スールシャールが狙うはEL制しての今季締めくくり! 「次のステップはトロフィーの獲得」

2020.08.05 15:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がヨーロッパリーグ(EL)を制しての今季締めくくりを目指した。クラブ公式サイトが伝えている。今季のプレミアリーグで3位フィニッシュを成し遂げ、見事に来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したユナイテッド。7月26日のプレミアリーグ最終節から少しの期間が空いて、今季初タイトルがかかるELの戦いに移り、5日に行われるラウンド16・2ndレグでLASKリンツをホームに迎え撃つ。

3月中旬に敵地で行われた1stレグを5-0の先勝で飾ってのリターンレグとなるスールシャール監督だが、その一戦に先駆けた会見で「前回と同様、難しい試合になる。1stレグも5-0のスコアほど差はなかった」と述べると、タイトル獲得の思いを強めた。

「このチームはシーズンを通して成長している。(プレミアリーグで)3位という結果は嬉しかったが、我々にとって、次のステップはトロフィーの獲得だ。カラバオカップとFAカップでも準決勝まで勝ち上がったが、何かを勝ち獲りたいのだ」

また、1stレグの結果でほぼ勝ち上がりを決めた上での一戦とだけあって、主力の温存も可能な状況だが、その気はないようだ。

「もちろん、選手たちはプレーしたがっており、休みたいと思っていない。そういう選手ばかりがいるから、私も悩ましい限りだ。そいう選手に『休め』と言うのは簡単じゃない。しかし、彼らは勝ちたい思いで今大会に向かっている」

「選手たちも私のように勝利を欲しているのだ。監督やコーチとして、トロフィーに掲げるのは選手のときと違った感覚になると思う。我々は優勝を目指す選手たちと一緒に今大会に挑む。したがって、彼らを休ませるつもりもない」
コメント
関連ニュース
thumb

同胞のレジェンドSBロベルト・カルロス氏も絶賛の実力者!ユナイテッドが獲得を狙うアレックス・テレスはどんな選手?

複数のメディアがマンチェスター・ユナイテッドへの個人合意に至ったと報じ、移籍が近づいているとされるポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(27)。 ユナイテッドは左サイドバックの人材として、イングランド代表DFルーク・ショーとU-21イングランド代表DFブランドン・ウィリアムズを擁しているが、この夏を通して左SBの補強に動いている。 移籍が成立すれば、待望の即戦力を獲得することになるが、そのテレスとはどんな選手なのだろうか。 <div id="cws_ad">◆テレスがボアビスタ戦で見せた強烈なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLMTBleXc4VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆5年前にはインテルで長友佑都と争う 2010年、母国ブラジルのジュベントゥージでプロデビューを果たしたテレスは、2013年に強豪グレミオに移籍。2014年1月にトルコのガラタサライに加入したことを機に、攻撃的SBとしてヨーロッパでその名を知られるようになった。 2015年夏には、インテルにレンタル移籍で加入。一時は日本代表DF長友佑都(現マルセイユ)から左SBのポジションを奪っていた。さらに、2016年夏に完全移籍を果たしたポルトで、超攻撃的SBとしての才能を開花させている。 ◆昨季は49試合で13得点12アシストと躍動 テレスは、フィジカルを生かした十分な守備力を持ちながらも、攻撃参加を好み、左サイドでの激しい上下動を厭わない現代的なサイドバックだ。また、高い水準のクロス精度も持つテレスだが、最も特筆すべき点は、その中長距離から放たれるシュートの破壊力だ。ボックス外からでも積極的にゴールを狙っていくテレスは、その左足から放たれるパンチのあるシュートを最大の武器にしている。 2019年11月10日に行われたプリメイラ・リーガ第11節のボアビスタ戦で見せたボックス外からの強烈な左足シュートはまさに象徴的なゴールだった。 テレスの攻撃面での貢献度は、昨シーズン残した13ゴール12アシストというSBとしては驚異的な数字が物語っている。昨季のプレミアリーグ王者リバプールの左SBを務めるスコットランド代表DFアンディ・ロバートソンも昨シーズンは公式戦12アシストを記録しているが、リーグは違えど、ロバートソンと同数のアシストを記録した上で、自らも13ゴールを決めているというのだから恐ろしい選手だ。 ◆ロベルト・カルロス氏の後継者とまで言われた パンチ力のある左足を持ったブラジル出身のSBと言われて、多くの人の頭に思い浮かぶのは、元ブラジル代表DFロベルト・カルロス氏だろう。 そのプレースタイルの他に、インテルでも短期間のプレー経験を持つなど、テレスと共通点の多いロベルト・カルロス氏だが、2016年にはテレスについて「アレックス(・テレス)は驚くべき選手だ。代表チームで長く活躍する選手になるだろう」と称賛のコメントを送っている。 レアル・マドリーのDFマルセロやバルセロナなどで活躍したDFダニエウ・アウベス、そしてインテルで活躍したDFマイコンなど、多くの攻撃的SBを輩出してきたブラジルだが、その系譜を継ぐテレスの獲得に成功すれば、ユナイテッドにとっては念願の最終ラインの補強となるはずだ。 2020.09.29 17:30 Tue
twitterfacebook
thumb

