川崎Fがクラブ新の7連勝で首位固め! 大島弾でG大阪の挑戦退ける《J1》

2020.08.01 20:59 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第8節のガンバ大阪vs川崎フロンターレが1日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、アウェイの川崎Fが1-0で勝利した。

ここ5試合無敗の4連勝で2位につけるG大阪は勝利すれば勝ち点で並ぶ首位相手とのゲームに向け、負傷欠場が続いた小野瀬が3試合ぶりの先発復帰。古傷の右足首痛でデビューが遅れる昌子が加入後初のベンチ入りを果たした。一方、首位川崎Fは開幕から無敗街道を突き進み、クラブタイ記録の6連勝中。前節の先発から2枚が入れ替わり、田中、大島がスターティングメンバーに名を連ねた。

今後の優勝争いを占う首位攻防戦は互いの攻撃姿勢がぶつかり合う立ち上がりになる。G大阪が高い位置でボールを奪った6分に小野のクロスからボックス中央の渡邉が頭でフィニッシュに持ち込むと、J1最多20得点の攻撃力を誇る川崎Fもその2分後に敵陣左サイドを起点にした分厚い攻めから中に絞る動き出しで攻撃参加した山根もシュート。頂上決戦らしく、激しい攻防戦が繰り広げられていく。

そのなかで、相手のお株を奪うパスワークで徐々に攻撃の主導権を握り出したG大阪は13分に右CKのチャンスからボックス中央の三浦がヘディングシュートでゴールに迫ると、続く20分にも田中のミスパスからボックス右の小野瀬が右足コントロールショットでゴール右隅を狙うが、右ポストを直撃。決定機をモノにできない流れが続くものの、今最も勢いに乗る相手に対して、真っ向勝負を挑む。

なかなか押し上げる時間を作れず、守勢が続いた川崎Fだが、給水タイムを経ての27分にボックス左の旗手から中央でパスを受けた小林がフィニッシュに持ち込むなど、徐々にボールの主導権を握り返す展開に。敵陣深くに押し上げ、ショートパスを駆使しての局面打開を図る場面を作り出していくが、G大阪守備網も最後のところで身体を張ったディフェンスが光り、スコアを動かせない。

後半も立ち上がりから攻めの姿勢を前面に押し出したG大阪だが、ハーフタイム明けに脇坂と三笘の交代に動いた川崎Fが先手を奪う。48分、左サイドで大島からボールを受けた三笘が細かいドリブルでボックス左に侵攻して相手のマークを引きつけ、バイタルエリア中央のスペースにラストパス。これに大島が右足ダイレクトで合わせると、東口も反応できず、ゴール左隅に突き刺さった。

追いかける立場に回ったG大阪は引き続き相手ゴールに迫る形を作り出すなかで、60分に小野を下げて倉田を投入。続く65分に矢島と渡邉を下げて、福田と遠藤をピッチに送り込むが、先制して落ち着き出した川崎Fが冷静沈着な試合運びをみせ、なかなかフィニッシュに持ち込めない展開になる。すると、川崎Fは73分に大島と旗手を下げて下田と守田を送り出して、試合をクローズにかかる。

何とか打開したいG大阪は試合時間が残り10分のところで、小野瀬とパトリックの交代に動いて攻め立てる流れに持ち込むが、85分にレアンドロ・ダミアンを送り出した川崎Fが最後の交代枠で宮代を投入するなど巧みに時間を進め、そのままタイムアップ。川崎Fが2年ぶりの4連勝で好調のG大阪を破り、クラブ新記録の7連勝で首位固めに成功している。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMが仙台破り今季3勝目! 後半ATにスコアを動かしたM・ジュニオールが値千金の一撃《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節のベガルタ仙台vs横浜F・マリノスが1日にユアテックスタジアム仙台で行われ、アウェイの横浜FMが1-0で勝利した。 ここ5試合勝ちなしの2連敗で昨季王者を迎え撃つ13位仙台は前節の先発から7選手を変更。流通経済大学から来季加入内定のアピアタウィア久をJリーグデビューとなる初先発に抜擢した。一方、開幕から7試合ですでに4敗の11位横浜FMは2試合ぶりの勝利を目指して前節から3枚が入れ替わり、ケガから復帰したマルコス・ジュニオールがベンチ入り。そのほか、センターバックの一角に松原が入り、負傷欠場が続いた朴一圭が開幕戦以来の先発復帰を果たした。 ともに開幕から14失点を喫して、いち早く黒星先行の状況から脱したい両雄の戦いは立ち上がりからボールの主導権を握った横浜FMが能動的に試合を進めるが、仙台もスペースを消しながらの守備で執拗以上な攻めを許さず、睨み合いの展開に。そうした流れで進むなか、扇原が高い位置でボールを奪った20分に横浜FMのカウンター。ボックス右のスペースを突く動き出しでボールを受けた天野が左足でゴール左を狙うが、外してしまい、先制機を逸する。 自陣深くで守りの時間が続く仙台だが、アピアタウィア久が身長191cmの長身を生かして攻守に堂々プレー。その仙台は我慢の時間帯を凌いで、オープンな流れになり始めた前半の終盤に相手ゴールに迫る回数を増やす。しかし、36分に長沢が相手最終ラインの背後を取り、ボックス左からシュートを放った場面は鋭い寄せで間合いを詰めた朴一圭が阻止。横浜FMも前半のうちにリードすべく、攻勢に出るが、局面で相手の守備網に引っかかり、ゴールが遠い。 ハーフタイム明けから仙頭を下げて大津をピッチに送り込み、攻撃の変化を求めた横浜FMはその後半開始5分にカウンターから右サイドを駆け上がった水沼がグラウンダーのクロスを供給すると、天野がスライディングで押し込みにかかるが、ヤクブ・スウォビィクが阻止。その流れから浮いたボールに大津が反応するが、合わせ切れない。すると、58分に蜂須賀を投入した仙台に続いて、67分に横浜FMもオナイウ阿道をピッチへ。より攻撃の色を強める。 そのなかで、74分にジャーメイン良の負傷を受けて、阪南大学から来季加入内定の真瀬を投入した仙台は77分、右サイドの長沢がクロスを上げ、西村が右足ダイレクトでフィニッシュに持ち込むが、ここも朴一圭が冷静に処理。すると、78分に渡辺、マルコス・ジュニオール、伊藤を投入した横浜FMに対して、仙台もその2分後にアレクサンドレ・ゲデスと松下を送り出していき、勝利を狙う。 しかし、スコアは動かぬまま後半アディショナルタイムに。痛み分けの様相も呈するが、横浜FMの交代策が勝負を分ける。後半アディショナルタイム5分にティーラトンが左サイドからクロスを上げると、マルコス・ジュニオールがボックス中央のこぼれ球に右足でうまく合わせ、横浜FMが土壇場で先制。これが決勝点となり、横浜FMが今季3勝目を手にした。 2020.08.01 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:G大阪vs川崎F】2位の追い上げか、首位の振り切りか

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 19:00キックオフ ガンバ大阪 vs 川崎フロンターレ [パナソニック スタジアム 吹田] ◆優勝争いに本格参戦なるか【ガンバ大阪】 2位のガンバ大阪は例年のスロースターターぶりから一転して、好スタートを切った。新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断明け後は初戦で実現したセレッソ大阪とのダービーを落とすなど2戦未勝利の立ち上がりだったが、第4節の清水エスパルス戦から4戦全勝。ヴィッセル神戸との前節は守勢に回る時間の多い展開だったが、我慢するところでしっかりと凌いで、決めるところでしっかりと仕留めてみせ、関西勢対決を2試合連続の完封勝ちで飾った。 派手さこそないが、攻守の歯車が噛み合った戦いで勝ち切り、2位に浮上しての今節は再開後6連勝で首位をひた走る川崎フロンターレ戦。宮本恒靖監督が就任してから2勝1分け無敗の川崎F戦だが、どの試合も守りの時間が長く、向かうところ敵なし状態である相手の現況もあり、今回も一層タフな戦いが予想される。勝てば勝ち点で並べる大一番。6年ぶりの奪還に向け、負傷欠場が続く小野瀬康介とアデミウソンを含め、万全を期して挑みたい一戦だ。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン MF:矢島慎也 MF:福田湧矢、井手口陽介、小野裕二、藤春廣輝 FW:渡邉千真、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆力強い歩みを続けられるか【川崎フロンターレ】 川崎Fは今、J1で最も乗っているチームといっても過言ではない。ここにきて、再開後の攻撃陣を牽引する1人だった長谷川竜也の負傷離脱という嫌な知らせもあるが、クラブタイ記録の6連勝と絶好調。前節の湘南ベルマーレ戦を含めて、ここ2試合は先制を許したが、J1最多20得点を誇る攻撃力で相手をねじ伏せ、いずれも逆転勝ちを収めた。しかも、ただ選手層の厚いだけでなく、出た選手が独自色を出すなど、チーム全体の高い成熟度もうかがわせる。 ほぼ死角なしの状態で迎える今節はG大阪とのアウェイ戦。昨季1分け1敗と勝てずに終わり、しかも目下4連勝で5戦負けなしと好調の相手だが、2季ぶりの王座奪還を狙うにあたって、勝ちたい一戦となる。また、ここからルヴァンカップを含めて9連戦。その初戦の相手が好調なG大阪であり、今後の連戦に勢いをもって挑む上でも白星を掴み取りたいところだ。ここ2試合で先手を許している点は修正すべきだが、良いムードで敵地での大一番に挑めそうだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:脇坂泰斗、田中碧、大島僚太 FW:家長昭博、小林悠、旗手怜央 監督:鬼木達 2020.08.01 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

首位川崎Fに離脱者…長谷川竜也が左ヒザ内側側副じん帯損傷で全治4週間

川崎フロンターレは28日、MF長谷川竜也の戦線離脱を報告した。 長谷川は22日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節のベガルタ仙台戦(3-2で川崎Fが勝利)に先発したが、45分に負傷交代。左ヒザ内側側副じん帯損傷で負傷日より全治4週間の見込みだ。 負傷欠場の26日に行われた第7節の湘南ベルマーレ戦まで開幕から全試合に先発。3得点を挙げ、今季の開幕からドリブラーとしてだけでなく、仕留め役としても存在感を発揮していた。 2年ぶりのJ1優勝を狙う川崎Fは中断明け後6連勝を飾り、開幕から無敗を継続して首位。8月1日に行われる次節、4連勝の5戦無敗で3ポイント差の2位につけるガンバ大阪のホームに乗り込む。 2020.07.28 18:13 Tue
twitterfacebook
thumb

強いぞ川崎F、2試合連続の逆転勝利で6連勝&ホームJ1通算150勝達成!湘南は悔しい逆転負け《J1》

26日、明治安田生命J1リーグ第7節の川崎フロンターレvs湘南ベルマーレが等々力陸上競技場で行われ、3-1で川崎Fが逆転勝利を収めた。 ここまで6戦無敗、5連勝中の川崎Fはスタメンを5名変更。車屋紳太郎、田中碧、大島僚太、レアンドロ・ダミアン、長谷川竜也が外れ、ジェジエウ、守田英正、下田北斗、小林悠、旗手怜央が先発に名を連ねた。旗手は初先発となった。 対する湘南は前節の鹿島アントラーズ戦で今季初勝利。その試合から4名を変更し、坂圭祐、古林将太、馬渡和彰、山田直輝が外れ、石原広教、岡本拓也、鈴木冬一、中川寛斗が入る。 序盤からペースは川崎F。3分、GK谷のミスからボールを奪った下田が旗手にパス。旗手がシュートを狙うが、これはわずかに外れる。 9分には家長のクロスを小林がヘッド。しかし、これはゴール左に。16分には旗手のスルーパスに反応した脇坂のクロスに小林が飛び込むが、わずかに届かない。 攻勢を強める川崎Fに対し、湘南はなかなか攻め込むことができず。防戦一方になりながらも、GK谷を中心になんとか守りゴールを許さない。 25分には守田右サイドからクロス。これをファーサイドで旗手が折り返し、最後は小林がヘディングで押し込むが、GK谷がギリギリでかき出してゴールを許さない。 44分にも川崎Fがチャンス。左サイドから登里がクロスを送ると、小林が2人をと競り合いながらヘッド。GK谷も飛び出すがシュートは枠を外れる。 後半に入り、湘南は中川に代えてタリク、岡本に代えて古林を起用する。 それでも川崎Fのペースは変わらず。50分には左CKからチャンス。下田のクロスを最後は守田がボックス中央でシュート。しかし、これはDFがブロックする。 さらに54分には左サイドから下田がクロス。これを中央で小林が見送るも、ファーサイドに走り込んだ家長が滑り込みながらシュートも、ゴールとはならない。 川崎Fのペースで終始進んだ試合だったが、湘南が1つのチャンスを仕留める。57分、右サイドへ大きく展開すると、古林がボックス右から優しいクロス。これをボックス中央で待っていたタリクがバイシクルシュートで合わせると、GKチョン・ソンリョンは一歩も動けず、湘南が先制した。 先制を許した川崎Fは脇坂と旗手に代えて大島と三笘を投入。すると61分にカウンター。湘南のCKからクリアボールをつなぐと、下田が前線へフィード。これを受けた大島が優しく折り返すと、あがっていた山根がGKとの一対一を制し、同点ゴールを記録する。 78分、最終ラインでのパス交換で石原広がトラップミス。これを見逃さなかった三笘が奪い去りドリブル突破。ボックス内に侵入すると切り返し、石原広の股を抜いてシュート。これがゴール左に決まり、川崎Fが逆転に成功する。 攻勢を止めない川崎Fは88分、中盤でパスを田中がカットすると、こぼれ球を宮代がリターン。田中がそれを受け、ボックス内右からシュート。これが決まり、リードを2点に広げる。 その後は川崎Fがしっかりとゲームをコントロール。そのまま試合は終了し、3-1で川崎Fが2試合連続の逆転勝利で6連勝となった。 川崎フロンターレ 3-1 湘南ベルマーレ 【川崎F】 山根視来(後16) 三笘薫(後33) 田中碧(後43) 【湘南】 タリク(後13) 2020.07.26 20:58 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第7節:川崎Fvs湘南】爆発力十分の攻撃力か、粘りの守備か

【明治安田生命J1リーグ第7節】 2020年7月26日(日) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ [等々力陸上競技場] ◆力を見せた5連勝、寄せ付けず6連勝へ【川崎フロンターレ】 前節はベガルタ仙台を相手に2点を先行される今までにない展開となったが、後半から出場した小林悠が2ゴールの活躍。2-3と逆転勝利を収め、5連勝を達成した。 短時間で畳み掛ける力は今シーズン何度か見せており、前節もわずか10分間で3ゴール。勢いをつけて相手を打ち負かす破壊力は健在だ。 気になる点は選手の入れ替えだろう。過密日程ということに加え、前節は左サイドで起点となっていたMF長谷川竜也が負傷交代。この先のことを考えれば、誰が出てもクオリティを保てるチームとなれるかが重要になる。 相手は前節初勝利で勢いづきたい湘南ベルマーレ。この試合でも途中投入が予想されるFW小林悠の活躍からも目が離せない。強さを見せて、6連勝なるか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、谷口彰悟、車屋紳太郎、登里享平 MF:脇坂泰斗、田中碧、下田北斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆ついに初勝利、勢いに乗れるか【湘南ベルマーレ】 前節は鹿島アントラーズをホームに迎えた一戦。結果の出ない両チームの対戦となったが、序盤から大きく押し込まれる展開となった。 しかし、今シーズン見せ続けている粘り強い守備で得点を許さないと、セットプレーからFW石原直樹がゴール。1-0で今シーズン初勝利を収めた。 今シーズンは過密日程となり、選手を入れ替えながら戦っている湘南だが、チームとしてのスタンスは変えず、走り負けないサッカーを継続している。 相手は試合巧者の川崎Fとなるが、今節も走り負けずに相手のミスを誘い込み、粘り強い守備が強力な攻撃陣をどこまで抑えることができるのかに注目だ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:大岩一貴、坂圭祐、大野和成 MF:岡本拓也、金子大毅、鈴木冬一 MF:齊藤未月、山田直輝 FW:タリク、石原直樹 監督:浮嶋敏 ※馬渡和彰は契約上の理由で出場不可 2020.07.26 15:15 Sun
twitterfacebook