清水GK梅田透吾がプロA契約締結 「勝たせられる選手に」

2020.08.01 13:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
清水エスパルスは1日、GK梅田透吾(20)とのプロA契約締結を発表した。

梅田は清水下部組織出身で、2019年にトップチーム昇格。2年目の今季、ブラジル人GKネト・ヴォルピの負傷離脱もあり、7月4日に行われた明治安田生命J1リーグ第2節の名古屋グランパス戦でJ1デビューを果たすと、その一戦を含めて6試合連続のスタメン出場を続けている。

7月22日に行われたJ1リーグ第6節のサガン鳥栖戦でプロA契約締結条件の450分出場をクリアして、プロA契約を勝ち取った梅田はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。

「中断明けの名古屋戦で運もあってデビューさせてもらい、正直びっくりしました。そこから5試合に出場させてもらいましたが、先輩選手たち、特に外国人選手には言葉が通じないで中でもサポートしてもらいました。まだまだ助けてもらうことが多いですが、これからも試合に出られるように努力し、まずは失点を減らすというチームの課題を克服したいと思います。そしてチームを勝たせられる選手になれるよう頑張ります」
コメント
関連ニュース
thumb

レオナルドがミスを突いて先制もヴァウドの2戦連発弾で清水がドローに持ち込む!《J1》

1日、明治安田生命J1リーグ第8節の浦和レッズvs清水エスパルスが埼玉スタジアム2002で行われ、1-1の引き分けに終わった。 前節は横浜FC相手に0-2で勝利を収めた浦和は、スタメンを3人変更。鈴木、柏木、興梠が外れ、トーマス・デン、汰木、杉本を起用した。 対する清水は、前節は大分トリニータ相手にセットプレーから4ゴールを奪い今季初勝利。その試合と同じスターティングメンバーを起用。勢いを持って連勝を目指す。 先にチャンスを作ったのは浦和。11分、エヴェルトンがスルーパス。これをハーフウェイライン付近でレオナルドがフリックすると、受けた汰木が抜け出しドリブル。ボックス付近まで持ち上がるが、エウシーニョが対応すると、最後は上がってきた杉本がパスをダイレクトシュート。しかし、枠を捉えられない。 清水は24分、エウシーニョがボックス手前でドリブルを仕掛けると、トーマス・デンが倒してFKを獲得。ボックス手前ギリギリのところから西澤が直接狙うが、壁の橋岡が頭でクリアしゴールとはならない。 39分には左サイドから西澤がクロス。ボックス内で青木がヘッドでクリアも、浮いたボールはゴールへ。しかし、これはクロスバーに当たりゴールとはならない。 42分にも清水がカウンターからチャンス。右サイドでパスを受けた金子がボックス右からクロスを上げるも、後藤のヘッドはGK西川がセーブする。 清水は最終ラインから繋ぐと。関根がチャージしてスローインへ。素早いスローインを受けたレオナルドがドリブルを中央に仕掛けると、一度はパスミスもこぼれ球を拾い、冷静にコースを狙って流し込んだ。 先制した浦和は、清水の攻勢を受けるものの、勢いを持ったサイド攻撃で清水ゴールに迫る。 山中や途中出場の荻原が陣取る左サイドから清水陣内に攻め込むが、なかなか得点を奪えない。 すると清水は86分、CKの流れから一度は防がれるも、こぼれ球を拾った中村が右サイドを突破。ラインぎりぎりで浮き球のクロスを上げると、ヴァウドがヘディングで合わせ、清水が同点に追いつく。 浦和はアディショナルタイム4分、ボックス手前のFKから浮き球のパスに槙野が反応。折り返しをエヴェルトンが頭で合わせるが、わずかにオフサイドとなる。 結局そのまま試合は終了。清水が追いつく形で勝ち点1を獲得。浦和は痛いドローとなった。 浦和レッズ 1-1 清水エスパルス 【浦和】 レオナルド(後9) 【清水】 ヴァウド(後41) 2020.08.01 21:12 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:浦和vs清水】連勝へのカギは先制点、主導権を握るのは

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ vs 清水エスパルス [埼玉スタジアム2002] ◆カギを握るのは先制点【浦和レッズ】 良いサッカーを見せながらもゴールが奪えずに連敗していた浦和だったが、前節は横浜FCを相手に0-2で勝利を収めた。 無敗からの連敗、そして連敗脱出となったキッカケは、やはり先制点と言えるだろう。 これまでの試合、入りが悪かったことはほとんどなかったが、最終的な結果を分けたのはゴールを先に奪えるかどうか。顕著だったのは前々節の柏レイソル戦。立ち上がりに得たチャンスを決めきれないと、そのままズルズル行き、最終的には4失点で敗れた。 先制されるまでと、先制されてからの戦い方はやはり変わり、ピッチ内でも焦りが見えるプレーからミスも増える。いかに先手を奪って主導権を握るか。連勝に必要なものは、先制点だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:柏木陽介、エヴェルトン、柴戸海、関根貴大 FW:杉本健勇、レオナルド 監督:大槻毅 ◆活路を見出したセットプレーは今節も火を噴く?【清水エスパルス】 開幕から5連敗。良いところなく負け続けたが、前節は大分トリニータを相手に4-2で勝利。今シーズンの初勝利を挙げた。 その4ゴール全てがセットプレーから生まれたものであり、新たな活路を見出したと言っても良いだろう。少なからず、大きな警戒心を他クラブに植え付けることはできた。 もともと高い技術を持つ選手が多い清水だが、チームとして生かしきれていない場面が多く、ちぐはぐさも見えた中で1つの答えを見つけた。流れを無視できるセットプレーは、今節も注目だ。 気になるのは、終盤に連続失点したこと。今シーズンは試合終盤での失点が多く、4点のリードがあったとは言え、終盤での連続失点は問題だ。浦和もミスは見逃さないため、集中し切って90分間を乗り切れるかが課題だろう。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:梅田透吾 DF:エウシーニョ、ヴァウド、立田悠悟、ファン・ソッコ MF:ヘナト・アウグスト、中村慶太、竹内涼 FW:金子翔太、カルリーニョス・ジュニオ、西澤健太 監督:ピーター・クラモフスキー 2020.08.01 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

町田が清水DFノリエガ・エリックを期限付き移籍で獲得「欠かすことのできない選手に成長していきたい」

FC町田ゼルビアは30日、清水エスパルスのDFノリエガ・エリック(18)が期限付き移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年7月29日から2021年1月31日までとなっており、背番号は「44」となる。 ノリエガ・エリックは、愛知県出身で6歳の時にペルーへ移住。ペルーのアリアンサ・リマから清水ユースへと入団し、2018年の日本クラブユースサッカー選手権U-18では優勝に貢献していた。 今シーズンからトップチームに昇格していてが、出場機会はなかった。 ノリエガ・エリックは両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「町田でプレーできることを本当に楽しみにしています」 「エスパルスで学んだことを活かしながら、町田のスタイルにできるだけ早く馴染んでチームの力になりたいと思いますし、町田にとって欠かすことのできない選手に成長していきたいと思います」 ◆清水エスパルス 「エスパルスでプレーしたい気持ちが1番ですが、町田からチャンスをいただいたので、成長できるよう 町田でしっかり活躍してきたいと思います。エスパルスに戻ってきた際は、必ずチームの力になれる ように頑張ってきます。これからは自分のことも町田のことも見守っていただけたら嬉しいです」 2020.07.30 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

清水、下部組織所属のMF成岡輝瑠の来季加入内定を発表! AFC U-16選手権2018の優勝に貢献

清水エスパルスは29日、下部組織に所属するMF成岡輝瑠(18)の来シーズン昇格内定を発表した。 静岡県出身の成岡は身長170cm、体重59kgのMF。ジュニアユース世代から清水の下部組織でプレーしており、世代別の日本代表にも選出されてきた。 2018年にマレーシアで開催されたAFC U-16選手権では優勝に貢献。先日、発表されたU-19代表候補トレーニングキャンプのメンバーにも名を連ねており、今後の活躍が期待されている。 「幼い頃に初めてプロの試合を観戦したのが日本平でした。そこからプロサッカー選手になるという夢を持ち、その目標のため、日々サッカーに取り組んできまし」 「エスパルスでは中学、高校と6年間お世話になり、夢を持ったきっかけのクラブでプロとしてプレーができること嬉しく思います。それと同時に歴史あるクラブでプレーをするという責任と自覚を持って努力していきたいと思います」 2020.07.29 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

分厚い牙城をセットプレー4発で打破した清水が今季初勝利! 大分は終盤2発も3連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節の清水エスパルスvs大分トリニータが26日にIAIスタジアム日本平で行われ、ホームの清水が4-2で勝利した。 前節のサガン鳥栖戦の引き分けでようやく勝ち点をもぎ取った清水。今シーズン初勝利に向けて前節からメンバーを3名変更。奥井、中村、ティーラシン・デーンダーに代えてファン・ソッコ、竹内、金子を起用し、ホームの地で3ポイントを目指した。 一方、前節の名古屋グランパス戦で0-3と完封負けを喫した大分は大幅にメンバーチェンジ。三竿、小出、松本、前田、長谷川、渡に代えて岩田、刀根、島川、田中、佐藤、そしてケガから復帰した高山の6名が先発に名を連ね連敗ストップと4試合ぶりの勝利へ臨んだ。 悪天候の中、始まった一戦。ピーター・クラモフスキー監督の下でポゼッションサッカーを志向する清水は、GK梅田も絡んで自陣からショートパスを繋ぐ。対する大分は対称的な攻撃を見せる。知念を目標にロングフィードで押し込みを図り、縦に速くゴールを目指す。 先にチャンスを作ったのは清水。17分、左サイドからの展開から敵陣右サイドで受けたエウシーニョがボックス中央手前へ侵入し、鋭いミドルシュート。しかし、これはGK高木の横っ飛びに阻まれた。 支配率を高める清水は31分、ヘナト・アウグストがボックス内へ縦パスを供給。これを受けた後藤が素早い反転からニアサイドを強襲。GK高木に弾かれたボールは右ポストに当たるも枠外へ外れる。 清水は守備時に5枚のディフェンスラインを組み固いブロックを敷く大分に苦戦。しかし、それをセットプレーで打開する。41分、西澤の左CKからのクロスにボックス中央でファン・ソッコが頭で合わせて先制に成功する。 1つのセットプレーで失点した大分は、流れの中で耐えていたものの1点ビハインドで試合を折り返す。 その大分は後半頭から小塚に代えて渡を投入。すると、後半開始直後、田中の低いクロスにその渡がゴール前へ飛び込む。しかし、わずかに合わず得点は生まれなかった。 勝利を求めて引き離しに掛かる清水がまたもCKから得点を挙げる。57分、西澤が右からのCKをファーサイドへ。ゾーンで構える大分の空いたスペースでヘナト・アウグストが折り返すと、これに反応したカルリーニョス・ジュニオが身体を倒しながら左足で突き刺した。 2点ビハインドになった大分は前線からハイプレスを開始。それに対して、清水がスペースを見つけ出し攻め入る。そんな中、66分に激しい雨とともに雷が。この影響で試合が一時中断。約1時間後に再開された。 流れが一度リセットされた中で大分が一気に4枚替え。三竿、長谷川、小出、高澤を送り込み活性化を図る。 しかし、清水は再びCKから得点。70分、西澤が右CKからクロスを送ると、ニアサイドで立田がヘディングシュート。これはGK高木の脇に飛ぶが、そのまま決まる。 さらに84分には、左サイドでFKを得ると、西澤の鋭いシュート性のクロスにヴァウドが合わせて4点のリードとする。 このまま試合終了かと思われたが、大分が粘りを見せる。87分、ディフェンスラインの背後を取った知念がGKとの一対一を制すと、その1分後には、右サイド深くからの知念の低いクロスに高澤がファーサイドで合わせてネットを揺らして2点差とする。 大分が反撃を見せたものの、時すでに遅し。清水が4-2で今シーズン初勝利を飾った。 清水はワースト記録タイであった開幕6戦未勝利という不名誉な記録をストップ。また、今シーズン、初の複数得点を挙げた。一方の大分は連敗を止められず、これで3連敗となった。 清水エスパルス 4-2 大分トリニータ 【清水】 ファン・ソッコ(前41) カルリーニョス・ジュニオ(後12) 立田悠悟(後25) ヴァウド(後39) 【大分】 知念慶(後42) 髙澤優也(後43) 2020.07.26 21:30 Sun
twitterfacebook