A・ペレイラ、ラツィオ移籍秒読み ターレSD&S・インザーギ監督が認める

マンチェスター・ユナイテッドに所属するブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(24)のラツィオ行きが秒読み段階に入った模様だ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッターで提供した情報によると、2700万ユーロ(約33億3000万円)の買取オプションが付随したローン移籍で合意。選手の給与は両クラブで分担される形となり、今週にもメディカルチェックを受ける見通しだという。 ブラジル人のフットボーラーだったマルコス・ペレイラ氏を父に持ち、ベルギー生まれのA・ペレイラはユナイテッドの下部組織出身。グラナダやバレンシアでの武者修行を経て、2018年にブラジル代表デビュー果たすと、2018-19シーズンからユナイテッドに復帰した。 しかし、公式戦40試合の出場で2得点4アシストをマークした昨季も攻撃的MFとしてのインパクトを欠き、レギュラーの座を射止めるに至らず、今季のここまで消化した公式戦3試合でいずれもベンチすらしていない状況だった。 また、イタリア『スカイ』によれば、ラツィオ側もA・ペレイラの加入間近を認めた模様。スポーツディレクターを務めるイグリ・ターレ氏は「2~3日後に到着するだろう」と述べ、シモーネ・インザーギ監督も「我々の下でうまくやってくれるだろう」と話したという。 2020.09.29 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、望み薄もサンチョ獲得にラストアタック? 移籍金は最大122億円超

マンチェスター・ユナイテッドが、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の今夏獲得にラストアタックを仕掛けるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今夏の移籍市場でサンチョをトップターゲットに定めながらも、ことごとく失敗に終わっていたユナイテッド。その他ウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)やイングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)の獲得も噂されていたものの、前者はレアル・マドリーからトッテナムへレンタル、後者はアストン・ビラと新契約の締結に至っている。 アヤックスからオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(23)の獲得には成功したものの、わずか1名にとどまっている今夏の補強にサポーターも不満を示している模様。 そこで、10月5日の閉幕までにサンチョ獲得に向けて6500万ポンド(約88億3000万円)、ボーナスを含めると最大9000万ポンド(約122億3000万円)に達するオファーを準備しているようだ。 しかし、サンチョは8月に契約を延長したばかり。ドルトムントの最高経営責任者(CEO)を務めるハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏も、しきりに残留を強調してきたが、果たして勝算はあるのだろうか。 2020.09.28 21:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがポルトのブラジル代表DFアレックス・テレスの獲得に迫る

マンチェスター・ユナイテッドが、ポルトのブラジル代表DFアレックス・テレス(27)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 かねてから左サイドバックの獲得を目指しているユナイテッド。レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・レギロンの獲得に動いていたが、トッテナムへと移籍していた。 その後はテレスの獲得を追いかけていたユナイテッドだが、ポルトは1800万ポンド(約24億2700万円)を要求。しかし、ユナイテッドは27歳の選手に対しては高すぎるとし、アヤックスのアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコ(28)にターゲットを変更したとも報じられていた。 そんな中、移籍に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッター(@FabrizioRomano)でユナイテッドがテレス獲得に近づいているとの見解を述べている。 「アレックス・テレスとポルトとの話し合いはまだ続いている。取引はゆっくりしているが、マンチェスター・ユナイテッドは取り組んでいる」 「左サイドバックの選択肢は彼だけではない。しかし、マンチェスター・ユナイテッドは、すぐにポルトとの合意に持っていけると確信しているだろう」 一方で、ユナイテッドに関してはサイドバックよりもセンターバックを補強すべきとの声が挙がっている状況。専門家や解説者は、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフにパフォーマンスに不満。コートジボワール代表DFエリック・バイリーはケガから復帰したが、どのようなパフォーマンスを出せるのかだ。 何れにしても、補強に動いているユナイテッドだが、テレスの獲得はなるだろうか。 2020.09.28 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

値千金PK決勝弾のブルーノ・フェルナンデス「ビッグチームには今日みたいな試合も必要」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが劇的な展開での白星を振り返り、決勝ゴールに繋がった自らのPKシーンにも言及した。 ユナイテッドは26日に敵地で行われたプレミアリーグ第3節でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。3-2で勝利。相手のシュートが5度もクロスバーやポストを叩いたほか、2-2で試合終了のホイッスルが鳴った後のVAR判定でラストプレー時に相手のハンドが認められ、PKのチャンスが巡ってくる運も味方につけ、今季初勝利を手にした。 そのPKのチャンスを確実に決め切り、チームを劇的勝利に導いたB・フェルナンデスは試合後、イギリス『BT Sport』のインタビューで「すごく難しいゲームだった。ブライトンがすごく良いチームで、良いクオリティを持っているのも承知済みだったんだ」と語ると、こう続けた。 「僕らは相手にプレーのスペースを許し過ぎて、思うような形で攻撃的にもいけず、2失点を喫した。僕が許したPKのシーンはもっと早く止めるべきだった。2失点目の場面ももっと良い対応が必要。いくつかのミスを冒したが、ビッグチームには今日みたいな試合も必要になってくる。最後まで信じる気持ちを持っていないとね」 また、後半アディショナルタイム10分に獲得したPKのチャンスにも「試合が終わっても、VARの判定を確認しないといけないとわかっていた。明らかにハンドだったと思う。映像でもチェックしたんだ」と正当性を主張すると、PKのキッカーを務めた場面もついてもクラブ公式チャンネル『MUTV』でコメントした。 「PKが与えられるかもしれないから、すべきことに集中しないといけなかった。もちろん、今日のようなPKのキッカーを務めるときは気持ちの強さも必要。チームメイトが信頼してくれているからね。前にも言ったように、PKは試合の鍵を握るもの。今日もそうで、ゴールを決めることができた。別に僕じゃなくても、ほかの選手でも構わない。どちらにせよ、3ポイントがホームに持ち帰る最高の結果に繋がるわけだからだ」 2020.09.27 10:50 Sun
twitterfacebook