「クラブと話し合う」吉田麻也が自身の去就について語る「長期契約は僕にもクラブにも良いこと」

2020.08.04 11:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、セリエA初挑戦のシーズンを振り返った。サンプドリアは1日、セリエA最終節でブレシアと対戦。吉田は、この試合でもフル出場を果たしていた。試合は1-1の引き分けだった。

今年1月に7年半過ごしたサウサンプトンからレンタル移籍で加入。加入後はなかなか出場機会がなかったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けた中断期間後は全13試合に出場。うち12試合でフル出場を果たし、守備の要としてチームを支えた。

◆吉田麻也、最終節を終えてインタビュー

吉田は、シーズン最終節のブレシア戦後にインタビューを受け、流暢なイタリア語で試合についてコメント。チームがセリエAに残留できたことを喜んだ。

「高温多湿だったため、誰にとってもとても難しい試合でした。でも、幸運にも来シーズンはセリエAでプレーする。これは我々全員にとって最も重要なことです」

「チーム全体、メディカルスタッフ、監督、そして全てのファンに感謝します」

「みんなにとってとても困難な状況であり、僕たちはとても上手くやりました。サンプドリアが、セリエAに残ることができて、とても幸せです」

また、自身初のセリエA挑戦となった半年間についても振り返った。

「これは僕にとって新しい経験でした」

「イギリスで7年間を過ごした後、何か新しいことに挑戦するための変化を求めていました」

また、サンプドリアとの契約が満了を迎える吉田。10試合に出場したため1年間の契約延長という可能性もある一方で、トルコのベシクタシュへの移籍なども囁かれている。

去就についても問われた吉田は、数日中にクラブと話をするとし、落ち着いて見守って欲しいと最後はジェノバ地方の方言を用いながら語った。

「まだ、自分の将来については何も知りません。僕が言えることの1つは、もう1年残る可能性はあるけど、長期契約は僕とクラブにとってより良いことであり、あと数日で僕の代理人と僕はクラブと話し合うことになるだろう」

「全てが完璧に動くことを望んでいます。チャニン、チャニン(冷静に)」
コメント
関連ニュース
thumb

サンプドリアがラツィオに快勝で今季初の連勝! フル出場の吉田はインモービレ不在の攻撃陣完封に貢献《セリエA》

セリエA第4節、サンプドリアvsラツィオが17日に行われ、ホームのサンプドリアが3-0で快勝した。なお、サンプドリアのDF吉田麻也は先発フル出場した。   連勝を狙うサンプドリアと、開幕戦以来の勝利を目指すラツィオの一戦。サンプドリアでは吉田が2試合連続スタメンとなり、古巣対戦のカンドレーバやクアリアレッラが同じく先発に入った。一方、ラツィオは出場停止のインモービレなど、一部主力を欠いての戦いとなった。   格上相手に集中した入りを見せたサンプドリアは左サイドバックのアウジェッロが高い位置を取りながら効果的な攻撃への絡みを見せる。すると、前半半ば過ぎの32分にはそのアウジェッロが深い位置で上げた浮き球のクロスをゴール前のクアリアレッラが頭で合わせ、先制点を挙げる。さらに、41分にはセットプレーのこぼれ球に反応したアウジェッロがボックス手前から左足アウトにかけた見事なミドルシュートをゴール左下隅に突き刺し、セリエA初ゴールまで決めてみせた。   格下相手にまさかの2点ビハインドを背負ったラツィオは、60分までに4枚の交代カードを切るなど、選手交代で流れを変えにかかるが、吉田とトネッリのセンターバックコンビ、守護神アウデーロを中心とするサンプドリア守備陣の粘りの対応に遭い、なかなか決定機をモノにできない。   一方、守勢が続きながらも虎視眈々とカウンターで3点目を狙うホームチームは74分、ヴェッレ、ダムスゴーアの途中出場の2選手が相手ボックス内でのボール奪取からのショートカウンターからダムスゴーアが技ありのシュートを決め切った。   その後、最後まで集中力を切らさずにラツィオの攻撃陣を完封したサンプドリアが、今季初の連勝を飾った。敗れたラツィオは1-4で敗れたアタランタ戦に続く今季2敗目となった。 2020.10.18 06:45 Sun
twitterfacebook
thumb

