FA杯優勝に導く2発のオーバ、去就訊かれるも濁す 「今はみんなと喜び合いたいだけ」

2020.08.02 10:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(31)がFAカップ優勝後、去就にコメントした。アーセナルは1日に行われたFAカップ決勝でチェルシーと対戦して、2-1の逆転勝利。開始早々にリードを許したが、エースのオーバメヤンが前後半に1点ずつを挙げ、チームのFAカップ史上最多14度目となる優勝に大きく貢献した。

◆アーセナルのトロフィーリフト!14度目のFAカップ優勝

アーセナルとの現行契約が2021年までということもあり、移籍の憶測が加熱するなか、チームをタイトルに導いたオーバメヤン。試合後、イギリス『BT Sport』で騒がれる去就を訊かれると、明言を避け、こう述べた。

「今は本当に何も考えていない。トロフィーを勝ち獲った今をみんなと一緒に喜び合いたいだけ。今日は誰もがベストを尽くしたと思う。優勝に値した。長い旅路で、素晴らしい夜。間違いなく徹夜でエンジョイすると思う」
コメント
関連ニュース
thumb

ここ5戦で4勝目のアーセナル、指揮官アルテタ「総じて満足」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が結果、内容ともに満足感を示した。イギリス『BBC』が報じている。 11位のアーセナルは18日に行われたプレミアリーグ第19節で15位のニューカッスルと対戦。3-0の勝利で飾った。 これでここ5試合負けなしの4勝目。公式戦でも6試合無敗と巻き返すアルテタ監督は試合後、手応えを口にした。 「本当に総じて満足だ。本当にポジティブなパフォーマンスだった」 「集団としても、個人としても、最初のホイッスルが鳴った瞬間から本当にソリッドで、説得力も感じられたよ」 「1点目を奪うのに予想より少し時間がかかったが、チームがプレーとともに示したケミストリー、結束、リズムは私の好むものだった」 2021.01.19 08:45 Tue
twitterfacebook
thumb

後半の3発でアーセナルがニューカッスルに快勝、ここ5試合で4勝目《プレミアリーグ》

アーセナルは18日、プレミアリーグ第19節でニューカッスルをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節クリスタル・パレス戦をゴールレスドローで終え、連勝が3で止まった11位アーセナル(勝ち点24)は、ティアニーが負傷から復帰し、前節途中出場で復帰していたパルティが先発となった。 今月、FAカップでも対戦した15位ニューカッスル(勝ち点19)に対し、最前線にラカゼット、2列目に右からサカ、スミス=ロウ、オーバメヤンと並べたアーセナルがややポゼッションで上回る中、15分にチャンス。ボックス右で仕掛けたサカのシュートはGKのセーブに阻まれ、ルーズボールを押し込みにかかったオーバメヤンのシュートは左ポストに直撃した。 27分にもカウンターからボックス左に侵入したスミス=ロウのマイナスクロスをオーバメヤンがシュートに持ち込んだアーセナルだったが、ハーフタイムにかけては自陣に引くニューカッスルを崩せずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、開始2分にラカゼットがオンターゲットのシュートを記録したアーセナルが良い入りを見せると、50分に先制する。オーバメヤンがドリブルを仕掛けてボックス左に侵入。スピードに乗ったまま左足で豪快にシュートを決めきった。 さらに61分、スミス=ロウの個人技から加点する。左サイドでボールを受けたスミス=ロウがドリブルでボックス左へ侵入し、マイナスにクロス。これをフリーのサカが難なく蹴り込んだ。 2点のリードとして余裕の展開としたアーセナルは、77分に決定的な3点目を奪う。敵陣高い位置でボールを奪った流れから、セドリックが右サイドゴールライン際からクロスを入れ、オーバメヤンがダイレクトで押し込んだ。 そのままニューカッスルに何もさせなかったアーセナルが3-0で快勝。ここ5試合で4勝目と好調を維持している。 2021.01.19 06:49 Tue
twitterfacebook
thumb

