「クラブと話し合う」吉田麻也が自身の去就について語る「長期契約は僕にもクラブにも良いこと」

2020.08.04 11:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、セリエA初挑戦のシーズンを振り返った。サンプドリアは1日、セリエA最終節でブレシアと対戦。吉田は、この試合でもフル出場を果たしていた。試合は1-1の引き分けだった。

今年1月に7年半過ごしたサウサンプトンからレンタル移籍で加入。加入後はなかなか出場機会がなかったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けた中断期間後は全13試合に出場。うち12試合でフル出場を果たし、守備の要としてチームを支えた。

◆吉田麻也、最終節を終えてインタビュー

吉田は、シーズン最終節のブレシア戦後にインタビューを受け、流暢なイタリア語で試合についてコメント。チームがセリエAに残留できたことを喜んだ。

「高温多湿だったため、誰にとってもとても難しい試合でした。でも、幸運にも来シーズンはセリエAでプレーする。これは我々全員にとって最も重要なことです」

「チーム全体、メディカルスタッフ、監督、そして全てのファンに感謝します」

「みんなにとってとても困難な状況であり、僕たちはとても上手くやりました。サンプドリアが、セリエAに残ることができて、とても幸せです」

また、自身初のセリエA挑戦となった半年間についても振り返った。

「これは僕にとって新しい経験でした」

「イギリスで7年間を過ごした後、何か新しいことに挑戦するための変化を求めていました」

また、サンプドリアとの契約が満了を迎える吉田。10試合に出場したため1年間の契約延長という可能性もある一方で、トルコのベシクタシュへの移籍なども囁かれている。

去就についても問われた吉田は、数日中にクラブと話をするとし、落ち着いて見守って欲しいと最後はジェノバ地方の方言を用いながら語った。

「まだ、自分の将来については何も知りません。僕が言えることの1つは、もう1年残る可能性はあるけど、長期契約は僕とクラブにとってより良いことであり、あと数日で僕の代理人と僕はクラブと話し合うことになるだろう」

「全てが完璧に動くことを望んでいます。チャニン、チャニン(冷静に)」
コメント
関連ニュース
thumb

モナコFWケイタ・バルデ、サンプ加入見込み! 3度目のセリエA挑戦

モナコに所属するセネガル代表FWケイタ・バルデ(25)のサンプドリア移籍が決定した模様だ。 バルセロナのアカデミー出身であるケイタ・バルデはラツィオでのプロデビュー後、2017年からモナコでプレー。2018–19シーズンをレンタル先のインテルで過ごした後、昨夏にモナコ復帰を果たすと、公式戦26試合の出場で8得点4アシストの数字を残した。 イタリア『スカイ』によると、ケイタ・バルデのサンプドリア移籍に向けた取引はすべて完了に至り、正式な発表を待つのみの状況。レンタル料100万ユーロのシーズンローンという形でサンプドリア入りとなり、3度目のセリエA挑戦を果たす様相だという。 また、このレンタルには1200万ユーロ(約14億8000万円)の買い取りオプションも付随。総額1300万ユーロ(約16億1000万円)におよぶ取引でのサンプドリア加入になるようだ。 ケイタ・バルデはウイングを主戦場としながらセンターFWやシャドーの位置でもプレー可能なアタッカー。ラツィオ時代に公式戦通算137試合の出場で31得点を挙げ、インテル時代は29試合5得点をマークした。 2020.09.18 11:25 Fri
twitterfacebook
thumb

トリノがサンプドリアDFムッルを買取OP付きレンタルで獲得

トリノは17日、サンプドリアのイタリア人DFニコラ・ムッル(25)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 左サイドバックのムッルはカリアリの下部組織出身。2017年夏にカリアリから900万ユーロの移籍金でサンプドリアに加入し、公式戦89試合に出場して8アシストを記録した。昨季はセリエAで28試合に出場していた。 移籍先のトリノでは新シーズンよりサンプドリア時代に指導を受けていたマルコ・ジャンパオロ監督が指揮を執る。 2020.09.18 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

セルタ、サンプドリアからコロンビア代表DFムリージョを再レンタルで獲得

セルタは16日、サンプドリアに所属するコロンビア代表DFヘイソン・ムリージョ(28)を買取オプション付きのレンタルで再獲得したことを発表した。 母国でプロデビューしたムリージョはグラナダやカディス、ラス・パルマス、インテル、バレンシア、バルセロナでプレーした後、2019年の夏にサンプドリアへレンタル移籍で加入。 サンプドリアではセリエAで10試合の出場に留まっていたが、今冬に1330万ユーロ(約16億5000万円)の買い取りオプションを行使すると、即座にセルタへレンタル。そしてそのセルタでは、レギュラーとしてラ・リーガ18試合に出場していた。 2020.09.17 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア屈指の左足を持つガッビアディーニのロケットFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、サンプドリアの元イタリア代表FWマノロ・ガッビアディーニが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆イタリア屈指の左足を持つガッビアディーニのロケットFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDdklIelZKSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2019年1月に加入したサンプドリアで日本代表DF吉田麻也ともに主力を張っているガッビアディーニだが、2013-14シーズンにもサンプドリアに在籍。2013年9月1日に行われたセリエA第2節のボローニャ戦では、素晴らしいFKを決めている。 1-2と1点ビハインドで迎えた71分、サンプドリアはバイタルエリア右でFKを獲得する。ゴールまでの距離はあったものの、ガッビアディーニが左足を振り抜くと、鋭く変化したシュートがゴール右へ。相手GKの手を弾きながらゴールネットを揺らした。 サンプドリアには2013-14シーズン途中にシニシャ・ミハイロビッチ監督(現ボローニャ)が就任。ガッビアディーニは、左足のフリーキックやストライカーとしての強靭なメンタルを植え付けられ、イタリア代表に招集されるレベルのプレーヤーに成長した。 2020.09.12 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

助走が特徴的!元スイス代表ツィークラーがイタリア時代に見せた直角FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、メジャー・リーグ・サッカー(MLS)のFCダラスに所属する元スイス代表DFレト・ツィークラーがサンプドリア時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ツィークラーがイタリア時代に見せた直角FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoRU4wSjg0eiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スイスのグラスホッパーズでプロキャリアをスタートさせたツィークラーは、2007年に加入したサンプドリアでブレイク。主に左サイドバックとして在籍4年半で公式戦155試合に出場し5ゴール15アシストを記録した。 そんなツィークラーは、2010年10月17日に行われたセリエA第7節のフィオレンティーナ戦では見事な直接FKを決めている。 0-1の1点ビハインドで迎えた81分、サンプドリアはバイタルエリア右でFKを獲得する。ゴールまではいささか距離があったものの、キッカーのツィークラーはほぼ真横からの助走から思い切り左足を振り抜いた。 フィオレンティーナの壁が2枚しかいなかったこともあり、壁を越えたシュートは鋭いカーブ回転がかかり、ゴール右へ吸い込まれるように入っていった。 このゴールで同点に追いついたサンプドリアは直後に勝ち越しの決勝ゴールを記録。終盤の連続ゴールで勝利をもぎ取った。 2020.09.09 06:00 Wed
twitterfacebook