攻撃でも貢献!吉田麻也が新天地サンプドリアで決めた絶妙アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はサンプドリアの日本代表DF吉田麻也が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆吉田がサンプドリアで記録した絶妙アシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnTHl1c3JjUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた吉田麻也は2012年夏にVVVフェンロに移籍し海外挑戦。その後サウサンプトンに加入し、プレミアリーグでDFとして長く活躍した。 2020年1月からはサンプドリアに活躍の場を移している吉田だが、2020年7月12日に行いましたセリエA第32節のウディネーゼ戦では、見事なフィードで味方をお膳立てしている。 先制を許しながらも逆転に成功し、サンプドリアが2-1とリードして迎えた94分、ハーフウェイライン上でサンプドリアがFKを得る。するとキッカーの吉田が前線のFWマノーロ・ガッビアディーニに向けてロングフィード。 これがちょうど相手DFの頭上を越え、ガッビアディーニにピンポイントで収まると、そのままシュート。ゴール左にしっかりと決め、止めとなる3点目を決めた。 試合は終了間際の得点でウディネーゼを突き放したサンプドリアが3-1で勝利している。 2020.10.14 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

吉田麻也、コートジボワールの印象は「全体的にクオリティが高い」 警戒も「ぶつかっていきたい」

サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也がコートジボワール代表の印象を語った。 今月の代表ウィークで約10カ月ぶりの活動として、オール海外組でオランダ遠征を実施中の日本代表。その活動の1試合目となる9日に行われたカメルーン代表との国際親善試合は0-0のドローという結果に終わった。 吉田はチームが前後半で4バック、3バックを試運転するなか、最終ラインの砦としてフル出場。守備者としては合格の無失点という結果をもって、13日に行われるコートジボワール代表との国際親善試合を迎える。 しかし、カメルーン戦で「もう少し効果的に守備をはめていかないとキツいんじゃないか」と感じたという吉田は12日に応じたメディアの取材でヨーロッパの第一線でプレーする選手も多いコートジボワールに警戒した。 そのコートジボワールはFIFAランキングこそ60位だが、今回の代表ウィークでアーセナルのFWペペやクリスタル・パレスのFWウィルフリード・ザハ、ミランのMFフランク・ケシエ、トッテナムのDFセルジュ・オーリエら欧州の強豪に所属する実力者を招集している。 吉田は「相手も監督が代わってまだ2試合目で、探り探りだと思う」と相手の現状を分析したが、「監督が代わった後はどんなチームも全選手がモチベーションを高く持って、戦ってくる」と警戒心を強め、不足のない相手に対して意気込みを語った。 「アフリカ勢で突出してヨーロッパでプレーしている選手が多く、経験が豊富な選手もいる。もちろん、能力の高い選手がいるのもわかっているが、コンディションが良い状態で試合ができるというのは僕らからすれば、なかなかない絶好のチャンスだと思う。やりたいこと、やれること、色々なトライをして、ぶつかっていきたい」 そう話した吉田は現所属先のサンプドリア加入が決まる前までプレミアリーグが主戦場。「ザハ、ペペという2人の選手はクオリティが非常に高い」とかつて敵チームとして凌ぎを削った2選手の名を挙げたが、「ザハが出ないという話もあって、どうなるかわからないが、全体的にクオリティが高い」とチーム力のある相手との印象も続けた。 そんな強敵との一戦に向けたポイントにも言及。「カメルーンもクオリティが高かったが、それ以上に精度が高い。1試合目は僕らも単純なミスが多かったので、もっとディテールをこだわっていかないと、次の試合はそういう簡単なミスで相手にチャンスを作らせて、苦しくなると思う」と気を引き締めた。 また、「相手はすごく良い相手で、タフな相手。緊張感のあるなかでトライできるというのはより実践に近い形で試せるんじゃないかと思う」とも語り、強化に期待した吉田。今回のオランダ遠征を勝ちなしで終われない日本の次戦は次のステップに向かうためにも重要なものになりそうだ。 2020.10.12 19:25 Mon
twitterfacebook
thumb