復調アーセナル…アルテタ監督はジャカに期待「まだ成長できる」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、スイス代表MFグラニト・ジャカに期待を寄せている。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 昨年11月からプレミアリーグ7試合未勝利と不調だったものの、現在は4試合無敗と勢いに乗りつつあるアーセナル。2試合ぶりの勝利を目指して、18日に行われる第19節でニューカッスルとホームで対戦する。 そんな好調のチームを中盤で支えるのがジャカだ。同選手は第12節のバーンリー戦で一発退場処分に。その際にはアルテタ監督も非難していたが、第15節のチェルシー戦で復帰すると、1得点を挙げて勝利に貢献。チームはそこから3連勝を収め、中位にまで順位を上げてきた。 そうしたなか、ニューカッスル戦の前日会見に出席したアルテタ監督は中盤で存在感を放つジャカを称賛。今後の活躍に期待を寄せた。 「レッドカードを受けた後、彼は困難な状況にあった。我々は彼をチームリーダーの1人として、彼がいるべき場所に彼を引き戻す必要があった。クラブに安定性と存在感を与えてくれる」 「彼は戻ってきてから驚異的な活躍をしていると思う。パレス戦では本当に重要な瞬間があった。そして、彼はまだ若い。さらなる進化が期待できる選手だ。本来の姿に戻ってきてくれたことは素晴らしいね」 2021.01.18 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

エジルのフェネルバフチェ移籍秒読みに! イスタンブールに到着

アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)の移籍がいよいよ現実味を帯びている。 エジルは17日、自身のツイッター(@Fenerbahce)に家族とともに飛行機に搭乗した姿の写真をアップ。フェネルバフチェも公式ツイッター(@MesutOzil1088)を通じてその旨を明らかにすると、数時間後にイスタンブール到着も報告した。 また、エジル自身はトルコ『NTV』のインタビューでフェネルバフチェ入りに喜びの心境を明かしている。 「すごく幸せだよ。僕はフェネルバフチェのファン。神がフェネルバフチェでプレーするのを望んだのさ。誇りに思う。このクラブでプレーする機会を授けてくださった神に感謝する。誇りを持って、シャツを着るよ」 エジルは今季、ミケル・アルテタ監督の下で構想外に。今冬、7年半を過ごすアーセナルからの退団が取り沙汰され、先日に早期移籍を目指して、2021年6月30日まで残る契約の解除でアーセナルと基本合意に達したと報じられた。 なお、トルコ『Fanatik』によると、フェネルバフチェとは3年半契約を結ぶ模様。長らく注目されてきたエジルの動向だが、ついに決着のときを迎えそうだ。 2021.01.18 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

エジル、ついに移籍か…アーセナルと早期契約解除で基本合意

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)に移籍の準備が整ったようだ。 今季、ミケル・アルテタ監督の構想から完全に外れ、ピッチから遠ざかる日々が続くエジル。移籍市場がオープンした今冬、アメリカやトルコが新天地候補に挙がり、7年半を過ごすアーセナルからの退団が取り沙汰されている。 そのなかで、早期移籍を望むエジルがアーセナルと2021年6月30日まで残る契約の解除を求めて、交渉を開始したとも報じられ、行く末が注目の的に。イギリス『The Athletic』によれば、その話し合いの決着がついたという。 『The Athletic』のデイビッド・オーンステイン氏によると、エジルとアーセナルは早期の契約解除で基本合意。エジルは現行契約を全うすれば手にできた残り給与700万ポンド(約9億8000万円)を放棄しての移籍になる模様だ。 そして、移籍先に目されるのはこれまでも幾度となく噂に挙がった自身のルーツでもあるトルコの名門フェネルバフチェ。すでに個人合意に達しており、今週末にも移籍を完了すべく、渡航する見込みだという。 エジルは2013年夏にレアル・マドリーからアーセナルに加わり、絶対的司令塔として公式戦通算254試合44得点77アシストを記録。チームを4度のFAカップ優勝に導いた。 2021.01.16 21:20 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly