名古屋に痛手 米本拓司が左第3腰椎横突起骨折で約4週間の戦線離脱

2020.08.02 08:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
名古屋グランパスが1日、MF米本拓司の戦線離脱を報告した。今季のここまで明治安田生命J1リーグ6試合に出場する米本は7月22日に行われた第6節の大分トリニータ戦で負傷交代。検査の結果、左第3腰椎横突起骨折で約4週間の治療期間を要する見込みだ。

名古屋は1日に行われた第8節の柏レイソル戦を0-1で落として、今季初黒星。5日に行われる次戦、YBCルヴァンカップグループA第2節に挑み、清水エスパルスのホームに乗り込む。
コメント
関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.62】キレと運動量、推進力、そして発言力。「右の長友佑都」は名古屋で羽ばたけるか?/森下龍矢(名古屋/DF)

1月18日から2021年シーズンをスタートさせた名古屋。9年ぶりに参戦するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を踏まえ、柿谷曜一朗や齊藤学、長澤和輝など日本代表経験者を次々と補強し、J1屈指の充実した戦力で今季を迎えた。 そんな中、一番の成長株として期待されるのが、東京五輪代表候補の森下龍矢。明治大学から鳥栖入りした昨季は33試合出場3ゴールという目覚ましい成果を残し、他クラブからのオファーが殺到した。 このうち、本人が選んだのは名古屋。戦術家のマッシモ・フィッカデンディ監督の下で適応力や柔軟性を体得し、近い将来には海外に飛躍したいという野心を抱いての移籍だという。 「プロ1年で移籍したのは、まず(今年4月に迎える)24歳という年齢。大卒ですし、この年齢で新天地を求めることは別におかしいことじゃないと思いました。 もう1つは戦術面。(サガン)鳥栖は僕を生かした戦術を展開していたので『成功して当たり前』だったけど、これから東京五輪や海外を目指していく中で、自分がチーム戦術に合わせていくことも必要になってくる。名古屋(グランパス)は1年間貫いた戦術があるチーム。そこに自分がアジャストして、プラスアルファを出していけるか。成長のためにチャレンジしました」 このように野心を露わにする森下は、運動量と動きのキレ、ハードワークを武器に目下、急激な成長曲線を辿っている。そして新天地・名古屋ではさらなるタテへの推進力をもたらそうと躍起になっている。昨季まで右サイドバックを担ったオ・ジェソク(仁川)や若手の成瀬峻平とは異なる味を発揮してくれるはずだ。 昨年末には森保一監督率いるU-23日本代表候補合宿にも追加招集され、ダイナミックさとアグレッシブさを前面に押し出した。その一挙手一投足を目の当たりにした取材陣や観客の多くから「長友佑都(マルセイユ)そっくり」「人材不足の左サイドバックだったらよかったのに…」という感想が聞こえてきたほどだ。 「明治の先輩である長友さんと室屋(成=ハノーファー)の2人は『超えていきたい存在』だと思っています。『長友と室屋は僕と中村帆高(FC東京)にかぶる』ってOBからもよく言われています。本当にそれが実現したらいいと思います。その前に自分が一歩一歩、成長していく先に彼らがいる。まずは焦らずやっていきたい」と本人も偉大な先輩を意識しつつも、地に足をつけて自身のレベルアップに取り組んでいく構えだ。 こうしたハキハキした語り口も長友と重なる。長友は「コミュニケーションのワールドカップがあったら世界一になれる」と公言していたが、森下も素養は十分だ。 「(喋りが達者なのは)明治の就職活動仕込みだと思います。僕も帆高もユニバーシアード代表のアメリカ遠征の時にエントリーシートを書いて送り、実際に金融を受けました」と就活秘話まで明かしていたが、多種多様な人と会話する力は、トップアスリートとして成功するための絶対条件。それを備えている点は自信を持っていい。 同じ新加入組の柿谷が「名古屋はセレッソに比べるとだいぶ静かな印象」と語っていたが、そういうチームだからこそ、森下のように周りとしっかり意思疎通や意見交換のできる人材は重要だ。24歳というのはサッカー界ではもう若手とは言えない。自分から周りを動かすくらいのアクションを起こしてもいいだろう。 「名古屋の右サイドハーフはマテウス選手だったり、前田直輝選手だったりとサイドに張るウイングの選手が多いと思いますけど、僕は後ろからも脅威になれるプレーができると考えています。鳥栖では外側からの攻撃参加が多かったけど、名古屋では中でプレーしてフィニッシュまでつなげていくことが求められる。そこは僕の課題だし、新たなチャレンジになりますね」 そうやって幅広いプレーを身に着けていくことで、日本代表の右サイドバックである酒井宏樹(マルセイユ)や室屋に追いつき追い越す道が開けてくる。そのためにも、名古屋で鳥栖時代のようにコンスタントに出番を得て、圧倒的な存在感を示していく必要がある。昨季Jリーグベストイレブンに選ばれた山根視来(川崎)や大学時代の親友・中村帆高含め、Jリーグの数多くのライバルたちをしのぐ迫力と勢いを見せれば、森保監督を振り向かせることは可能なはず。2021年シーズンが大きな飛躍の年になるように、まずしっかりとマッシモ監督の守備戦術を頭に叩き込み、そのうえで武器の推進力を出す術を見出していってほしいものだ。 <div id="cws_ad"><hr>【文・元川悦子】<br/>長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.01.19 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

大型補強の名古屋が新体制発表! FW柿谷曜一朗はC大阪時代と同様に「8」

名古屋グランパスは17日、2021シーズンのトップチーム体制を発表した。 昨季の明治安田生命J1リーグでは堅守を武器に3位フィニッシュでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を獲得した名古屋。二足の草鞋を履いて臨む新シーズンに向けて、主力選手の退団はDFオ・ジェソク(→仁川ユナイテッド/韓国)のみに留め、FW金崎夢生を完全移籍に移行したほか、セレッソ大阪からFW柿谷曜一朗、川崎フロンターレからFW齋藤学を獲得するなど、大型補強を敢行した。 その柿谷はC大阪時代と同様に「8」を背負い、齋藤は「19」に決定。浦和レッズから加入のMF長澤和輝は「5」、C大阪から加入のDF木本恭生は「14」、サガン鳥栖から移籍のDF森下龍矢は「17」を着用する。 また、既存メンバーではMF阿部浩之が「7」に変更し、その阿部が昨季背負った「11」はFW相馬勇紀が譲り受けた。FW山﨑凌吾は「17」から「9」に決定している。 ◆名古屋グランパス登録選手一覧 GK 1.ランゲラック 18.渋谷飛翔 21.武田洋平 22.三井大輝 DF 3.丸山祐市 4.中谷進之介 6.宮原和也 13.藤井陽也 14.木本恭生←セレッソ大阪/完全 17.森下龍矢←サガン鳥栖/完全 23.吉田豊 26.成瀬竣平 28.吉田晃 MF 2.米本拓司 5.長澤和輝←浦和レッズ/完全 7.阿部浩之※背番号変更「11」 15.稲垣祥 24.石田凌太郎 27.児玉駿斗←東海学園大学/新加入 FW 8.柿谷曜一朗←セレッソ大阪/完全 9.山﨑凌吾※背番号変更「17」 10.ガブリエル・シャビエル 11.相馬勇紀※背番号変更「27」 16.マテウス 19.齋藤学←川崎フロンターレ/完全 25.前田直輝 44.金崎夢生←サガン鳥栖/期限付き→完全 監督 マッシモ・フィッカデンティ 2021.01.17 15:55 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋MF渡邉柊斗が水戸にレンタル 「水戸でしっかりと成長」

水戸ホーリーホックは16日、名古屋グランパスに所属するMF渡邉柊斗(23)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2022年1月31日まで。背番号は「28」を着用する。 渡邉は2019年に東海学園大学から名古屋入り。しかし、プロ2年目の昨季まで出番に恵まれていなかった。 ◆水戸ホーリーホック 「はじめまして、渡邉柊斗です。このような状況の中、声をかけていただいた水戸ホーリーホックにとても感謝しています。このチームがJ1に上がるための力になれるようにしっかり頑張りたいと思います。そして何よりサッカーを楽しみます。よろしくお願いします」 ◆名古屋グランパス 「水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました。みなさんの前でプレーしている姿を見せることができず、悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。水戸でしっかりと成長して、渡邉柊斗がどんなプレーヤーなのか見せられるように頑張ってきます。今後とも応援よろしくお願いします」 2021.01.16 19:50 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、金崎夢生の完全移籍移行を発表! 昨年11月の大ケガまで攻撃陣を牽引

名古屋グランパスは15日、サガン鳥栖に所属する元日本代表FW金崎夢生(31)の完全移籍加入決定を発表した。 代表通算11試合2得点の金崎は大分トリニータ、名古屋、ニュルンベルク(ドイツ)、ポルティモネンセ(ポルトガル)、鹿島アントラーズを経て、2018年途中に鳥栖入り。昨年3月にレンタルで2010〜2012年までを過ごした名古屋に復帰した。 名古屋に8年ぶりの復帰を果たすと、明治安田生命J1リーグ25試合の出場で6得点。上位争いを演じるチームを牽引したが、昨年11月に右ヒザ前十字じん帯損傷および外側半月板損傷で約6〜8カ月の治療期間を要して、終盤を棒に振った。 なお、マッシモ・フィッカンディ体制3年目の名古屋はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも参戦する新シーズンに向け、DF木本恭生やDF森下龍矢、MF長澤和輝、MF齋藤学、FW柿谷曜一朗の実力者獲得に成功している。 2021.01.15 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

岩手、名古屋から育成型期限付き移籍中のFW大垣勇樹の満了を発表

いわてグルージャ盛岡は15日、FW大垣勇樹(20)の育成型期限付き移籍期間満了を発表した。 大垣は興国高校から2017年に名古屋グランパスへ入団。2019年途中から岩手でプレーしていた。 岩手では2シーズン在籍し、J3通算33試合出場3得点を記録。2020シーズンは21試合に出場し1得点を記録していた。 大垣はクラブを通じてコメントしている。 「昨シーズンはサポーターの皆さんの期待に応えられるようなプレーが出来ずチームも苦しいシーズンになってしまいました。僕も得点という結果を残せず勝利に貢献できなくて本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「Jリーグ初ゴールなど良い経験をさせていただきありがとうございました!これからもっともっと上手くなって活躍している姿を見せられるように頑張ります!1年半本当にありがとうございました!」 2021.01.15 13:55 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly