低迷トリノ、たった7試合でミランを解任されたジャンパオロ氏を招へいへ

2020.08.02 21:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノが、新シーズンに向けた指揮官にマルコ・ジャンパオロ氏(53)を招へいする予定のようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』など、複数メディアが報じている。

ジャンパオロ氏は、カリアリやシエナ、カターニャ、ブレシアなどを指揮。昨シーズンまでサンプドリアを指揮すると、今シーズンからミランの監督に就任していた。

しかし、開幕戦でウディネーゼに敗れると7試合で3勝4敗と成績が安定せず。10月に解任されて以降はフリーとなっていた。

報道によるとトリノは2年契約を提示しているとのこと。一方で、ジャンパオロ氏はミランとの契約を解除する必要がある。

トリノは今年2月にワルテル・マッツァーリ監督を解任。モレノ・ロンゴ氏を招へいしたが、3勝3分け9敗と結果を残せていなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

トリノ、ミラン解任のジャンパオロ氏を招へい

トリノは7日、新シーズンに向けマルコ・ジャンパオロ氏(53)の招へいを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間で、年俸は150万ユーロ(約1億8700万円)となっている。 ジャンパオロ氏は、カリアリやシエナ、カターニャ、ブレシアなどを指揮。昨シーズンまでサンプドリアを指揮すると、2019-20シーズンはミランの監督に就任していた。 しかし、開幕戦でウディネーゼに敗れると7試合で3勝4敗と成績が安定せず。10月に解任されて以降はフリーとなっていた。 トリノは今年2月にワルテル・マッツァーリ監督を解任。モレノ・ロンゴ氏を招へいしたが、3勝3分け9敗と結果を残せていなかった。 2020.08.08 01:00 Sat
twitterfacebook
thumb

来季EL出場権確保のローマ指揮官がトリノ戦を総括「スピリットとハングリー精神を示しめした」

ローマのパウロ・フォンセカ監督が29日に敵地行われたセリエA第37節のトリノ戦を総括した。クラブ公式サイトが伝えている。 14分にMFアレハンドロ・ベレンゲルに先制点を許したローマだったが、16分に細かく繋いだボールをエースのFWエディン・ジェコが同点弾。23分には左CKからDFクリス・スモーリングがヘディングシュートを決めて逆転に成功する。 1点リードで迎えた61分にはジェコが獲得したPKをMFアマドゥ・ディアワラが決めて、突き放すも、トリノは65分にDFウィルフリード・ステファン・シンゴが反撃。それでも、3-2で逃げ切り、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権を確保した。 フォンセカ監督は試合後、「我々はフィニッシュの場面でのパスや、シュートチャンスをたくさん作った。我々は3ゴールを記録したが、より多くの得点をするチャンスがあったのは事実だ」と語り、得点チャンスを活かしきれていなかったと反省点を述べた。 ローマはセリエAの全日程が終了後、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16でセビージャと対戦予定。ELで躍進するために何が必要かと問われ、「メンタル面が大事である」と語った。 「我々のファンは勝利を望んでいる。我々も勝ちたいと思っているが、簡単ではないことを理解していなければいけない。この大会で何度も優勝している相手と対戦する」 「まだ、素晴らしいチームがたくさん勝ち残っているけど、セビージャ戦に焦点を当てなければいけない。その後、何が起こるかを確認する必要がある」 「この数週間、チームは私が好きなスピリットとハングリー精神を示してくれている。我々はシステムを変更し、上手くプレーした。よりアグレッシブで、支配的だった。今日も勝つことに値した」 2020.07.30 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマの5位が確定!来季ELストレートインが決定《セリエA》

ローマは29日、セリエA第37節でトリノとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 来季のヨーロッパリーグ出場を決めているものの、予選免除の本戦ストレートインができる5位を死守したいローマが、16位トリノのホームに乗り込んだ一戦。 直前に6位ミランがサンプドリアに勝利したことで暫定ながら1ポイント差とされたローマは、この試合を勝利すれば最終節を前に5位確定となる中、前節負傷したペッレグリーニを除いてほぼベストメンバーで臨んだ。 慎重な入りを見せた中、8分に決定機。ロングフィードに抜け出したスピナッツォーラがボックス左に侵入。しかし、GKとの一対一をウィカニに止められてしまった。 すると14分、ローマは失点する。ザザのスルーパスでGKと一対一となったベレンゲルに決められた。 それでも16分、ローマがすかさず追い付く。ムヒタリアンのダイレクトパスをボックス中央で受け、冷静に左足で流し込んだ。 さらに24分、カルレス・ペレスの左CKからファーサイドのスモーリングがヘッドでゴールに押し込み、ローマが逆転に成功した。 ハーフタイムにかけてはローマが試合をコントロール。37分にはコラロフの直接FKがポストに直撃した中、2-1で前半を終えた。 迎えた後半、60分にジェコがPKを獲得したローマは、このPKをディアワラが決めて3-1。 しかし66分、シンゴにゴールを許して1点差とされたローマは、75分にザニオーロを投入。 カウンターで牽制しつつ時間を進め、3-2で勝利。ローマが最終節を前に5位を確定させ、EL本戦ストレートインを決めている。 2020.07.30 06:48 Thu
twitterfacebook
thumb

