名古屋に痛手 米本拓司が左第3腰椎横突起骨折で約4週間の戦線離脱

2020.08.02 08:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスが1日、MF米本拓司の戦線離脱を報告した。

今季のここまで明治安田生命J1リーグ6試合に出場する米本は7月22日に行われた第6節の大分トリニータ戦で負傷交代。検査の結果、左第3腰椎横突起骨折で約4週間の治療期間を要する見込みだ。

名古屋は1日に行われた第8節の柏レイソル戦を0-1で落として、今季初黒星。5日に行われる次戦、YBCルヴァンカップグループA第2節に挑み、清水エスパルスのホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

新型コロナの影響で急遽中止の広島vs名古屋の代替開催日が決定!

Jリーグは4日、新型コロナウイルスの影響により、急遽中止となった明治安田生命J1リーグ第7節のサンフレッチェ広島vs名古屋グランパスの代替日程を発表した。 同試合は当初、7月26日(日)にエディオンスタジアム広島(18時キックオフ)で開催予定だったが、新型コロナウイルスの検査で名古屋のチーム内で3名の陽性反応者が確認されたことを受け、感染防止の観点から試合当日に開催中止が発表されていた。 なお、今回発表された代替日程に関しては、日付が11月11日(水)に決定しているものの、試合会場およびキックオフ時間は未定だ。 そのため、試合開催に向けた詳細はその他の試合日程と同様に、10月初旬の発表を予定しているという。 2020.08.04 17:32 Tue
twitterfacebook
thumb

オルンガ4戦連発の柏が4連勝! 4戦ぶり失点の名古屋は今季初黒星…《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節、名古屋グランパスvs柏レイソルが8月1日に豊田スタジアムで行われ、アウェイの柏が1-0で勝利した。 開幕から無敗を継続する3位の名古屋だが、前節のサンフレッチェ広島戦では選手2名とスタッフ1名に新型コロナウイルスの陽性反応が出た影響により、Jリーグとの協議の結果、試合中止を決断。2節ぶりの一戦に向けては直近の大分トリニータ戦から先発2人を変更。負傷の阿部、米本に代わってジョアン・シミッチ、相馬が起用された。 一方、リーグ再開後3連敗スタートも、3戦12得点の圧倒的な攻撃力を武器に、3連勝で7位まで順位を上げてきた柏は、5-1で圧勝したベガルタ仙台戦から先発3人を変更。高橋祐、三原、神谷に代えて山下、ヒシャルジソン、瀬川が起用された。 共に4連勝を目指すリーグ最少失点の名古屋と、リーグ2位の得点力を誇る柏による“矛盾対決”。互いに様子見の入りを見せた中、8分にはシミッチからのフィードに反応した左サイドの相馬が抜け出しかかるが、ここはエリア外に飛び出したGK中村が見事な対応でピンチを未然に防ぐ。 すると、直後の10分にはボックス左へ抜け出したオルンガがライン際で冷静にDFをかわしてシュート。GKランゲラックが何とか弾き出したボールを中央の江坂がすかさず蹴り込むが、ここはDFのゴールカバーに遭い、先制点とはならず。 早くも“矛盾対決”を印象付ける攻防を見せた両者だが、その後はボールを保持した名古屋が試合をコントロールしていく展開に。柏の球際を強調した守備を前になかなか決定機まで至らないが、マテウスの直接FKや左サイドからのクロスに対していずれもフリーとなった前田、金崎の2トップが惜しい形でのヘディングシュートを放ち、ゴールを予感させる仕掛けを幾度か見せた。 ゴールレスで折り返した試合は後半もホームチームが主導権を握る。前田の強烈なシュートでいきなりゴールを脅かすと、55分には中盤でのボール奪取からカウンターに転じ、右サイド深くに侵攻した相馬からボックス内の金崎に丁寧なマイナスパスが通る。だが、金崎のシュートは惜しくも右サイドネットを叩いた。 一方、後半に入ってなかなかフィニッシュの形を作れない柏は瀬川を下げて戸嶋を投入するなど、戦い方に変化を加えていく。すると、飲水タイム明けのワンチャンスを生かして名古屋の堅守を破る。 71分、ハーフウェイライン付近でセカンドボールを拾って相手陣内中央右でフリーの江坂にボールが繋がると、江坂は素早い反転から絶妙な斜めのフィードをゴール前に供給。これに完璧なタイミングで抜け出したオルンガが飛び出したGKランゲラックの手前で、長い足を生かした足裏のワンタッチシュートで、流し込んだ。 最も警戒していた相手のエースを止められず、4戦ぶりの失点を喫した名古屋は、直後にマテウスと相馬の両翼を下げて18歳FW石田と、長期離脱明けの青木を同時にピッチへ送り出す。さらに、プレースキックの局面で存在感を放つ今季初出場の太田をピッチへ送り出した。 試合終盤にかけては金崎と山崎の2トップをシンプルに使った名古屋が攻勢を仕掛ける展開が続いたものの、完全に逃げ切り態勢に入った柏の粘りの守備を前になかなか決定機まで至らない。 そして、このままうまく時計を進めた柏が4試合連続となるエースFWオルンガのゴールを最後まで守り切り、堅守を誇る相手のお株を奪うウノゼロの勝利で4連勝を達成した。一方、攻撃面で決め手を欠いた名古屋は今季初黒星となった。 名古屋グランパス 0-1 柏レイソル 【柏】 オルンガ(後26) 2020.08.01 20:06 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:名古屋vs柏】堅守の名古屋か、破壊力抜群の柏か

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 18:00キックオフ 名古屋グランパス vs 柏レイソル [豊田スタジアム] ◆イレギュラーな日々を過ごし、無敗継続なるか【名古屋グランパス】 首位・川崎フロンターレとともにシーズン無敗で3位につける名古屋。今節はその川崎Fと2位のガンバ大阪が直接対決となるだけに、この一戦での勝利は大きな価値をもたらすことになる。 前節はサンフレッチェ広島とのアウェイゲームだったが、選手に新型コロナウイルスの感染者が出たこと、そして濃厚接触者の特定が間に合わなかったことで当日の中止という異例の事態となった。 試合は前々節の大分トリニータ戦以来10日ぶりとなるが、この間トレーニングが制限されるなど、難しい時間を過ごした。準備が万全とは言えないだろう。 それでも、攻守にわたって安定感を見せるチーム、特に古巣対決となるDF中谷進之介を中心となる守備面がこの試合のカギだ。破壊力抜群の相手攻撃陣を封じることができれば、4連勝も現実味を帯びてくる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆3連敗後の3連勝、重要な一戦に【柏レイソル】 リーグ再開後3連敗を喫し、一気に先行きが不安になった柏だが、その後は3連勝と調子を上げてきた。 中断期間中は新型コロナウイルスの感染防止のために対外試合を行わず、試合勘、試合体力が削がれていたことが、中断明けの3連敗に影響したとも言える。 また、仲間隼斗、神谷優太と新戦力の2人を先発させてから攻撃陣が活性化。エースであるFWオルンガも得点感覚を取り戻し、3連勝中で6ゴールと爆発。簡単には止められなさそうだ。 前節から1週間空いたことで、選手の回復も測れたはず。前節負傷交代した神谷の状態は気になるが、勢いそのままに、堅守の名古屋をどう攻略するか。自慢の攻撃陣の力を見せて欲しいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:中村航輔 DF:古賀太陽、高橋祐治、大南拓磨、三丸拡 MF:三原雅俊、大谷秀和 MF:神谷優太、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.08.01 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、29日実施の100名対象としたPCR検査は陽性反応者なし

名古屋グランパスは30日、29日に100名を対象として実施したPCR検査の結果について報告。陽性反応者がいなかったことを発表した。 クラブの発表によると、今回のPCR検査はトップチーム選手・トップチームスタッフ・選手寮に住む選手・選手寮に住むスタッフ・トップチームに関係するスタッフ100名を対象に実施したとのことだ。 なお、これによりトップチームトレーニング時のクラブハウス使用を再開するとしている。 名古屋では、27日に実施したPCR検査で選手寮運営業務委託先所属の調理業務スタッフ1名が陽性反応を示していた。 名古屋では、25日にDF宮原和也が感染したことで全選手を含む60名にPCR検査を実施。この検査の結果、MF渡邉柊斗とトップチームスタッフ1名に陽性反応が出ていた。 加えて、この2名との濃厚接触した者の特定に時間がかかることから、26日に予定されていた明治安田生命J1リーグ第7節のサンフレッチェ広島戦が中止となっていた。 なお、名古屋は31日にはJリーグの公式PCR検査を受けることとなる。 2020.07.30 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

100名のPCR検査を行った名古屋、選手寮の調理スタッフ1名が陽性反応

名古屋グランパスは28日、27日に100名を対象として実施したPCR検査の結果について報告。スタッフ1名が陽性反応となったことを発表した。 クラブの発表によると、トップチーム選手・スタッフおよびトップチーム関係スタッフは全て陰性判定となったものの、選手寮運営業務委託先所属の調理業務スタッフ1名に陽性反応が出たとのこと。保健所の調査の結果、クラブ内および選手寮のスタッフに濃厚接触者はいないとのことだ。 スタッフは24日と25日に選手寮で勤務。27日にも勤務を行なっていたが、その時点では症状はなし。しかし、28日には38.5℃の発熱があったとのことだ。29日にも再度PCR検査が予定されている。 調理スタッフは、選手寮内の食堂での盛り付け・食事の配膳・洗い物を担当し、夕食時のみ勤務。業務中は、常にマスクと手袋を着用していたとのことだ。 なお、今回陽性判定を受けた選手寮運営業務委託先所属スタッフとすでに陽性判定を受けている選手・スタッフとの接点について、寮に居住する渡邉は濃厚接触に該当せず、宮原およびトップチームスタッフとの接点はないとのこと。今回の検査結果や行動履歴に基づく専門家のご意見では、宮原、渡邉、トップチームスタッフの間で感染が広がった可能性は低いとのことだ。 名古屋では、DF宮原和也が感染したことで全選手を含む60名にPCR検査を実施。この検査の結果、MF渡邉柊斗とトップチームスタッフ1名に陽性反応が出ていた。 加えて、この2名との濃厚接触した者の特定に時間がかかることから、26日に予定されていた明治安田生命J1リーグ第7節のサンフレッチェ広島戦が中止となっていた。 これを受け、27日と29日にPCR検査を実施するとしていた名古屋は、100名を対象にPCR検査を実施。31日にはJリーグの公式PCR検査を受けることとなる。 2020.07.28 16:08 Tue
twitterfacebook