約1年ぶりの実戦でクリーンシートのDF吉田麻也、システム変更やカメルーンとの対戦は「非常に大きな強化になった」

9日、国際親善試合の日本代表vsカメルーン代表がオランダ・ユトレヒトで行われ、0-0の引き分けに終わった。 約1年ぶりの実戦となった日本代表。2019年に行われたコパ・アメリカのチリ代表戦以来の先発出場となったDF吉田麻也(サンプドリア)が試合後に取材に応じた。 久々の実戦ながら、前半は[4-2-3-1]、後半は[3-4-2-1]と2つのシステムを試した日本代表。吉田は2つのシステムで戦ったことについて「3バックについては監督もずっとやりたいと話されていましたし、試合前にも試そうかという話はしていたので、準備はしていました」と頭の中にはあったとコメント。「久しぶりの代表ということもあって、良かった点もたくさんあったと思いますけど、もっともっと擦り合わせなければいけない部分もあったと思います」とし、久々で難しい部分もあったと語った。 一方で「ただ、こういうフレンドリーマッチを開催できて、しかもなかなか日本代表が対戦できない非常に良いコンディションのアフリカのチームと対戦できたことは意義があったと思います」とコメント。「最初のプレーから非常に良いチームだと感じたので、とても意義のある試合だったと感じました」とコンディションが整っているアフリカ勢との対戦が貴重な場だったと語った。 しかし、試合はチャンスがありながらもゴールを決め切れずにゴールレスドローに。その点での課題については「強い相手と戦っていく中で、本大会だったりと考えると、チャンスをそんなに多く作れない中で、数少ないチャンスを生かせることが大事だと思います」とコメント。自分たちの守備については「後ろは今日はできましたけど、苦しい試合をゼロで抑えて少ないチャンスを待つということが大事です。実際に今日も少なかったですけど、チャンスはあったので、そこを決め切れればというのもあります」と語り、まずは自分たちが無失点に抑えることで勝利を呼び込みたいと語った。 そのカメルーン代表との一戦はとても重要だったと語る吉田。「久々の代表でコンビネーションだったりやり方だったり、チームと全く違うやり方という選手もいると思います。そういう中で2つのフォーメーションを試す、新しい選手を試せた、強い相手とできたということは、チームとしては非常に大きな強化になったと思います」とし、大きな意義があったとコメント。「個人的には約1年ぶりの日本代表の試合で、本当に楽しかったですし、あっという間に90分が終わりました」と、自身は楽しんでプレーできたと感想を述べた。 前半と後半では、システム変更に伴い戦い方が変わった日本。「前半は相手もしっかりボールを回してビルドアップする良いチームだったので、前半は攻撃陣はフィジカル的にインテンシティが高くなってしんどかったかなと思います」と吉田が前半を振り返った。 一方、「逆に後半は前から行ったことによって、後ろがスライドする距離が長くなったり、マンマークの時間が長くなって大変だったんですけど、よく修正して良い形で後半巻き返せたと思います」と後半を評価。「高い位置でボールを奪ってフィニッシュまで持っていくのは3バックの特徴だと思うので、そこはもう少しできたら良かったです」と意欲を燃やした。 また「まだまだ3バックに関しては、全体的に動きの質を変えていかないといけないですし、4バックでうまくいかなかった時にこういったオプションを持っているということは、チームとして幅ができると思います」とし、両方のシステムで戦えるようになるべきだとコメント。「3バック、4バックにこだわるというか、大きくテーマを2つに割るというよりは、臨機応変にやりたいと思います」とし、「ザックさんの時は3バック、4バックが際立ってしまって上手くいかなかったというのがあるので、そこを上手く使えるようになりたいです」と過去の経験からも、両方の良さをしっかりと出したいと語った。 今回は全員がヨーロッパでプレーしている日本代表。史上初の出来事となるが、アフリカ勢と渡り合えることが普通になりつつある。吉田は、「後ろは経験がある選手が多くて、冨安が今まさに新たにチャレンジしていると思いますけど、酒井宏樹に関してはフランスはアフリカの選手が多いので、慣れているなと感じました」と最終ラインの出来を振り返った。また、「僕も長くヨーロッパでやって色々なタイプの選手とやっていますし、冨安も良い経験を踏んでの試合だったので、落ち着いて対応できたと思います」とし、21歳ながら守備を任されている後輩を褒めた。 しかし、反省はあるようで、「こういう相手とやっても十分戦えるんだなと思いましたけど、もう少し連携を良くしたいです。3バックで大事なのは、両ウイングの選手がいかに前に行けるか、逆サイドがどう絞るかが大事だと思うので、そこはもう少しうまくできたら、効率的にボールを奪えると思います」とし、すでに修正に向けたプランが立っているようだ。 2020.10.10 02:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「仮に僕が監督でも好んで使うようなタイプ」キャプテン吉田麻也、CBコンビを組む可能性の冨安健洋を評価

日本代表は5日、オランダのユトレヒトでトレーニングキャンプをスタート。トレーニング前に、DF吉田麻也(サンプドリア)がメディアの取材に臨んだ。 昨年12月以来の代表活動となる日本代表。今回はオランダでカメルーン代表、コートジボワール代表との国際親善試合を戦う。 昨年11月以来の代表合流となった吉田は、この難しいコロナ禍での代表活動について「僕を含めて、みんなが待ちに待った代表戦です。選手もスタッフも協会も、そして一番にファンのみなさんも待ち望んでいた試合だと思います」とコメント。「僕自身は選出されてすごく嬉しいですし、やっと日本代表としてもう一度活動できることは心の底から嬉しいです」と代表活動が再開できたことを喜んだ。 一方で、「ただ、こういう状況ですし、日本で団体競技として、日本代表としての活動として、スポーツの中でサッカー日本代表が初めて活動することで、いろいろなことで一番注目されると思うので、良い形で成功を収めて、少しずつスポーツが本来の姿を取り戻せるようにしたいです」と多くの注目を集めると語り、「その分責任は大きいと思いますし、ピッチ内外で自分たちがやらなければいけないことに集中したいと思います」と気を引き締めた。 日本代表ではセンターバックのコンビとして、同じセリエAでプレーするDF冨安健洋(ボローニャ)と組む可能性が高い。冨安について吉田は「21歳という年齢を考えれば、非常にポテンシャルが高く、身体的にも恵まれて、考え方もしっかりしていて早熟だなと。仮に僕が監督でも好んで使うようなタイプの選手だと思います」と高く評価していることを明かした。 また、「若くて可能性のある選手という意味ではみんなに期待されていますが、その期待を良い力に変えてもらいたいですし、これから次のステップ、次の次のステップに行くと思うので、そこで結果を出せるかどうかだと思います」とまだまだステップアップできるとコメント。「今の状況では良い選手だと思いますし、僕も良い選手だと感じています。結果を1つずつ出して行くこと、経験を積むことが大事だと思います」とし、極端な期待を掛けないで着実に成長して欲しいと語った。 今回の代表活動では、FW岡崎慎司(ウエスカ)、DF長友佑都(マルセイユ)の不参加が決定。吉田はキャプテンだけでなく年長者としてのチームを牽引する必要がある。 その中で若手に期待することについては「冨安に限らずですけど、若くて代表経験が少ない選手が多いですが、僕が伝えるというよりは各々が感じてほしいですし、僕たちは感じ取れる雰囲気を作ることが大事だと思います」と東京五輪世代の選手たちに、積極的に多くのことを感じてもらいたいと語った。 また「岡崎選手、長友選手が来れなくなったので、僕がやらなければいけないことが多くなったと思います。そういったことを初日からやっていきたいですし、必要であればいろいろなことをディスカッションできることをしたいですし、情報交換をいろいろな選手としたいと思います」と語り、将来の日本代表を背負う選手たちに経験を伝える役割を担うと語った。 今年1月から長年過ごしたサウサンプトンを離れ、サンプドリアへと加入。自身初のセリエAを経験している真っ只中だ。新シーズンも始まった中、サッカーの違いについても吉田は語った。 「サッカーの運動量のインテンシティはイギリスの方が圧倒的にありましたが、ゴール前のクオリティはイタリアの方がある。僕は基本的にFWと対峙しますが、彼らは動かないのにワンチャンスを決めきる集中力と決定力がある。イタリアでは、それで結果を出せば認められるのかなと思います」 「ディフェンダーとしてはイギリスの時ほど前に前にインターセプトするよりは、ボックスでしっかりと止めることが求められると思っています」 新天地でも守備の要としてプレーしている吉田。さらに成長している中で、今回の合宿については「前回からかなり時間が空いていますし、短い時間なので難しいと思いますが、1回1回のトレーニングを濃いものにしていないといけないです。ピッチ内外で濃度を濃くしなければいけないと思っています」とコメント。「そういった意味では今回の活動は個人としてもチームとしても大事なものになります。1秒1秒チームの底上げになるように時間を費やしていきたいなと思います」と語り、来年3月のワールドカップ予選に向けても、個人としても成長したいと意気込んだ。 2020.10.05 22:10 Mon
twitterfacebook