ゴディンは逆転でのスクデット諦めず 「ユーベに近づくためすべての試合に勝つ」

インテルに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンは、逆転でのスクデット獲得を諦めていないようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 13日に行われたセリエA第32節でトリノをホームに迎えたインテル。17分にGKサミール・ハンダノビッチのファンブルから先制を許すも、後半立ち上がりの48分にDFアシュリー・ヤングが同点ゴールを奪うと、直後の51分には左CKの流れからゴディンが頭で押し込み逆転。その後、FWラウタロ・マルティネスがゴールを重ねて、3-1の逆転で3試合ぶりの勝利を飾った。 この勝利により、ラツィオとアタランタを抜いて2位に浮上したインテルだが、首位ユベントスとの実質的な勝ち点差は9ポイント。逆転でのスクデット獲得には依然として厳しい状況だ。 しかし、決勝点となるセリエA初ゴールを挙げた殊勲のゴディンは試合後、イタリア『スカイ』のインタビューで、逆転でのスクデット獲得が可能だとの見解を示した。 「不振に陥っている際にはどんな形でも勝つことが重要なんだ。試合は予期せぬ形で始まった。ただ、ミスを悔やむつもりはない。ただ、そこから学び、健全な形で自己批判を繰り返していくだけだ」 「僕たちは2位に留まるチャンスを得た。このポジションを守るために全力を尽くすよ。さらに、ユベントスに近づくためにも、すべての試合に勝つことを考えなければならない。一試合一試合に集中し、その後の行方を見守るつもりさ」 また、高年俸を受け取りながらも思ったほどの出場機会を得られていないこともあり、ゴディンに関しては今夏の退団の可能性が取り沙汰されている。しかし、ウルグアイ代表DFはその噂を一蹴している。 「ポジティブなレベルを保てている。ヴェローナ戦でも良い感じだったし、今夜もね。監督から求められたときはいつでもチームを助けられるように全力を尽くしている」 「ピッチ内外でチームを助けるためにここへ来たんだ。僕はどこにいても常に勝利のメンタリティを持ってきたし、いつでもポジティブに働ける能力を備えている」 「インテルとは3年契約を結んでいるし、ここに留まり、インテルと共に何か素晴らしいことを成し遂げたい」 2020.07.14 20:05 Tue
twitterfacebook
thumb

2位浮上のコンテ監督、チームの戦いぶりに手応え! ミスの守護神も擁護

インテルのアントニオ・コンテ監督が、3-1で快勝したトリノ戦のパフォーマンスに満足感を示した。 13日に行われたセリエA第32節でトリノをホームに迎え入れたインテル17分にGKサミール・ハンダノビッチのファンブルから失点。しかし、後半立ち上がりの48分にDFアシュリー・ヤングが同点弾を奪うと、DFディエゴ・ゴディン、FWラウタロ・マルティネスが立て続けにゴールを収めて、3試合ぶりの勝利を手にした。 上位争いを演じるラツィオとアタランタが勝ち点を取りこぼしたため、2位に浮上したインテル。コンテ監督は試合後、イタリア『スカイ』でベルギー代表FWロメル・ルカクが不在下の戦いぶりに満足感を示し、珍しくファンブルで失点に絡んだハンダノビッチを擁護した。 「選手たちは非常にうまく試合に入った。CKから失点してしまったが、サミールのミスはセンセーショナルだったと思う。彼はほとんどミスをしない。全体的に我々が試合を支配した。あの失点が我々をナーバスにさせ、問題を引き起こしたかもしれないが、その後に2ゴールを挙げられて良かった」 「今は以前よりも前に人数をかけて攻撃に出ている。結果は努力の賜物だ。そうでなければ、私はがっかりする。最近は過度な罰も受けてきたが、正しい道を進んでいる。攻撃的なサッカーをして、相手のボックス内で相手の脅威になるプレーができている」 また、スクデット争いから遠ざかる状況を受け、進退も騒がれ始めているが、自らのインテルでの将来について今後も続く自信を示した。 「私は3年間のプロジェクトでインテルに呼ばれた。彼らを本来のあるばき場所に戻すためにね。そうなると、必然的に時間がかかる。私自身は熱意を持ってここにやって来た。信念だってある」 「3年間のプロジェクトを始め、あと3年間の契約が残っている。その後は彼らが契約延長を望むかどうかだ。今の状況に満足しているし、まだ先も長い。彼らが満足していないのなら、私は身を引くのを躊躇しない」 2020.07.14 13:15 Tue
twitterfacebook