、外を織り交ぜた攻撃で揺さぶりをかける。その中でムニルやオカンポスがフィニッシュまで持ち込むが、きっちり中を固める相手の守備をこじ開けるまでには至らず。結局、前半に相手を大きく上回る7本のシュートを放ったが、唯一の枠内シュートとなったルーク・デ・ヨングのヘディングシュートは難なくGKにキャッチされるなど、決め手を欠く展開となった。 後半も引き続き押し込む入りを見せたセビージャはセットプレーの流れからジエゴ・カルロス、クンデと早速シュートシーンを作り出す。 対するウエスカは60分、右サイドのマフェオからの斜めのパスに対してラファ・ミルが絶妙なスルー。これでうまく浮いたサンドロ・ラミレスがボックス内に抜け出して飛び出したGKを右に持ち出してかわす。だが、その後のタッチが長くなり、絶好のシュートチャンスをフイにした。 後半半ばを迎えて拮抗した状況が続く中、72分には岡崎がオンティベロスと共にピッチに送り出される。しかし、同じくラキティッチやエン=ネシリとフレッシュな選手を投入したセビージャの攻勢に晒されると、73分ち76分にオカンポス、ムニルに続けて決定機を許す。だが、ここはGKアンドレス・フェルナンデスが見事な連続セーブでチームを救った。 これでピンチを脱したかに思われたウエスカだが、一瞬の隙を突かれてゴールをこじ開けられる。83分、ボックス手前でボールを持ったオカンポスにそのままドリブルで運ばれてボックス右ライン際から折り返されると、ニアに飛び込んだエン=ネシリに右足で流し込まれた。 その後、最後の交代カードで守備的なグデリを投入し、逃げ切りを図るアウェイチームに対して攻勢を仕掛けていく。91分にはボックス左に抜け出したガランの折り返しがDFに当たってゴール前にこぼれると、これを岡崎が右足アウトで押し込みにかかるが、相手DFのブロックに阻まれた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、セビージャに競り負けたウエスカはまたしても今季初白星を逃がすことになった。なお、今季初の3連勝となったセビージャは暫定ながら5位に順位を上げている。 2020.11.29 04:35 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田2アシストのフランクフルトが遠藤渓太欠場のウニオンと打ち合い3-3ドロー!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第9節、ウニオン・ベルリンvsフランクフルトが28日に行われ、3-3で引き分けた。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は欠場し、フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ケルン戦を競り勝って3連勝とした6位ウニオン・ベルリン(勝ち点15)は、前々節の試合でハムストリングを痛めた遠藤が引き続き欠場となった。 一方、前節ライプツィヒ戦を引き分け5試合勝利のない11位フランクフルト(勝ち点11)は、鎌田が開幕から9試合連続スタメンとなった一方、長谷部が前節に続いてベンチスタートとなった。 試合は開始2分に動く。左クロスをGKトラップがファンブルしたところをアンドリッヒが詰めてウニオンが先制した。 さらに4分、鎌田のボールロストからショートカウンターを受けると、ボックス内に侵入したタイウォがヒンテレッガーに倒されてPKを獲得。このPKをクルーゼが決めてウニオンに追加点が生まれた。 2点をリードしたウニオンは自陣に引いてカウンターを狙う展開とすると、11、15分とタイウォが決定的なシュートを浴びせて主導権を握り続ける。 フランクフルトの反撃は24分。ボックス左からコスティッチが決定的なシュートを放つと、27分に1点を返す。敵陣でボールを奪った流れから鎌田の右クロスをファーサイドのアンドレ・シウバが詰めきった。 鎌田のアシストで反撃の狼煙を上げたフランクフルトは36分、左サイドからのコスティッチのFKをニアサイドのアンドレ・シウバがバックヘッドでうまく逸らしてゴールに流し込み、一気に同点とした。 迎えた後半、52分にドストのヘディングシュートで逆転ゴールに迫ったフランクフルトだったが、その後は膠着状態に陥る。 そんな中79分にフランクフルトが逆転する。鎌田がスルーパスに抜け出してボックス右に侵入。クロスを入れ、ドストが合わせた。 鎌田の2アシスト目で逆転したフランクフルトだったが、87分に追いつかれる。ボックス手前中央のクルーゼがミドルシュートを叩き込んだ。 このまま3-3で終了。鎌田が2アシストと活躍したフランクフルトだったが、3-3の引き分けに終わり、6戦勝利なしとなっている。 2020.11.29 01:53 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly