川崎Fがクラブ新の7連勝で首位固め! 大島弾でG大阪の挑戦退ける《J1》

2020.08.01 20:59 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第8節のガンバ大阪vs川崎フロンターレが1日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、アウェイの川崎Fが1-0で勝利した。ここ5試合無敗の4連勝で2位につけるG大阪は勝利すれば勝ち点で並ぶ首位相手とのゲームに向け、負傷欠場が続いた小野瀬が3試合ぶりの先発復帰。古傷の右足首痛でデビューが遅れる昌子が加入後初のベンチ入りを果たした。一方、首位川崎Fは開幕から無敗街道を突き進み、クラブタイ記録の6連勝中。前節の先発から2枚が入れ替わり、田中、大島がスターティングメンバーに名を連ねた。

今後の優勝争いを占う首位攻防戦は互いの攻撃姿勢がぶつかり合う立ち上がりになる。G大阪が高い位置でボールを奪った6分に小野のクロスからボックス中央の渡邉が頭でフィニッシュに持ち込むと、J1最多20得点の攻撃力を誇る川崎Fもその2分後に敵陣左サイドを起点にした分厚い攻めから中に絞る動き出しで攻撃参加した山根もシュート。頂上決戦らしく、激しい攻防戦が繰り広げられていく。

そのなかで、相手のお株を奪うパスワークで徐々に攻撃の主導権を握り出したG大阪は13分に右CKのチャンスからボックス中央の三浦がヘディングシュートでゴールに迫ると、続く20分にも田中のミスパスからボックス右の小野瀬が右足コントロールショットでゴール右隅を狙うが、右ポストを直撃。決定機をモノにできない流れが続くものの、今最も勢いに乗る相手に対して、真っ向勝負を挑む。

なかなか押し上げる時間を作れず、守勢が続いた川崎Fだが、給水タイムを経ての27分にボックス左の旗手から中央でパスを受けた小林がフィニッシュに持ち込むなど、徐々にボールの主導権を握り返す展開に。敵陣深くに押し上げ、ショートパスを駆使しての局面打開を図る場面を作り出していくが、G大阪守備網も最後のところで身体を張ったディフェンスが光り、スコアを動かせない。

後半も立ち上がりから攻めの姿勢を前面に押し出したG大阪だが、ハーフタイム明けに脇坂と三笘の交代に動いた川崎Fが先手を奪う。48分、左サイドで大島からボールを受けた三笘が細かいドリブルでボックス左に侵攻して相手のマークを引きつけ、バイタルエリア中央のスペースにラストパス。これに大島が右足ダイレクトで合わせると、東口も反応できず、ゴール左隅に突き刺さった。

追いかける立場に回ったG大阪は引き続き相手ゴールに迫る形を作り出すなかで、60分に小野を下げて倉田を投入。続く65分に矢島と渡邉を下げて、福田と遠藤をピッチに送り込むが、先制して落ち着き出した川崎Fが冷静沈着な試合運びをみせ、なかなかフィニッシュに持ち込めない展開になる。すると、川崎Fは73分に大島と旗手を下げて下田と守田を送り出して、試合をクローズにかかる。

何とか打開したいG大阪は試合時間が残り10分のところで、小野瀬とパトリックの交代に動いて攻め立てる流れに持ち込むが、85分にレアンドロ・ダミアンを送り出した川崎Fが最後の交代枠で宮代を投入するなど巧みに時間を進め、そのままタイムアップ。川崎Fが2年ぶりの4連勝で好調のG大阪を破り、クラブ新記録の7連勝で首位固めに成功している。
コメント
関連ニュース
thumb

川崎F、田中の2Gなどで広島を粉砕! 13連戦最後を白星で飾る《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節、川崎フロンターレvsサンフレッチェ広島が13日に等々力陸上競技場で行われ、5-1で川崎Fが勝利した。 3連勝中で首位を快走する川崎F(勝ち点41)と、2連勝で調子を上げてきた広島(勝ち点21)による一戦。川崎Fは、前節はルヴァンカップを含めるとここ2週間で3度目のヴィッセル神戸戦だったが、宮代のJ1リーグ初得点などで逆転勝利を収めた。一方の広島も前節の清水エスパルス戦は新加入のエゼキエウが初ゴールを挙げる活躍で、今季最多の4得点を奪って快勝した。 開始13秒で旗手が初シュートを記録した川崎Fは、齋藤、車屋と序盤からシュートを重ねていく。すると迎えた14分、ジェジエウの縦パスをスイッチに旗手がワンタッチではたくと、山根との2度のパス交換でボックス右に抜け出した田中がニアサイドを打ち抜き、華麗なパスワークから先制に成功した。 一方、ボールを相手に握られ全く攻撃に出ることが出来ない広島は、パスワークも封じられ一向にシュートシーンを作れない。そのまま飲水タイムを挟んで迎えた31分、青山のパスでバイタルエリアに侵入すると、一度相手に渡ったボールを奪い返した柏がボックス右からクロスを供給。これをレアンドロ・ペレイラが頭で合わせるが、カバーに入った車屋にゴール直前にブロックされてしまった。 川崎Fは後半から脇坂と旗手を下げて大島と三笘を投入。すると47分、三笘が古巣対決のハイネルをドリブルで抜き去り、ボックス左からマイナスへ折り返す。これをレアンドロ・ダミアンが合わせ、リードを2点に広げる。 さらに50分には山村のミドルシュートで追加点。これで広島は集中が切れてしまったか、その1分後には右ハーフスペースの齋藤が入れたクロスから、巧みなトラップでゴール前に飛び出した田中が4点目をゲット。広島の守備が成す術なく崩壊した。 その後は川崎Fが攻撃の手を緩めるも、一方でクオリティの上がらない広島も得点のチャンスを作れないまま時間は流れていく。終盤には佐々木のハンドでPKを献上した広島は5失点。その後、途中出場の浅野が1点を返すが暖簾に腕押し。 結局、完璧な試合運びを披露した川崎Fが広島に完勝。8月から続いた公式戦13連戦の最終戦を白星で飾った。 川崎フロンターレ 5-1 サンフレッチェ広島 【川崎F】 田中碧(前14) レアンドロ・ダミアン(後2) 山村和也(後5) 田中碧(後6) 小林悠(後43) 【広島】 浅野雄也(後45) 2020.09.13 20:26 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第16節:川崎Fvs広島】13連戦を勝利で終わりたい川崎Fか、今季初の3連勝狙う広島か

【明治安田生命J1リーグ第16節】 2020年9月13日(日) 18:30キックオフ 川崎フロンターレ(1位/41pt) vs サンフレッチェ広島(9位/21pt) [等々力陸上競技場] ◆ほぼ死角なし【川崎フロンターレ】 力強い歩みで他の追随を許さず、首位をひた走る川崎フロンターレは前節もヴィッセル神戸を破り、3連勝を達成。ルヴァンカップを含めると、今季3度目の神戸戦だったが、宮代大聖のJ1リーグ初得点となる決勝弾で3-2の打ち合いを制した。 これまで出番の乏しかった選手も結果を出すなど、チーム全体でほぼ死角なしの戦いを続けての今節は直近8試合で6勝(2敗)と好相性のサンフレッチェ広島が相手。8月から続く公式戦13連戦の最終戦だけに、勝利で締めくくりたいところだ。 前節の神戸戦も最終的に地力の差で勝ち切ったが、盤石ぶりをより突き詰めるのあれば、2失点の守りに修正の余地がありそうだ。ただ、誰が出ても、内容が良くなくても、勝機をみいだせるのが今の川崎F。良い状態で今節を迎えるのは間違いない。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧 MF:脇坂泰斗、下田北斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆3戦無敗の良い流れ【サンフレッチェ広島】 7月に続いて、8月のJ1リーグ6試合も2勝(2分け2敗)に終わり、一向に状態が上がらなかった広島だが、9月に入り、2戦2勝と復調気配。前節の清水エスパルス戦は低空飛行が続く相手との一戦だったにせよ、今季最多4得点で3度目の2連勝を達成した。 順位を9位に上げての今節は3戦無敗の良い流れをもって、今のJ1リーグで最も強いと言っても良い川崎Fとのアウェイゲーム。一部主力は清水戦でターンオーバーの対象となり、わずかながら休息をとれ、リフレッシュな状態で強敵との今節に挑めそうだ。 しかし、大勝した清水戦も守護神の大迫敬介ら個々の踏ん張りで救われた場面もあり、チームとしてのストロングである堅守の乱れは修正し切ったとは言い難い。今節の相手は総得点でダントツの「47」を誇る首位。より完成度の高い戦いが求められる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:大迫敬介 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:ハイネル、青山敏弘、川辺駿、柏好文 MF:ドウグラス・ヴィエイラ、森島司 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:城福浩 2020.09.13 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

宮代のJ1初弾にPK2発! 川崎Fが神戸に逆転勝利で公式戦3連勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の川崎フロンターレvsヴィッセル神戸が9日に等々力陸上競技場で行われ、3-2でホームの川崎F勝利した。 首位を快走する川崎Fは3-1で快勝した前節の横浜F・マリノス戦から5名変更。YBCルヴァンカップ準々決勝で神戸相手に6-0で完勝を収めたメンバーを送り出した。一方、リーグ戦4試合負けなしの神戸は3名変更。菊地、西、安井をチョイスしている。 2週間で3度目となる同カード。1勝1分けと勝ち越している川崎Fは7分、ボックス中央手前でルーズボールを拾った守田が左足シュートを放つと、ブロックに入った渡部の手に当たりPKを獲得する。このチャンスを小林がGKが飛んだ逆のゴール左に蹴り込んで先制に成功する。 失点以降2度のピンチを招いた神戸だったが22分、バイタルエリア右で藤本が反転しながらボールを受けるとボックス右へパス。これに反応した古橋がボックス中央からゴールへ流し込み、同点に追いつく。 前半半ばにかけて神戸がボールを保持するも決定的なチャンスを作ることはできず。対して川崎Fは37分にカウンター攻撃から旗手がフィニッシュまで持ち込んだが、僅かにゴール左に外れた。 川崎Fは左CKを獲得した後半立ち上がりの47分に決定機。ショートコーナーからボールを繋ぎ、守田がバイタルエリア左から右足カーブシュートを放つも、GK飯倉の好守に遭い、勝ち越すことはできない。 旗手の負傷により絶好調の三笘を投入した川崎Fに対して、神戸が59分に勝ち越す。サンペールのパスを右サイドの西がダイレクトで縦に送る。走り込んできた山口がボックス右からグラウンダーのクロスを送ると、ニアサイドの藤本がワンタッチでゴールへ流し込んだ。 再びリードを許した川崎Fは65分にボックス中央手前で三笘がDFを引き連れてフリーの小林へパス。ボールを受けた小林がGK飯倉と一対一の局面を迎えるも、シュートはクロスバーを越えてしまう。決定機逸が続いたが80分にレアンドロ・ダミアンが菊地に倒されてPKを獲得すると、自らキッカーを務め冷静にゴール右へ蹴り込んだ。 さらにその2分後には敵陣ハーフライン付近から途中出場の脇坂が持ち運んでボックス中央手前から右前方にパス。並走してきたこちらも途中出場の宮代がJ1初ゴールとなるシュートを流し込んで、逆転に成功する。 その後、サンペールの直接FKなど神戸の猛攻を耐えきり、川崎Fが3-2で勝利。公式戦3連勝を達成した。一方、神戸はリーグ戦4戦未勝利となっている。 川崎フロンターレ 3-2 ヴィッセル神戸 【川崎F】 小林悠(前8) レアンドロ・ダミアン(後38) 宮代大聖(後40) 【神戸】 古橋亨梧(前23) 藤本憲明(後14) 2020.09.09 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:川崎Fvs神戸】1週間前は川崎Fが6発快勝、停滞気味の神戸は雪辱なるか

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2020年9月9日(水) 18:30キックオフ 川崎フロンターレ(1位/38pt) vs ヴィッセル神戸(10位/19pt) [等々力陸上競技場] ◆3週連続の対戦、前回対戦の再現を【川崎フロンターレ】 首位を走る川崎Fは横浜F・マリノスとの“神奈川ダービー”に臨み、1-3で勝利。開始2分で先制を許す嫌な展開となったが、落ち着いた試合運びから徐々に主導権を握りなおし、3ゴールを記録して逆転勝利を飾った。 特に三笘薫の活躍が目立ち、この試合でも2ゴール。途中出場でも先発出場でも数字を残し、チーム最多の8ゴールに伸ばしている。 右の家長昭博とともにウイングの位置で起用される三笘の生かし方を掴んだ川崎Fだが、相手チームからすれば脅威でしかない。中央にはレアンドロ・ダミアンや小林悠が君臨し、家長も当然警戒する必要がある選手。どこからでも得点が取れる今の川崎Fを止める術はなかなかないと言える。 今節は3週連続の対戦となる神戸。先週はYBCルヴァンカップの準々決勝で対戦し、0-6と川崎Fの独壇場。この試合で見せたプレーを再現したいところだろう。中3日の試合となり、ターンオーバーも考えられる。それでも力が落ちないのが今シーズンの川崎Fだけに、今節はどんな試合になるのか注目だ。 ★予想スタメン[4-1-2-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:田中碧 MF:脇坂泰斗、大島僚太 FW:家長昭博、小林悠、旗手怜央 監督:鬼木達 ◆あと一歩で逃した勝利、今節は掴めるか【ヴィッセル神戸】 対する神戸は、先週の大敗を受けてメンバーを変えて臨んだ湘南ベルマーレ戦だったが、決め手を欠いて1-1のドローに終わった。 序盤こそ湘南に押し込まれる展開となったが、徐々にパスワークと相手の背後を取る攻撃でペースを掴んでいく。古橋亨梧を中心に攻撃を仕掛けていくものの、決定力を欠いてしまいチャンスを生かせず。消化不良の内容となった。 負傷中のアンドレス・イニエスタは、湘南戦を回避。今節も出場は難しそうだ。しかし、1週間前に味わった屈辱のリベンジを果たさなければいけない。攻撃の形がないわけではなく、いかにフィニッシュの精度を上げるかが重要となる。 ケガ人も多い苦しい状況ではあるが、一方で駒が足りないわけでもない。川崎Fとの明暗を分けるとすれば、チャンスをしっかりと活かせるかどうか。雪辱を果たすためにも、しっかりとゴールを決めて勝ち点3を奪いたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:飯倉大樹 DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、安井拓也 FW:小川慶治朗、藤本憲明、古橋亨梧 監督:トルステン・フィンク 2020.09.09 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

三笘2Gの川崎Fが逆転勝利! 横浜FMとの神奈川ダービーを制す!《J1》

明治安田生命J1リーグ第14節、横浜F・マリノスvs川崎フロンターレが5日に日産スタジアムで行われ、1-3で川崎Fが勝利した。 ここ4試合で3勝1分けと徐々に順位を上げてきた横浜FM(勝ち点21)と、前節は3試合ぶりの勝利も依然単独首位を走る川崎F(勝ち点35)による神奈川ダービー。 横浜FMは、前節のヴィッセル神戸戦は90分までに2点差のリードを保っていたものの、試合終了間際に立て続けに失点し無念の引き分けに。一方の川崎Fは、ここ数試合は調子を落としていたが、前節の清水エスパルス戦は旗手の2ゴールなどで5得点圧勝を収めた。 また、両チームともに2日のYBCルヴァンカップを戦っているが、横浜FMはPK戦の末に昨季ファイナリストの北海道コンサドーレ札幌を下してベスト4進出。川崎Fは神戸から6ゴールを奪い駒を進めている。 それから中2日の一戦。共に攻撃力が魅力のチーム同士の一戦はいきなり動く。2分、右サイドに起点を作った横浜FMは、松田がグラウンダーでマイナスのクロスを供給。これをボックス中央のマルコス・ジュニオールが右足インサイドステップで合わせると、ボールは左ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 出鼻を挫かれた川崎Fは、ハイラインを敷く横浜FMの最終ラインへ抜け出した三笘が決定機。ボックス左からシュートを打たずクロスを選択したが、DFに当たって同点のチャンスを逃した。 その後は中盤での潰し合いが続く中、左ウイングの三笘にボールを集める川崎Fは、24分にその三笘のドリブル突破からボックス手前でフリーとなっていた大島がシュート。ここは右に外れるが、アウェイチームが徐々にポゼッションを高めていくと迎えた33分に同点に追いつく。 右サイドから中央へ繋いだ川崎Fは、センターサークル付近で味方のパスを脇坂がワンタッチで左に展開。これで横浜FMのハイラインの背後を突いた三笘がドリブルでボックス左に侵入し、最後は懸命にカバーに入ったチアゴ・マルチンスの股の下を抜く右足シュートを流し込んだ。 三笘の今季7点目となる2試合連続ゴールで振り出しに戻した川崎Fは、後半から脇坂とレアンドロ・ダミアンを下げて旗手と小林を投入。すると48分、自陣左サイドに開いていた谷口の足の長いスルーパスから大島が一気に敵陣深くに侵入。グラウンダーのクロスを送ると、家長が合わせて逆転に成功した。 さらにその2分後の50分には、ボックス右でボールを持った旗手のティーラトンの股下を抜くクロスを三笘が押し込んで3点目を奪取。瞬く間に点差を広げた。 旗色が悪くなってきた横浜FMは57分に3枚替え。リーグ戦2試合連続ゴール中の仲川や前田、喜田が投入された。その仲川が攻撃に絡んだのは75分、味方とのパス交換で前進し、ボックス手前からシュート。丁寧に抑えたシュートだったがGKの正面に。 ボール保持率は上がったものの、なかなかチャンスの芽が見つからない横浜FM。88分にマルコス・ジュニオールがボックス手前からミドルシュートを狙うも山根にブロックされてしまう。 結局、後半は最後まで川崎Fペースで進み、試合は1-3で終了。上位対決となった注目の神奈川ダービーは川崎Fに軍配が上がった。 横浜F・マリノス 1-3 川崎フロンターレ 【横浜FM】 マルコス・ジュニオール(前2) 【川崎F】 三笘薫(前33) 家長昭博(後3) 三笘薫(後5) 2020.09.05 19:59 Sat
twitterfacebook